ニュース 「サッカーW杯日本代表発表」

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年5月31日(木) 16:00~16:35
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
16:00~

オープニング映像。

キーワード
W杯ロシア大会
FIFA

ニュース (ニュース)
16:00~

サッカーW杯日本代表まもなく発表。中継先を紹介したあと林田記者を招いてスタジオで選考のポイントを整理した。相手によって戦い方を変えていくと西野監督は言及しており、重視しているのは「柔軟の対応力」と「現状のコンディション」をあげた。また注目ポイントとして本田・香川・岡崎のBIG3の当落をあげ、西野監督の初陣では本田が先発し、香川と岡崎は途中から出場し実力を評価しているのでコンディションを見極めたい思惑があったのではないかと指摘した。またこれまでの選考にあった当落のサプライズは、今回は基本的に26名の中から選ばれると思うと解説した。

W杯ロシア大会に向けて西野朗監督の会見を中継で紹介。まずは就任から間もない中で、23名を選ばなくてはいけない判断に難しい一方で、関われる事に嬉しく思っていると話した。そして昨日の壮行試合に悪天候の中で来場してくれたたくさんのサポーターに感謝を示したあと、得点が生まれなかった事が悔しく思っているが、W杯に繋がるゲームを出来たと選手達は自信を持って合宿に入ってくれると確信していると語った。

ワールドカップを戦うメンバーを選んだ今の思い、心境について聞かれると西野朗は「日本サッカー界、ブラジルから今までこのロシアに対して、ブラジルでの結果を踏まえ、成長しロシアに向けての強化を進めてきました、選手もロシアに向けてのお互いを切磋琢磨しながら競争の中で目指してきた大会です。そういう中で最終的に23名を選ばなければいけない、選ぶことの厳しさはどんな指導者も持っている、代表チームに関しては色々な可能性を持っている、この期間の中で決めさせてもらったこと、現在伸びている選手もいる、これから飛躍してくれるであろう選手もいる、そういった色んな要素を踏まえ選ばなければいけないメンバーなので瞬間的に決められるものでもないが、いろんな可能性を考えた中で選ばせてもらいました」などとコメントした。いつ最終的なメンバーを決断したか聞かれると「最終的には今朝、昨日プレーした選手の全員のメディカルチェックを行い、その上で最終的に決めた、昨日終わった時点で大きな怪我はなかったのでその中でリストは作った」などとコメント。

林田健太は発表されたメンバーについて「特にディフェンス、センターバック最終ラインができる選手は1人も抜けていない、4バック、3バック両方対応できる布陣を選んだのかなと」などとコメント。注目されていた本田圭佑、香川真司、岡崎慎司はいずれもメンバー入り。選ばれなかった選手は若手が多い、三竿健斗は怪我の影響があったとみられ、井手口陽介と浅野拓磨は所属チームで試合に出れていなかったこともありコンディション面で不安が残った可能性がある。ゴールキーパーの選出は順当、DFは様々なポジションでプレーできる可能性がある選手が選出されたという。MFは色々な組み合わせができるように層を厚くしている、DFに回れる選手もいる。FWに関しては武藤嘉紀はきのう出場時間が短かったにも関わらずチームトップのシュートを放っている、コンディションを重視したものとみられる。今後はスイス、パラグアイとの強化試合が控えている。

大阪地検の出した結論は全て不起訴となった。通常検察が不起訴の発表をする時には記者会見は行わないが、今回は特捜部長と大阪地検の議席検事が報道各社を集めて説明する極めて異例の対応となった。理由について特捜部長は「この問題が社会の耳目を集めていることに鑑み、説明する必要があると考えた」と述べた。検察の捜査は終わったものの財務省が多くの何故に対して説明責任を果たせるのかが今後の焦点になる。

森友学園に国有地が売却されたのがおととし6月。小学校の校長が安倍首相の妻の昭恵氏だったことから野党は特別な便宜をはかったのではないかと追及。その後、森友学園をめぐる告訴、告発が相次いだ。大阪地検特捜部は近畿財務局の担当者が国に損害を与えたとする背任容疑などでの告発を受理。今年3月には財務省の決裁文書の改ざんが発覚。価格交渉を行った部分や政治家の名前などが削除されていた。また廃棄したと説明してきた交渉記録を財務省は問題が表面化し1年以上経ってから提出。特捜部は国有地の値引きや公文書の扱いについて国の担当者の刑事責任を問えるかどうか操作を続けていた。

特捜部が不起訴とした理由について森氏は捜査の焦点から説明した。国有地の値引きについてごみの撤去費用の見積もりが妥当だったのか、値引きが国に損害を与えたと言えるのかが最大の焦点で財務省が値引きの額は適性とする一方で近畿財務局が学園側から支払える金額の上限を予め聞き出していたことや学園側の予算に収まる金額で売却されていた事が明らかになり学校側の予算ありきと国会で指摘されてきた。特捜部は地中に一定量のごみがあり開校が遅れた場合損害賠償を請求された可能性があったことから国に損害を与えたとまでは言えないとされた。改ざんについては特捜部は「改変によってうその文書を作ったと認めるのは困難と判断」と発表した。交渉記録の意図的な廃棄についても交渉記録の保存期間がいずれも1年未満だったことだら保存すべきだったとまでは言えないと判断したものと見られている。全理財局長については「国会答弁でウソをついたことは非難されるべきだが刑事責任を問うのは難しいという判断だった」と話している。検察の調査はこれで一旦終了となるが告発した市民団体などは不起訴を不服として検察審査会に審査を申し立てると見られている。審査会が起訴すべき、不起訴は不当と議決した場合特捜部は再び捜査することになる。財務省は内部調査の結果を週明けに公表する方針。

来月開幕するW杯代表23人が発表された。西野監督が23人の名前を読み上げ、外国チーム所属者は最多の15人、初出場は12人となった。

W杯ロシア大会に向けた日本代表23人のメンバーを発表した。GK以外はポジションをあげずに名前を読み上げた。本田選手、香川選手、岡崎選手は選ばれた。

森友学園をめぐる文書改ざん問題で大阪地検特捜部は前理財局長をはじめとする告発受理した38人全員を刑事責任を問うのは難しいと嫌疑不十分で不起訴にした。決算文書では昭恵氏や政治家の名前が記された部分など300か所以上が削除されており財務省は「全理財局長の国会答弁との整合性をとるために行われた」としている。特捜部は「文書の根幹部分に大きな変更はなくうその内容に変えたとまでは言えない」 としたものと見られている。また、国有地を8億円値引きして学園側に売却された件についても財務省、近畿財務局、大阪航空局の当時の幹特捜部は値引き額の算定根拠に不十分な点があったものの地中には一定の量のゴミがあったことや開校が遅れた場合損害賠償が発生したことから値引きが不当だったとまでは言えず国に損害与えたともいえないと判断したものと見られる。検察の捜査はこれで終了となるが、告発した市民団体などは処分を不服として検察審査会に審査を申し立てるものと見られる。麻生副総理は「引き続き調査をきちんと尽くした上で関与した職員への処分も含め週明け早々にとりまとめるよう官房長以下に指示をした」などと述べた。

全国の天気予報が伝えられた。

キーワード
W杯ロシア大会
日本サッカー協会
キリンチャレンジカップ2018
西野朗
本田
香川
岡崎
西野朗監督
W杯ロシア
本田圭佑
香川真司
岡崎慎司
川島永嗣
東口順昭
中村航輔
長友佑都
酒井宏樹
酒井高徳
植田直通
昌子源
遠藤航
槙野智章
吉田麻也
長谷部誠
山口螢
柴崎岳
大島僚太
原口元気
乾貴士
宇佐美貴史
大迫勇也
武藤嘉紀
森友学園問題
大阪地検特捜部
財務省
安倍首相
昭恵氏
井手口選手
三竿選手
浅野選手
近畿財務局
大阪航空局
麻生副総理
豊中市(大坂)
大阪地検
森友学園
豊中(大阪府)
ブラジル大会
豊中市(大阪)
  1. 前回の放送
  2. 5月31日 放送
  3. 次回の放送