犯人に告ぐ!盗聴盗撮 怒りの追跡バスターズ 第6弾【緊急!坂上忍かたる詐欺逮捕】

放送日 2019年1月23日(水) 20:00~23:07
放送局 毎日放送

番組概要

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
20:00~

今回相談に訪れたのは50代のモリタヒロフミさん(仮名)。相談内容は元交際相手の女性からのストーカー被害。女性は50代のヤマモト(仮名)。交際中に娘が授かったが、結婚はせずにモリタさんは独り暮らし、ヤマモトは娘と二人で暮らすことを選択した。モリタさんは娘を可愛がった。モリタさんはその後、現在の交際相手の女性と出会い、ヤマモトと別れた。その頃からヤマモトのストーカー行為が始まった。4年前、娘のユミコさん(仮名)が父の元に逃げ込んできた。ヤマモトは娘を虐待していたという。これを機に、娘の親権はモリタさんのものとなり、一緒に暮らすようになる。ヤマモトのストーカー行為を警察に通報し、2015年2月ヤマモトは迷惑防止条例違反で逮捕された。しかし、逮捕以降ストーカー行為は加速していった。ヤマモトはモリタさんがドライブ中に子どもを返せと車の窓ガラスを叩き、一方通行を逆走してきた。その後、ヤマモトは姿を現さなくなった。しかし、モリタさんの周辺で不可解な出来事が頻発するようになる。

被害(1)はモリタさんの職場への嫌がらせ電話。ボイスチェンジャーで音声加工をしているようで、約1か月間嫌がらせ電話は続いた。モリタさんは音声加工をしていても、ヤマモトだと確信したという。そこで、専門家に音声解析を依頼したところ、元の音声は女性である可能性が高いことが分かった。さらに、怪文書や車などの破壊行為など。

キーワード
迷惑防止条例違反

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
20:12~

被害(2)は不気味な貼り紙。モリタさんの車に赤い文字でびっしりと卑劣な文面が書かれていた。モリタさんの交際相手の玄関にも手書きの貼り紙がされていた。玄関のドアポストに直接手紙が投函されてた。モリタさんは意味不明の手紙と貼り紙はヤマモトしかいないと語る。そこで、トラスト筆跡鑑定研究所の二瓶氏に筆跡鑑定を依頼した。貼り紙とヤマモト直筆の文字を鑑定した所、誤字から同一人の筆跡であることはほぼ間違いないことが分かった。

被害(3)はモリタさんの交際相手にむけての嫌がらせ。交際相手宅の郵便受けに南京錠が勝手に付けられていた。注文してない大量のピザが届くなどの嫌がらせもあり、2017年末、被害に耐えきれず引っ越しをした。

被害(4)はバイクへの破壊行為。モリタさんのバイクへの嫌がらせが始まった。犯行の瞬間を防犯カメラが捉えていた。昨年4月に人影がバイクに近づき、タイヤをパンクさせているようだった。犯人はサンバイザーで隠し、カツラを被り変装していた。バイクのナンバーはへし折られ、タイヤに大きな穴があけられていた。

被害(5)は車への破壊行為。防犯カメラの映像によると、モリタさんの車に人影が近づく。

借金を踏み倒す現役お笑い芸人。坂上忍と対決!

キーワード
トラスト筆跡鑑定研究所
坂上忍

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
20:23~

被害(5)は車への破壊行為。防犯カメラの映像によると、モリタさんの車に人影が近づき、ボンネットに向けてスプレーを噴射していた。車にはスプレーでララポトと書かれていた。ララポトとはモリタさんが彼女とよくいくららぽーとのことだと思うという。さらに、塗料を剥がす薬品を車にかけられていた。別の日にはタイヤにカッターナイフの刃が突き刺さっていた。モリタさんは被害にあうたびに警察に相談はしているが、顔も素性も分からないようにしているため逮捕できないという。嫌がらせをしているのはヤマモトなのか?モリタさん犯人を突き止めたいという。

元交際相手の女ストーカーからの被害を振り返る。北斗晶はなぜそこまでこんなになるのか原因がある気がするという。矢田亜希子は彼に自分の存在を見てもらいたい、アピールとしか思えないなどと話した。

モリタさんへ被害を与えたのは元交際相手のヤマモトなのか?元刑事の小川泰平氏に協力を依頼した。小川は車の被害現場に向かった。小川はGPSで行動を監視していた可能性が高いと指摘し、再びGPSを付けにくるかもしれないという。そこで、車内に定点カメラ、4台のカメラを設置した。自宅マンション駐輪場にもカメラを設置し、職場にも張り込みをすることにした。職場の駐輪場前にジャスティス探偵事務所の調査員が張り込みに加わる。張り込み初日、犯人は現れなかった。張り込み5日目、駐車場に怪しい人影が現れた。

キーワード
ららぽーと
ジャスティス探偵事務所
P.IDL

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
20:36~

張り込み5日目、駐車場に警察が見回りにきた。その後、午前3時半、路地から黒い人影が現れ、巡回していた警官と話している。スタッフが近づくと、警官が原付きバイクとを取り囲んでいた。原付きバイクのナンバーはヤマモトものだった。確認すると怪しい人物はヤマモトだった。警官はヤマモトから話を聞く。

キーワード
ジャスティス探偵事務所

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
20:45~

警官から聴取されるヤマモトはGPSを所持していた。GPSは自分のバイクに付けておくものだと話し、モリタさんに付けるものではないと主張する。ヤマモトは娘が気になってここに来た、GPSは自分のバイクに取り付けるつもりだったという。その後、警察署で事情聴取を受けた。警察からの報告では、GPSに犯罪性は認められなかったという。ヤマモトは二度と近づかないよう注意を受けた後で自宅に帰されたという。その後もバスターズは張り込みを続けた。すると、モリタさんの職場の駐輪場のヤマモトが現れた。しばらくモリタさんのバイクを見つめ、去っていった。数日後、モリタさんの職場に再びヤマモトが現れた。この日もモリタさんのバイクを確認して、去っていった。この後もヤマモトは頻繁に職場を訪れていた。モリタさんに映像を確認してもらうと、ヤマモトに間違いないという。真実を確かめるためにヤマモトを直撃した。直撃した結果、ストーカー行為をしていたことを認め、モリタさんの車にGPSを付けていたことも認め、二度と近づかないと約束した。しかし、職場への嫌がらせ電話、嫌がらせの怪文書、車への落書き、バイクへの器物破損については否認した。

ヤマモトとの話し合いから9日後、モリタさんから連絡が入った。車の下にGPSが付けられていたという。モリタさんは警察に被害届を提出し、受理された。

特殊詐欺の被害額は年間約390億円。様々な手口が存在するが、携帯電話に送られてくるメールに記載されている電話をするとどうなるのか?今回、バイキング小峠が架空請求業者と対決する。メールにはコンテンツ利用料滞納の期間が長期に渡る為、強制的に執行の手続きに移行すると記載されている。よく分からない請求で不安にさせて、電話をさせるのが目的。小峠はメールを受け取った田中英二という設定で大阪の業者に電話をかけてみる。相手はメールを送っていない「バカだから、見間違えたんじゃないですか?」と言ってきた。相手は新宿にいるタナカだと名乗った。小峠は詐欺ではないか?と訪ねると、まぁそうですねとあっさりと認めた。その手口を聞こうとするが、最近架空請求業者に電話する様子を配信されることが多くタナカは警戒しているようだった。小峠がタナカに説教をする。最後にタナカは「じゃあなバカタレ」と言って電話を切った。タナカの手口は動画サイトなどの利用料としてお金をだまし取るものだと思われる。対策は身に覚えのないことは触れない・返事しない・無視すること。

近年、薬物事犯の検挙人数が急増している。2017年に大麻で3008人が謙虚され、そのうと53人が高校生だった。2015年京都市では、小学6年生の男子児童が高校生の兄の部屋から大麻を入手し吸引する事件が発生した。その温床となっているのがSNS。小峠がSNSで2人の売人に連絡をとってみる。元マトリの高濱良次がサポートする。Xと名乗る売人にSNSで連絡をとり、電話をする。圧縮したものと無加工のも2種類の大麻を扱っているという。Xは受け渡し場所を指定してきた。わずか10分でアポがとれた。次の売人はZ。Zと連絡をとり、都内の繁華街で待ち合わせをすることになる。Zに服装を尋ねると、マトリがお客さんに紛れる場合があるので警戒をしていて教えない。

売人と対面するのは危険ということで、待ち合わせ場所の近くで見張ることにする。Xとの待ち合わせ場所に向かい、電話をかける。

キーワード
ジャスティス探偵事務所
梅沢富美男
富澤さん
京都市(京都)
大麻

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
21:13~

売人と対面するのは危険ということで、待ち合わせ場所の近くで見張ることにする。Xとの待ち合わせはファミレスの前。20代で黒い髪の優しげな顔立ちの男が現れた。小峠がXが電話をかけてみると、この男が電話に出た。大麻の所持・譲渡は懲役7年以下の犯罪となる。小峠がやっぱり止めると言うと売人Xが衝撃の告白をした。

被害者から逃げ回るお笑い芸人を坂上忍が追いつめる。

キーワード
大麻取締法
大麻
坂上忍

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
21:20~

小峠が待ち合わせ場所にやってきた大麻の売人Xに説教をする。大麻の売買を止めるように電話で話すと、Xは胸にちゃんとしまってありがとうございますと言った。電話を切ったあとXはタクシーを拾い走り去っていった。もう一人の売人Zは待ち合わせ場所に姿は見せなかった。大麻の売買は7年以下の懲役が課される犯罪。

VTRを振り返り、ヒロミは犯罪をしている喋りじゃないような感じだと話した。坂上忍はSNS等で麻薬の取引に関わることは違法な行為なので絶対にやめてくださいと話した。

日本に仕掛けられている盗聴器は推定10万代以上。今回は盗聴器の捜索に北斗晶がが名乗り出た。盗聴器発見のプロ酒井賢一と共に捜索する。住宅街に2種類の盗聴電波を見つける。仕掛けられているのはアパートの1室で、1部屋に2つの盗聴器が仕掛けられているという。アパートの女性は盗聴犯に心当たりがあるという。

卑劣な借金芸人と対決!

キーワード
大麻
大麻取締法

番組宣伝 (その他)
21:27~

プレバト!!の番組宣伝。

ニンゲン観察バラエティモニタリングの番組宣伝。

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
21:29~

盗聴器が仕掛けられているのはアパートの1室で、1部屋に2つの盗聴器が仕掛けられているという。被害者は40代のシングルマザーで中学3年生の娘と2人暮らし。1年前に引っ越してきたばかりだという。部屋を捜索すると延長コード型の盗聴器を発見した。もう一つはリビングでコンセプトタップ型盗聴器を発見した。女性は仕掛けた人物に心当たりがあるという。それは、娘と参加したあるイベントで知り合った男性だという。その男性は子どもに執着があり、娘に対して養女にならないかと言われたという。女性はその男性を出入り禁止にして、連絡もとっていないという。後日、男性に取材できないか母親に確認すると、犯人は別の人だった。

番組宣伝 (その他)
21:36~

櫻井・有吉THE夜会は24日よる10時から。滝藤賢一に密着。

金曜ドラマメゾン・ド・ポリスの番組宣伝。

「日曜劇場 THE GOOD WIFE」の番組宣伝。

キーワード
滝藤賢一

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
21:38~

シングルマザーの母と娘が住むアパートの1室に2つの盗聴器が仕掛けられていた。北斗晶が被害者宅を訪れる。母親は年末に骨折してしまいベットで寝ていた。母親によると、盗聴犯が自ら謝罪してきたという。母親は娘を気遣ってか、犯人について多くを語らなかった。菊地弁護士によると、盗聴器を仕掛けるのは家族・恋人・親戚などが多いという。盗聴器を外しただけで安心してはダメだという。

次の調査対象は大手芸能事務所に所属し、テレビで話題だった芸人スズキ(仮名)。被害男性はニッタマコトさん(仮名)。スズキは借金300万円を踏み倒しているという。その後、スズキは芸能界から姿を消し、借金を踏み倒して音信不通だという。借金踏み倒し芸人スズキを直撃する。

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
21:45~

次の依頼について、坂上忍はこの番組始まって以来あそこまでムカついたのははじめてだと言う。今回の相手は現役の芸人。

2014年9月、被害者のニッタさんは知人とカラオケバーに立ち寄り、バーで働いていたスズキはテレビに出はじめた頃だった。ニッタさんが近々独立して社長になると知ったスズキが近づいてきたという。スズキは売れっ子芸人との交友関係をアピールしてきたという。そして、スズキはニッタさんの電話番号を聞き出した。数日後にスズキはニッタさんに電話をかけてきて借金の返済ができずに殺されるかもしれないと言ってきた。ニッタさんはスズキに会いにいくと、スズキは土下座をしながら必死に訴えてきた。そして、年末恒例の格闘技イベントに出るため、ファイトマネーが300万円入る予定だと言ってきた。年末には返すという約束でニッタさんは独立資金の一部の300万円を貸してしまった。借金の契約書も交わしていた。11月にスズキは格闘技イベントに参加していたため、ニッタさんはスズキの言葉を信じた。年末に出場すると言っていたイベントは開催されなかった。スズキは返済のあては無いと白状した。ニッタさんは独立資金の300万円を踏み倒され、実害を被った。ニッタさんはスズキについてこれまで自ら調査してきた。すると、スズキは他の人からも金を借りていたことが分かった。スズキは電話にも出なくなり、携帯電話は不通になり、3年以上音信不通となっている。

追跡バスターズは調査を開始。スズキが今どこにいるのか、収入源はあるのか、金の使い道を調査する。スズキは3年半前に事務所を退所していることが分かった。スズキが現れるというイベントに行ってみたところ、スズキが現れた。イベントでスズキはお客からおひねりを貰っていた。スズキの芸能活動は1か月に数回のイベント出演だった。イベントが終了し、スズキを追跡する。電車では優先席で通話をしていた。スズキがたどりついたのは、築1年半のデザイナーズ物件だった。家賃は約10万円ほど。さらに、スズキは約13万円の電動アシスト付き自転車を所有し、夕食はステーキを食べていた。ある日、スズキを追跡すると解体工事現場で仕事をしていた。仕事終わりのスズキを追跡すると、3時間以上高速道路に乗り、謎の男性を助手席に乗せた。スズキと謎の男性は車内で書類を見ながら何かのやり取りをしているようだった。近づいてみると書類には返済契約明細と書かれていて、スズキが470万円の借金をするという内容だった。書類には返済合計額2470万円と書かれていた。

謎の男性から借金をしてから4日後、スズキはATMで現金を引き出し、道端で現金の束を数え出した。その金を持って3人の知人と飲み食いをした。7日後、スズキは大型パチコン店で4時間満喫した。その後、タクシーで移動し、またパチンコをした。夜には職場の同僚と飲みに出かけた。そこで、スズキの本性を垣間見ることになった。

坂上忍vs芸人スズキ。

JNNフラッシュニュース (ニュース)
22:16~

河野外務大臣は訪問先のスイスで韓国の外相と会談し、自衛隊哨戒機が低空飛行したという主張に、そのような飛行はしていないと反論した。日韓外相会談は約1時間行われ、康外相はレーザー照射問題に関連し、きょうまでに3回自衛隊機が韓国の艦艇に低空飛行をしたとして遺憾に思うと述べた。河野外相は近距離での飛行はしていない、韓国側の発表は遺憾だと反論した。また、韓国最高裁の元徴用工判決について、二国間協議に応じるよう申し入れたという。岩屋毅防衛相は従来どおり国際法・国内法にのっとって適切な運用を行っていたとした。

キーワード
河野外務大臣
ダボス(スイス)
康外相
日韓外相会談
岩屋毅防衛相
防衛省

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
22:18~

300万円の借金を踏み倒している芸人スズキは、居酒屋で本性を表した。借金交渉は日常茶飯事のよう。店員と金額についてモメた。2件目はガールズバーに入っていったが、酔いすぎていて断られたのか、街中で怒鳴り散らした。調査日数8日で、パチンコ日に5日行き、2日に1回のペースで飲み歩いていた。飲んだあとはいつもタクシーで帰宅していた。スズキがとあるバーで働き初めたという情報を入手した。東京から1時間ほど離れた場所で仕事終わりに追跡すると近くのアパートに入っていった。通話しながら運転をしていたスズキは警察官に止められ罰金9000円を払った。その後、自転車で2人乗りをし、信号無視もし、またも警察官に止められた。いよいよスズキを直撃する。

VTRを見て、小峠は芸人スズキが誰だか分かったという。人当たりが良くて性格は明るいが借金でヤバイという話しは聞いたことがあるという。今回、被害者のニッタさんは3年半ぶりにスズキと対面する。

いよいよスズキと対面。まずは弁護士の河西がニッタさんへの借金返済を求める。河西がスズキの自宅へと向かう。

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
22:28~

まずは弁護士の河西がニッタさんへの借金返済を求める。河西がスズキの自宅へと向かうと、被害者のニッタさんとなら話すという。会話を聞いていたニッタさんが思わず車から飛び出した。ニッタさんの声を聞いてスズキは沈黙した。その頃、坂上忍が現場に向かっていた。坂上が現場に到着する前に、自宅からスズキが出てきた。弁護士・河西がスズキに声をかけるが、スズキは弁護士を通してと言い、話し合いに応じる様子ではない。ニッタさんの姿を見ると、スズキは車を発信させた。スズキを追跡するも見失ってしまう。坂上が現場に到着し、状況を聞く。一旦解散し、スズキが戻る夜に合流することになった。すると、ニッタさんにスズキから電話がかかってきた。

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
22:38~

車で逃げるスズキを見失った直後、被害者のニッタさんにスズキから電話がかかってきた。スズキはお金は返すと言い、番組でやるのは勘弁してほしいと言ってきた。弁護士の河西が電話を代わり、お金は返すので勘弁してほしいと言い続けた。スズキの自宅近くで話し合いの場所を設けたが、時間になってもスズキが現れることはなかった。そこで、スズキの勤務先のバーで待つことにした。すると、再度スズキからニッタさんに電話がかかってきて、怖いんで行くことはできないと言い出した。坂上が電話を代わる。

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
22:48~

スズキからニッタさんに電話がかかってきて、スズキは怖いんで行くことはできないと言い出した。坂上が電話を代わる。スズキはお金は返すと言い、弁護士からの連絡を待ってほしいと話す。坂上は不義理をしたものに対しての被害者の感情を収められるのはあなたしかいない、それを弁護士を通してということにしていいのか?勝手にお金借りて怖い思いしただけであってテレビで怖いことするわけないと話す。しかし、スズキは弁護士を通じてと言うだけだった。弁護士・河西と電話を代わり、返す借金の元を確認するが、ごまかして途中で電話を切られる。スズキの芸能事務所に今回の件を伝えた。弁護士河西はスズキに債務確認書を送付した。スズキとの交渉は現在も続いている。

店や会社が並ぶ幹線道路で盗聴電波をキャッチする。電波は葬儀場から出ていた。盗聴器が仕掛けられていることを社長に伝え、捜索にかかる。社員2名が仕事をしている事務所のテレビの裏に盗聴器を発見した。盗聴器には周波数を示すA.B.Cどれかのシールが貼ってあることが多い。社長は同業他社が情報を盗んでいるのではないかというが、事務所は部外者が簡単に入れる場所ではない。社長に同業他社と通じている人がいるのでは?と聞いてみると、以前のスタッフが同業他社と通じていて、今は連絡が取れないという。盗聴調査を継続することを約束した。

2017年に偽のテレビ番組を語り、取材を装ってお金を騙し取ろうとする犯罪が横行していた。サギに使われたニセのパンフレットには坂上忍の名前があった。別のパンフレットには梅沢富美男、北野武の名前が使われたいた。いずれも写真を勝手に使われただけで詐欺には一切関係はない。芸能人の名をかたる悪質な詐欺事件に継承を鳴らしてきた。

キーワード
中日新聞
梅沢富美男
北野武

怒りの追跡バスターズ第6弾 (バラエティ/情報)
23:04~

坂上忍の名前を使った詐欺事件、2018年10月16日に犯人が逮捕・起訴された。ニセのテレビ番組取材を持ちかけて1300万円をだまし取った男7人が逮捕された。坂上忍を騙った詐欺と同じ手口による犯行だった。しかし、同様の手口の詐欺被害が報告されている。十分にご注意ください。

キーワード
読売新聞

エンディング (その他)
23:05~

盗聴・盗撮・ストーカー・近隣トラブル・詐欺、これは犯罪ではないかと思っている方は番組HPまで情報を。

キーワード
追跡バスターズHP

番組宣伝 (その他)
23:05~

NEWS23の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 1月23日 放送