ニュース 2019年4月3日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月3日(水) 18:00~18:10
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
18:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
18:00~

今週のレギュラーガソリンの小売価格が4か月ぶりの高値となった。国際的に原油価格が上昇していることが原因とみられる。石油情報センターは「米中の貿易摩擦などの要因もあり原油価格の先行きが見通しづらくなっている」としている。

ラジオやテレビがない大正改元時、絵はがきがメディアの一つとして重要な役割を果たしていた。改元の際に発行された絵葉書には明治天皇の喪に服していることを示すための黒墨が吹きかけられている。日本絵葉書会の山田俊幸会長は「新聞よりもカラフルに事跡をみることができるのが絵葉書だと思う」と話している。

中国の駐日大使を務める程永華氏に代わり、知日派として知られる孔鉉佑外務次官が起用されることとなった。孔鉉佑氏は朝鮮半島にルーツを持つ朝鮮族で、中国外務省に入省後、15年間日本に駐在している。中国政府は日中関係改善を加速させたい狙いがあるとみられる。

北朝鮮に対する制裁決議に違反した疑いのある船舶4隻が韓国に入港したことがわかった。4隻のうち1隻は韓国船籍で、北朝鮮籍の船舶に物資を積み替える「瀬取り」に関与したとみられている。地元メディアは「韓国が国際社会から制裁の抜け穴とみなされるおそれもある」と伝えている。

日本のロック先駆者である内田裕也さんのお別れ会が青山葬儀所で開かれた。葬儀には俳優の堺正章さんやアーティストの鮎川誠さんなどが参加している。喪主は長女の内田也哉子さんが務めていた。

およそ半年前にカンボジア・プノンペンに建設された「カンボジア日本友好橋」が改修工事を終え、記念式典が開かれた。式典にはカンボジア大使の堀之内氏、カンボジアのフン・セン首相が参加している。カンボジアをめぐっては現在、日本と中国がインフラ整備を競い合っている。

キーワード
石油情報センター
日本絵葉書会
程永華氏
孔鉉佑外務次官
韓国外務省
釜山港
青山葬儀所
内田裕也さん
内田裕也 Rock’n Roll葬
堺正章さん
鮎川誠
内田也哉子さん
本木雅弘さん
港区(東京)
カンボジア日本友好橋
JICAカンボジア事務所
堀之内大使
フン・セン首相
プノンペン(カンボジア)

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 4月3日 放送
  3. 次回の放送