坂上&指原のつぶれない店 かっぱ橋・道具街のプロが家でも使う究極の調理道具SP

『坂上&指原のつぶれない店』(さかがみアンドさしはらの つぶれないみせ)は、TBS系列で2018年4月22日から毎週日曜日のゴールデンタイムに放送されているバラエティ番組で、坂上忍と指原莉乃の冠番組である。2017年には特別番組として2度放送されており、そのときの番組名はいずれも『坂上&指原のつぶれそうなのにつぶれない店』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月16日(日) 18:30~20:00
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
18:30~

オープニング映像。今夜はかっぱ橋道具街の

キーワード
ファーマーズマーケット

番組宣伝 (その他)
18:33~

消えた天才の番組宣伝。

ファーマーズマーケットで発見!スンゴイ農家 (バラエティ/情報)
18:33~

ファーマーズマーケットはJAが運営する農産物の直売所で、生産者が直接持ち込むので新鮮な食材が揃う。道の駅が全国1,154か所なのに対して、ファーマーズマーケットは1,700か所もあり、東京都だけでも62か所ある。その中でも全国売上トップなのが福岡県の伊都菜彩。福岡市から車で約30分の場所にある。スタッフが取材に訪れると開店前なのに400台の駐車場が満車となっていて、大行列ができていた。早く来ないと品物がなくなってしまうのだという。休日のこの日は5,000人以上が訪れた。売り場にはパックの中で動く鮮魚もあった。1番人気の糸島産「天然真鯛」は2尾で300円と激安。野菜の価格も魅力的で、巨大ブロッコリーは180円だった。1番人気の野菜は糸島産「トマト」で1日約1万個売れるという。朝5時には生産者が行列を作っていた。伊都菜彩では生産者が自由に陳列可能で、売り場は早い者勝ちなので、生産者も朝早くから並んでいるのだという。販売場所・価格設定を生産者に任せる事が良い競争意識を生んでいる。ポップを自作する生産者もいた。

JAファーマーズマーケット売上ベスト10(日本農業新聞調べ)1位:福岡 伊都菜彩 40億7千万2位:和歌山 めっけもん広場 27億9千万3位:愛媛 さいさいきて屋 21億8千万4位:愛知 けんきの郷「はなまる市」 21億9百万5位:愛媛 周ちゃん広場 20億6千万6位:宮崎 直売所ATOM 20億9百万7位;愛媛 太陽市 18億5千万8位:愛知 幸田憩の農園 17億2百万9位:兵庫 六甲のめぐみ 16億6千万10位:沖縄 いとまん「うまんちゅ市場」 16億4千万

経済学者の岸博幸は、何でも揃うスーパーより専門性の高い店が人気となっていることが、ファーマーズマーケット儲けのカラクリだと解説した。

和歌山県橋本市西畑地区にあるファーマーズマーケット「やっちょん広場」ではここでしか買えない超極太ごぼう「はたごんぼ」が大人気。農家が自分たちで食べる分しか生産していなかったが、ここ数年で伝統を復活させたことで販売用として出回りはじめたという。一般的なごぼうが170円なのに対して、はたごんぼは約1,000円。長さ65センチ以上のプレミアものは1,500円以上の値段になるが、お客さんたちは次々と買って行った。大阪の老舗旅館「南天苑」でも料理にはたごんぼを使っている。

TEAM NACSの森崎博之がはたごんぼの生産者を取材。標高300mの場所にある畑を見せてもらった。通常のごぼうの葉が約20cmなのに対して、はたごんぼの葉は約60cmもあった。はたごんぼは人の力では抜くことができず、ユンボを使う。ユンボの名人がはたごんぼを掘る様子を見学した。最後は専用のクワを使って手作業で掘り出す。森崎も最後の掘り出す作業を体験させてもらった。

地元のお母さんがはたごんぼ料理を作ってくれた。まずは沸騰したお鍋で3分間塩茹でした「はたごんぼの塩茹で」。食べた森崎は噛むとすごい水分が出る、旨味が吹き出すと感想を語った。続いては輪切りにしたはたごんぼをくり抜き醤油とみりんで炊いた「はたごんぼ寿司」。スタジオにも登場して出演者たちが試食した。

はたごんぼの種は一般的に全国に広まっている品種を使っている。にもかかわらず大きく育つ理由はCMのあと。

キーワード
JA
ファーマーズマーケット
日本農業新聞
ブロッコリー
真鯛
はたごんぼ
たけのこ
はっさく
しらぬい
西畑(和歌山)
ユンボ
橋本市(和歌山)

番組宣伝 (その他)
18:53~

消えた天才の番組宣伝。

ファーマーズマーケットで発見!スンゴイ農家 (バラエティ/情報)
18:53~

岡本進さんは、はたごんぼが太く育つ理由は土壌だという。西畑地区の土壌は栄養価が豊富と言われている。さらに、土が硬いため下に伸びず横へ成長していくのだという。はたごんぼは戦後、手間がかかるため農家が激減したが、ブランド野菜が必要になり、再び栽培を始めた。最近は若い生産者も増え、地域活性化につながっている。

スタジオトーク。辻希美は、ブログで「きんぴらごぼう」の写真を上げたところ、「子どもが食べるには具がでかい」などと炎上したという。辻希美は、きんぴらごぼうに限らず歯ごたえがあるのが好きなため、豚汁のごぼうも大きいと話した。また、弁当にウインナーなど加工肉ばかりが入っている写真をあげたものも炎上したという。ヒロミは、ちゃんとした方、(松本伊代)うちなんか絶対できないとフォローした。

愛知県幸田町の国道248号線沿いにある「幸田憩いの農園」には入手困難な人気商品がある。愛知県はいちじくの生産量が日本一で「超熟いちじく」は、群を抜いて人気。一般的ないちじく約500円に対し、超熟いちじくは、1パック約800円。ネット通販でも予約が殺到し、3年待ちの大人気商品に。「超熟いちじく」を作る三州フルーツ工房の鈴木誠さんの元を訪れた。敷地面積はサッカーコート3面分で、7人で幻のいちじくを栽培している。一般的ないちじくの糖度が13度であるのに対し、超熟いちじくは21.1度。

いちじくは一本木のイメージだが、鈴木さんは、作業しやすいように苗木の段階で地に這わせるように固定して栽培しているという。スマホでハウス内を見る鈴木さんは、葉っぱを見ているという。鈴木さんは葉っぱの温度を見ていて、葉っぱは水の量が足りていないと光合成をしないため、常に水分がある状態をチェックしているという。超熟いちじくは柔らかすぎて輸送できないため、「ゆりかーご」を使用し、ハンモックのように宙づり状態で梱包している。

鈴木さんたちは元々ナス農家だったが、約20年前に、鮮度保持ダンボールが登場し、温暖な地域のナスが安く大量に市場に進出したことが原因で、赤字経営が続いていた。そこで、いちじく農園に転身すると、借金を全部返せたという。売上げは2倍以上になった。鈴木さんの父・敏さんは、子孫繁栄のように子どもたちにもずっとこのまま作り続けてほしいと話した。

キーワード
はたごんぼ
松本伊代
きんぴらごぼう
豚汁
国道248号線
超熟いちじく
三州フルーツ工房
いちじく
幸田町(愛知)
ゆりかーご
ナス

かっぱ橋 目利きのプロの愛用の一品 (バラエティ/情報)
19:08~

「かっぱ橋道具街」は料理に関する店舗が約170店舗並ぶ専門店。その商店街を支える調理道具の目利きのプロたちが家でも愛用する激推し商品を調査。

調理道具専門店「飯田屋」は創業大正元年で、100年以上かっぱ橋道具街を支えてきた老舗。飯田屋の人気の理由は、品揃えの良さ。フライパンの種類を聞くと、200種類以上だという。飯田屋6代目社長の飯田結太さんは、調理道具の専門家で、テレビ・雑誌でよく見る名物社長。

飯田結太は258種類の私物おろし金コレクションを紹介してくれたその中で飯田社長がNo.1だというのが「楽楽おろしてみま専科 極み」(5000円)。飯田社長はこの商品を「おろし金界のベンツ」と呼んでいるとして、目がすごく鋭いため、大根の繊維を断ち切っておろせるという。さらに通常のおろしは目が縦一列に同じく並んでいるが、このおろし金は、微妙にずれて並んでいて、大根と目の接触部分が多く、細かく削れてふわふわの大根おろしになるという。

飯田社長が家でも愛用する激推し商品を教えてもらう。現在、調理道具界で盛り上がっているのが「ピーラー」だという。店にも約100種類用意していて、その中から「ラクラク殻むき カニピーラー」を紹介した。飯田社長は、カニの硬い脚もズルズル剥けると話した。

キーワード
楽蔵 おろしてみま専科 極み
ラクラク殻むき カニピーラー

かっぱ橋 目利きのプロの愛用の一品 (バラエティ/情報)
19:18~

さらに「小魚三枚おろしピーラー」を紹介。魚を三枚おろしにできる。続いてとうもろこし専用ピーラーを紹介。

キーワード
小魚三枚おろしピーラー

番組宣伝 (その他)
19:23~

消えた天才の番組宣伝。

かっぱ橋 目利きのプロの愛用の一品 (バラエティ/情報)
19:23~

飯田社長は野菜にピーラーを入れるとワッフル型になるものを紹介。飯田社長は、断面が多くなることでドレッシングの味が染み込み、味がハッキリするという。飯田社長は、このピーラーを作った会社が「ののじ」という会社で、オーナーが1人で開発した、ピーラー界のスティーブ・ジョブズと呼ばれていると話した。

「ののじ株式会社」を訪れると、オーナー・高部篤さんが登場した。キャベツを千切りにするピーラーは高部さんの発明品だが、別の使用法があるという。高部さんはそれをスローモーションで撮影するようスタッフに指示した。見てみると、大根が2枚一緒に削れていることが分かった。オフィスには高部さんの作業場があり、アイデアが浮かんだら、自分が納得できるように試作しているという。ののじのピーラーは全て高部さんが開発している。現在高部さんが製作しているのが、「刃を付け替えられるピーラー」。ピーラーは、人手不足の飲食店が作業効率を上げるため、アルバイトでも使えるよう購入しているという。

「世界陸上」の番組宣伝テロップ。

4本の料理番組を持つロバートの馬場裕之が愛用する調理道具を大公開。自宅のキッチンには多くの調理道具があり、家庭用の燻製器もあった。 「バーミキュラライスポット」は温度をキープでき、低温調理も可能。肉を真空パックにする真空低温調理で、約60度にキープしたお湯に入れ1時間放置すると、肉の旨味も逃げずに調理できる。さらに紹介されている調理器具を見た坂上忍は、「芸人さん辞めたほうが・・・」とコメントした。

ロバート馬場が紹介するかっぱ橋の激推し商品は、箸専門店「はし藤本店」の割り箸。国産・産地別の割り箸を販売していて、15種類が販売されている。外国人観光客にも土産として人気。馬場は、無料でもらえる割り箸は臭うと結構なパンチがあるため、一度煮沸して使用するという。はし藤本店の割り箸は、質の良い木材の端材を使い加工されているため、木の香りが残っているという。馬場のおすすめは「奈良県吉野産杉」だという。馬場は、飲食店でも箸から見るという。

「包丁専門店 つば屋」は、1500本の包丁を揃える店で、特に外国人が集まる店。その理由は、英語・フランス語・中国語・ヘブライ語など各国の言語を話せるスタッフが常駐しているため。3代目店主・斎藤力は年商は4億円だという。斎藤さん激推し商品は、「SUWADA爪切り」で、ニッパーのような形が特徴。値段は7000円。最大の特徴は切れ味で、やすりの必要がないという。

「SUWADA爪切り」を製造している新潟・燕三条の「諏訪田製作所」へ向かった。新潟県の燕市・三条市は、江戸時代から金属加工産業が盛んで、現在も小規模な金属加工企業が4000社以上集まっている。諏訪田製作所の3代目社長・小林知行さんに直売店を案内してもらった。現在諏訪田製作所は爪切り製造がメインで年間10万丁売れているという。誕生したのは93年前で、1926年に創業した諏訪田製作所は元々工具「喰切」を作る鍛冶屋だった。しかし、西洋文化の輸入で木造建築が減少し、喰切の需要が落ち込み、戦争で鉄不足になったため、その技術を応用し、1948年にニッパー型爪切りを製造開始した。

キーワード
ののじ
ののじ株式会社
iPhone
バーミキュラライスポット
SUWADA爪切り
ベビー
ペット
燕市(新潟)
三条市(新潟)

かっぱ橋 目利きのプロの愛用の一品 (バラエティ/情報)
19:43~

金属の強度を高める鍛造では、15cmほどの鉄の棒を1000度以上で熱し、400トンもの超高圧でプレスする。さらに打ち抜き上質な鉄だけを残す。使用するのは室の良い中心部の3割のみで、残りの7割は廃材となる。刃を削る作業では、10枚以上の粗さが違うサンドペーパーを使用する。刃の段面は0.05mmまで削る。切れ味の秘密は、右刃と左刃をぴったり合わせること。1丁完成するまで1ヵ月以上で、去年の年商は6億円だった。

アルミ調理道具専門店「NAKAO FACTORY WORKS ANNEX」は軽くて丈夫なアルミ製の調理道具がプロの料理人たちにも大人気。店長の鈴木匠さんは、セラミック素材コーヒーフィルター「セラフィルター」を激推し商品として紹介した。この店では、3分の1を喫茶店にしていて、セラフィルターを販売するようになったという。値段は4860円。鈴木さんはコーヒーの味が変わるフィルターだという。バリスタの世界大会「World Brewers Cup 2016」で優勝した粕谷哲さんにその理由を聞くと、紙フィルターはコーヒー豆の旨味成分「油」は通さないが、セラフィルターは紙より少し大きい“絶妙な穴”で油を通すという。

キーワード
ダマスカスレイヤード
ミシュランガイド東京2019
渡辺雄一郎さん
茂出木浩司さん
プロキング片手鍋
World Brewers Cup 2016

エンディング (その他)
19:54~

竜星涼は映画「泣くな赤鬼」の宣伝を行った。

佐賀県有田町の「THREE RIVERS」を訪れた。社長の三河傑さんは、有田焼が家業の家に生まれたが父の代で有田焼の売れ行きは低迷し会社は倒産した。家業を復活したいと考えた三河さんは、有田焼の素焼きに泥水をこぼしたときに、素焼きを通してきれいな水が出てきたことを思い出したという。これがセラフィルター誕生のキッカケだった。まず、有田焼でも使う3種類の石の粉末“セラミック”を使い、コーヒーを美味しくする油を通す絶妙な穴を実現した。続いての型作りでも、力の部妙な加減で小さな穴を調整する。加減を少しでも間違えると失敗作になるという。そして、有田焼の釜で1230度で30時間焼き上げる。三河さんは、去年の売上は1億1000万円だという。

「消えた天才」の番組宣伝テロップ。

キーワード
泣くな赤鬼
堤真一
柳楽優弥
有田焼
有田町(佐賀)

スポット

グルメ

幸田憩の農園
くにぎ広場
NAKAO FACTORY WORKS ANNEX
Nabeno-Ism
やっちょん広場
たいめいけん

レジャー/交通

横浜駅
南天苑
有田駅
田原町駅
燕三条駅

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

洋食器専門店ニイミ
THREE RIVERS
諏訪田製作所
包丁専門店 つば屋
飯田屋
はし藤本店
釜浅商店

流通

かっぱ橋
かっぱ橋道具街
伊都菜彩
  1. 前回の放送
  2. 6月16日 放送
  3. 次回の放送