ニュース 米朝首脳会談関連

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている者の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年6月12日(火) 16:00~16:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

米朝首脳会談関連 (ニュース)
16:00~

米朝首脳会談について日本政府の反応。安倍首相はマハティール首相と会談し米朝首脳会談などについて意見を交わした。河野外相はすべての大量破壊兵器、ミサイルのCVIDに向け北朝鮮のコミットメントを引き出せるかが焦点、拉致問題は日本と北朝鮮で話し合う問題などとコメント。小野寺防衛相は具体的行動が確認できるまで気を許すべきではないと話した。加藤拉致問題相は被害者家族から会談に対する期待と懸念がある、拉致問題が前進する会談になるように期待していると語った。

拉致被害者の家族の飯塚耕一郎さんは「これ以上この問題を長引かせるのは得策ではない」などと話した。地村保志さんは「全員の救出は最終目標 何らかの動きがあって欲しい」などと話した。

トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は史上初の米朝首脳会談の成果として揃って共同声明に署名した。トランプ大統領は金委員長について「素晴らしい人物で非常にかしこい。彼は非常に有能であり、自分の国をとても愛していることが分かった。我々は何度も会うことになる」と述べ、米朝首脳会談を再び開く可能性に言及した。トランプ大統領は日本時間午後5時から記者会見する。トランプ大統領は署名した、記者団がホワイトハウスに金正恩委員長を招くのかと尋ねたところ“当然だ”と答えた。報道陣から金委員長が非核化に同意したのかという質問に対し“とても速やかにプロセスを始めることになる。とても速やかにだ”と述べた。両首脳が署名した共同声明は2018年4月27日のパンムンジョム宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことを約束するとしている。また、共同声明は米朝両国は平和と反映に向けた願いに基づいて、新しい関係を樹立するために取り組んでいくとしている。

米朝首脳会談 両首脳 共同声明に署名についてトーク展開。石井さんは「トランプ大統領自ら述べていたように大枠の話に付随して細かな部分は今のところ分からないが、今の話で伝えた限りでは基本的な考え方を共有したという範囲かなと思う」と話し、塚本さんは「北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことを約束すると。この完全な非核化というのはすでに金委員長が述べてた話なのでそれをなぞった形。完全な非核化だけということなのか、アメリカが求めるとしていたCVIDと言われる部分が加わってるのか、加わってないのかがポイントになる」と話し、岩田記者は「日米が求めているCVIDの要素がまだ見当たらないので、これがどこまで確かなものになるのかが注目点」と話した。CVIDというのは完全かつ検証可能で不可逆的な非核化。共同声明の内容が一部分かった。内容は2018年4月27日のパンムンジョム宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことを約束するとしている。また、共同声明は米朝両国は平和と繁栄に向けた願いに基づいて新しい関係を樹立するためにに取り組んでいくとしている。石井さんは「今我々が手元で把握している状況にとどまるのか、付随して文書か何かあるのかも気になる。おそらくトランプ大統領このあとの記者会見で説明をする際に質問を受けると思うので、突っ込んだ質問があるとみられる」と話した。さらに署名した共同声明の内容は「アメリカと北朝鮮は朝鮮半島に永続的で安定した平和の体制を構築するため共に努力する」としている。

カペラホテル近くから中継。会談後もトランプ大統領はこのホテルにとどまり、このあと日本時間午後5時から記者会見を開く予定。史上初となった米朝首脳会談は日本時間午前10時過ぎに始まり、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長による1体1の会談や、双方の閣僚らを加えた拡大会合を行った。そして日本時間午後3時前に両首脳が共同声明に揃って署名した。会談に先立ちトランプ大統領は今月2日には何かに署名することはないだろうと発言していた。それだけに会場周辺では会談で一定の成果があったのではないかと期待する声も出ている。このあとの記者会見ではトランプ大統領が自ら共同声明の内容を明らかにする見通しで、歴史的な会談がどのような結果に結びついたのか注目されている。続いて、金正恩委員長の宿泊先ホテルから中継。史上初の米朝首脳会談を終え、日本時間午後3時15分ごろ金委員長を乗せた専用車が警察車両や白バイに伴われてホテルに戻ってきた。一行は足早に建物の中に入っていった。警察が厳重な警戒体制を敷くホテルの周辺には大勢の観光客が集まり、戻ってきた車列を見つめたり写真におさめたりしていた。シンガポールに住む韓国人の男性は「仕事の休みをとって様子を見に来た。北朝鮮は長年孤立していた国なので、様々な問題を解決するには時間がかかるでしょう」と話していた。金委員長のこのあとの予定は一切明らかにされていないだけに、ここでは多くの報道陣が待機を続けている。

トランプ大統領はけさ、ツイッターに「本物のディールが成立するかまもなく分かるだろう」と投稿し米朝首脳会談に向かった。日本時間午前10時前、両国首脳がカペラホテルに入り、2人が握手し会談が始まった。ムン大統領は会談の様子を見守り「完全な非核化と平和、南北米の新しい時代を開く会談になることを願う」とコメントした。また、渋谷では米朝首脳会談の開催を伝える新聞の号外が配られるなど各国のメディアが米朝首脳会談について伝えた。会談の冒頭、トランプ大統領は「大きな成果があがるだろう。光栄だ。すばらしい関係を築けると確信している」などとし、キム委員長は「我々は足を引っ張られた過去があり偏見がときには目と耳を塞いだが全てのことを乗り越えてこの場まで来た」と応じた。

石井勇作は米朝首脳会談での最大の焦点となった非核化について道筋をつけることが出来るのかについて「共同声明の内容だと最低限の合意内容だった」と述べた。また北朝鮮の核問題については「大枠だけ合意をして最後を詰めきれず問題が解決されないということを繰り返しているためトランプ大統領は非核化について具体的にどのように実現していくのかなど言えない状況という印象を受けた」とコメントした。塚本壮一は「北朝鮮は完全な非核化については述べており文書にCVIDが盛り込まれていなかったため、アメリカの追及を逃げた」と述べた。岩田明子は日本政府がこの内容をどのように受け止めたかのかについて「菅官房長官は午後の記者会見では会談の評価は差し控えると述べていた」とコメントした。さらに「日米の完全な非核化を求めて来たため政治的な意思にとどまらず現実にCVIDを行った場合にあらゆる施設を完全に除去することが見えるような内容であることが求められる」とコメントした。 

日本時間午前11時前、両首脳は1対1の会談を終え、トランプ大統領は報道陣に「とてもいい、すばらしい関係だ」と話した。このあと、双方の閣僚などを加えた拡大会談が行われ、午後0時半に出てきた両首脳は笑みを浮かべていた。ワーキングランチのあとも2人は敷地内を歩くなど、良好な雰囲気を見せていた。午後2時半すぎ、トランプ大統領は「重要で包括的な文書に署名する」、キム委員長は「我々は過去を覆い新たな出発を知らせる歴史的な文書に署名する」と発表し、2人は会談の成果として共同声明に署名した。トランプ大統領は午後5時から記者会見を行い、会談や署名の内容について明らかにする予定。

米朝首脳会談終了後、河野外相とポンペイオ国務長官が電話会談を行なったことが明らかになった。この中では、首脳会談や共同声明についての説明を受けたとみられる。

国際メディアセンターから中継。共同声明では朝鮮半島の完全な非核化に言及しているが先のパンムンジョム宣言の内容を踏まえる形に留まっておりすでに合意されていた最大公約数であると伝えた。さらにトランプ大統領が体制の保証を与える決意を示しすとしたが朝鮮戦争の終結宣言までは踏み込んでいないとみられ、そこまでの見返りはまだ与えられない可能性があると伝えた。トランプ大統領は北朝鮮が求める見返りをどのタイミングで与えるのかの難題が残っていると伝えた。

シンガポールから中継。金委員長は日本時間の午後3時ごろに島を離れ、現在は滞在先の高級ホテルに入ったと伝えた。今回の合意内容について、トランプ大統領は北朝鮮に対して体制の保証を与える決意を示し、金委員長は朝鮮半島の完全な非核化について断固として揺るがない決意を示したと伝えた。

キーワード
米朝首脳会談
安倍首相
マハティール首相
首相官邸
河野外相
CVID
拉致問題
核・ミサイル問題
トランプ大統領
小野寺防衛相
加藤拉致問題相
地村保志
金正恩朝鮮労働党委員長
ホワイトハウス
パンムンジョム宣言
朝鮮半島
南北首脳会談
板門店
カペラホテル
シンガポール
ツイッター
金与正氏
ABCテレビ
ムン大統領
キム委員長
ポンペオ国務長官
外務省
ポンペイオ国務長官
非核化
金正恩党委員長
渋谷(東京)
セントーサ島
菅官房長官
カン・ギョンファ首相
河野外務大臣
国際メディアセンター
金委員長

ニュース (ニュース)
16:34~

先月26日の午後6時頃、浜松市のスポーツジムの駐車場で市内に住む29歳の看護師が車に乗ろうとした際、2人組の男が乗り込み走り去った。2週間後の今月9日、この女性とみられる土に埋められた遺体が静岡県藤枝市の山で見つかった事件で、警察は面識のない男らに車ごと連れ去られたとみて、行方を捜査していた。昨夜、名古屋市内の警察署に出頭してきた40代の男が連れ去りを認めたことから監禁の疑いで逮捕した。捜査関係者によるとこれまでに20代の男も監禁の疑いで逮捕している。インターネットのサイトで知り合った男らと女性を連れ去ったと見られ、他にも事件に関与の男がいるとみられる。女性の車は三重県桑名市で乗り捨てられているのが見つかり、警察は女性を連れ去った後の足取りを調べ、男らが痛いの生きにも関与と見て捜査。

連続テレビ小説「カーネーション(57)」はあす午後4時35分から放送します。とテロップの表示

キーワード
浜松市(静岡)
瀬戸ノ谷(静岡)
名古屋市(愛知)
桑名市(三重)
連続テレビ小説「カーネーション(57)」

米朝首脳会談関連 (ニュース)
16:35~

米朝首脳会談に関するインターネット上の動きを伝える。当事者によるツイッター実況が続いている。ホワイトハウスのソーシャルメディア担当者は会談の様子などを投稿。サンダース報道官、ポンペイオ国務長官も現場からの状況などを投稿している。トランプ大統領も積極的にツイッターで投稿している。シンガポール外相も両首脳の動きをいち早く投稿している。韓国大統領もツイッターで期待を表明している。

韓国側の受け止めについてシンガポールから中継。米朝首脳会談に合わせて韓国政府がシンガポール中心部に設置したプレスセンターでは韓国から来た250人の報道関係者が署名式でのトランプ大統領と金委員長の発言などを詳しく伝えている。韓国が専用のプレスセンターを設けたのは文大統領がアメリカと北朝鮮の仲介役を果たしたことと朝鮮戦争の終結宣言など、平和を定着させるために当事者の韓国が深く関与する必要があるという考えから。首脳会談が始まった際、文大統領は「完全な非核化と平和、南北とアメリカの間の新しい時代を開く会談になることを国民とともに願う」と述べ期待を示した。このため今回米朝が合意文書の署名に至ったことについて文大統領は歓迎する声明を発表するものとみられる。ただ今年4月の南北首脳会談での合意では年内に朝鮮戦争の終結を宣言した上で南北にアメリカと中国を加えた協議の開催を推進するとしていたが、今回の共同宣言ではこの点には言及しておらず、今日の会談でどのように扱われたか注目される。

中国側の受け止め方について北京から中継。中国は北朝鮮の核問題の解決にはアメリカと北朝鮮の直接対話が必要だと繰り返し強調してきた。それだけに今回米朝首脳会談が実現し、両首脳が合意文書に署名したことを歓迎している。中国が重要視するのはこれから始まる非核化に向けた具体的な流れ。北朝鮮との緊密な関係を生かして、自らに有利な流れを作りたい考え。中国にとって北朝鮮は韓国・アメリカに対峙する緩衝地帯で戦略的に重要な国。体制が混乱して難民などが国境を超えて流入すれば中国は直接影響を受ける。段階的な非核化や平和協定の締結に向けた動きの中で韓国に駐留するアメリカ軍が今後どうなるのかを安全保障上の観点から見極めたい思惑もある。中国は自らの頭越しに交渉が進んで、朝鮮半島を始めアジアでアメリカの影響力が拡大することは避けたい考え。このため習近平国家主席は米朝首脳会談を終えた金委員長と3度目の首脳会談を行うと見られ、朝鮮半島の非核化に向けて関与を強める可能性もある。金委員長をシンガポールに送り届けた後、一旦北京に戻っていた航空機など、中国国際航空の2機が今再びシンガポールに向かっている。北京では金委員長が帰国の途中に立ち寄り、習主席との首脳会談が行われるのではないかという憶測も出ている。

スタジオで小此木さんが米朝首脳会談について解説。共同声明については「いつまでに何をするという具体的なものが書かれておらず、疑問が浮かび上がる内容。それに関してポンペオ国務長官がフォローの交渉をする」とした。石井さんは「トランプ大統領は成果があったと説明をすると見られ、文書になっていない部分も踏まえて話をしてアピールする、具体的な部分について注目」と話した。塚本さんは「非核化の部分が曖昧で具体的な部分はない、2005年北朝鮮は明確に核放棄について述べていた、そのことについてトランプ大統領がどう說明するのか」と話した。岩田さんは内容と会見での注目点について「どこまで具体的に除去ができるのかというやり取りがあったのかという説明があるのか、ミサイルや拉致問題についてのやりとりについて会見で注目」と話した。

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は史上初の米朝首脳会談の成果として共同声明に署名した。トランプ大統領はその内容などにこの後午後5時から記者会見で明らかにする。共同声明は2018年4月27日のパンムンジョム宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に取り組むことを約束するとしている。米朝両国は平和と繁栄に向けた願いに基づいて新しい関係を樹立のために取り組む。アメリカと北朝鮮は朝鮮半島に永続的で安定した平和体制を構築のため共に努力するとしている。

キーワード
米朝首脳会談
ツイッター
ホワイトハウス
サンダース報道官
ポンペイオ国務長官
トランプ大統領
韓国大統領
金委員長
文在寅
パンムンジョム宣言
シンガポール
共同声明
習近平国家主席
中国国際航空
北京(中国)
ソーシャルメディア
ポンペオ国務長官

気象情報 (ニュース)
16:48~

全国の気象情報を伝えた。

経済情報 (ニュース)
16:49~

為替と株の値動きを伝えた。

キーワード
東京市場
日経平均株価
東証株価指数
為替
  1. 前回の放送
  2. 6月12日 放送
  3. 次回の放送