ニュース 「JOC竹田会長記者会見」

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月15日(火) 11:00~11:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
11:00~

JOC竹田会長の記者会見の様子を中継で伝えた。竹田会長は最初に「大変ご心配かけ申し訳なく思っている」と述べた。招致委員会とコンサルタント会社との間でかわされた2つの業務について、「通常の手続きであり、契約はロビー活動と情報収集のコンサルタント業務の委託になる。JOCは37名のヒアリング調査を実施した。自分自身は契約に関して意思決定プロセスに関与していない。調査報告書は、支払いはコンサルタント業務に対する適切な対価であり、日本の法律で違法性はないと結論付けている。12月10日にはパリでヒアリングを受けた」などと語った。最後に「騒動により2020大会に影響を与え申し訳ない」と述べた。

JOC竹田会長の会見について解説した。会見のポイントについて小澤正修は、「コンサルタント会社との契約はロビー活動と情報収集のもので、支払ったお金も適切な対価だったとしているが、東京大会に影響を与え申し訳ないという話、フランス当局にも潔白を照明していくという話をされていた」などと語った。疑惑の詳細について、「招致委員会からコンサルタント会社に2億2000万円が支払われたことについて、どう認識しているのかが問われている」と話した。佐伯敏は今後の展開について、「予審の判事が話を聞くこともありうる。会長だけでなく他の主要な関係者から話を聞くことができるのかもポイントになる」などと語った。小澤正修は東京五輪への影響について「招致委員会と組織委員会は別の法人なので直接の影響はないが、五輪の顔の一人として出来る限りの説明をしてイメージの低下を避けることが必要になってくる」などと語った。

全国の天気予報を伝えた。

為替と株の値動きを伝えた。

JOC竹田会長は会見で「東京五輪・パラリンピックへ向けて、国民の皆様、スポーツ関係者、準備に携わっている皆様にご心配おかけして申し訳なく思っている」と述べた。

キーワード
竹田恒和会長
JOC
東京オリンピック・パラリンピック
東京市場
円相場
東証株価指数
日経平均株価
渋谷区(東京)
竹田会長
東京五輪
東京パラリンピック

番組宣伝 (その他)
11:15~

「トクサツガガガ」の番組宣伝。

「大河ドラマ いだてん」の番組宣伝。

「土曜ドラマ みかづき」の番組宣伝。

「GAME Shakers シーズン2」の番組宣伝。

「NHKスクープBOX」の告知。事故や事件、自然災害などの映像を受け付けている。

キーワード
NHKスクープBOX

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月15日 放送
  3. 次回の放送