戦え!スポーツ内閣 【新井貴浩SP▼誰からも愛された男を徹底解剖!】

『戦え!スポーツ内閣』(たたかえ スポーツないかく)は、毎日放送(MBS)が制作するスポーツバラエティ番組である。2015年から単発の特別番組として3回放送された後に、2016年10月5日から毎週水曜日の23:58 - 翌0:53(JST)でレギュラー放送を開始。基本として毎日放送本社(大阪市北区茶屋町)内のスタジオで収録された内容を放送するが、スポーツ関連のロケや生放送を実施することもある。2018年9月27日未明(26日深夜)に放送の『生放送スペシャル』(詳細後述)で、制作局におけるレギュラー化以降の通算放送回数が100回に到達した。なお、特別番組時代からレギュラー化後の2017年1月11日までは、基本として関西ローカルで放送。2017年1月18日からは、制作局と同じTBS系列局の長崎放送(NBC)でも同時ネットでレギュラー放送を開始。これ以降一部TBS系列局でも、同時ネットや時差ネットによるレギュラー放送を相次いで開始している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月17日(水) 23:56~ 0:53
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:56~

オープニング映像。

戦え!スポーツ内閣 (バラエティ/情報)
23:56~

ゲストは去年現役を引退した新井貴浩がスポーツ内閣に初登場。プロ野球はセ・リーグ3連覇中の広島は絶不調に。主軸の丸佳浩がいなくなったからではなく、ムードメーカーの新井貴浩がいなくなったことが原因。誰からも愛された新井貴浩のルーツを探る。

新井貴浩は現役時代の習慣について開幕はワクワクするようになったと答えた。さらに練習が好きなタイプではなく、解放感でいっぱいと答えた。さらにテーマ曲がスキマスイッチの全力少年だったが新井貴浩は歌詞が好きと答えた。狩野恵輔は今の新井貴浩に今日はよそ行きと答えた。村瀬哲史は以前神戸で新井貴浩と写真を撮影したと答え、たまたま神社に新井貴浩らしい人がいて妻が綺麗で高級車が停まっていて新井貴浩と確信。声をかけられずにいたら新井貴浩から率先して写真撮影してくれたという。

新井貴浩は1998年に広島に入団。2008年に阪神に移籍。そして2015年に広島で活躍した。阪神と広島のファンに新井貴浩の好きなところを聞くと野球に対する姿勢やひたむきな努力などと答えた。新井貴浩の野球に対する真摯な姿勢は過酷なトレーニングや護摩行も野球のために行った。さらに豪快なバット投げでも有名で、完璧なホームラインなほど調子もあがっていた。そしてゲッツーでアウトになった時の全力疾走も愛され、金本知憲とのやり取りも愛された。さらに新井貴浩が1000本安打を達成し金本知憲は2000本安打を同じ日に達成した。2007年に阪神に移籍会見。ファンから賛否両論あったものの阪神ではクリーンナップで活躍した。その復帰戦ではファンが暖かく迎えた。そして広島がセ・リーグ3連覇。2018年に引退。ファンからはあたたかいメッセージ寄せられた。新井貴浩はそのVTRに感動したと答えた。

新井貴浩は金本知憲との師弟関係に自分のほうが兄という感じと答えた。常にちょっかいを出しあい、夜中にホテルでピンポンダッシュをくらったこともあったという。引退した今では金本知憲は優しくなったと答えた。

狩野恵輔は新井貴浩の伝説のタッチアップについて語り、同点サヨナラの場面で外野フライで新井貴浩がセカンドランナーだったが何もしなくてよかったのにタッチアップしてしまったと答え、アウトだったら大チョンボだったと答えた。その時の映像が紹介された。新井貴浩はその時に魔が差したと答えた。

新井貴浩が現役時代の豪快なバット投げの原理を披露した。

チームメイトからも愛されていた新井貴浩。宮前徳弘は新井貴浩が引退した直後の中国新聞を紹介。かつての盟友黒田博樹が自費で新井貴浩に広告を出していた。新井貴浩は事前には知らされておらず、神戸に住んでいて新聞も読めなかったので携帯を見てみるといろんな所から連絡が来て知ったという。

2005年に初の本塁打王になった新井貴浩。2015年には広島に復帰後初のホームラン。去年には現役シーズン最終打席にでは全てピッチャーが同じ。その人物は能見篤史。能見篤史は新井貴浩についてまんべんなく打たれられているイメージと答えた。2人の通算成績を見るに能見篤史は新井貴浩にとって得意なピッチャー。2005年にホームラン王を目指していた新井はホームラン王の金本知憲と熾烈な争いをしていた。そしてシーズン終盤能見篤史と対戦した新井貴浩はホームラン王を確実なものにした。2015年には広島に復帰し初ホームランを打った新井貴浩。去年には現役シーズン最終打席ではセカンドゴロで能見篤史が勝利。能見篤史は新井貴浩に対し自分が投げていて、新井貴浩がサードの時に真面目に大丈夫と言うが大丈夫じゃないからピンチなのでそういう事は言わなくていいと答えた。さらにサウナの時間が長く新井兄弟がロッカーの温度を18度まで下げるため寒いと答えた。プライベートでは年賀状のやり取りをしていると答えた。

広島に復帰し、能見篤史との対戦の場面で初ホームランを放った新井貴浩。その裏について新井貴浩は打った瞬間に腱の周りの筋肉が切れ脱臼したと答えた。しかしその時は気づかず戻ってきた時にハイタッチし、ベンチに戻り手袋を外そうとしたが痛くてたまらず、腫れていたと答え病院に向かったという。

新井貴浩は阪神にFA移籍したがその時に思っていたのが金本知憲ともう一度やりたいだった。好きなら出ていくなとファンは思うが、広島への愛が振りきれず阪神に移籍し退路を断ったと言う。その時すごいブーイングをくらったが次の試合でデッドボールをくらい球場が盛り上がったと答えた。広島への復帰ではファンの心情を考えると帰ってはいけないと考えていたが決断の理由は黒田博樹投手。相談したらいいから帰ってこいと言われたという。そして復帰初の試合ではライトフライだったが思いれ深いものだった。新井貴浩はその時に罵声やブーイングがあってもしょうがないと答えていたが代打が発表された瞬間のファンの反応に嬉しかったと答えた。さらに阪神時代では広島との年俸はあまりかわらなかったという。

大阪福島区のお多福には新井貴浩の後輩がいた。

キーワード
広島
丸佳浩
能見篤史
阪神タイガース
全力少年
スキマスイッチ
駒沢大学
阪神
金本
広島市民球場
城島健司
黒田博樹投手
広島東洋
中国新聞
新井良太
メッセンジャー
黒田
福島区(大阪)

戦え!スポーツ内閣 (バラエティ/情報)
00:33~

大阪福島区のお多福には新井貴浩の後輩がいた。片岡寛典さんは大学が同じ後輩で優しい先輩だったがキャッチボールは下手くそだと答えた。さらに新井貴浩をよく知る梶本明志さんはお好み焼きの店で店長を務める。その店内は広島カープ一色。赤ヘル焼きというお好み焼きが名物でカーブが勝つと半額に。梶本さんは学生時代にサッカー部で野球部の新井貴浩の隣でコートを走っていた。人柄は変わらないがやんちゃだったという。恋愛では梶本さんは一途に同じ人と付き合っていたと答えた。2年前の同窓会で新井貴浩は引退する年にしんどいと漏らしていたと答える。

キーワード
広島東洋
福島区(大阪)
ちんちくりん
千代田区(東京)
赤ヘル焼き
赤ヘルハイ

戦え!スポーツ内閣 (バラエティ/情報)
00:41~

新井貴浩の生い立ちが紹介された絵本があると村瀬哲史は答え、新井貴浩物語 がむしゃらに前へを紹介。この本は小学生の頃の担任がつくったもので、その頃の努力を褒め称えていた。

キーワード
広島
新井貴浩物語 がむしゃらに前へ

戦え!スポーツ内閣 (バラエティ/情報)
00:46~

新井貴浩が大阪と広島のお好み焼きどっちが好き?と問われどっちも好きと答えた。しかし最後には広島のお好み焼きを食べたいと答えた。

あの名コンビが復活!!

エンディング (その他)
00:50~

阪神vs巨人の番組宣伝。

狩野恵輔は阪神浮上のキーマンに近本光司と答えた。相手バッテリーに脅威を与える存在になってほしいと答えた。

戦え!スポーツ内閣の次回予告テロップ。

エンディング映像。

キーワード
近本光司
阪神

番組宣伝 (その他)
00:52~

メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?の番組宣伝。

関西発!才能発掘TV マンモスター+の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 4月17日 放送
  3. 次回の放送