仰げば尊し

『仰げば尊し』(あおげばとうとし/あふげばたふとし)は、1884年(明治17年)に発表された日本の唱歌。卒業生が教師に感謝し学校生活を振り返る内容の歌で、特に明治から昭和にかけては学校の卒業式で広く歌われ親しまれてきた。ニ長調または変ホ長調が多い。8分の6拍子で、編曲されたものが何種類か存在する。2007年(平成19年)に「日本の歌百選」の1曲に選ばれた。

出典:goo Wikipedia

これまでの放送回 (新着順)

8件中 1件~5件を表示

  1. 1
  2. 2
  3. 次のページ