世界陸上 ロンドン DAY9【今夜男子4×100mリレー決勝日本は?ボルトは?】

放送日 2017年8月12日(土) 23:30~ 6:15
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:30~

番組テーマソング:織田裕二「All my treasures」

オープニング映像。

織田裕二らがオープニングの挨拶。男子4×100mリレーの予選を振り返り、緊張して見ていたなどと感想を述べた。このあとハイライトで紹介する。

キーワード
織田裕二
All my treasures
世界陸上

世界陸上ロンドン (バラエティ/情報)
23:33~

レースを終えた 日本チームにインタビュー。多田修平は「スタートがあまり良くなくて、バトンの部分でもちょっとダメなところがあったんで決勝では修正して挑んできたいなと思っています」、飯塚翔太は「まだまだ僕らタイム伸ばせると思うんで、それをしっかりやれば結晶で勝負できると思います」、桐生祥秀は「練習よりみんな走れててバトンがちょっと詰まったってところがあったので、そこをうまくやれば決勝でまたさらにタイム上がると思います」、ケンブリッジ飛鳥は「バトンが詰まってしまったので決勝に向けて修正していきたいと思います」などと話した。

男子4×100mリレー日本代表のメンバーを紹介。第1走者は100mの予選でボルトと走った多田修平。第2走者は飯塚翔太。第3走者は桐生祥秀。第4走者はケンブリッジ飛鳥。

世界陸上、男子4×100mリレー予選1組のハイライト映像。日本は3位で決勝進出。

世界陸上、男子4×100mリレー予選2組のハイライト映像。ウサイン・ボルトが出場したジャマイカは1位で決勝進出。

キーワード
多田修平
ボルト
飯塚翔太
桐生祥秀
世界陸上
日本選手権
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト

世界陸上ロンドン(中継1) (スポーツ)
23:50~

世界陸上、男子4×100mリレー予選1組のハイライト映像。日本は3位で決勝進出。

男子4×100mリレー日本代表が宿泊しているホテル前から、多田修平がこのあとスタジアムに向かうなどと最新情報を伝えた。ウォームアップエリアからは、ウサイン・ボルトの情報を伝えた。決勝の様子は朝5時45分ごろ。

このあと、女子4×100mリレー予選。五輪連覇アメリカ×大会連覇ジャマイカ。

キーワード
世界陸上
飯塚翔太
多田修平
桐生祥秀
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト

世界陸上ロンドン(中継2) (スポーツ)
23:58~

9日目となる「世界陸上 ロンドン」の今日の主な放送スケジュールを紹介。深夜1時25分頃から男子十種競技、深夜3時頃から女子走高跳の決勝、朝4時10分頃から男子やり投げの決勝、朝4時15分頃から男子5000m決勝、朝5時45分頃から男子4×100mリレーの決勝を放送予定。各種目の注目選手を紹介した。

世界陸上、女子4×100mリレー予選1組のハイライト映像。1位:アメリカ、2位:イギリス、3位:スイス。

女子4×100mリレーで五輪2連覇中のアメリカではアリソン・フェリックスが第2走者を務め、100mで金メダルに輝いたトリボウイは温存。織田裕二はアメリカの選手層が厚いことに注目し、「3チームぐらい作れるぐらい」とコメント。

キーワード
世界陸上 ロンドン
メイヤー
ワーナー
右代啓祐
中村明彦
ラシツケネ
ベイティア
トンプソン
ベター
レーラー
イエゴ
ファラー
エドリス
チェリモ
世界陸上
アリソン・フェリックス
トリボウイ

世界陸上ロンドン(中継3) (スポーツ)
00:08~

レースを終えた 日本チームにインタビュー。佐藤孝太郎は「流れをちゃんと作って攘夷に食い込めるように走らなきゃいけないところを、僕が遅かったせいでレースを台無しにしてしまったので申し訳ないです」、金丸祐三は「ちょっと悪すぎるので気持ちの整理が追いついていないですけど、日本の400mはこんなものじゃないと思うんですけど結果として表れている以上責任を感じますし、またイチからですね」、木村和史は「初めて出してもらって、こういう場に慣れてなく雰囲気に飲まれてしまって全然自分の走りができてなく、これから東京に向けてみんなが速くなっていく中で、日本もどんどん速くなっていくようこれから頑張っていきます」、堀井浩介は「今回の試合を機に日本のマイルチームがこれから向上していけばいいなと思っていたが、なかなか思い通りなレースができなくて2020年に向けてひとりひとりが向上していって、もう一段回上に進めるようにしていきたいと思います」などと話した。

世界陸上、女子4×100mリレー予選2組のハイライト映像。1位:ドイツ、2位:ジャマイカ、3位:ブラジル。

世界陸上、男子4×400mリレー予選1組のハイライト映像。1位:スペイン、2位:ポーランド、3位:キューバ。

世界陸上、男子4×400mリレー予選1組のハイライト映像。1位:アメリカ、2位:トリニダード・トバゴ、3位:ベルギー。日本は決勝進出ならず。

アリソン・フェリックスを含むアメリカは4×100mリレーで予選トップに立ったが、チームマネージャーによると隠し玉がいるといい、余力を残している。織田裕二はチーム最年長で第2走という面倒くさいポジションを務めたアリソン・フェリックスに頭が下がる思いだった。

このあとは男子の4×400mリレーで、日本からは佐藤拳太郎、金丸祐三、木村和史、堀井浩介が出場。決勝に進出すれば14年ぶりの快挙となるが、織田は強豪国と同組のことから、「強すぎです」とコメント。

キーワード
世界陸上 ロンドン
世界陸上
アリソン・フェリックス
トリボウイ
佐藤拳太郎
金丸祐三
木村和史
堀井浩介

世界陸上ロンドン(中継4) (スポーツ)
00:32~

世界陸上、女子4×400mリレー予選1組のハイライト映像。1位:アメリカ、2位:イギリス、3位:ボツワナ。

小林由未子アナはリレーのみの出場となった桐生祥秀について、200m決勝のサニブラウンの走りが刺激となり、予選のレースは走力、バトンパスともに修正が必要とふりかえっていたと伝えた。

男子 4×400mリレー 決勝の出場国について振り返り、織田裕二、中井美穂は力を温存してのアメリカ、伏兵としてトリニダード・トバゴに注目していた。

女子4×400mリレーで織田裕二はアメリカに軍配が上がると予想。アリソン・フェリックス、フランシスが出場するとみられる。対抗馬としてはジャマイカを挙げた。

キーワード
世界陸上
桐生祥秀
サニブラウン
フレッド・カーリー
アリソン・フェリックス

世界陸上ロンドン(中継5) (スポーツ)
00:44~

世界陸上、男子4×100mリレー予選1組のハイライト映像。1位:アメリカ、2位:イギリス、3位:日本。日本は3位で決勝進出。

世界陸上、女子4×400mリレー予選2組のハイライト映像。1位:ジャマイカ、2位:ナイジェリア、3位:ドイツ。

織田裕二はショーナ・ミラーを温存したバハマが予選敗退となったことを残念がっていた。

キーワード
世界陸上
ショーナ・ミラー

このあとは (その他)
00:55~

このあとは東京からニュース。その後はキングオブアスリート。

JNN NEWS (ニュース)
00:55~

520人が犠牲となった日航機墜落事故から32年目を迎えた昨日、墜落現場となった群馬・上野村の慰霊の園で追悼慰霊式が行われた。墜落した午後6時56分に合わせて、参列した遺族たちは黙祷を捧げた。慰霊式では犠牲者の数と同じ520本のろうそくに火が灯された。日本航空によると慰霊登山者は97家族・359人で、33回忌の節目の年だったためか過去3番目に多かったという。上野村では公共交通機関の安全を訴える場として、来年以降も慰霊式典が続く予定。

昨日午後6時半すぎ、羽田から大阪へ飛行中の全日空37便がで、機内の気圧を一定に保つ与圧系統にトラブルが発生したと警報が出た。全日空37便は緊急事態を宣言して羽田空港に引き返し、午後6時50分頃に緊急着陸した。乗客・乗員計273人けがはない。機内の気圧を一定に保つ与圧系統にトラブルがあった可能性があるという。全日空によると、全日空37便は羽田空港を午後6時24分に離陸し上昇中だったとのこと。国土交通省と全日空は、実際に与圧系統にトラブルが発生していたのか詳しく調べている。

核ミサイル開発をめぐりアメリカと北朝鮮の間で威嚇の応酬が続く中、北朝鮮の政府機関紙「民主朝鮮」は12日、「我々に手出ししないのが上策だ」と題する論評を発表。論評は北朝鮮が先月行ったICBM・大陸間弾道ミサイルの発射実験に言及した上で、「我々の軍はアメリカ本土を目標の中に捉えて発射待機状態に入っており、最後の攻撃命令を待っている」などと警告した。北朝鮮は9日、「グアム周辺に向け弾道ミサイルを発射する作戦を検討している」と発表していた。今回の論評ではさらにアメリカ本土への攻撃も示唆しており、北朝鮮による挑発は緩まる気配を見せていない。

日曜日の全国の天気予報と週間予報を伝えた。

キーワード
植木義晴社長
日本航空
日航機墜落事故
上野村(群馬)
全日空
国土交通省
羽田空港
ボーイング777型機
民主朝鮮
ICBM
グアム(アメリカ)

MBS NEWS (ニュース)
00:59~

徳島県では阿波おどりが開幕した。4日間で観光客120万人の見込みである。

近畿地方の天気予報を伝えた。

キーワード
阿波おどり
徳島市(徳島)

世界陸上ロンドン(中継6) (スポーツ)
01:00~

世界陸上9日目の主な放送スケジュールを紹介した。女子100mハードルのケンドラ・ハリソン、男子5000mのモハメッド・ファラーなどに注目である。

男子4×100mリレー日本代表が宿泊しているホテル前から最新情報を伝えた。またジャマイカ代表が宿泊しているホテル前からウサイン・ボルトの最新情報を伝えた。

このあと行われる十種競技について紹介。2日間10種目の総合得点を競う競技で、きのうは100m、走幅跳など5種目を終えた。

このあと十種競技2日目の様子をお送りする。現在の右代啓祐の様子を伝えた。6種目終了時でトップはメイヤー。

十種競技7種目目・円盤投のハイライト映像。現在トップはK.メイヤー。

キーワード
世界陸上
ケンドラ・ハリソン
モハメッド・ファラー
飯塚翔太
多田修平
桐生祥秀
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト
十種競技
右代啓祐
メイヤー
K.メイヤー

世界陸上ロンドン(中継7) (スポーツ)
01:12~

十種競技7種目目・円盤投のハイライト映像。現在トップはK.メイヤー。日本から中村明彦と右代啓祏が出場中。

十種競技7種目目・円盤投を振り返りスタジオトーク。現在トップはK.メイヤー。日本から中村明彦と右代啓祏が出場中。

十種競技8種目目・棒高跳の中継。現在トップはK.メイヤー。

世界陸上9日目の主な放送スケジュールを紹介した。女子100mハードルのケンドラ・ハリソン、男子5000mのモハメッド・ファラーなどに注目である。

十種競技9種目目・やり投の中継。現在トップはK.メイヤー。

今夜100mハードル決勝。無冠の世界記録保持者アメリカ ハリソン金なるか?

キーワード
世界陸上
K.メイヤー
中村明彦
ケンドラ・ハリソン
モハメッド・ファラー
ハリソン

世界陸上ロンドン(中継8) (スポーツ)
01:41~

ウォームアップエリアでは女子100mハードル世界記録保持者のケンドラ・ハリソンが念入りにウォームアップを行なっていた。さらに 女子走高跳のマリア・ラシツケネが到着。

十種競技 (9)やり投、2/3投目が行われた。右代啓祐は60m82をマーク。

今夜女子走高跳 決勝、美しきアスリートたち! ハイレベルなメダル争い。

キーワード
ケンドラ・ハリソン
マリア・ラシツケ
世界陸上

世界陸上ロンドン(中継9) (スポーツ)
01:55~

十種競技 (9)やり投、最終投擲が行われた。右代啓祐は63m28をマーク。

ウォームアップエリアには女子100mハードルのサリー・ピアソンが到着。気温は25度、日差しが強く、オーストラリア出身のピアソンにとって絶好のウォームアップ環境だという。

キーワード
世界陸上
サリー・ピアソン

世界陸上ロンドン(中継10) (スポーツ)
02:10~

世界陸上、男子4×100mリレー予選1組のハイライト映像。1位:アメリカ、2位:イギリス、3位:日本。日本は3位で決勝進出。

ジャマイカ代表が宿泊するホテル前にはウサイン・ボルトのラストランを見送ろうとカメラや色紙を携えた人々が続々と集まっていた。

リレー種目で3つめのメダル獲得を狙うオランダのダフネ・シパーズがウォームアップエリアに姿を見せた。まだ、織田裕二は中座している最中にカーリーとばったり出会い、リレーに出たかったと話していたと明かした。

今夜行われる男女の4×100mリレーについて、織田裕二は予選からアメリカ、地元イギリスの強さに驚きつつ、「心強い」と語る日本代表に期待を寄せる。

キーワード
世界陸上
ウサイン・ボルト
ダフネ・シパーズ
フレッド・カーリー

世界陸上ロンドン(中継11) (スポーツ)
02:21~

世界陸上、男子4×100mリレー予選2組のハイライト映像。1位:ジャマイカ、2位:フランス、3位:中国。ウサイン・ボルトが出場したジャマイカは1位で決勝進出。

世界陸上、男子100m 決勝のハイライト映像。1位:ジャスティン・ガトリン、2位:クリスチャン・コールマン、3位:ウサイン・ボルト。

世界陸上 ロンドンの日本代表選手が宿泊しているホテルの前から中継。代表選手は5分ほど前にホテルから出てきてバスに乗り込んだ。表情はリラックスしながらもメダルを狙うといった気迫を感じる。

ウォームアップエリアから中継。ハリソン選手らはこまめに走ったりしてひたすら動いているなどの情報を伝えた。

日本代表選手について織田裕二は明るい感じの表情がとても好きであるや背負いすぎずに楽しんでやってほしいなど話す。また、リレーメンバーを発表した。

キーワード
ウサイン・ボルト
世界陸上
世界陸上 ロンドン
多田修平
飯塚翔太
桐生祥秀
ケンブリッジ飛鳥
ハリソン
世界陸上ロンドン
サニブラウン・アブデル・ハキーム
藤光謙司

世界陸上ロンドン(中継12) (スポーツ)
02:33~

世界陸上、男子200m 決勝のハイライト映像。1位:ラミル・グリエフ 、2位:ウェイド・バンニーキルク、3位:ジェリーム・リチャーズ。

世界陸上ロンドンの男子100mと200m決勝の映像をハイライトで振り返り、ウサイン・ボルトを苦しめたのは21歳の若者だったなど話す。

北京五輪、男子4×100m決勝のハイライト映像が流れた。この時金メダルを獲得したのはジャマイカで日本は銅メダルでリレー種目では初メダルである。

リオ五輪男子4×100m 決勝のハイライト映像。この時、優勝したのはジャマイカで日本は史上初の銀メダルを獲得。

キーワード
世界陸上
世界陸上ロンドン
ウサイン・ボルト
ガトリン
グリエフ
北京五輪
リオ五輪

世界陸上ロンドン(中継13) (スポーツ)
02:47~

陸上ジャマイカ代表選手が宿泊しているホテルから中継。先程女子4×100mのメンバーが会場に向かった。

ウォームアップエリアから中継。アリソン・フェリックスが会場入り

世界陸上ロンドン・女子走高跳 決勝がこの後行われる。注目選手としてマリア・ラシツケネ選手などを紹介。

世界陸上ロンドン女子 走高跳 決勝の中継映像。

キング・オブ・アスリートに輝くのは誰だ!?

キーワード
世界陸上ロンドン
ジャマイカ
アリソン・フェリックス
マリア・ラシツケネ選手
R.ベイティア
カタリナ・ジョンソン・トンプソン
北京五輪
ルース・ベイティア

世界陸上ロンドン(中継14) (スポーツ)
02:53~

このあと、人類最速・ボルトが引退ラストレースへ。

世界陸上ロンドン・十種競技やり投の中継。

キーワード
ボルト
世界陸上ロンドン

世界陸上ロンドン(中継15) (スポーツ)
03:02~

世界陸上ロンドン・十種競技やり投の中継。日本代表の中村明彦は2投目49.84で総合順位は21位。

世界陸上ロンドン女子 走高跳 決勝の中継映像。

男子4×100mリレー決勝 史上最速ニッポン、ボルトラストラン。

キーワード
世界陸上ロンドン

世界陸上ロンドン(中継16) (スポーツ)
03:11~

世界陸上ロンドン女子 走高跳 決勝の中継映像。

世界陸上ロンドン・十種競技やり投の中継。日本代表の中村明彦の最終投擲は54.22で総合順位は21位。

世界陸上ロンドン女子 走高跳 決勝の中継映像。

4×100mリレー決勝 日本最速VSボルト号砲迫る!

キーワード
世界陸上ロンドン

世界陸上ロンドン(中継17) (スポーツ)
03:20~

世界陸上ロンドン・十種競技やり投の中継。

世界陸上ロンドン女子 走高跳 決勝の中継映像。

世界陸上ロンドン・十種競技やり投の中継。A、B両組共に9種目を終えてトップは8067点でケビン・メイヤー。日本代表の中村明彦は21位、右代啓祏は20位。

世界陸上ロンドン女子 走高跳 決勝の中継映像。1m92を各選手が飛ぶ。

生ける伝説ボルトvs100m金ガトリン最終決戦。

ウォームアップエリアから中継。ケンブリッジ飛鳥選手について予選のときよりも表情が引き締めて入場したと報告。

キーワード
世界陸上ロンドン
ケビン・マイヤー
中村明彦
ウサイン・ボルト
ガトリン

世界陸上ロンドン(中継18) (スポーツ)
03:32~

このあと、生ける伝説・ボルトの引退レースのスタートが迫る!

女子走高跳決勝の試合中継。ベイティア、カニングハムらが1m92cmをクリア。

ウォームアップエリアのボルトの様子を映し出した。

女子走高跳決勝の試合中継。ラシツケネが1m95cmをクリア。

キーワード
ボルト
世界陸上ロンドン
ウサイン・ボルト

世界陸上ロンドン(中継19) (スポーツ)
03:49~

男子4×100mリレーに出場する選手のウォームアップエリアの様子を伝えた。

女子走高跳決勝の試合の様子を伝えた。トンプソン、リクビンコらが1m95cmをクリア。

男子4×100mリレーに出場する選手のウォームアップエリアの様子を伝えた。

女子100mハードルに出場する選手S・ピアソン、K・ハリソン、ニア・アリを一覧で紹介。

女子100mハードル決勝の試合の様子。サリー・ピアソンが1位で金メダルを獲得した。

女子100mハードル決勝に出場する選手の試合前の様子。

女子走高跳決勝の試合の様子。ラシツケネが1m97cmをクリア。

全世界が注目!4×100mリレー決勝 最速日本VSボルト号砲迫る!

キーワード
世界陸上ロンドン
ニア・アリ
K・ハリソン
S・ピアソン

世界陸上ロンドン(中継20) (スポーツ)
04:13~

女子100ハードル最終結果を一覧で紹介。

モハメッド・ファラーを紹介。試合前インタビューでは「家族は私の全てです、家族位の存在が私を支えているのです」と語っていた。

男子5000m決勝の試合の様子。

女子走高跳決勝の試合の様子。レブチェンコが1m97cmをクリア。

男子5000m決勝の試合の様子。

女子走高跳決勝の試合の様子。リクビンコが1m99cmをクリア。

男子5000m決勝の試合の様子。エドリスが1位で金メダルを獲得。

女子走高跳決勝の試合の様子。ラシツケネが2m1cmをクリア。

4×100mリレー決勝 最速日本VSボルト号砲迫る!

キーワード
S・ピアソン
K・ハリソン
P・ドゥキエビッツ
D・ハーバーネルソン
C・マニング
A・タライ
N・ピッサー
N・アリ
世界陸上ロンドン

世界陸上ロンドン(中継21) (スポーツ)
04:41~

ウォームアップエリアから中継。ウサイン・ボルト選手が動くたび大きな歓声があがり、ボルト選手も笑顔で応えている。

女子走高跳決勝の試合の様子。レブチェンコが3回目の2m3cmに挑戦し見事成功。これによりマリア・ラシツケネが前回大会に続く金メダルを、レブチェンコが大会史上最年少メダルとなる銀メダル獲得となった。銅メダルはカミラ・リクビンコ。

試合を振り返ってスタジオでトーク。男子4×100mのメンバーを見て、ジャマイカが本気を出してきたなど話した。男子やり投げついて90m超えのハイレベルな戦いになりそうであると述べた。

世界陸上ロンドン・男子 やり投 決勝の中継映像。3投目現在の順位はヨハネス・ベターが89m89でトップ。

4×100mリレー決勝 最速日本vsボルト号砲迫る!

キーワード
ウサイン・ボルト
世界陸上ロンドン
マクレオド
ボルト
トーマス・レーラー
J.イエゴ
ヨハネス・ベター
カミラ・リクビンコ

世界陸上ロンドン(中継22) (スポーツ)
04:51~

十種競技の最終種目開始が近づいている。9種目終了時点で8067点でケビン・メイヤーがトップである。

十種競技 最終種目 1500m 1組の中継映像。ケビン・メイヤーが金メダルを獲得した。

生ける伝説ボルト 引退レーススタート迫る。

キーワード
世界陸上ロンドン
ケビン・メイヤー
中村明彦
ボルト

世界陸上ロンドン(中継23) (スポーツ)
05:04~

ウォームアップエリアからの映像。日本代表は着々と練習を行っている。

男子 やり投 決勝の中継映像。現在トップはJ.ベターで89m89。

4×100mリレー決勝 日本最速vsボルト 号砲迫る!

キーワード
多田修平
飯塚翔太
桐生祥秀
藤光謙司

世界陸上ロンドン(中継24) (スポーツ)
05:11~

男子 5000mの最終結果を紹介。

十種競技 1500m 1組の結果を紹介。中村明彦が1位。

男子やり投げ決勝の中継。

このあと、男子4×100メートルリレー決勝。

キーワード
中村明彦

世界陸上ロンドン(中継25) (スポーツ)
05:20~

スタジオで女子4×100mリレー決勝の走順を一覧で紹介した。

男子やり投決勝の試合の様子。ピトカマキがファールとなり、トーマス・レーラーが88.26で4位が確定。ヨハネス・ベターが金メダル獲得となった。

女子4×100mリレー決勝の試合の様子。41.82でアメリカが金メダルを獲得した。

女子4×100mリレー決勝に出場する選手たちの試合前の様子。

男子4×100mリレー決勝 最速日本VSボルト号砲!

キーワード
世界陸上ロンドン

世界陸上ロンドン(中継26) (スポーツ)
05:41~

女子4×100mリレー最終結果を一覧で伝えた。

男子4×100mリレー決勝試合前の様子を伝えた。

男子4×100mリレー決勝の試合の様子。37.48でイギリスが金メダルを獲得、日本は38.04で銅メダルを獲得。

キーワード
世界陸上ロンドン

世界陸上ロンドン(中継27) (スポーツ)
06:13~

男子4×100mリレーを終えた日本選手達を映し出した。

キーワード
世界陸上ロンドン

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 8月12日 放送
  3. 次回の放送