ニュース 「堺市長選」関連

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月9日(日) 22:25~22:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

サンデースポーツ2020 (ニュース)
22:25~

長谷川唯は、「ひらめき」が武器だという。籾木結花は長谷川唯について、最低限の生活とサッカーだけというイメージだとした。長谷川はスルーパスが大好き、ディフェンスが「あー」となるのを見るのが最高だと話す。日テレ・ベレーザ育成チームの寺谷真弓監督は長谷川について、悪ガキで、負けると味方のせいにして文句を言ったり、そういう側面はあったため怒ったことがあるという。長谷川は澤穂希選手を見て、澤のような諦めない気持ちだったり、プレーを出していけば同じような感動を与えられると思ったという。

キーワード
日テレ・ベレーザ
澤穂希選手

オープニング (その他)
22:28~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
22:28~

政治資金をめぐる問題で前の市長が辞職したことに伴う大阪・堺市の市長選挙は、大阪維新の会の新人である永藤英機氏が当選確実。選挙戦では市政の刷新の必要性を訴えていた。永藤氏は大阪維新の会の支持層を固め、自民党、無党派層からも支持を集めた。西澤友陽氏は市政運営を行う上で、自民党など他の会派との教義が大切となると語った。

堺市内7つの区ごとの開票状況を伝えた。

堺市長選挙で当選を確実にした永藤英機氏は支持者たちを前にスピーチを行い、「堺の魅力や可能性は、大阪府、大阪市と成長戦略を練り、近隣市町村と連携することで、さらに大きく伸ばすことができると信じている」などと語った。同氏は選挙戦を振り返り、「相手候補を応援された皆さんにも永藤が市長になってよかったと感じていただけるよう全力で取り組んでまいる」としている。選挙戦で永藤氏は前市長が政治資金をめぐる問題で辞職したことを受けて、市政の刷新を図るため市の事業を総点検するとともに、大阪府や大阪市と積極的に連携して観光客の呼び込みなどにつなげると訴えてきた。大阪都構想については堺市が加わるかどうかの議論は時期尚早だとしている。

政治資金をめぐる問題で前の市長が辞職したことに伴う大阪・堺市の市長選挙は、大阪維新の会の新人である永藤英機氏が当選確実。選挙戦では市政の刷新の必要性を訴えていた。選挙戦では市政の刷新を図るため市の事業を総点検するとともに、大阪府や大阪市と積極的に連携して観光客の呼び込みなどにつなげると訴えてきた。また、大阪都構想については堺市が加わるかどうかの議論は時期尚早だとして、1期目は地元経済の活性化などに優先的に取り組む考えを示している。

堺市内7つの区ごとの開票状況を伝えた。

政治資金をめぐる問題で前の市長が辞職したことに伴う大阪・堺市の市長選挙は、大阪維新の会の新人である永藤英機氏が当選確実。選挙戦では市政の刷新の必要性を訴えていた。永藤氏は大阪維新の会の支持層を固め、自民党、無党派層からも支持を集めた。西澤友陽氏は市政運営を行う上で、自民党など他の会派との教義が大切となると語った。

政治資金をめぐる問題で前の市長が辞職したことに伴う大阪・堺市の市長選挙で、大阪維新の会の新人である永藤英機氏は市政の刷新を図ることを選挙戦で訴えてきた。同選挙で大阪維新の会は2連敗を喫しているなか、4月の大阪ダブル選挙を制した勢いを繋げようと総力をあげて取り組んでいた。相手候補の野村友昭氏は大阪都構想への反対を掲げたなか、永藤氏は堺市が加わるかどうかの議論は時期尚早だとして、まずは地元経済の活性化などに優先的に取り組むと主張。

堺市長選挙で当選を確実にした永藤氏と中継が結ばれ、同氏は堺市が加わるかどうかの議論は時期尚早だとして、まずは大阪市の状況を注視し、堺市の市政を立て直したい考えを語った。

政治資金をめぐる問題で前の市長が辞職したことに伴う大阪・堺市の市長選挙は、大阪維新の会の新人である永藤英機氏が当選確実。選挙戦では市政の刷新を図るため市の事業を総点検するとともに、大阪府や大阪市と積極的に連携して観光客の呼び込みなどにつなげると訴えた。また、大阪都構想について、堺市が加わるかどうかの議論は時期尚早だとして、1期目は地元経済の活性化などに優先的に取り組むとしている。敗れた野村氏は「多くの有権者が大阪都構想に反対という意志を示した結果は意義があったと思う」とコメント。現在、開票率は95%。

キーワード
永藤英機
野村友昭
立花孝志
堺市長選挙
大阪都構想
大阪維新の会
松井代表

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月9日 放送
  3. 次回の放送