中居正広の金曜日のスマイルたちへ 【私たちは市原悦子さんの声に育てられた】

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(なかいまさひろのきんようびのスマイルたちへ)は、2001年10月19日からTBS系列で毎週金曜日の20:57 - 22:00(JST)に放送されている中居正広の冠番組で、女性をターゲットに毎週さまざまな内容で構成されている情報・教養バラエティ番組。通称は『金スマ』。新聞ラ・テ欄では「中居正広の金スマ」ではなく「中居正広のキンスマ」と表記されることがある。開始当初から長らく番組名は『中居正広の金曜日のスマたちへ』だったが、2016年2月12日からは『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』へと改題した。改名理由については諸説ある。2016年4月1日より3分繰り上げ・9分拡大し、20:57 - 22:00の放送となった。これに伴い、直後の『金曜ドラマ』との接続はステブレレスに変更された。2017年10月より、TBSテレビはフライングスタートをしない方針になったが、当番組は変わらず20:57放送開始となっている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月8日(金) 20:57~22:00
放送局 毎日放送

番組概要

金スマ特別編 市原悦子 最期の5日間 (バラエティ/情報)
20:57~

今年1月、天国へと旅たった女優・市原悦子さん。1975年~94年に放送された「まんが日本昔ばなし」で朗読を担当した。そんな彼女の最期の5日間、人生最後の朗読に迫る。

スタジオでゲスト中尾彬を紹介。市原悦子さんとは50年来の付き合い、「むかしむかし」と語れるのは彼女しかいなかったという。

2016年、市原悦子さんは自己免疫性脊髄炎という病で半年間休養していた。復帰後も自宅で朗読の収録を行うなど声の仕事だけは続けていた。2018年12月、虫垂炎で再び入院、その1ヶ月後に彼女の訃報が駆け巡った。亡くなる5日前にお見舞いに行っていたのがミッキー吉野、市原さんは命尽きようとする中で「また朗読の舞台をやりたい」と話していた。

市原さんは亡くなる3週間前、病床で生涯最後の朗読を行っていた。

このあと、市原悦子 最期の日々 生涯最後の朗読。

キーワード
市原悦子さん
まんが日本昔ばなし
サンケイスポーツ
自己免疫性脊髄炎
虫垂炎
日刊スポーツ
市原悦子

金スマ特別編 市原悦子 最期の5日間 (バラエティ/情報)
21:06~

市原悦子さんの最後の仕事は病床での昔ばなしの朗読だった。市原さんと朗読との出会いは39歳の頃、舞台女優として名が知れていたがテレビでは無名。日本中に声を知らしめたのが国民的アニメ「まんが日本昔ばなし」、この作品こそが市原さんが声の仕事をはじめたきっかけ。ゆっくりとしたテンポと独特な語り口、これは市原さんの「眠くなるようなテレビ」という斬新すぎる発想によって生まれたものだった。最初は3か月の期間限定番組、3か月が終わると存続を臨む1万通以上の投書が届いた。市原さんは番組オリジナルのストーリーが入ったことで物語に矛盾が生まれると読むことを拒否、時にはスタッフと一緒に物語を考えることもあった。

生前、市原さんは朗読の魅力について「”日本昔はばし”はどんな世界にも飛んで行ける。声だけの表現って良いですね、制限がないから。肉体を越えてイメージを広げる楽しさがある」と語っていた。日本を代表する女優になった後も、顔の出ない大好きな朗読をやり続けた。

最後の仕事は2018年12月21日、NHK「おやすみ日本 眠いいね!」内の昔ばなし朗読だった。入院中だったが病室にマイクを入れた。

キーワード
市原悦子さん
市原悦子 つづれ織り
まんが日本昔ばなし
サワコの朝
やまんば
春秋社
ハンチョウ~神南署安積班~
あん
サンケイスポーツ
おやすみ日本 眠いいね!
NHK

金スマ特別編 市原悦子 最期の5日間 (バラエティ/情報)
21:18~

市原さんが病床で朗読した最後の仕事。いつもとは違い話の筋を覚えると台本を伏せ、「読むのではなく自分の言葉で伝えたい」と人生最後の朗読をした。

市原悦子さんについてトーク。大竹しのぶは「最後までお仕事をしたいという気持ちがあったということですね」とコメントした。

最後まで朗読にこだわり、これまで何千という物語を届けてくれた市原悦子さん。特に思い入れがある作品が「ちいちゃんのかげおくり」、戦争をたくましく生きた1人の少女を描いた物語だった。この朗読でピアノを担当していたミッキー吉野は、市原さんの声から感じるものがあったという。

終戦の間際の1944年、この時の市原さんは9歳。家族で過ごしている時の事、突然の揺れに襲われた。

キーワード
市原悦子さん
おやすみ日本 眠いいね!
NHK
あおぞら
ちいちゃんのかげおくり
あかね書房
朝日新聞
栄町(千葉)

金スマ特別編 市原悦子 最期の5日間 (バラエティ/情報)
21:25~

終戦の間際の1944年、この時の市原さんは9歳。家族で過ごしている時、空襲による爆風でガラスが吹き飛び廊下に割れ散った。戦争が終わっても食糧難に苦しみ、二度と戦争は起こしてはいけないと後世に伝える事を使命感としてもっていた。長年大切に読んでいた「ちいちゃんのかげおくり」には市原さんの強い思いが込められていた。

市原悦子さんが「ちいちゃんのかげおくり」を13分45秒かけて朗読した姿がノーカットで放送された。

市原悦子さんが朗読した「ちいちゃんのかげおくり」についてトーク。大竹しのぶは「どれだけ戦争がひどいものなのか、表現として凄かった」と話した。

キーワード
市原悦子さん
白髪のうた
ちいちゃんのかげおくり
あかね書房

番組宣伝 (その他)
21:42~

「ジョブチューン」の番組宣伝。

消えた天才の番組宣伝。

林先生が驚く初耳学!の番組宣伝。

40歳になると危ないシリーズ (バラエティ/情報)
21:44~

いまベストセラーとなっている書籍が『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』。この本には時間をかけなくても簡単で抜群の効果を出す方法が紹介されている。考案したのはスポーツトレーナーの中野ジェームズ修一先生、伊達公子選手や青山学院大学駅伝チームを指導するなどトレーナー界の第一人者。

中野ジェームズ修一先生が登場。血糖値が高いと血管が硬化、様々な生活習慣病に陥る。まずは血糖値危険度チェックを紹介。「40歳以上である」「炭水化物が大好き」「食事を抜くことがある」「食後はいつも眠くなる」「1日6時間以上座っている」、この5項目のうち1つでも当てはまると危険性がある。そこで中野先生が考案したのが食後5分で血糖値を下げる運動、ジョギング15分・ウォーキング1時間に相当する。

食後30分以内に行うのが5つの体操。1つ目は屈伸体操、椅子2脚を用意して体の左右に置き、背もたれを掴みながら20回屈伸する。2つ目は片足曲げ体操、右足を前、左足を後ろに置いて左右合わせて20回屈伸。3つ目はもも上げ体操、後ろに引いた左足を前に持ち上げるようにももを上げる動きを左右合わせて20回。4つ目は沈み込みもも上げ体操、膝を曲げて腰を落とながらもも上げ、左右合わせて20回。5つ目は屈伸もも上げ体操、足を広げて屈伸状態になりもも上げ、左右合計10回。

本当に5分の体操で血糖値が下がるのか、血糖値が高いタレント新田恵利で検証。朝食後の血糖値は159、正常な場合は70~140。夕食後にも171という異常値だった。翌日、食後に5分の体操を取り入れる。朝食後は131まで下がり、夕食後は126まで下がった。同様の実験を40代以上の主婦10人で検証、そのうち7人が体操により血糖値が下がった。銀座泰江内科クリニックの泰江医師によると、食後20分以上の運動が必要と言われてきたが、5分間体操するだけで結果が得られたのは驚きだとした。

「メゾン・ド・ポリス」の番組宣伝。

キーワード
医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本
日経BP
伊達公子
青山学院大学
中野ジェームズ修一先生
血糖値

番組宣伝 (その他)
21:58~

「メゾン・ド・ポリス」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 2月8日 放送
  3. 次回の放送