FIFAワールドカップ 2018「ウルグアイ×ロシア」

FIFAワールドカップ(英: FIFA World Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、男子ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会。サッカーの大会の世界最高峰と位置付けられ、全世界のテレビ視聴者数や経済効果はオリンピックを凌ぐ世界最大のスポーツイベント。大抵は年度を付加して“FIFAワールドカップ [開催国] [年度]”(英: FIFA WORLD CUP [country] [year])などのように呼称される。女子の世界選手権大会についてはFIFA女子ワールドカップを、クラブチームの世界選手権大会についてはFIFAクラブワールドカップを参照。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年6月25日(月) 22:00~22:40
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

オープニング映像。

このあとウルグアイ×ロシア。試合が行われるサマーラの中継映像、選手が会場入りする様子を紹介。

日本代表のキャンプ地カザンから中継。竹内涼真は昨日の試合から興奮が収まらないと話した。現在のカザンの気温は30度を超えている。

2018TBSサッカー中継テーマソング:「Awakening」EXILE。

キーワード
サマーラ(ロシア)
2018 FIFAワールドカップ
カザン(ロシア)
EXILE
Awakening

FIFAワールドカップ (バラエティ/情報)
22:02~

日本×セネガルの試合を見て、竹内涼真は号泣した。セネガル戦の前日竹内涼真はエカテリンブルクに来ていた。そこで、元なでしこジャパン監督の佐々木則夫さんに偶然、出会った。今回はじめて取材する竹内に日本代表を支えるミッションが与えられた。エカテリンブルクはマヨネーズ消費量が世界一のため、世界一怖いと噂のスタジアムに潜入することになる。エカテリンブルクアレナの日本代表のロッカールームに潜入する。スタジアムは高さ43メートルで両スタンドで1万2000席を増設した。ワールドカップの開催基準を満たすために建設されたため、異様な姿のスタジアムになっている。仮設スタンドには階段で登った。竹内はセネガル戦前日の夕方、日本代表の練習を見学した。チームの雰囲気がよく強そうだったと感想を話した。さらに、竹内は会見で吉田麻也に質問をした。会見後のミックスゾーンでは、柴崎岳に話を聞くことができた。

日本×セネガルの試合を当日、エカテリンブルクアレナの周りには多くのセネガルサポーターがいた。竹内涼真はセネガルサポーターと触れ合った。試合は前半、セネガルに先制点を揺するが、乾貴士のゴールで1-1と同点になった。

竹内涼真号泣!劇的弾!

アイキャッチ。

キーワード
2018 FIFAワールドカップ
エカテリンブルク(ロシア)
佐々木則夫
エカテリンブルクアレナ
吉田麻也
柴崎岳
長谷部誠
乾貴士
竹内涼真

FIFAワールドカップ (バラエティ/情報)
22:19~

アイキャッチ。

竹内涼真 号泣の裏側話します。

アイキャッチ。

日本vsセネガルの後半が開始。日本は大迫勇也などが決定的なチャンスを迎えるが決めきれず、勝ち越すことができない。すると後半26分、セネガルのワゲにゴールを決められ1-2でリードされてしまう。1分後に本田圭佑が香川真司と交代で投入されると、33分にその本田が同点ゴールを決めた。そして2-2で試合は終了した。竹内涼真は試合観戦後、監督会見へ。交代枠を使ったタイミングについて西野朗監督に聞くと「3人とも攻撃的な選手。ピッチに「攻撃的にいく」というメッセージを最後まで送り続けたかった」と答えた。次戦は運命を分けるポーランド戦となる。 

キーワード
竹内涼真
大迫勇也
乾貴士
本田圭佑
香川真司
ワゲ
西野朗監督
日本
セネガル
ポーランド

FIFAワールドカップ (バラエティ/情報)
22:28~

アイキャッチ。

第3戦 ポーランド 不吉なデータ。

アイキャッチ。

日本vsセネガルを振り返り、同点ゴールを決めた本田選手について竹内涼真は「本田選手は持ってるので、左足にボールが来るんですよね」と称賛した。続いて、カザンの練習場で竹内が酒井宏樹にインタビューした映像を紹介。酒井は現在のチームの雰囲気について「ポジティブな雰囲気は変わっていない。勝ち点を拾えていることには満足している」などと語った。竹内涼真は明日帰国すると伝えた。

スタジオの松井大輔は日本vsセネガルにおける日本の1点目について解説。得点につながった長友のトラップは、実はミスだったと主張した。

キーワード
本田選手
日本
セネガル
カザン(ロシア)
長友

FIFAワールドカップ (バラエティ/情報)
22:36~

アイキャッチ

ヒデがポーランドの不吉なデータを紹介。2002年大会と2006年大会でポーランドは、1戦目と2戦目で敗れたあと、3戦目は勝利しているという。福田正博はポーランドのエース、レバンドフスキが今大会でまだ1得点もあげていないことに触れた。松井大輔はポーランド戦のキーマンに乾貴士を挙げた。ヒデと竹内涼真は注目選手に柴崎を挙げた。竹内は、日本が前日の試合で仕掛けた、オフサイドトラップについても触れた。

キーワード
乾貴士
レバンドフスキ
柴崎
ワールドカップ
ポーランド

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月25日 放送
  3. 次回の放送