好きか嫌いか言う時間 [終]進化しすぎの女子高生文化に渇!新入社員教育論

『好きか嫌いか言う時間』(すきかきらいかいうじかん)は、TBS系列で2016年8月15日から2017年9月4日まで毎週月曜夜に放送されたディベートバラエティ番組。全30回。レギュラー放送開始前に複数回単発特番として放送されている。レギュラー放送開始から9月5日まではタイトルが『坂上忍の好きか嫌いか言う時間』(さかがみしのぶのすきかきらいかいうじかん)だった。レギュラー放送開始から2016年12月までは19:56 - 20:57枠で放送していた。2017年1月23日から『月曜名作劇場』が枠移動・縮小となり、20:00 - 21:50での放送となることが決まった。これに伴って、2017年1月から、本番組の通常編成時の放送時間が毎週月曜21:53 - 22:54に変更された。2017年9月4日をもって当番組は終了した。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年9月4日(月) 21:53~22:54
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
21:53~

今回は進化しすぎた女子高生文化におじさんたち大驚愕!

進化しすぎた女子高生文化でおじさんたちが好きか嫌いか言う時間 (バラエティ/情報)
21:53~

昭和生まれのおじさま・おばさまが高校生だった時代から30年後の今の女子高生たちと、進化しすぎた女子高生文化について討論する。的場浩司は、娘が携帯電話を使っていいのはリビングだけ、メールは夜10時までにしていると話した。

おじさんたちの高校時代、1980年代といば家族共有の固定電話で電話のコードを伸ばして廊下で話したり長電話を怒られたり。坂上が当時「深夜にようこそ」で松本伊代と演じたように、公衆電話で彼女を呼び出すのがあるあるだった。それから30年、今の女子高生は夜に通話を始め、寝ている間もずっとつないだままの「寝落ち電話」が流行っているという。無料通話アプリなので料金はかからない。

寝ている間もずっと通話状態にする、女子高生文化の「寝落ち電話」が理解できるかスタジオ討論。坂上は今は理解できないが若いときはやったことあると話したが、的場浩司らは友達とは理解できない、話す内容よくあるね、先に寝られたほうはよけい寂しいと主張した。一方女子高生たちは、しょっちゅうやってる、何かしながらで無言でもずっと通話、寂しい心を満たされる、いびきはいやなので消音にしてつけっぱなしなどと説明した。りゅうちぇるも、とりあえず夜は病む、誰かとつながりたい、つながってることが大切と主張した。坂上は、野々村の奥さんは元アイドルなどと説明。美月さんは50時間の通話記録を披露し、お互いインフルエンザのとき、スマホが熱くなるので保冷剤を使ったと話した。

現役女子高生の福田さんに「寝落ち電話」を再現してもらった。最大4人通話ができるLINEのビデオ通話で午後7時から友達と会話を始め、ビデオ通話用のスタンプで遊んだり、全員同時に勉強をして教え合ったり、電話をつないだまま部屋を出て食事をとったりし、やがて福田さんは午後11時に寝落ちしたがもちろん電話はつないだまま。翌朝、起床するとすぐに通話を切った。

寝ている間もずっと通話状態にする、女子高生文化の「寝落ち電話」が理解できるかスタジオ討論。吉田らはやっぱり変だと思うと話したが、YOUは、高校が楽しくてしょうがなく帰るという状態だった、ずっとつながれるならやってると思うと話した。一方、中村先生は今に流されちゃいがちな子がやるがだんだん抜けていく、浅いつきあいをしたけりゃやればいいと主張。福田さんやりゅうちぇるが反論した。アメリカのネルソンは「1人の時間の定義」が変わっていると指摘し、ケイリーンも3~4年前から流行って今でも大学の友達と5~6時間会話すると話した。

「いつでも誰かとつながっていたい」という現代の女子高生だが、「ゼンリー」という友達とのつながり方があるという。

キーワード
松本伊代
深夜にようこそ
寝落ち電話
坂上とし恵
LINE
ゼンリー

進化しすぎた女子高生文化でおじさんたちが好きか嫌いか言う時間 (バラエティ/情報)
22:11~

現代の女子高生が使っているのが「Zenly(ゼンリー)」。いつでも友達の居場所をチェックできる位置情報共有アプリ。いつでも友達の居場所をチェックしたいのだという。

スタジオでは「いつでも友達の居場所を把握したい女子高生」について理解できるかできないか話題になった。スタジオのパネラーは全員「理解できない」という見解を示した。パネラーは何で知りたいのかと話題になった。坂上忍は使い方によっては便利かもしれないと話題になった。ただ女子高生の中には彼氏と利用しているケースもあると話題になった。的場浩司は会えないドキドキ感がロマンだと語った。また昔は掲示板でやり取りしていたと盛り上がった。

渋谷の女子高生は「◯◯◯を探す」という遊びが大流行している。女子高生の認知率は高い。そこでまずはおじさんたちがどのような遊びをしているのか話題になった。昔はディスコで遊ぶのが普通だった。

このあとは「叱らず褒める教育 好き?嫌い?」を放送。

キーワード
Zenly
ゼンリー
渋谷(東京)

進化しすぎた女子高生文化でおじさんたちが好きか嫌いか言う時間 (バラエティ/情報)
22:23~

渋谷の女子高生で流行しているのは遊びに密着してその様子が伝えられた。そこで女子高生の間で「YouTuberを探す」という遊びが流行っていると伝えられた。

スタジオでは渋谷でどうやってYouTuberを探しているのか話題になった。女子高生はツイッターなどを駆使して探していると語った。また有名人は渋谷などにはいないのでYouTuberは身近な存在だと語った。

最近はツイッターでナンパすることが流行していると話題になった。気になる子にダイレクトメッセージを送って、遊べるか誘ってみると語った。りゅうちぇるはダイレクトメッセージは無視したほうが無難だと思うと語った。ただ危険な場合の体験談が女子高生から語られた。また彼氏の定義について、おじさんと女子高生で話題になった。

キーワード
渋谷(東京)
YouTuber
ツイッター
島木譲二

「働き方改革」新時代突入! 叱らず褒める教育 好き?嫌い? (バラエティ/情報)
22:30~

次の議題は「新社会人への教育で、叱らずに褒める」ということが、好きか嫌いかと話題になった。今回は好き派と嫌い派に分かれて少人数でとことん討論する。そして新社会人に褒める教育と叱る教育のどちらが良いかモニタリングしてもらった。

最初は褒める派の現状について伝える。そこで大手エネルギー会社の部下の褒め方研修の様子が伝えられた。そこで褒め褒めリレーという研修が行われた。

次は叱る派の現状について伝える。そこで美容室「GRAND TRUTH 鎌ヶ谷店」の新人研修の様子が伝えられた。叱ることで身体に覚え込ませるのが叱る派の考え方だ。

スタジオでは坂上忍は叱る派だと語った。坂上忍は「褒め言葉ってそんなに軽いの?」と褒める派に疑問を呈した。褒める派の松本秀男は全く叱らないわけではなく「君らしくない」と語るようにすると語った。また宇梶剛士は、褒める事は心をほぐすことになるので、叱りも効くようになると語った。

尾木直樹は社会に出たら自分の目標は自分で決める必要があると語った。ただ「どすこい酒場 玉海力」の川邉幸夫は「社会に出たら目標は会社が決める」と語った。

50人の若者がモニタリングでどのように感じているのか、叱って欲しい派と褒めて欲しい派の意見が伝えられた。若者の意見は褒める派がやや優勢という状況だ。

褒める教育で成功した場所がある。それは「南部自動車学校」だ。そこで南部自動車学校の教育の方法について伝えられた。実際に教習中も褒めている様子だった。教習生からはモチベーションが上がると好評だ。そこで褒めちぎる教習所はどう思うかと伝えた。

スタジオではあの教習所はありなのかと話題になった。松本秀男はあの教習所は合格率も上がっており、卒業してからの事故率も下がってきていると解説した。また松本秀男はさだまさしの元マネージャーだと話題になった。

このあとは「井筒監督がさだまさしに物申す」を放送。

キーワード
GRAND TRUTH 鎌ヶ谷店
岸和田少年愚連隊
逃げるは恥だが役に立つ
どすこい酒場 玉海力
南部自動車学校
さだまさし
井筒監督

「働き方改革」新時代突入! 叱らず褒める教育 好き?嫌い? (バラエティ/情報)
22:49~

褒められたい 叱られたい 若者の結論は?

松本秀男さんが、さだまさしの元マネージャーだった、さださんもほめまくる方だった、「関白宣言」も最終的に奥さんのことを褒める歌だと話したが、井筒和幸はあの歌大嫌いと告白した。

キーワード
さだまさし
関白宣言

「働き方改革」新時代突入! 叱らず褒める教育 好き?嫌い? (バラエティ/情報)
22:52~

スタジオの討論の様子をモニタリングしていた50人の若者は、最終的に褒められたい派27名、叱られたい派23名とほぼ五分五分の結果となった。

  1. 前回の放送
  2. 9月4日 放送