戦え!スポーツ内閣 【アーティスティックスイミング★水の妖精SP】

『戦え!スポーツ内閣』(たたかえ スポーツないかく)は、毎日放送(MBS)が制作するスポーツバラエティ番組である。2015年から単発の特別番組として3回放送された後に、2016年10月5日から毎週水曜日の23:58 - 翌0:53(JST)でレギュラー放送を開始。基本として毎日放送本社(大阪市北区茶屋町)内のスタジオで収録された内容を放送するが、スポーツ関連のロケや生放送を実施することもある。2018年9月27日未明(26日深夜)に放送の『生放送スペシャル』(詳細後述)で、制作局におけるレギュラー化以降の通算放送回数が100回に到達した。なお、特別番組時代からレギュラー化後の2017年1月11日までは、基本として関西ローカルで放送。2017年1月18日からは、制作局と同じTBS系列局の長崎放送(NBC)でも同時ネットでレギュラー放送を開始。これ以降一部TBS系列局でも、同時ネットや時差ネットによるレギュラー放送を相次いで開始している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月17日(水) 23:56~ 0:53
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:56~

オープニング映像。

水の妖精SP (バラエティ/情報)
23:56~

アーティステックスイミング日本代表について特集する。

ナジャ・グランディーバが、ウォーターボーイズの出演者らについて語った。アーティスティックスイミング大臣として、青木愛と奥野史子と三井梨紗子を紹介。

篠原信一がアースティックスイミングに挑戦し、青木愛が指導した。最初に青木愛が、お手本を見せた。篠原が、基本の立ち泳ぎを教わった。篠原が、水中での倒立から前周り、片足を上げて後回り、ボディブースを行った。

ブラックマヨネーズ小杉が、アーティスティックスイミングに挑戦するかと聞かれ、断った。

スタジオゲストの元アーティスティックスイミング選手らの、オリンピックでの成績を紹介。奥野史子はバルセロナ五輪で、ソロとデュエットで銅メダルを獲得した。青木愛は北京五輪に出場し、5位となった。三井梨紗子はリオ五輪で、チームとデュエットで銅メダルを獲得した。

三井梨紗子が、リオ五輪で銅メダルを獲得した秘策について、曲によって数え方をチェンジしていたと語った。

三井梨紗子が、マーメイドジャパンの今を語る。世界水泳2017でマーメイドジャパンは、チームでのメダルを逃し、ロシアが金メダルを獲得した。マーメイドジャパンは、東京五輪を見据えて選手の大型化を決断した。

日本選手権水泳競技大会で、マーメイドジャパンは「江戸時代の火消し」をイメージした新プログラムを披露した。新プログラムのテーマは祭で、ねぶた祭や天神祭など、日本中の祭の要素が入る構成。井村ヘッドコーチの解説を紹介。

世界水泳2017のチーム・フリーで、マーメイドジャパンはウクライナに負けて4位となった。

国立スポーツ科学センターで、マーメイドジャパンの公開練習が行われた。井村ヘッドコーチは、ロサンゼルス五輪から9大会連続でメダルを獲得している。

キーワード
井村ヘッドコーチ
瑛太
山田孝之
森山未來
ウォーターボーイズ
北京五輪
高山亜樹
乾友紀子
井村コーチ
バルセロナ五輪
ロンドン五輪
東京五輪
リオ五輪
NASA
世界水泳2017
マーメイドジャパン
日本選手権水泳競技大会
ねぶた祭
天神祭
ロサンゼルス五輪

水の妖精SP (バラエティ/情報)
00:29~

日本代表・井村ヘッドコーチの熱血指導について、スタジオトーク。井村ヘッドコーチは選手たちに、競泳をやらせたあとで練習をした。青木愛が、井村ヘッドコーチはマンツーマンの時は優しかったと語った。井村ヘッドコーチは、世代交代を理由にアテネ五輪後に退任し、復帰するまでの10年間、日本は低迷期となった。井村ヘッドコーチの退任について青木愛が、捨てられた感覚だったと語った。

日本代表・井村ヘッドコーチの熱血指導について、スタジオトーク。井村ヘッドコーチは選手たちに、競泳をやらせたあとで練習をした。青木愛が、井村ヘッドコーチはマンツーマンの時は優しかったと語った。

令和のスター候補現る。

キーワード
井村ヘッドコーチ
アテネ五輪

キラリート (バラエティ/情報)
00:37~

飛び込み・玉井陸斗選手は、日本室内選手権を史上最年少で優勝し、初出場した国際大会で4位入賞した。玉井選手が、宙返りの速さが武器だと語った。玉井選手について馬淵コーチが、次元が違う才能を持っているとコメントした。玉井選手は年齢制限で、東京五輪の選考大会を1回しか出場できない。玉井選手が、東京五輪でメダルをとりたいと語った。

本当に人魚?信じられない真実が。

キーワード
日本室内選手権
飛込グランプリ2019 スペイン大会
東京五輪

水の妖精SP (バラエティ/情報)
00:45~

ナジャ・グランディーバが、アーティスティックスイミング選手たちが鼻につけるクリップは必要なのかと質問した。ヴィルジニー・デデュー選手は、クリップなしで競技をしている。

芸人とアスリートがプライドをかけて真剣勝負。

キーワード
ヴィルジニー・デデュー
ノーズクリップ
ナタリア・イシェンコ
スベトラーナ・ロマーシナ

エンディング (その他)
00:50~

戦え!スポーツ内閣の番組宣伝。

エンディング映像。

吉本陸上競技会の番組宣伝。

番組宣伝 (その他)
00:52~

メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?の番組宣伝。

関西発!才能発掘TV マンモスター+の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 7月17日 放送
  3. 次回の放送