戦え!スポーツ内閣 生放送!平昌五輪SP★メダルの瞬間を超解説

『戦え!スポーツ内閣』(たたかえ スポーツないかく)は、毎日放送(MBS)が制作するスポーツバラエティ番組である。2015年から単発の特別番組として3回放送された後に、2016年10月5日から毎週水曜日の23:58 - 翌0:53(JST)でレギュラー放送を開始。基本として毎日放送本社(大阪市北区茶屋町)内のスタジオで収録された内容を放送するが、スポーツ関連のロケや生放送を実施することもある。2018年9月27日未明(26日深夜)に放送の『生放送スペシャル』(詳細後述)で、制作局におけるレギュラー化以降の通算放送回数が100回に到達した。なお、特別番組時代からレギュラー化後の2017年1月11日までは、基本として関西ローカルで放送。2017年1月18日からは、制作局と同じTBS系列局の長崎放送(NBC)でも同時ネットでレギュラー放送を開始。これ以降一部TBS系列局でも、同時ネットや時差ネットによるレギュラー放送を相次いで開始している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年2月28日(水) 23:58~ 0:53
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:58~

オープニング映像。きょうは緊急生放送!熱戦のピョンチャン振り返りSP。

キーワード
ピョンチャン

オープニング (その他)
00:01~

オープニング映像。

ピョンチャンの熱戦振り返りSP (バラエティ/情報)
00:01~

きょうは緊急生放送!熱戦のピョンチャン振り返りSPをお送りする。出演者とゲストの紹介。元スピードスケート選手の大菅小百合は小平奈緒選手と共に練習をしていたという。フィギュアファン芸人の石井てる美は、ピョンチャンまで観に行ってきたという。そして、今回のピョンチャンオリンピックではツイッターでの解説も話題になった安藤美姫と大阪・東京間で中継を繋いだ。視聴者へ『#スポーツ内閣』で意見や感想などを呼びかけた。

オープニング映像。

”アスリートが自ら解説 この際ちゃんと知っとこヒーハー!”と題し、最初に安藤美姫が羽生結弦選手の『総合力』を生解説した。まずピョンチャン五輪での羽生結弦選手と宇野昌磨選手の演技をダイジェストで振り返った。安藤美姫は、羽生結弦選手のフリープログラムの曲の出だしで自らが息を吸う音が入っていて、そういう部分までのこだわりが凄いと解説。冒頭の4回転ジャンプは質の高さ、後半のコンビネーションについて、この質の高さで後半に飛べるのが素晴らしいなどと解説した。続いて宇野昌磨選手について、彼が居たから同じ国でオリンピックの表彰台に2人乗れたとし、宇野選手はオリンピックは特別な大会じゃないとし、他の大会も同じように大切にしていて、オリンピックに重きを置く羽生選手とは対象的で、そういった対象的な気持ちを持った選手がトップ2で居る事が奇跡、どちらも正しいなどとコメントした。

続いて安藤美姫が生解説するのは、女子フィギュアスケートのザギトワ選手の演技。まずは、宮原知子選手、坂本花織選手、ザギトワ選手、メドベージェワ選手の演技をダイジェストで振り返った。ザギトワ選手の演技について、安藤美姫は得点アップに繋がる様にジャンプ全てを後半に持ってきたことについて、まだジュニア上がりで表現やテクニックの面では得点が低いのを自覚していて、その上でどう戦っていくかを考えた演技構成だったとし、総合力のメドベージェワ選手とジャンプで勝負するザギトワ選手の違いだったなどと解説した。

大菅小百合が小平奈緒選手の演技を生解説する。

キーワード
平昌オリンピック
小平奈緒
羽生選手
ツイッター
羽生結弦選手
SEIMEI
4回転サルコウ
4回転トウループ
宇野昌磨
トゥーランドット
4回転ループ
田中刑事さん
アリーナ・ザギトワ
宮原知子
蝶々夫人
アメリ
坂本花織
ドン・キホーテ
エフゲニア・メドベージェワ

ピョンチャンの熱戦振り返りSP (バラエティ/情報)
00:29~

大菅小百合が小平奈緒選手のスピードスケート500mの演技を生解説。小平選手と銀メダルとなったライバルのイ・サンファ選手のレースを2画面で一緒に再生し解説をした。まず、小平選手がスタート時にピクッと動いたがスターターにフライングを取らせなかったと解説。最初の100mはイ・サンファ選手の方が速かったものの、加速してコーナー地点で少し遠心力でラインから膨らんでしまった、そこが勝敗を分けたとし小平選手はミスのない完璧なレースだったなどと解説した。

平昌オリンピック女子スノーボード代表の竹内智香選手。日本人女子とsいては最多タイとなる5度目のオリンピック出場となった。去年の9月に番組に出演した際には流暢なドイツ語を披露した。高校3年生で2002年のソルトレークシティ五輪に初出場を果たし結果は22位。トリノ五輪では9位、バンクーバー五輪では13位となり、前回のソチ五輪ではスノーボード競技日本女子初の銀メダルを獲得した。ソチ五輪から2年後のワールドカップで着地に失敗し転倒。左膝前十字靭帯断裂の怪我を負った。手術を終えリハビリの日々、この怪我を期に徹底的に上半身と体幹を鍛えた。去年12月から始まった今シーズンで全く結果が出ない状態で迎えた平昌オリンピック本番。ベスト8進出を決め、準々決勝がスタートした。

キーワード
平昌オリンピック
小平奈緒
イサンファ
郷亜里砂
ソルトレークシティ五輪
トリノ五輪
バンクーバー五輪
ソチ五輪
左膝前十字靭帯断裂

ピョンチャンの熱戦振り返りSP (バラエティ/情報)
00:44~

5度目の五輪出場となった平昌オリンピック、女子スノーボードの竹内智香選手は5位となった。5度目のオリンピックが終わった瞬間、竹内選手は「自分にとって最後の五輪終わったなって思ったものの、ちょっと時間が経って勝ち上がって表彰台に立つ選手を見ると、やっぱり五輪に戻ってきたいなと思いました」と話した。スタッフが北京五輪を目指すかと聞くと「わかんないですね」と答えた。武井壮は、メダルだけじゃない選手の数だけドラマがあってそれが輝いてるなどとコメントした。

視聴者からの安藤美姫への質問を紹介。

キーワード
平昌オリンピック
北京五輪

エンディング (その他)
00:50~

安藤美姫へ視聴者から『日本女子がロシアに追いつき追い越すためにはどうしたらいいと思いますか?』という質問。安藤美姫はソチオリンピックによってロシア選手のレベルがアップしたとし、日本の宮原知子選手の表現力や坂本花織選手のジャンプが居ることは素晴らしい事なのでお互いに切磋琢磨して、新しい選手や他にも選手がいて、勝つ可能性はありますなどと解説した。

『THE LEGENDS ~メダルウィナーズ・ガラ』の告知。

キーワード
平昌オリンピック
ソチオリンピック
赤いサイロ
坂本花織選手
宮原知子選手
THE LEGENDS ~メダルウィナーズ・ガラ
東和薬品RACTABドーム

エンディング (その他)
00:51~

「戦え!スポーツ内閣」の次回予告。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 2月28日 放送
  3. 次回の放送