別冊アサ(秘)ジャーナル 奈良歴史ミステリー◆大仏から城まで歴史ファン必見

放送日 2017年10月7日(土) 15:30~17:00
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
15:30~

一行を迎えてくれた宮崎萌さんが通う奈良大学にお邪魔する。奈良大学は、日本で初めて文化財保存や考古学を学ぶために作られた学校だった。

キーワード
東大寺学園
奈良大学
東大寺
考古学

別冊アサ(秘)ジャーナル (バラエティ/情報)
15:31~

奈良大学は、1969年に開学。文学部と社会学部を擁し、学生数はおよそ2000人の私立大学。特に、歴史学や考古学の分野では、日本トップクラスの実績を誇る。当の、宮崎萌さんは和歌山県の実家から2時間半かけて奈良大学まで通学している。

東大寺で働いている坂東俊彦さんが登場。今日は、教科書では知ることのできない東大寺の歴史を伝えてもらう。東大寺は、聖武天皇が亡くなった皇太子を弔うためにつくったのが始まり。国家の安定を図るため、大仏をつくり仏教のちからを借りた。また、造立にはおよそ7年の歳月を費やした。また、東大寺はこれまでに戦火や災害で幾度も修復を余儀なくされてきた。金剛力士像に関しては、最近になって新しい事実が分かった。また、東大寺を巡っては、今でも新しい発見がある。仏像内に当時の書物等が遺されている事もあり、解体修理をして初めて分かることも。

一行は、大仏殿へと向かった。東大寺大仏殿は、1709年に再建されていらい、いまだに世界最高の木造建築である。また、江戸時代には太い木がなく、細い木を集めてつくった柱もある。迫力満点の大仏殿には、7年もの歳月をかけ健立された盧遮那仏。また、大仏の完成記念の式典には、海外からも多くの来賓が訪れ、合計で1万人前後が参加したと言われている。今回は特別に大仏の座る須弥壇へ。

大仏の中で、奈良時代から残る箇所は、膝辺りまでとされている。膝より上は、江戸時代や鎌倉時代に健立された。2度の戦火により、もともとの姿は失われたが、その度に再建がされ、 現在までその姿を残している。また、聞けば全国に700人以上の人が歴史学や考古学を活かした職についているが、その内10人に1人が奈良大学の出身である。

平城宮跡へ向かう前に、一同は奈良大学のジャンパーを着用した。文学部の土平博教授に案内してもらう。朱雀門の向こうには、太極殿が見える。平城京は、東西南北に碁盤の目状に広がるとおりが特徴だった。

全人口600万人のうち、平城京にはそのうちの10万人が在住していた。しかし、そこに都が合ったのは僅かな間であった。そして、かつての都はほとんどが農村となってしまった。一行は、続いて現在のなら繁華街へと向かった。元興寺は、奈良時代には東大寺に継ぐ広さを誇っていた。しかし、現在のそれは僧侶が暮らした一部だけが残っている。

元興寺は中世のころに小さくなり、お寺の境内に多くの人が住むようになり、結果的にはお寺と関係するような商人などが住んでいた。一行があるいた細い路地は、ぐにゃぐにゃと曲がっていたが、これは長い時間の中で自分たちの生活スタイルに合わせて路地が伸びていったため、複雑な形になった。

東大寺の南側にある春日野へ到着。ここでは万葉集について学ぶ。万葉集が出たころに、古事記や風土記、日本書紀などが作られた。そして、万葉集は天皇から庶民まで身分に関係なく読まれた。そこには、奈良時代の人々の暮らしが事細かに現れている。万葉集の1番はナンパの歌であった。万葉集より、たくさん妻をもって良いことが伺い知れる。また、万葉集の中にはこの春日野を題材にした歌も多い。今では、様々な情景を写真で撮れば終わるが、昔の人は感情を紙に残し五音と七音に残す。

宮崎萌さんなど学生は、それぞれがお気に入りの歌を紹介した。

このあとは幻の天守を持つ名城に潜入!

キーワード
東野治之教授
奈良大学
東大寺
法隆寺
万葉集
考古学
世界遺産
聖武天皇
金剛力士像
仏教
盧遮那仏
江戸時代
鎌倉時代
平安京
朱雀門
平城京跡
桓武天皇
元興寺
平城京
近鉄奈良駅
興福寺
雄略天皇
阿部仲麻呂
古事記
日本書紀
風土記

別冊アサ(秘)ジャーナル (バラエティ/情報)
16:20~

安土桃山時代の奈良について学習する。織田信長や豊臣秀吉が活躍、日本各地に戦国大名がいた時代をみる。奈良には、約400箇所の城跡があり、政治の中心だった京都や大阪と並び、奈良は重要な土地であった。郡山城は、様々な工夫が施されていた。更に、話題は石垣にまで及んだ。豊臣秀長がつくった天守台について、最近詳しい構造が明らかになった。郡山城の天守は、2度にわたり移転していた。最後に、学生それぞれに将来の夢を伺った。

奈良大学では、古代人が発明した現代人顔負けの技術に迫る。縄文時代は、1万3000年前で、縄文人は目鼻立ちがハッキリし毛深いのが特徴。いま、縄文時代の遺跡から、今よりもすごい技術があったことが分かった。また、縄文人の技術には目に見えない所に細工を施す特徴があった。更に、縄文時代にあった女性の衣装を復元したものを拝見した。

奈良大学では、3Dプリンターでフルカラーを行うことで、おさわりOKな国宝に触れる。見るだけでなく触れることで国宝を正しく理解できるなどの利点がある。最後に、研究室で学ぶ生徒に将来の目標を聞いた。

キーワード
安土桃山時代
郡山城
豊臣秀吉
豊臣秀長
郡山駅
大坂城
二条城
家康
徳川家光
淀城
豊臣秀頼
奈良大学
縄文土器
縄文時代
新発田市(新潟)
金沢市(石川)
考古学
国宝
行田市(埼玉)

エンディング (その他)
16:52~

次回予告のテロップが表示された。

エンディング映像。

エンディング (その他)
16:54~

次回予告のテロップが表示された。

今回奈良大学を案内してくれた学生に、将来の目標を聞いた。

所さんお届けモノです!の番組宣伝テロップ。

キーワード
奈良大学

エンディング (その他)
16:54~

次回予告のテロップが表示された。

エンディング映像。

エンディング (その他)
16:57~

次回予告のテロップが表示された。

エンディング映像。

エンディング (その他)
16:57~

次回予告のテロップが表示された。

エンディング映像。

エンディング (その他)
16:59~

次回予告のテロップが表示された。

エンディング映像。

エンディング (その他)
16:59~

NG映像の紹介。

所さんお届けモノです!の番組宣伝テロップ。

  1. 10月7日 放送