映像 ギャラクシー賞奨励賞受賞作品「再審決定〜元看護助手・無実の訴え〜」

映像(えいぞう)

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月30日(月) 3:25~ 4:25
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
03:26~

オープニング映像。

再審決定〜元看護助手・無実の訴え〜 (バラエティ/情報)
03:26~

2017年12月20日、人工呼吸器外し事件で有罪判決を受けた、元看護助手の女性の再審開始が決定した。無実を訴え続けて来た、長い闘いの末の判決の重みを考える。

湖東記念病院に入院していた男性患者が心肺停止で死亡し、宿直だった看護師はチューブが外れていたと報告。警察は、アラーム音を聞き逃した業務上過失致死の容疑で捜査し、看護助手の女性への取り調べが行われた。看護助手が、故意にチューブを外したと自白したと、殺人容疑で逮捕されたが、看護助手は獄中から両親に、無実を訴える手紙を出し続けていた。

男性患者が心肺停止で死亡した当日の様子を、看護助手が語った。看護助手と看護師の証言には食い違いがあり、看護助手は看護師に迷惑がかかると思い、警察の取り調べに対して自分がチューブを外したと自白してしまった。

キーワード
湖東記念病院
彦根市(滋賀)
旧愛知川警察署

再審決定〜元看護助手・無実の訴え〜 (バラエティ/情報)
03:41~

湖東記念病院に入院していた男性患者が心肺停止で死亡し、看護助手の女性が警察に故意にチューブを外したと自白したことについて、刑事を信用して好意を持ってしまったからと明かした。看護助手が、警察の取り調べの様子について語った。

看護助手は裁判で、無罪を主張した。看護助手と面会した医師は、軽度の知的障害と発達障害があると指摘した。看護助手の中学時代の教頭や、生徒指導の先生にインタビュー。大津地裁は、被告の自白は信用性が高いとして、懲役12年の判決を下した。看護助手は獄中から両親に、無実を訴える手紙を出し続けていた。

キーワード
湖東記念病院
旧愛知川警察署
滋賀拘置所

再審決定〜元看護助手・無実の訴え〜 (バラエティ/情報)
03:52~

湖東記念病院に入院していた男性患者を殺害した容疑で有罪となった看護助手の女性が、出所後に裁判のやり直しを請求した。再審請求を引き受けた弁護士が、看護助手が故意にチューブを外したという自白には不自然な点があると指摘した。

大阪高裁は、男性患者は致死性不整脈で病死・自然死したという弁護側の主張を、詳しく立証するように促した。弁護側は、男性患者を鑑定した医師は警察からあらかじめチューブが外れていたと聞かされていたため、窒息死と鑑定したと主張した。湖東記念病院の看護師は、その後の取り調べで、「チューブが外れていたかはわからない」と供述している。

キーワード
湖東記念病院
大阪高裁

再審決定〜元看護助手・無実の訴え〜 (バラエティ/情報)
04:12~

2017年12月20日、人工呼吸器外し事件で有罪判決を受けた、元看護助手の女性の再審開始が決定した。大阪高裁は、再審開始の理由について「患者が自然死した合理的疑いが生じたので自白の信用性も高くない」としている。再審開始決定について、元看護助手の女性が記者会見で喜びを語った。再審開始について滋賀県警は、コメントする立場にないとしている。大阪高検は、特別抗告している。

キーワード
湖東記念病院
大阪高裁

番組宣伝 (その他)
04:21~

映像’18の番組宣伝。

エンディング (その他)
04:23~

エンディング映像。

過去の映像シリーズは「動画イズム 444」でご覧いただけます。

キーワード
動画イズム444
  1. 前回の放送
  2. 7月30日 放送