上田晋也のサタデージャーナル 2019年4月27日放送回

『上田晋也のサタデージャーナル』(うえだしんやのサタデージャーナル)は、2017年4月1日からTBS系列(一部系列局を除く)で放送されている報道・情報番組で、上田晋也(くりぃむしちゅー)の冠番組である。放送時間は毎週土曜 5:30 - 6:15 (日本標準時)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月27日(土) 5:30~ 6:15
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
05:30~

オープニング映像。

今回の平成の政治30年をキーワードで振り返る。

安倍首相がなんばグランド花月の「よしもと新喜劇」にサプライズ登場した。

キーワード
安倍首相
なんばグランド花月
よしもと新喜劇

上田晋也のサタデージャーナル (バラエティ/情報)
05:33~

安倍首相がなんばグランド花月の「よしもと新喜劇」にサプライズ登場した。舞台では大阪を意識したギャグも織り交ぜたという。今回の総理の大阪入はG20のPRだけでなく補欠選挙の応援も兼ねていたという。しかし選挙結果は手痛い敗北だった。また沖縄でも自民公認候補が敗北した。選挙結果が出てから安倍首相は外遊を行っている。世論調査は前月よりも上昇している。ただ安倍1強に陰りはないのかと報じた。

今回の選挙結果は本当に自民党に影響はないのかと話題になった。北川正恭は大きなダメージにはなってないが小さな亀裂になる可能性はあると語った。古谷経衡は「第三極の勝利は日本の未来の姿」と語った。龍崎孝は「特殊なケース」という切り捨てて大丈夫なのかと危機感を語った。また安倍政権が6年4か月続いていることについて、国民が安定を求めたとのかと話題になった。古谷経衡は政治家の質に国民が鈍感になったのではと語った。

平成の政治を振り返る。平成は金権政治から始まった。リクルート事件で90人にのぼる政治家の関与が判明し竹下政権を直撃した。竹下内閣は総辞職し、参院選では野党が躍進した。しかしその後も政治と金のスキャンダルが相次いだ。その後は小沢一郎氏らが自民党を離党して新党ブームになった。そして、非自民連立政権の細川内閣が誕生し、自民党の55年体制が崩壊した。ここで小選挙区制度が導入されることになった。

キーワード
安倍首相
なんばグランド花月
よしもと新喜劇
G20
北川知克氏
小泉進次郎衆院議員
藤田文武氏
自民党
北川晋平氏
屋良朝博氏
島尻安伊子氏
二階俊博幹事長
リクルート事件
川崎寛治衆院議員
橋本龍太郎幹事長
土井たか子委員長
佐川急便事件
金丸信副総裁
小沢一郎氏
細川護煕さん
小選挙区制度

上田晋也のサタデージャーナル (バラエティ/情報)
05:47~

平成13年に小泉純一郎という一人のカリスマが誕生した。そこで聖域なき構造改革を断行し、反対する勢力を抵抗勢力として劇場型政治を行っていった。小選挙区制度によって多くの新人議員が入ることになったが、カリスマの退陣で消えていった。生まれては消えるチルドレンは後の政権でも続いていった。そうした状況で自民党を倒したのは二大政党制を理想とする民主党だ。ただ政権運営の未熟さが目立って、あっという間に政権崩壊を招いた。そして政権交代からわずか3年で自民党は政権を奪還した。そこで安倍1強という言葉が生まれた。

スタジオでは金権政治時代の永田町について話題になった。北川正恭は経済もバブルだったので利益誘導が蔓延したと語った。龍崎孝は金権政治によって小選挙区制度がクローズアップされたと解説した。中選挙区時代は派閥が非常に強かったと北川正恭は語った。

ある料亭に小泉政権を支えた重鎮たちが集結した。そこで昔と今の違いや、中選挙区制と小選挙区制などについて話したという。また細川内閣の首相特区別補佐官の田中秀征氏は平成について「停滞の時代」という印象だと語った。また小選挙区制にしたのがその後の停滞の原因だと指摘した。日本の政治が劣化したのは残念だと思いを語った。

スタジオでは小選挙区になって政治家の劣化があると話題になった。古谷経衡は小選挙区制の功罪について、劇的な政権交代があるのは良かったことだと思うと語った。ただ現在の小選挙区制は不完全で、比例復活は問題ではないかと語った。北川正恭は制度をメンテナンスする必要があると語った。龍崎孝は現在の状況は「いびつな完成形」で、トップに対する批判がないと健全な民主主義にはならないと指摘した。北川正恭は安倍1強について「過渡期の1強」ではないかと語った。古谷経衡は現在の1強について「情けない」と思いを語った。

令和時代のリーダーに望むものについて話題になった。北川正恭は制度だけでなく中身の改革が必要ではないかと語った。古谷経衡は「きれいごと」は辞めてほしいと語った。

キーワード
小泉純一郎首相
小選挙区制度
杉村太蔵氏
自民党
民主党
鳩山由紀夫首相
蓮舫参院議員
野田佳彦首相
小沢氏
中選挙区制
小泉純一郎元首相
武部勤元幹事長
山崎拓元副総裁
小選挙区制
桜田義孝前五輪担当相
宮崎謙介元衆院議員
豊田真由子元衆院議員
佐川宣寿元国税庁長官
福田淳一元事務次官
カルロス・ゴーン被告
令和

エンディング (その他)
06:13~

上田晋也は次の時代の政治を考える場合に、平成の失敗や課題がヒントになるのではと総括した。そして出演者が最後に挨拶した。

  1. 前回の放送
  2. 4月27日 放送
  3. 次回の放送