OF LIFE 【レギュラー西川晃啓・松本康太◆介護に笑顔咲かす】

放送日 2019年3月20日(水) 1:59~ 2:30
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
01:59~

オープニング映像。

黒田博樹が今回はお笑い芸人レギュラーを紹介すると伝えた。

キーワード
松本康太
西川晃啓
レギュラー

OF LIFE (バラエティ/情報)
01:59~

お笑い芸人レギュラーはコンビ結成21年。あるある体験隊で大ブレイク。そのヒットから15年レギュラーの二人は大勢の前で歌を歌っていた。彼らがしていたのはレクリエーション介護。レクリエーション介護とは高齢者と一緒に簡単なゲームなどを行う。レギュラーの二人は2014年に介護職員初任者研修と2017年レクリエーション介護士を取得した。いつものネタをしている用に見えるが実はレクリエーションという意味は娯楽言う意味を共に生きがいを再創造することが大事。二人は後出しジャンケンというゲームをするがこれが認知症予防に。さらにオリジナルレクリエーションが「ギャグ体操」施設の利用者から思い出のギャグを聞いて声を出し参加してもらう。この体操の効果には回想法という昔の記憶を思い出してもらい認知症予防に。さらに動作することで脳の血流が良くなるという。

1998年にコンビを結成し、今年で21年目を迎えるレギュラー。2004年にあるある探検隊が大ヒット。お茶の間に大人気となり、流行語大賞にまでノミネートされた。しかし次第に仕事もなくなっていた頃に2014年に転機が訪れた。先輩の河本さんが行っていたボランティアの施設訪問を手伝ったときにウケがよく、それがきっかけに。レギュラーの松本康太は母親が介護をしていた光景を見て、河本のことも重なって勉強をし始めた。相方の西川晃啓は正直迷ったのはあったが拒否するのは違っていたと答え、今は介護をやっていてお笑いをしていると感じるという。

レギュラーは写真撮影をしていたが本を出版するためだった。介護に興味がなかった人でも気軽に手にできる介護の入門編作りに奮闘するレギュラー。重く深刻なイメーシの介護を明るく伝えたいと語る。もっと訪問介護の場でやるネタを引き出しを引き出したいとレギュラーは打ち合わせ。東京ビッグサイトで介護業者が500社も集まるイベントにレギュラーも参加した。この場で介護グッズを紹介する活動も行っている。いよいよ以前から作っていたレクリエーションを試す時がきた。

キーワード
名古屋市医師会
京都府
名古屋市(愛知)
東京ケアウィーク

OF LIFE (バラエティ/情報)
02:20~

今回はフリップを使ったネタでレクリエーションを行う。本番前に入念に準備をするレギュラー。いよいよ本番となった。

OF LIFE (バラエティ/情報)
02:24~

レギュラーが本番でパネルネタを疲労。しかし課題が残った。二人は新しい形の漫才だと述べた。

エンディング (その他)
02:27~

エンディング映像。

OF LIFEの次回予告

告知 (その他)
02:28~

日本総狂宴ステージ KERENの告知。

大阪チャンネルの告知。月額料金は480円。

キーワード
日本総狂宴ステージ KEREN
COOL JAPAN PARK OSAKA
大阪チャンネル
  1. 前回の放送
  2. 3月20日 放送
  3. 次回の放送