メイドインJAPAN ★スイス人寿司職人が帰国&日本のお片づけ術が香港に上陸!

放送日 2019年7月15日(月) 19:00~22:00
放送局 毎日放送

番組概要

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
19:00~

日本で暮らす外国人が良いと思った日本製品を母国の家族に持ち帰る番組。

最初のメイドインジャパンを持ち帰るのは辻村瑞貴リチャードさん。持ち帰るのは寿司と話しスイスで手に入る食材で寿司を握ると述べた。リチャードさんはミシュランガイドに4ン面連続ビブグルマンを獲得している「鮨 千陽」の寿司職人をしている。両親はリチャードさんが握った寿司を食べたことがないという。スイス・チューリッヒは銀行・金融の世界的中心地である。空港から車で実家を目指すその途中でマーケットを発見し食材を探す。魚はスモークサーモンなどで寿司には向いていないということで新鮮な魚を探す。鮮魚を取り扱う店を発見するがほとんどおろしているため状態はよろしくないとリチャードさんは述べた。スイスには海がないため出発前にもリチャードさんは魚が入手できるか不安視していた。新鮮な魚の見分け方についてエラが赤色が良いものと話す。

懸念していた事が現実に起きてしまったが移動中に寿司店を発見。実はチューリッヒ内には10軒以上の寿司屋が営業しており中でも気になった「寿司店 EDOMAE」を訪問し、スイスの寿司事情を確認。マグロには大根の桂剥きが乗せてあり美味しいと述べた。しかし、江戸前の技法は入っていなかったとリチャードさんは述べた。江戸前寿司は元々江戸湾で獲れた魚を寿司にしたものであるが冷凍技術などがなかったため酢締めや昆布締めなどネタの鮮度を保つため工夫し提供。お店では箸を持つ手を確認し客の利き手を把握しとりやすい角度に寿司を置いている。そして店が終了後には必ずその日のうちに包丁を研いでいるという。

リチャードさんは日本人の地をひくとはいえスイスでは料理をせず素人な状態で来日し「飲食人大学」で寿司の技術を猛勉強。日本に行くと伝えたときは父親からは心配されて猛反対を受けたという。そして、実家のアパートに到着して帰宅。両親と会話は母親とは日本語、父親とはドイツ語で会話をしていた。父親のペーターさんはトラムの運転手を長年勤め、母親の佳代子さんはスイスの日本食レストランに勤務し30年前に国際結婚をしそれいらいスイスで暮らしている。リチャードさんは信楽焼のペアカップで緑茶とコーヒーをいれたり、富士山の細工がされた羊羹を食した。

キーワード
ビブグルマン
チューリッヒ(スイス)
大阪府
寿司店 EDOMAE
信楽焼

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
19:18~

日本で暮らす外国人が良いと思った日本製品を母国の家族に持ち帰る番組。

スイスの実家に帰宅したリチャードさんは両親にハンドマッサージャーをプレゼント。母・佳代子さんは現在もレストランで働いていおりそれを思い購入。父親のピーターさんも興味津々で試して喜んでいた。さらに財布に入る老眼鏡をプレゼントした。

午後7時になるがこの時期はまだ明るい状態。母親が夕食の準備をしようとした時リチャードさんはキャベツの千切りが出来るピーラーやご飯の量やカロリーを表示してくれるしゃもじをプレゼントした。

キーワード
スイス
鯖江市(福井)

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
19:25~

スイスの実家に帰宅したリチャードさん。1番苦労して持ち帰ったというのがおしぼり蒸し器。おしぼり蒸し器は日本にしかない商品。おしぼりについてピーターさんが30年前に来日し日本ならではの文化である「おしぼり」に大感激したという。今まで毎朝電子レンジでタオルを温めていたピーターさんはありがたいと述べた。この日の夕飯は伝統料理「チーズフォンデュ」で食事をする。食事はスイス料理が中心だという。ピーターさんは日本食を好んで食べてはおらず、特にイカの食感が苦手でシーフードパスタにはイカが入らないという。

食後、仕事について順調なのかや将来のことはちゃんと考えているのかなど父親に尋ねられ、認めてほしい父親が認めようとしない態度にケンカになってしまった。リチャードさんは一人っ子で友人がそれぞれの道を進む中いろんなやりたいことが見つからずパートなど転々としていた。そんな時1年間自分探しの旅を行いその時に来日し、日本食のお店の雰囲気などから夢を持ち、反対を押し切り寿司職人の学校へ通い職人となった。運転手一筋だった父親からは職を転々としていたリチャードさんのことを理解できないや日本の職人の厳しい世界でやっていけるはずがないと思われている。リチャードさんは寿司を握って今の気持ちを伝えたいと話す。

翌日、両親には内緒で食材探しをするリチャードさん。訪れたのはチューリッヒ最大の鮮魚店。リチャードさんが食材を調達するならそのお店しかないという話す。商品は大量にあったが、他国から輸入されたもので鮮度は落ちた状態だった。店では火を通すホタテとエビだけを購入した。

ここまでのVTRを振り返りトーク。中村倫也さんは早く続きを見たい話す。籠谷さんも上京する際家族会議をしその時の空気に似ていて頑張って欲しいと思ったと話す。中村さんもずっと「大丈夫?」と心配されていて最近番組に出るようになりずっとニコニコしてくれるようになり応援はしてくれていたが安心できるのは最近だという。

チューリッヒ最大の鮮魚店にも希望する鮮魚がなく、リチャードさんはスタッフにしばらく1人にしてほしいと伝えた。15分後リチャードさんは山登りガイドをしていた頃の仲間でジュネーブを活動拠点にしている仲間に連絡を取り相談。すると日本の魚を卸している業者を見つけたと連絡が入り3時間かけてジュネーブへと移動。

寿司ネタになる魚は見つかるのか!?

キーワード
スイス
チューリッヒ(スイス)
ジュネーブ(スイス)

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
19:46~

チューリッヒ最大の鮮魚店にも希望する鮮魚がなく、リチャードさんはスタッフにしばらく1人にしてほしいと伝えた。15分後リチャードさんは山登りガイドをしていた頃の仲間でジュネーブを活動拠点にしている仲間に連絡を取り相談。すると日本の魚を卸している業者を見つけたと連絡が入り3時間かけてジュネーブへと移動。ジュネーブはスイスの南西部にありフランスが近くにあり流通ルートがチューリッヒとは異なるという。卸売業者ウルトラマリンを訪問し魚を確認。マトウダイなどのエラは赤く鮮度抜群だった。そして、場所を借りて作業を始めようとするリチャードさん。

このあと8時43分からはお片付けスペシャル。

キーワード
チューリッヒ(スイス)
ジュネーブ(スイス)
ウルトラマリン
マトウダイ
アジ
オヒョウ
エイ
フランス

番組宣伝 (その他)
19:51~

「この差って何ですか?」の番組宣伝。

教えてもらう前と後の番組宣伝。

マツコの知らない世界の番組宣伝。

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
19:54~

寿司ネタとなる鮮魚を見つけたリチャードさんは日本から持ってきた包丁で魚の下処理をして、鮮度を保つために万全を尽くした。そして、実家に戻り両親が寝静まるのを待ち準備に取り掛かった。マトウダイは塩をふりかけ余分な水分を出させ、水分を拭き取ればくさみもとれて鮮度も保てる。煮汁にホタテやエビをいれるなど行う。さらに父親が苦手を話していたイカをイカそうめんの握りにすることで苦手としている食感をなくす。

翌朝午前8時、両親を買い物に出させ、その間に最終準備に取りかかる酢飯に使うのは母親の故郷である滋賀県の米を使用。

両親が戻ってくるまでに準備を完了したリチャードさん。両親が帰宅し、リチャードさんは戻ってきた本当の理由を伝えた。使用しているお皿はリチャードさんが作ったものを使用。1貫目は「マトウダイ」を使用。ドイツ語だと「ペーターズフィッシュ」という名で父親のペーターというのもあり最初の一貫に選んだと説明。

キーワード
チューリッヒ(スイス)
ジュネーブ(スイス)
ウルトラマリン
マトウダイ
ホタテ
エビ
イカ
スイス
滋賀県
信楽焼

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
20:15~

日本で暮らす外国人が良いと思った日本製品を母国の家族に持ち帰る番組。

リチャードさんが寿司職人の腕前を日朗する魂の8貫勝負。1貫目の「マトウダイの昆布締め」を食べたピーターさんは無言となる。2貫目はスイス産のサーモン、養殖されたサーモンでこの時期に天然ものは入って来ないという。スイス産を使いたいという思いと養殖物はどうしても臭みが出てしまう。そこで酢締めにして出した。母親からは美味しいなど述べるがピーターさんは無言だった。マグロは冷凍のキハダで漬けマグロにして出す、4貫目は煮ホタテ、5貫目は炙りサーモン。ここまで味が薄いものから濃いものへと変化させ、6貫目の味で一度味をリセット。7貫目は湯でエビの握りを出した。ここでリチャードさんは気持ちを伝え、気持ちは理解をしてくれたが現実は甘くないと考えは変わらない。そして最後の8貫目としてイカの握りを出す。イカの握りはイカそうめんではなくヤリイカを握ったものを使用した。

最後の一貫「イカの握り」…どうなる!?など。

キーワード
マトウダイ
サーモン
マグロ
ホタテ
アジ
エビ
ヤリイカ
スイス

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
20:32~

スイスにいる両親に板前になったリチャードさんが寿司を握る。最後の8貫目は父親が苦手としているイカの握り。スタッhと話してのはイカそうめんだったが出したのはヤリイカの握りで無数の隠し包丁により、イカの食感を和らげていた。食後、ピーターさんはリビングから出て自分の部屋に戻ってしまった。リチャードさんは緊張してもっとうまく出来たのではなど述べ、イカそうめんを出さなかった理由についてスタッフのイカではないみたいという感想で踏みとどまり、イカの食感を残したものを出したいと迷って決断した一貫だった。父親は「美味しい」とは言ってくれず、片付けを開始し始めた時ピーターさんが現れた。

キーワード
ヤリイカ
スイス

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
20:40~

スイスにいる両親に板前になったリチャードさんが寿司を握る。父親のピーターさんから「美味しい」と言ってもらえず、片付けを始めた時ピーターさんが現れ「お前の寿司は美味かった。特にイカが美味しかった」と述べ「もっと美味しいイカを握れるはずだ」と述べ、いつでも帰ってこいと述べた。

続いてメイドインジャパンを持ち帰るのは香港出身のコウエイシキさん。コウエイシキさんは歌手を目指して勉強している。そんなコウエイシキさんが持ち帰るのは祖母の家へ片付けと紹介。日本の片付けが世界中でブームとなっており日本の整理整頓術が書かれた書籍がベストセラーとなっているという。その理由について聞くと実家は狭く散らかっているという。コウエイシキさんの母親は6年前に他界、実家には父と祖母が2人で暮らしていて、祖母が目や足が悪く転んでしまい心配で安心して暮らしてほしいと話した。そこで番組では整理、掃除、DIYの3ジャンルに分けて3人のプロを招集した。

香港は日本から約3000kmで約5時間で到着する。アメリカなどの経済都市に名を連ねる一方狭い都市部に人が密集しており住宅事情はあまり良くない。実家に到着し出迎えたのは祖母のリーエイさん。リーエイさんは91歳、家の中には父親のメイハツさんも待っていた。自宅のリビングには物が溢れ、キッチンも人1人が入るのでやっとの狭さ。そして風呂場は1.5畳にバス・トイレ・洗面台が詰め込まれていた。夕食にしようと準備を始める祖母は缶詰を空けようとする。そこでコウエイシキさんは電動缶切りをお土産としてプレゼントした。

キーワード
スイス
カショウコウ
香港(中国)

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
20:52~

夕食後、コウエイシキさんがお土産として転ばない用意に「すこやかステッキ」をプレゼント。接着面が3点で支え可動式となっているため急な斜面でもしっかり支える。そして、このあと日本のお片付けのプロが登場する。翌朝、コウエイシキさんの実家に整理整頓アドバイザーの古堅純子さん、掃除コンサルタントの清田真未さん、DIYアドバイザーの嶋崎都志子さんが到着した。

リビングは6畳なのに荷物が散乱しておりより部屋を狭くしており、扉が塞がれ機能していない収納、キッチンも物が多く作業スペースが狭いなどの問題点が挙げられた。また、打ち合わせしていた時に父親が自信の部屋はさわらないでほしいと片付けを拒否し始める。古堅さんはとりあえず了承。日本の高齢者と同じで物を大切していると話す。そこで、自意識的にサヨナラしてもいいなって思える状況にしたいと話す。まずはリビングとキッチンを片付ける。

リビングはまずは収納した物を全て出すことから開始し壁面収納の姿が見え始めた。右側にあったのは昔着けた酒などが出てきた。元の場所に戻す場合でも心を込めてきれいするというのが古堅の片付け術。キッチンには大量の鍋や調味料が出てきた。使っていないもの今後使うものなど使用頻度によって仕分けてもらう。仕分けは「スタメン、1軍、2軍、戦力外」の4段階で分類。仕分けは使っている本人の意思で行うことで自分で出してもらう事が重要で納得出来るという。そして、分類ごとに付箋を使って仕分けしていく。

仕分けをしている間に清田さんがキッチンの清掃を行う。コンロ周りには長年の油汚れがこびりついていた。油汚れは酸性汚れのためアルカリ性の洗剤を使用すると説明。キッチンペーパーを汚れの上にかぶせその上から洗剤をかける。これは洗剤が垂れ流れないように湿布のようにする。さらに洗剤が蒸発しないようにラップで覆いドライヤーでアルカリ度数を上げ、汚れが落ちやすくする。30分後、キッチンペーパーなどを拭きながら最後まで利用ししてきれいにする。最後にマイクロファイバータオルで2度拭きし汚れを落とした。

キッチンのもう一つの問題である小さなシンク。これをDIYのプロである嶋崎が変わった形の棚を作る。

VTRを振り返りトーク。キッチン周りは良かったや油汚れの落とし方は勉強になったと話した。そして、中村倫也さんが7月19日放送の「凪のお暇」の告知をした。

キッチンのもう一つの問題である小さなシンク。問題を解決するためDIYのプロである嶋崎が変わった形の棚を作る。冷蔵庫を移動させ15cmの隙間に棚を運び込みスペースを作る。さらにその棚の上に水切りカゴが取り付けられた棚を設置した。これによりいままで水切りカゴがあった場所にスペースができ炊飯ジャーなどを移動し立つスペースを広くした。鍋なども使う順に収納。さらに折りたたみ式の桶をプラスすることで洗い桶のスペースを拡大させた。

翌日、おばあちゃんから見てほしいと案内されたのはバスルーム。バスルームにはトイレ、洗面台もありカーテンをつけると狭くなるという理由から取り付けられておらず、シャワーを浴びる度にビショビショになると話す。タイルもひび割れておりテープで落ちてこないように貼り付けている状態だった。

キーワード
香港(中国)
すこやかステッキ

JNN フラッシュニュース (ニュース)
21:27~

韓国の文在寅大統領は日本側の輸出規制強化について韓国経済が一段他界成長を図る時期にその成長を遮ったもの、日本経済により大きな被害を与えるものと警告し、日本側が撤回しない場合外交交渉は行わないとしている。韓国政府はWTOの会合で日本の措置の不当性を説明するとしている。

キーワード
文在寅大統領
WTO
ソウル(韓国)
北朝鮮

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
21:29~

日本で暮らす外国人が良いと思った日本製品を母国の家族に持ち帰る番組。

コウエイシキさんの実家の整理、掃除、DIYを行う。案内された危険なバスルーム。DIYのプロフェッショナル嶋崎さんはタイルをコーキングをひび割れた部分を補修。さらにタイルシートを貼り付けた。

コウエイシキさんの実家の整理、掃除、DIYを行う。案内された危険なバスルームのタイルはタイルシートを貼り付ける。あえて全部を覆わないことによりモダンを演出。さらにむき出しの換気扇対策としてシンクマットを加工し換気扇カバーにし、裏側にはホコリ取りフィルターを取り付けた。このフィルターはマグネットを利用する ことで交換が簡単となり、バスルームのリフォームが完了した。

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
21:40~

コウエイシキさんの実家の整理、掃除、DIYを行う。危険な状態だったバスルームのリフォームが完了した。シャンプー棚を取りやすい高さに設置。さらに閉鎖感のない透明なシャワーカーテンを設置。カーテンにはポケット収納が取り付けられ、よく使う洗面用具が入っていた。

作業最終日、リビングの片付けを総仕上げする。まずは壁のホコリなどを取り除き、塗装を行った。塗装後の壁をみると一部白い壁になっており城などで使われる漆喰となっていた。これは漆喰タイルシートを使っていた。漆喰は空気中の水分量を調整してくれる効果があり室内の湿度を調整する。3人の頑張りで予定より掃除が終了すると、エイシキのお父さんから自身の部屋の片付けの依頼をした。

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
21:47~

エイシキさんの実家を清掃。予定より早く終わった掃除後、お父さんから一度拒否した自身の部屋の片付けの依頼をした。まずは物を全て取り出すと使っていた棚が大きく歪んでいるのが判明した。棚は奥さんが大切に使っていたものだという。帰国の時間が迫る中急いで修理・補強を行った。そして、急ピッチで行われた清掃が全て完了位部屋のお披露目が行われた。父親の部屋は棚が別の場所に移動したことで使えなかった収納棚が使用できるようになった。

番組宣伝 (その他)
21:55~

「1番だけが知っている」の番組宣伝。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝。

メイドインJAPAN (バラエティ/情報)
21:55~

清掃を終えたエイシキさんの実家のお披露目。続いてリビング物置場になっていた椅子は本来の位置に戻り、開かずの扉となっていた壁面収納も棚の位置を変えることで利用可能にし、棚も円卓の近くに置くことで座ったまま手が届くようにした。そして真ん中にあった棚はお父さんのへやにあった棚を修理・補強して利用できるようにした。さらに壁面収納は段ごとにテーマを決めて収納することでものは多くてもまとまって見えるよう収納。

「1番だけが知っている」の番組宣伝テロップ。

「この番組をもう一度ご覧になりたい方はTVerで!」と露出。

キーワード
TVer
  1. 前回の放送
  2. 7月15日 放送
  3. 次回の放送