上田晋也のサタデージャーナル 【北が戦略変更か?】

『上田晋也のサタデージャーナル』(うえだしんやのサタデージャーナル)は、2017年4月1日から2019年6月29日までTBS系列(一部系列局を除く)で放送された報道・情報番組。上田晋也(くりぃむしちゅー)の冠番組であった。放送時間は毎週土曜 5:30 - 6:15 (日本標準時)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年1月20日(土) 5:30~ 6:15
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
05:30~

オープニング映像。

司会二人が挨拶。平昌オリンピックは、平和をもたらすことになるのかと上田さんが問う。

キーワード
平昌オリンピック

ニュース ここにフォーカスオン! (ニュース)
05:30~

窮地。波乱の相撲界。白鵬・稀勢の里の2横綱が相次ぐ休場となっている。稀勢の里は昨日から休場することになった。5場所連続、6回めの休場。進退が問われている。白鵬も5日めから休場している。

国民栄誉賞の授与が決まった羽生善治竜王と、歴代連勝記録更新の藤井聡太四段が、初対局を迎える。羽生善治さんは、手強い存在だと語っている。二人は非公式ながら1勝1敗だ。

キーワード
白鵬
稀勢の里
嘉風
初場所
左大胸筋損傷
竜王戦
日本将棋連盟
読売新聞社
羽生善治竜王
藤井聡太四段

ニュース ここにフォーカスオン! (ニュース)
05:34~

新しい将棋の楽しみ方が脚光をあびている。観る将と呼ばれる。羽生の手が震えたら、勝利が決まるといわれる。ネットに書き込むファンたち。いま将棋界はあらたな局面を迎えている。駆け出しの記者は、必ず、将棋戦を取材するという。

トランプ大統領就任から今日で、1年。トランプ大統領はフェイクニュース大賞を発表した。1位は、NYタイムズ。経済は回復しないだろうというニュース。トランプ大統領は、肉好きだ。炭酸飲料を1日に12本飲むという。執務室には炭酸飲料注文用ボタンがある。偏食で、健康負担が指摘されている。ホワイトハウスの主治医は、非常に健康で問題ないと言っている。養毛剤を使っているという。トランプ大統領は、ツイッターで、アメリカを再び偉大にすると呟いている。スタジオでは、間もなくアメリカが、TPP、パリ協定から離脱することが伝えられた。オバマケアの撤廃を公約していたが、道筋は見えない。メキシコ国境に壁を作ると言ったが、至っていない。減税については目標まであとわずか。無駄遣いと休暇を減らす公約については、1年でゴルフ場に、約90回通っている。三権分立が機能していると龍崎さんはいう。アメリカの健全性がわかったとのこと。議会がオバマ大統領を止めている。

週刊文春のスクープ記事が小室哲哉の不倫疑惑を報じた。小室哲哉はきのう午後会見で不倫は否定した上でケジメとして引退を発表した。小室哲哉の妻・KEIKOさんは2011年にくも膜下出血で倒れ現在もリハビリ中となっている。

去年3月に経営破綻したてるみくらぶの社長被告に新たな疑いが浮上した。被告は銀行から融資約4億円を詐取したとして逮捕・起訴されているが、別の銀行からも約1億5000万円をだまし取った詐欺容疑で再逮捕となった。逮捕前は謝罪を繰り返していたが、被告の自宅から現金約700万円が押収されていることも判明した。警視庁は財産を没収されないよう隠していた可能性もあるとみて調べている。上田晋也らは悪質で反省していないと思うなどと話した。

西郷隆盛の肖像画とみられる絵が民家から発見され話題になっている。西郷隆盛といえば銅像、3番目の妻のイト夫人は銅像を見てこんな人じゃないと話していたという。写真を1枚も撮らせなかった西郷隆盛の銅像は、イタリア人画家の描いた肖像画を元に作られているという。その肖像画も本人を前にして描いたものではなく親族の顔をつぎはぎにして完成したものだった。今回見つかった作者不明の肖像画について、トクばあさんのひ孫である若松宏氏はトクばあさんから聞いた特徴が詰まっているという。地元の博物館西郷南洲顕彰館は肖像画を一般公開し情報提供を呼び掛けている。

キーワード
竜王戦
日本将棋連盟
読売新聞社
藤井聡太四段
羽生善治竜王
観る将
小室哲哉
週刊文春
Can’t Stop Fallin’ in Love
トランプ大統領
KEIKO
くも膜下出血
てるみくらぶ
トランプ大統領 ツイッター
アメリカ
渋谷署
TPP
パリ協定
警視庁
西郷隆盛
オバマケア
メキシコ
若松宏氏
西郷南洲顕彰館

特集 (ニュース)
05:45~

平昌五輪まで3週間となった。オリンピックを前に韓国と北朝鮮が急接近しているが非核化が進んでいるわけではない。平和の祭典が平和への糸口になるのか注目が集まる。

キーワード
平昌五輪
北朝鮮
韓国

特集 (ニュース)
05:48~

南北実務者会談が開かれ、平昌オリンピックの合意内容を発表した韓国と北朝鮮。北朝鮮は230人規模の応援団を派遣するという。女子アイスホッケー、フィギュアスケート・ペアなど4種目に参加するという北朝鮮。韓国と北朝鮮は、統一旗を掲げて開会式で同時に行進する。北朝鮮は非核華に関して、頑なな姿勢を見せている。北朝鮮は挑発的な記事を掲載している。南側の当局が南北対話に非核化の問題を絡めるならば、破局的な結果しかないと北朝鮮の国営ウェブサイトに載った。労働新聞では、米韓合同軍事演習の中止を要求した。北朝鮮にはオリンピック開幕の前日に、軍事パレードを行う動きがある。アメリカは軍事力で圧力をかける方針だ。主力機をグアムのアンダーセン空軍基地に終結させている。

融和ムードに進む平昌五輪に対して国際社会の反応に迫る。バンクーバーで16日に20カ国が話し合う外相会合が行われ北朝鮮の非核化で一致した。ティラーソン国務長官は完全で不可逆の非核化を訴え、マティス国防長官はアメリカ軍に戦争準備はあると発言している。河野太郎外相は北朝鮮への圧力の必要性を強調し、康京和外相は非核化には賛成したが南北対話から平和的に解決と発言、日米と韓国の間に温度差が見られた。外相会合に参加しなかった中国は習近平国家主席がトランプ大統領と電話会談を行い、南北の対話について積極的な変化だと評価した。平昌五輪の開会式にはペンス副大統領やマクロン大統領の出席が決まっている。安倍総理は開会式への出席を明らかにしていない。開会式の前日にはペンス副大統領が来日予定で安倍総理の決断に注目が集まる。

スタジオには共同通信社の磐村さんが登場。北朝鮮は平昌オリンピック参加に向けて平和的にすすんでいるように見える。問題はその先だと磐村さんがいう。オリンピックが政治外交をすすめていると龍崎さんがいう。平昌オリンピックは、北朝鮮の情勢を平和的にする可能性はあると龍崎さんがいう。対話が途絶えたら危機だ。

平昌五輪の開会式へ安倍総理が出席するかどうかについてトーク。龍崎孝氏は朝鮮半島の平和がどちらに動いていくかの主戦場になっていると考えているとコメント。3週間前の国際世論から対話の動きがあり3週間に満たない間に対話の方針が強くなっている。日本は韓国の対応に対抗するかの如く参加を発表していないが、3国が集まっていることを考えると世界の首脳とともに開会式に参加して世界の動きを見ることも必要だと解説した。磐村和哉氏は北朝鮮は対話陣営を作ることを望んでいて、外交ゲームの現場が平昌になっているので見に行くことも必要だと思うと語った。

韓国の融和政策を北朝鮮が裏切ることも過去にはあった。馬息嶺スキー場で韓国と北朝鮮が合同練習を行うことが決まった。女子アイスホッケーの合同チームが結成される見通し。そ場の可否を20日にIOCが判断する。選手のレベルが違う、韓国選手の努力が無駄になるという声があがっている。文在寅大統領は、融和政策だと考えている。太陽政策と呼ばれるが、北朝鮮の裏切りの歴史がある。金大中政権下では、金正日総書記との南北首脳会談が行われた。開城工業団地の計画はこの年にはじまった。2006年、北朝鮮は、南北非核華共同宣言を破り、初の核実験を強行した。2010年、北朝鮮は延坪島砲撃事件を起こす。北朝鮮は核開発を続けている。文在寅大統領が、南北会談の実現にはトランプ大統領の貢献が大きいと発がんすると北朝鮮側はそれに反発するコメントを出した。はたして融和政策は成功するのか。

緊張続く朝鮮半島情勢についてトーク。平昌五輪後の北朝鮮の要求について龍崎孝氏は五輪期間中延期になっている合同演習について要求が出ると解説、磐村和哉氏は韓国がどう振る舞ったら良いのか難しい状況になっていると話した。アメリカについて龍崎孝氏は今の圧力を変える必要がないとしていると思うが、IOCやヨーロッパの対話の圧力がアメリカや日本に加わってくるだろうと話した。磐村和哉氏は岐路に立っているとし、ヨーロッパの中でポイントになるのはスウェーデンで仲介役になって対話の状況を作ることもありえると語った。アンミカは安倍さんはその場に行ってほしいと語った。

北朝鮮が急に立場を変えることは今のところ考えにくい。北朝鮮は、大きな大会を誘致したいと考えていると磐村さんがいう。

北朝鮮は条件闘争をするという見方もある。何も欲しがらない戦略だとという龍崎さん。韓国は朝鮮半島情勢を激化させ、南北の対話と関係改善を阻むアメリカとの合同軍事演習を中止する有段をすべきだと、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」はいう。貸しを韓国につくることが目当てだろうと磐村さんがいう。オリンピック後の北朝鮮の動きに注目する必要がある。

キーワード
平昌オリンピック
トリノ五輪
平昌五輪
平昌パラリンピック
バンクーバー(カナダ)
ティラーソン国務長官
マティス国防長官
河野太郎外相
米韓合同軍事演習
労働新聞
康京和外相
習近平国家主席
トランプ大統領
B2戦略爆撃機
B52戦略爆撃機
ペンス副大統領
アンダーセン空軍基地
マクロン大統領
グアム(アメリカ)
安倍総理
菅義偉官房長官
自民党
公明党
森山裕対委員長
共同通信社
馬息嶺スキー場
IOC
ペーション首相
開城工業団地
金大中大統領
安倍さん
盧武鉉大統領
金正日総書記
延坪島砲撃事件
朝鮮中央放送
韓国
北朝鮮
延坪島

エンディング (その他)
06:13~

上田晋也がニュースを振り返り、事が動き出すタイミングは平昌五輪・パラリンピック以降だが半島情勢に各国がどのような出方をするのか注目したいと総括した。

キーワード
平昌五輪
平昌パラリンピック
  1. 前回の放送
  2. 1月20日 放送
  3. 次回の放送