YUBIWAZA 日本初のプロゲーマー!梅原大吾密着完全版

放送日 2019年5月17日(金) 1:59~ 2:30
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
01:59~

オープニング映像。

今回は正月に放送した梅原大吾の密着企画が大好評だったので今回もその未公開放送と完全版を放送すると矢口が伝えた。淳はこの放送は定期で流したほうが良いと答え、eスポーツ関係者の人は見たほうが良いと答えた。

キーワード
梅原大吾

ウメハラ3Days (バラエティ/情報)
02:00~

数多くのプロライセンスが発行され、職業として認知されるようになったプロゲーマー。その礎は梅原大吾ことウメハラ。世界最大の格闘ゲーム大会EVOでは2年連続優勝。現在も4社のグローバル企業と契約しトップアスリートに君臨。そのウメハラにプロゲーマーたちは0を1に変えてくれた人などと称賛を述べる。8年前未開の地だったプロゲーマーの世界だったが、今回はウメハラの足跡をたどる三日間を放送する。

密着初日、朝の日課の散歩をしている梅原大吾だったが、行列の出来る店はいかずに店の実態がよくわからない店に行くことが楽しみで、客の入らない中華料理があり、注文を受けたら書いにくというコスト削減をしていたと語り、その分析する性格を覗かせた。ウメハラ少年が最初にハマったゲームはストリートファイター。当時通っていたゲームセンターでは年齢もまばらで正体がしれない人もいたと答えた。今でこそ華やかな世界になったプロゲーマーの世界。その裏腹に暗黙の世界でウメハラはプロになるまでに常に不安はあったと答える。当時社会に出る準備をしていた周りとその時間をゲームに費やしてきたウメハラ。当時はゲームで生き残れる仕事など何一つなかったと語る。

散歩して一時間、自宅に帰ってゲームをする。この日はストリートファイター5のカプコンカップの練習へ。一回戦の相手がつかうキャラクターの分析に取り掛かる。ウメハラ自身も調べごとと称したトレーニングだった。ウメハラが世界チャンピオンになったのは17歳。当時の心境について「全く嬉しくなく、その理由に世間が認めてくれず、あっさり世界チャンピオンになってしまったこと。」と答える。周りが真剣ではなく、むしろ恥ずかしかったと述べた。さらにウメハラの背水の大逆転劇を紹介。体力は1ドットだったのにも関わらず相手をお仕切り逆転勝利。若い日本人が起こした奇跡としてウメハラの名が人々に刻まれた瞬間だった。さらにこの映像は動画サイトで530万再生。最も再生されたビデオゲームの試合にギネス認定された。

伝説ゲーマーウメハラの壮絶ゲーム人生に迫る!

キーワード
梅原大吾
EVO
ストリートファイター
ストリートファイター5
カプコンカップ

ウメハラ3Days (バラエティ/情報)
02:10~

ウメハラはこの日対戦会に挑む。最近大戦中に重視しているのは大戦中の自分の心拍数を知ること。心拍数が上がるにつれ集中できると実感し140を超えたら落ち着くようにしている。去年11月にフランス・パリで開催されたRed Bull Kumiteは世界各国からツワモノの選手が集うハイレベルな大会で心拍数が150まで跳ね上がった試合だったという。相手は未勝利の相手で、心拍数の上昇は意識しているつもりはなかったと答えた。この日もトップ猛者たちがしのぎを削っていた。そんなウメハラにも格闘ゲームの大会から姿を消していた時期があった。心の中でこのままでいいのか?と言う思いがあり働いてどう生きていくのか?と考えていたという。そこからウメハラはプロの雀士を目指すも挫折。その後介護の仕事に従事するも仕事ができなかったという。

ウメハラが再び表舞台へ!復帰の真相を激白!

キーワード
ストリートファイター5
カプコンカップ
Red Bull Kumite
よしもとゲーミングルーム

ウメハラ3Days (バラエティ/情報)
02:17~

密着二日目、この日はスポンサーのレッドブルの取材があった。海外ではTHE BEASTという異名をもつウメハラ。さらにゲームに対する理念を発表する講演や本を出版している。ゲームで稼げる時代についてウメハラは現実味がないと答え、まるで家から石油が湧いたような感覚と答えた。今はがむしゃらに原点に帰ってゲームをしているという。この日も朝の散歩を終えて自宅でのゲームのトレーニング。そのゲームの上達のコツを教えてくれた。密着最終日、新宿にやってきたウメハラはタイトーステーション 新宿南口ゲームワールド店にいた。ゲームから離れていたときに4年ぶりに足を踏み入れたゲームセンター。当時の記憶にウメハラはゲームセンターが好きなんだと再認識したと答え、息抜き感覚でやろうと思ったという。そのレジェンドの復活はまたたく間に広がり、海外でも知れ渡ると招待された世界大会で結果を出し2010年にプロ契約を結んだ。プロゲーマーウメハラが誕生して10年目。彼にはeスポーツ界を牽引する実績と求心力がある。

そんなウメハラの背中をおいかけて崇拝する人が後を絶たない。若手で向いていると思うプロゲーマーはだいたい社会に馴染んでいないとウメハラは評した。そして当時悩んでいた梅原少年に声をかけるならありがとうとしか言いようがないと答え、流されずに苦労し、感謝の言葉は言いたいが触れずにそのまま行ってくれと答えた。

ウメハラが自身の進退について言及!

キーワード
勝ち続ける意思力
小学館
慶應大学
新宿(東京)

ウメハラ3Days (バラエティ/情報)
02:27~

今年38歳になるウメハラ。自身の進退についてFPSというゲームのジャンルでは20代前半がピークと語る。しかし格闘ゲームの世界では若さゆえの武器もあるが経験も大事で自分が努力を怠らなければ勝てなくても引退させられることは想像がつかないと答えなるべく最前線でいようと心がけていると答えた。

エンディング (その他)
02:28~

YUBIWAZAの次回予告。

番組宣伝 (その他)
02:29~

林先生の初耳学の番組宣伝。

「情熱大陸」の番組宣伝。

歌ネタ王 決定戦2019を告知。

キーワード
歌ネタ王 決定戦2019
  1. 前回の放送
  2. 5月17日 放送
  3. 次回の放送