消えた天才 甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP

『消えた天才』(きえたてんさい)は、TBSテレビで2018年(平成30年)10月21日から2019年(令和元年)8月25日まで、毎週日曜20:00 - 20:54(JST)に放送されていたドキュメンタリー・バラエティ番組。Gガイドではスポーツ番組に区分されていた。2017年(平成29年)から不定期で放送され好評を得たことからレギュラー化が決定した。レギュラー化にあたり、取り上げる人物については、特番時代から取り上げてきた一流アスリートを軸としつつも、アーティストや文化人など、芸能界のさまざまなジャンルにも枠を広げていた。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月11日(日) 18:30~20:54
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
18:30~

甲子園史上最高の天才大追跡SP。さらにスターたちが衝撃を受けた天才2時間半SP。

キーワード
福原愛
サニブラウン
乾貴士

番組宣伝 (その他)
18:33~

「日曜劇場 ノーサイド・ゲーム」の番組宣伝。

「メイドインジャパン」の番組宣伝。

甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP (バラエティ/情報)
18:33~

1993年世界陸上シュツットガルト大会。セルゲイ・ブブカやマイケル・ジョンソンらに歓声が送られる中あるレースで最下位でゴールし大歓声を浴びた日本人選手がいた。その人が出場したのは十種競技。ヨーロッパでは十種競技はメジャー競技。日本は長年世界大会に出場すらできなかったが初めて世界と渡り合ったのがその日本人選手だった。原晋監督、間寛平はその人は神で日本の誇りと評している。

世界から称賛を浴びたその人の名前は松田克彦。日本選手権を2連覇、日本記録を3年連続で更新し不動の地位を築き世界陸上に出場した。そして世界陸上シュツットガルト大会で前代未聞のアクシデントに見舞われた。最終順位は20位と惨敗だったがなぜ大喝采を浴びたのか。そこには衝撃の真相が。松田克彦は何を隠していた?

世界が絶賛した松田克彦は愛知・名古屋市にいる。やり投げ全国2位になった照英が訪ねる。現在54歳の松田克彦はいまもたくましい体。松田克彦は十種競技で日本人史上2人目の世界陸上出場、棒高跳びで全身を強打した。その映像を公開。

キーワード
世界陸上シュツットガルト大会
セルゲイ・ブブカ
マイケル・ジョンソン
十種競技
アシュトン・イートン
ロマン・セブルレ
松田克彦
名古屋市(愛知)

甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP (バラエティ/情報)
18:46~

十種競技で世界陸上に出場した松田克彦は棒高跳びで落下し全身7か所を骨折した。しかし棄権をせずにプレー続行。その決断の裏には日本の十種競技を強くしたい思いがあった。アクシデント後も競技を続け、大歓声を浴びた。その後、松田克彦は結果を残せずに引退。松田に憧れ十種競技に転向したのが武井壮。さらに松田の教え子の右代啓祐が五輪出場を果たした。松田は決めたのは自分で後悔はまったくないと語った。

史上初!全打者三振で完全試合の天才投手が中学で突然消えた。そこには天才ならではの悲劇が!さらに甲子園史上最高の天才はプロに行かず消えた。驚きの真相を渡部が直撃!4大スター全員を破った天才は命にも関わる壮絶な悲劇で消えた。

6月に9秒97を叩き出したサニブラウン・ハキーム。陸上全日本選手権ではケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀などトップランナーが集まる中、10秒2で優勝。世界陸上で活躍が期待される日本最速の男。中学時代から抜き出て中学3年では100m10秒台。世界選手権に16歳。100m200mと2冠達成。しかし中学生時代に100m200mで勝てなかったという選手がいた。藤光謙司選手は実際にレースを見たという。群を抜いて速い選手と語る。原晋監督はこんな選手いるの?という感じと語る。

消えた天才スゴかった劇場で再現。

選手の名前は五十幡亮汰選手。実際の映像が紹介され、100mでは驚異のスタートダッシュで全国制覇。200mでも五十幡が優勝。恩師の登坂貴子先生はサニブラウンが速いねと語っていたと語る。さらに中学時代の体育祭の様子を紹介。3位で受け取り、1位の差を20mを埋めゴール。まだまだ成長を期待させる選手だったと語る。しかし高校以降の主要大会では五十幡の名前が無くなる。6年が経過し、現在の五十幡を追跡。

東京都多摩市で待ち合わせをする。現在の五十幡亮汰を取材。鍛え抜かれた腹筋などを紹介。現在は中央大学法学部に在籍。LINEのやり取りでサニブラウンと連絡を取り合う仲だという。サニブラウンの第一印象はデカかったのでこんなヤツと走るのかと思ったと語る。しかしチャンピオンになったのでウキウキだったと語る。今になるとスゴかったと実感したと語る。陸上について続けるかどうか悩むところだったと語る。10校以上からのオファーを受けて、陸上とは関係ない野球の道に進むことに。野球は活躍を魅せていたが、絶対陸上で活躍すると言われていたという。そこには、母親との約束があったという。五十幡は小学校1年で野球を始める。母親は応援に来ていたが、末期状態のガンだったという。母親の夢はプロ野球選手になること。大きくなったら野球選手になると語っていた。そこで頑張っている姿を見せたいと語る。しかし小学3年生のときに一時退院をして普通に過ごし、一緒に寝ていると、父親に起こされ、隣で息を引き取ったことを知る。最愛の母親を亡くし何をする気も起こらなくなった。

世界陸上DOHAの番組宣伝。

世界野球プレミア12の番組宣伝。

キーワード
世界陸上シュツットガルト大会
十種競技
骨折
武井壮
右代啓祐
サニブラウン・ハキーム
桐生祥秀
ケンブリッジ 飛鳥
NHK
アフロスポーツ
ウサイン・ボルト
サニブラウン
藤光謙司
五十幡亮汰
高村正彦
二階俊博
菊地幸夫
中央大学法学部
LINE
ガン

甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP (バラエティ/情報)
19:17~

五十幡は母を亡くし、野球も辞めようとしていた。死の数日後、母親の手紙を見つける。息子に伝えたメッセージとして夢を叶えてほしいという最後のエール。野球をやっている姿が好きだった、お母さんと約束した夢と語り絶対に叶えないといけないと語り野球に打ち込んだという。陸上を辞めた理由について、野球のためになればと思い陸上部に入っていたと語る。現在では東都大学リーグで中央大学と亜細亜大学の試合では五十幡の姿があった。首位打者争い、ベストナインに選出と来年のドラフト有力候補に。最大の武器はサニブラウンの足。イチローの全盛期と全く同じ。監督も守り、バッティングも良いと語る。プロ選手以上の才能があると語る。早くプロ野球選手になって活躍をしているところを見せたいと語る。

このあと全打者三振で完全試合。清宮以上の怪物と言われた天才ピッチャー。清宮フィーバーと呼ばれた早稲田実業で1年制で甲子園出場ベスト4。高校通算111ホームランの清宮幸太郎。少年時代は才能はトップクラス。1年生のリトルリーグ時代では規格外のサイズだった。日本代表として世界制覇。13歳の将来を約束された逸材。しかし同学年に清宮以上と言われた怪物がいた。史上初オール三振で完全試合を果たした。桑田真澄によると、全国でピカイチで、怪物だと絶賛する。実際の映像が紹介された。仙台東リトルに所属していたという。

キーワード
サニブラウン
ガン
中央大学
東都大学リーグ
ドラフト
イチロー
清宮幸太郎
早稲田実業
リトルリーグ 全国大会
仙台東リトル

番組宣伝 (その他)
19:28~

「日曜劇場 ノーサイド・ゲーム」の番組宣伝。

「メイドインジャパン」の番組宣伝。

甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP (バラエティ/情報)
19:28~

全打者三振で完全試合をした映像が紹介された。12歳で132キロを記録。変化球もバツグンだったと紹介。桑田真澄は別格だと語る。球威は衰えることなく三振の山を築く。6回まで18人の打者を三振に抑える。82球のうちバットは4球。また大谷翔平はリトルリーグ時代に17奪三振で1失点の記録を山崎弘也が紹介。野村克也監督は、すげぇなと語る。腕の強さ、上半身の強さは言うことがない、下半身が備わればメジャーリーグに行くと語る。当時の指導者の早坂和宏氏も注目される存在だと語る。その投手は伊藤英二。テレビ番組も注目し、サムライジャパンの糸井嘉男との真剣勝負で、中学生がプロと互角の勝負。さらにストレートで空振り三振。将来はプロ野球選手になると思われたが、甲子園出場もプロも、中学2年生以降から出場記録がない。

現在の伊藤英二を追跡。宮城県仙台市で伊藤英二さんと待ち合わせ。現在は仙台市内で母親と2人暮らし。高校卒業後にセコムに就職。当時の話を聞くと、全国の前哨戦でも2試合連続18奪三振だったという。清宮幸太郎について有名だった。目標として野球をやっていたが三振を取れるイメージしか無かったと語る。伊藤と清宮は対戦経験はないという。連投は禁止され、伊藤が投げられなかった試合で敗戦した。中学のシニアチームに所属するとフォアボールを連発してしまう。シニアとリトルではマウンドの距離が4m違う。理想とはほぼ遠いと語る。三振が取れないと心無い声が出たという。期待もありプライドも高かったので力んでしまったと語る。ネット上には誹謗中傷の嵐だった。焦りやプレッシャーがありやる気が失ったという。焦りはストレスになり、衝撃の事実として思春期早発症という成長がとまってしまう症状が発症。声変わりは小学校2~3年生のときと語る。小学校5年生から現在まで身長も伸びていないと語る。活躍できないのが怖くて逃げたと語る。1年生で野球を辞めてしまい、学校もサボりがちに。4年後には意外な形で復活することになる。

甲子園史上の最高の天才の驚きの真相を渡部が直撃。

キーワード
松坂大輔
甲子園
大谷翔平
野村克也
清宮幸太郎
糸井嘉男
リトルリーグ
メジャーリーグ
サムライジャパン
仙台市(宮城)
セコム
エゴサーチ
思春期早発症
松井秀喜

甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP (バラエティ/情報)
19:45~

全打者三振で完全試合を成し遂げた伊藤だが、かつての輝きは完全に失われてしまった。しかし4年後、伊藤は意外な形で復活を果たすことになる。キッカケは女手ひとつで育ててくれた母からの叱咤激励。幼い頃から伊藤のキャッチボールの相手は母親。野球をする姿を誰よりも喜んでくれる存在だったという。伊藤は仙台城南高校へ入学し野球部へ。ピッチャーを諦め外野手に転向。そして2016年、秋の宮城県大会でレギュラーをつかんだ伊藤は母の目の前でホームランを打つなど、それまで無名だった高校で初の県大会ベスト4進出に貢献した。「全打者三振での完全試合は伊藤くんにとってどういうもの?」という質問に、伊藤は「良くも悪くもいい思い出。誇れるかどうかはこれからの自分次第」などと話した。

毎年数々のスター選手が誕生する夏の甲子園。プロ入り後も大活躍するスター選手たちがいる一方で、野球界から姿を消す選手も。今回は、神ワザで甲子園をわかせた史上最高の守備の天才を紹介。松坂大輔らが選出されている甲子園ベストナインでその天才はメンバー入り。守備でチームを全国制覇へ導いたスター選手。現役で活躍する浅村栄斗らも守備の技術を絶賛した。

球界の名手たちが大絶賛する甲子園史上最高の守備の天才。その名は「町田友潤」。町田は静岡の強豪「常葉菊川高校」に入学すると守備センスをかわれ1年生からレギュラーに。チームの甲子園優勝に大きく貢献。当時の町田のプレーを見た元巨人の仁志敏久は、高校生でこの身のこなしはすごい。などと話した。今後必ずプロ野球の世界で活躍すると誰もが思っていたが、同世代の選手たちがプロ入り後輝かしい成績をおさめる一方で、天才町田はプロの道に進むことはなく、野球の表舞台から姿を消した。

天才町田の今を大追跡!神ワザを連発した当時の話を聞くと、「前に出るか横にいくか後ろにいくか、打った瞬間にわかった」などと話した。町田はいずれはプロにいこうと考えていたという。町田は高校卒業後大学を経て、社会人野球の強豪ヤマハへ。プロの世界へ羽ばたくはずだった。しかし、肩が弱い町田の送球ではアウトにすることが難しく、「アウトにしなきゃ意味ない」と考えていた町田は参ってしまったという。

あなたが知っている「消えた天才」大募集!詳しくは番組HPまで。

町田は弱点である肩の弱さを補おうと送球練習にはげんだ。しかし、町田は今まで捕れたはずのゴロですら捕れなくなってしまった。送球のことを考えると捕れない。などと町田は話した。町田が野球界から消えた理由は、苦手な送球を意識しすぎて自分を見失ってしまったから。町田は現在、地元静岡で障がいがある子どもを支援する会社を設立。新米社長として日々奮闘している。

福原愛、石川佳純も完敗。卓球界のスター全員を撃破した天才を紹介。福原愛に話を聞くと、サウスポーで、ライジングショットが1番の持ち味だったという。その天才の名は「若宮三紗子」。小学1年生から卓球をはじめた若宮は高校で全国制覇を果たすと大学ではシングルス・ダブルスともに優勝し学生時代から日本のトップに君臨。22歳で迎えるロンドン五輪には必ず出場すると誰もが期待していたが、出場することなく表舞台から姿を消した。天才若宮の今を追跡すると、驚きの真実が明らかになった。

「卓球Tリーグ2019-2020シーズン」の告知。8月29日、男子・開幕@東京(立川立飛)。8月30日、女子・開幕@大阪(大阪府立)。

キーワード
楽天イーグルス
夏の甲子園
松井秀喜
松坂大輔
桑田真澄
ダルビッシュ有
大谷翔平
清原和博
元木大介
西武ライオンズ
甲子園
巨人
ヤクルトスワローズ
阪神
楽天
番組HP
浜松市(静岡)
Tリーグ
東京都
大阪府
若宮三紗子
インターハイ
全日本学生選手権
全日本選手権
石川佳純
伊藤美誠
平野美宇
李暁霞
オリンピック
ロンドン五輪

甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP (バラエティ/情報)
20:17~

天才・若宮三紗子は現在30歳。卓球界のスター撃破について、事前準備を綿密に作戦を練っていたと話した。2010年、若宮はロンドン五輪代表を目指して実業団へ。しかし、難病の全身性エリテマトーデスを患い、練習時間を奪われたため、ロンドン五輪に出場できなかった。若宮は難病を公表せず、闘病しながら現役を続行した。

キーワード
ロンドン五輪
渋谷区(東京)
全身性エリテマトーデス

番組宣伝 (その他)
20:25~

「日曜劇場 ノーサイド・ゲーム」の番組宣伝。

いつでもどこでもらいよんチャンネルーのアイキャッチ。

「林先生の初耳学」の番組宣伝。

情熱大陸の番組宣伝。

甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP (バラエティ/情報)
20:27~

難病で卓球を諦めようと考えた若宮を失意から救ったのは、当時ダブルスでペアを組んでいた福原愛だった。難病を隠していたが、福原は常に若宮の体調を気遣ってくれたという。若宮は必死に努力を重ね、難病発覚から6年、2016年の世界卓球に出場。日本の勝利に貢献。2大会連続の銀メダルを獲得した。世界卓球後に難病を公表し、昨年3月に現役引退。現在は全国で講演会や教室を行っている。

久保建英より早く18歳で日本代表に選ばれた天才ストライカーを紹介。1981年、史上最年少で代表入りした。その天才について、川淵三チェアマンは衝撃的な選手だったと話した。元日本代表の都並敏史は、プレーのスケールが規格外だったと話した。今も語り継がれるスーパーゴールは、1981年の全国高校サッカー選手権大会。ハーフラインから50mの超ロングシュートを決めた。

キーワード
世界卓球
久保建英
レアル・マドリード
中田英寿
本田圭佑
香川真司
岡田武史
ブリオベッカ浦安
ワールドカップ
全国高校サッカー選手権大会

甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP (バラエティ/情報)
20:39~

天才擁する西目農業vs北陽の試合。天才はセンターラインから超ロングシュートを決めた。これは当時の世界ロングシュートランキングで1位。その天才の名前は、小松晃。20歳以下の日本代表ではアジア大会5試合で8得点。高校生で日本代表入りした。卒業後は実業団へ。しかし、その後4年間で決めた得点は0。代表に招集されることもなく表舞台から姿を消した。天才・小松の今を追跡すると、衝撃の事実が明らかに。現在、57歳の小松は高知県在住。高校生で日本代表に選出されたときは自信があったと話した。消えた理由には伝説のロングシュートが関係しているという。

キーワード
ペレ
釜本邦茂
高知市(高知)

甲子園最高の天才&サニブラウン&サッカー乾&福原愛SP (バラエティ/情報)
20:48~

衝撃のロングシュートを決めた後、小松に取材が殺到。その1ヶ月後、高校生で日本代表に選出され、小松フィーバーは過熱。一気にスターへの階段を上り、天狗になってしまったという。当時の取材ではビッグマウスを連発。実業団に入ったが練習をしなくなった。小松が表舞台から消えた理由は、自分の実力への過信に気づけなかったからだった。小松は「気づけなかった自分が一番情けない」と話した。川淵チェアマンは小松の後悔について、「天狗にならないほうがおかしい。非常に残念」と話した。現在、小松は高知の強豪・明徳義塾高等学校のサッカー部監督を務め、2015年の全国高校選手権では高知県勢として29大会ぶりのベスト8に導いた。生徒には自分の経験をもとに、勘違いするな、天狗になるな、常に謙虚であれと伝えているという。

「ノーサイド・ゲーム」の番宣テロップ。

キーワード
全国高校選手権
高知県

番組宣伝 (その他)
20:52~

「日曜劇場 ノーサイド・ゲーム」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 8月11日 放送
  3. 次回の放送