ニュース 「台風16号」関連

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年9月20日(火) 9:00~10:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

台風16号関連ニュース (ニュース)
09:00~

台風16号は四国を暴風域に巻き込みながら東に進んでいる。この時間は高知県で局地的な天となっている。四国や九州南部などでは川の氾濫の危険性が高まっていて、気象庁は土砂災害などに警戒するよう呼びかけている。四万十市では川の近くの道路に水があふれ通行止めになったり、市内の避難指示区域が増えるなどしている。昼前までは十分な警戒が必要。愛南町では土砂崩れのおそれがあるとのこと。また四国で唯一高潮警報が出ているため、海岸に近づかないこと。

被害情報。宮崎・都城では道路が冠水。宮崎・日向 富高地区では住宅が冠水し救助活動が行われた。鹿児島・南九州では家が倒壊したが、住民は無事だった。鹿児島・指宿市では10トントラックが横転。男性運転手が台風が過ぎ去るのを駐車場で待っていたところ、暴風に煽られた。避難指示は高知・宿毛市、宮崎・都城市、熊本・南阿蘇村などに出ている。また、避難勧告は宮崎、広島などに26万世帯余に出ている。また、避難準備情報は高知、徳島、長崎などに出ている。このように、各地の被害を伝えた。

交通情報。羽田空港では九州・四国地方の午前の便を中心に、日本航空が37便、全日空が23便など、77便が欠航している。ほかにも欠航や遅れの恐れがあり、最新情報を確認するよう呼びかけている。

台風16号は四国の南の海上にあって、四国は高知県ほぼ全域と愛媛県南部が暴風域にある。今後も大雨、強風が予想されるため、土砂災害などに警戒が必要。そこで高知市の様子を中継で伝えた。午前8時半を過ぎたところから雨風が強くなってきた。雨が風に流され斜めに降ってくるため、腰から下がしたたかに濡れる。風はおおむね東から西に吹いている。

国土交通省によると、四万十市を流れる中筋川が避難危険水位に達した。また高知県ほぼ全域と愛媛県南部が暴風域に入り、各地で大雨となっている。今後も猛烈な雨や風が降る恐れがあり、土砂災害などに警戒が必要。また高知・宿毛市などに避難指示・避難勧告が出されている。また、愛媛県、香川県などの計6市町村で避難勧告が出ている。背景に愛媛・愛南町などの映像。

四国の交通情報。瀬戸大橋線の快速マリンライナー、予讃線の特急しおかぜなどが運転見合わせ。また各路線の一部区間・全線で運転見合わせとなっている。また高松空港、徳島空港など、空の便でも欠航が相次いでいる。

宮崎の情報。宮崎県内は台風の暴風域から抜けたが、宮崎空港で1時間雨量110mmを観測するなど、日向市などでは記録的な大雨となった。日向市富高地区では住宅が冠水し救助活動が行われるなど、各地に被害を出した。また降り始めの雨量も多く、気象台は土砂災害などに警戒するよう呼びかけている。背景に都城などの映像。

鹿児島の情報。鹿児島では暴風域を抜けたが、各地で記録的な大雨となり土砂災害や川の増水に警戒が必要。指宿市では電柱が折たり、10トントラックが横転。南九州市では住宅が崩壊したが、住民は無事だった。

近畿地方の情報。近畿地方の広い範囲が強風域に入り、昼過ぎ以降に最接近する。そこで兵庫・洲本の現在の様子を伝えた。局地的に雷を伴い非常に激しい雨の見込みだ。近畿南部と中部で1時間に80ミリの猛烈な雨の恐れがある。24時間雨量は近畿南部で300ミリ、中部・北部で200ミリとなっている。これから昼前から夕方にかけ、ところによって雨や風が強まる。最大風速は陸上で20メートル、海上で25メートル、最大瞬間風速は35メートルとなっている。波の高さも6メートルを超える大しけの見込みとなる。今後、土砂災害などに警戒が必要。京都・福知山などで避難準備情報が出されている。避難準備情報は高齢者や体の不自由な人などにはやめの避難を促す情報だ。背景に和歌山・新宮などの映像。

近畿地方の交通情報。東海道新幹線は通常運転。特急くろしおの上下線計20本は全部または一部区間で運休。紀勢線は午前11時頃から午後5時頃まで全線で運転見合せ。他のJR在来線・私鉄各線は概ね平常通り運転中。大阪空港を発着する15便で欠航が決まっている。関西空港ではスターフライヤー2便が欠航している。また南紀白浜空港でも2往復4便が欠航が出ている。背景にJR大阪駅などの映像。

午前0時過ぎ大隅半島に上陸した台風16号は四国の南の海上にあり、徳島、高知県で雨が強まっている。紀伊半島でも湿った空気がぶつかり三重県、和歌山県で雨が強まっている。近畿や四国では1時間に100ミリを超える猛烈な雨が予想される。高知県の室戸市の佐喜浜で72mm、高知県で1時間に50ミリを超える雨が降っている。秋雨前線が停滞しているため、台風が来る前から雨が降っている。雨のピークを超えた宮崎県、愛媛県、高知県、徳島県では土砂災害の危険度が高まっていると土砂災害の危険度について伝えた。四国では正午にかけて高知県や徳島県を中心に雨が猛烈に降ると予想される。午後6時には東海地方や北陸で雨のピークとなる。台風が東へ進むと関東で雨が降り、1時間に30ミリの激しい雨がふる見通しだ。あす朝までの予想雨量は近畿で300ミリ、四国、東海で250ミリ、伊豆諸島で200ミリ、北陸で180ミリ、関東甲信で150ミリ、九州中国で100ミリとなっている。現在の台風16号は愛媛県、高知県などが暴風域に入っている。予想進路は紀伊半島などが暴風域にはいり、関東に達するまでは台風で午前6時以降温帯低気圧になる見込みだ。台風の影響で太平洋側の東日本、西日本で北風が吹き日本海側でも30メートルを超える突風も吹く可能性がある。土砂災害の危険がある地域では土砂災害の前触れである、亀裂、濁った水、小石、異常な音などが聞こえたら斜面から50メートル以上遠ざかるようにしてくださいと伝えた。

交通情報。羽田空港では九州・四国地方の午前の便を中心に、日本航空が37便、全日空が23便など、77便が欠航している。

宮崎県を中心に九州では記録的な大雨となった。現在は四国や紀伊半島で雨が強まっている。土砂災害の危険度は宮崎県、愛媛県、高知県、徳島県で高まっている。予想される雨量は近畿地方で300mm、四国や東海で250mmなどとなっている。台風は現在、高知県の南の海上にあり北東へ進んでいる。午後3時、暴風域を伴いながら紀伊半島南部に進み、午後9時、静岡県の南岸沿い、あす午前3時に関東南岸に進み温帯低気圧に変わる見通し。四国・近畿・九州では土砂災害が起こりやすくなっている。亀裂や濁った水、小石や異常な音は土砂災害の前触れのため斜面から離れるなど警戒が必要。

宮崎県日向市では市役所に近い富高地区で住宅が水につかり出られないという通報が相次いだ。消防隊員がボートを出して合わせて6人を救助した。鹿児島県南九州市では住宅1棟が倒壊し、女性が約2時間半後に救助されるなど各地で被害が出ている。鹿児島県指宿市では午前0時すぎに42.8mの最大瞬間風速を観測した。高知県、宮崎県、熊本県には避難指示、四国と九州、広島などには避難勧告が出ている。また、避難準備情報が九州や四国などの各地に出ている。

先月の台風10号では岩手や北海道で大きな被害をもたらした。川の氾濫で高齢者グループホームで多くの人が亡くなった。この件では町が避難準備情報を出したが、入所者の避難は行われなかった。流域が広い川では下流では降っていなくても、上流の雨で氾濫することがあるため、気象台などの情報に注意し早めに避難することが必要。今回の台風でも、各地に避難指示などが出されている。避難準備情報は、高齢者など移動に時間がかかる人に避難を促すもの。避難勧告は速やかに避難するよう促すもので、避難所などへ速やかに移動すること。避難指示は災害の危険が差し迫っており、直ちに避難が必要。外出が危険な場合には、建物の2階以上に移動すること。大雨や暴風などに警戒が必要な時間は、中国・四国では今日の昼または夕方にかけてなどとなっている。気象庁は早めの安全確保とともに、危険な場所に近づかないよう呼びかけている。

全国の天気予報を伝えた。

宮崎県都城市付近では周囲が水に浸かった場所がでたり、延岡では床上まで浸水などの被害が出ている。四万十市では道路が冠水するなどしている。台風16号は高知県を東北東へ進んでいるとみられる。この時間は高知県と愛媛県が台風の暴風域に入っていて、宿毛では27.1メートルの最大瞬間風速を観測。この後、太平洋側を東寄りに進むと予想される。午前8時半までの1時間に、黒潮町佐賀で81.5ミリを記録するなどの激しい雨が降った。宿毛の24時間雨量は平年の9月1か月分の9割近い219ミリ、四万十市中村では320.5ミリとなった。また、南九州市では午前0時50分までに159ミリの雨。また、日向では12時間で519.5ミリが降り、これは半日で平年9月1か月分の約1.4倍にあたる。宮崎県など6県では土砂災害警戒情報が発表されている地域があるほか、大分県など4県では氾濫危険水位を超えた川もある。西日本と東日本では今夜にかけて、雷を伴い1時間に50ミリ以上の雨が降るおそれがある。あす朝までの雨量は近畿で300ミリなどと予想されている。あすにかけての最大風速、最大瞬間風速はそれぞれ九州南部で35、50メートルなどと予想されている。また、波の高さは九州・四国~東海の太平洋側で6~8メートルになる予想。気象庁は土砂災害や増水などへの警戒や注意を呼びかけている。

台風が接近している地域の現在の様子。足摺岬では波が高く打ちつけている。海や港へは近づかないよう注意が必要。また、川では急に状況が悪化することが考えられるため、早めの安全の確保が必要。

台風16号の影響で、中国地方は20日夕方にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害などに警戒が必要。また広島・安佐南区と安佐北区の一部で避難勧告が出ているとのこと。山口県長門市油谷では最大瞬間風速25.3m、島根県浜田市では19.6mが観測されていて、山陽・山陰での21日の午前6時までの雨量は100m、最大風速は山口県の海上で20m、陸上で15mなどと予想されている。気象庁は土砂災害・暴風に警戒するとともに、浸水・増水・高波・高潮にも注意するよう呼びかけている。また、台風の接近にともない交通機関にも影響が出ていて、特急「しおかぜ」、特急「南風」、特急「うずしお」、山陽線柳井~徳山駅間の下り線で運転を見合わせている。また、快速列車「マリンライナー」が岡山県内での折り返し運転を行う予定。空の便では日本空港広島~羽田間で1往復2便が欠航になっている。

宮崎県・延岡市の上空から中継。多くの家が浸水しており、道路は冠水していて確認することが出来ない状態だとのこと。

強い台風16号は四国を暴風域に巻き込みながら東へ進んでいる。台風本体の発達した雨雲が四国にかかり、現在高知県で猛烈な雨が降っている。記録的な大雨となった九州南部では住宅の浸水被害などが相次いでいる。四国や九州南部などでは土砂災害や川の氾濫の危険性が非常に高まっているため厳重な警戒が必要。

現在は四国が暴風域に入り高知県で猛烈な雨が降っている。四国や九州南部などで土砂災害などに厳重警戒を呼びかけている。高知市では強い風が吹き、雨も強く降っているという。九州ではこの風で10トントラックが横転したこともあり不要不急な外出は控えるようにしてほしいと伝えた。徳島の大鳴門橋では雨が降っており、風で海面が波立っている。海の様子などは見に行かないようにしてほしい。愛媛・八幡浜市は現在は風は強く吹いていないが、台風の接近で急に雨風が強くなる可能性がある。台風から離れた地域の人も早め早めの行動をとってほしい。

宮崎県北川町上空からの北川の映像。住宅が水に飲まれている。道路も浸水しており確認できない。宮崎県都城市付近では建物が壊れている。周囲が水に浸かっている場所もある。宮崎県延岡市では美容室が床上まで浸水している。店主と思われる女性はこんなになってるとは思わなかったとコメントした。午前8時の四万十市では水があふれ道路が冠水している。高架下の道路も水がたまり池のようになっている。

台風16号は今日午前0時すぎに鹿児島県大隅半島に上陸し、この時間は高知県沖の海上をすすんでいる。高知県と愛媛県が台風の暴風域に入っていて午前9時前には高知県室戸岬で最大瞬間風速39.2メートル、午前9時過ぎには愛媛県伊方町で28.2メートルを記録した。このあと台風は太平洋の東寄りを進むと予定されている。四国に雨雲がかかり午前8時50分までの1時間に高知県、黒潮町佐賀で86ミリの猛烈な雨が降った。午前9時までの1時間には高知県四万十町窪川で51ミリの雨が降った。午前9時までの24時間までに降った雨量は高知県宿毛市で222ミリと平年の9月1ヶ月分の9割に達したほか、四万十市では331.5ミリで平年の9月1ヶ月分の8割に達する大雨になっている。

昨夜から明け方にかけて九州南部で記録的な大雨となり鹿児島県では南九州市で159ミリを記録している。宮崎県日向市では午前9時までの24時間雨量が572ミリと平年9月の1ヶ月分の約1.6倍を記録した。土砂災害警戒情報が宮崎、大分、熊本、愛媛、高知、徳島で出されている。宮崎県、大分県、山口県、高知県で氾濫危険水位を超えた川もあるという。西日本と東日本では今夜にかけて雷を伴う1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨のおそれがある。西日本の太平洋側中心に局地的に猛烈な雨の恐れがある。明日朝までの雨量は近畿で300ミリ、四国、東海で250ミリ、伊豆諸島で200ミリ、北陸で180ミリ、関東甲信で150ミリ、九州・中国地方で100ミリとなっている。西日本は今日昼過ぎにかけて猛烈な風が東日本では昼過ぎからあす明け方にかけて非常に強い風が吹く見込みだ。九州南部は最大風速35メートル最大瞬間風速は50メートル、四国で30メートル最大瞬間風速は45メートル、九州北部、近畿で25メートル東海で20メートル、九州北部から近畿、東海の最大瞬間風速は30~35メートルとなっている。波の高さは九州・四国~東海の太平洋側で6~8メートルとなっている。気象庁は土砂災害などに厳重警戒、落雷など竜巻突風に十分注意するように呼びかけている。

キーワード
台風16号
四万十市(高知)
愛南町(愛媛)
停電
富高地区(宮崎)
都城(宮崎)
延岡(宮崎)
南九州(鹿児島)
指宿(鹿児島)
日本航空
全日空
日本エアコミューター
ソラシドエア
羽田空港
スターフライヤー
国土交通省
氾濫危険水位
阿南(徳島)
避難指示
避難勧告
FDA
マリンライナー
JR高松駅
瀬戸大橋線
予土線
予讃線
しおかぜ
いしづち
宇和海
南風
しまんと
あしずり
高徳線
うずしお
鳴門線
牟岐線
剣山
徳島線
松山空港
徳島空港
むろと
高知市(高知)
中筋川
室戸岬
宮崎空港
新富町(宮崎)
避難準備情報
姫路(兵庫)
中央区(大阪)
新宮(和歌山)
JR大阪駅
特急くろしお
大阪空港
洲本(兵庫)
東海道新幹線
紀勢線
アイベックス
南紀白浜空港
土砂災害
台風10号
清水町(北海道)
雫石町(岩手)
花巻(岩手)
仙北(秋田)
岩泉町(岩手)
豊頃町(北海道)
枕崎(鹿児島)
石巻(岩手)
沼津(静岡)
気象庁
高潮警報
土砂災害警戒情報
愛媛県
宿毛(高知)
土佐清水(高知)
佐賀(高知)
窪川(高知)
中村(高知)
南九州市(鹿児島)
日向(宮崎)
大分県
熊本県
徳島県
山口県
高知県
徳島市(徳島)
足摺岬
気象台
日向市(宮崎)
日南市(宮崎)
鳥取空港
宿毛市(高知)
土佐清水市(高知)
黒潮町(高知)
四万十町(高知)
宮崎市(宮崎)
門川町(宮崎)
南阿蘇村(熊本)
上天草市(熊本)
香川県
鹿児島県
宮崎県
安佐南区(広島)
安佐北区(広島)
長崎県
広島県
福岡県
暴風
浸水
増水
高波
高潮
JR岡山駅
突風
落雷
福知山市(京都)
日高川町(和歌山)
日高町(和歌山)
美浜町(和歌山)
紀美野町(和歌山)
みなべ町(和歌山)
野迫川村(奈良)
柳井駅
徳山駅
山陽線
広島空港
関西空港
中区(広島)
北区(岡山)
日南(宮崎)
広島市(広島)
都城市(宮崎)
秋雨前線
指宿市(鹿児島)
枕崎市(鹿児島)
九州電力
延岡市(宮崎)
北川
三重県
和歌山県
室戸市(高知)
紀伊半島
大隅半島
佐喜浜
伊豆諸島
大鳴門橋
八幡浜市(愛媛)
冠水
北川町(宮崎)
伊方町(愛媛)
氾濫
竜巻などの突風
松山市(愛媛)

経済情報 (ニュース)
09:59~

為替と株の値動きを伝えた。

キーワード
東京市場
日経平均株価
東証株価指数

スポット

エネルギー/素材

九州電力

レジャー/交通

松山空港
南紀白浜空港
広島空港
スターフライヤー
JR岡山駅
大鳴門橋
羽田空港
JR高松駅
徳島空港
鳥取空港
関西空港
宮崎空港
大阪空港
JR大阪駅
徳山駅

政治/経済/地方自治体

国土交通省
気象庁
  1. 前回の放送
  2. 9月20日 放送
  3. 次回の放送