林先生が驚く初耳学! 2015年6月7日放送回

『林先生の初耳学』(はやしせんせいのはつみみがく)は2015年4月12日より、毎日放送(MBSテレビ)の制作・TBS系列で毎週日曜日に放送されている教養バラエティ番組。2019年4月14日から今の番組名となる。番組タイトルの「林先生」がメイン出演者の林修(東進ハイスクール講師)を指すことから、林の冠番組にも当たる。レギュラー版では基本として、放送枠を22:00 - 22:54(JST)に設定。4月・10月の番組改編期や年末年始などの期間には、レギュラー版の前枠に当たる「日曜劇場」(TBS制作の連続テレビドラマ枠)を組み込んだうえで、21:00(または20:57)スタートの2時間スペシャル版として放送することがある。なお、2015年4月12日から2019年3月17日までは、『林先生が驚く初耳学!』(はやしせんせいがおどろくはつみみがく!)というタイトルで放送されていた。2019年4月14日放送の2時間スペシャルから、『林先生の初耳学』に改称している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年6月7日(日) 22:00~22:54
放送局 毎日放送

番組概要

林先生が驚く初耳学! (バラエティ/情報)
22:00~

足立梨花から美に関する問題。現代女性は平均で34分お風呂に入る。女性には半身浴が人気だが半身浴は意味が無いとことが研究で証明されている。林先生は理由がわからなくて初耳学に認定された。半身浴ではダイエット、デトックス、リラックスが期待されている。ダイエットに関してはカロリーを消費しないのであまり意味がない。100分間でキャラメル一個分のカロリーしか消費できない。また、デトックス効果も期待できない。老廃物はほとんど尿などから排出される。リラックスについては全身浴の方が期待できる。浮力を感じることで脳にα波が出る。しかし心臓や肺の弱い人には水圧のかからない半身浴は有効的とのこと。

今夜も林先生が知らない初耳学が続々誕生。また松本幸四郎が出題する。

1992年を境に100%ジュースは格段に値段が下がった。濃縮還元で100%ジュースは格段に安くなった。キリントロピカーナの増本洋希さんは4割くらい安くなったと話す。林修先生は知っていた。濃縮還元は果汁の水分を飛ばして現役だけを圧縮する。その分いっぺんにたくさん運ぶことができる。輸送料の低下にともなって価格も下がった。今は冷凍濃縮などがある。後に水で元の濃度まで戻す。濃度されたオレンジジュースは甘みも酸味も強くない。

料理研究家の土井善晴さんから出題。現在林先生に三連勝している。和包丁には200種類以上ある。日本の豊かな素材があるからだとい。古くから食材に対して感謝や敬愛を抱いてきた。食材を際立たせる。様々な用途の包丁がある。「どうして日本の包丁がよく切れるか」と出題された。林先生は知っているとした。

キーワード
デトックス
半身浴
α波
東京都市大学
松本幸四郎
林修
濃縮還元
キリントロピカーナ
土井勝

林先生が驚く初耳学! (バラエティ/情報)
22:15~

林先生は包丁のことをよく勉強していて、「日本刀をつくる技術が転用されて非常に薄くて強度のある包丁が作れる。顕微鏡でみると細かいギザギザがあってそれで切れていく」と回答した。

林修は日本の包丁は片刃、海外は両刃のため日本の包丁の切れ味は世界一であることについて初耳と回答。プロの料理人が2つの包丁を大根のかつらむきで比較したところ、片刃は一定の厚さで剥けていた。だが両刃だと食材の圧力が両側からかかり、刃が入りづらい。片刃で切られた断面は繊維や細胞の損傷が少なく、味や口当たりにまで違いがでるがその分取り扱いは難しい。

文部科学省と慶応大学の研究員が共同開発した味覚センサー「レオ」で、エビの天ぷらは天つゆ、塩のどちらと好相性なのか科学的に検証する。街の声では天つゆ派が70%だったが、95.4点。一方で塩とエビの天ぷらの相性度は99点とかなりのハイスコア。鈴木隆一先生は塩と天ぷらの旨味がお互いの味を引き立てたと語った。

続いて味覚センサーレオで関東だし、関西だしのどちらがうどんと好相性なのか検証。関東だしとうどんの相性度は95.7点だったが、関西だしとうどんの相性度は98.3点。後者はだしの旨味と塩味が上手く調和している一方、前者は少し塩味が若干効きすぎだという。

おにぎりの具として定番な梅、おかか、鮭の中でどれが最もおにぎりと好相性なのか検証。街の声では梅が46%と最も高かった。まず、おにぎりと鮭の相性度は97点、おにぎりとおかかの相性度は94.6点。そしておにぎりと梅の相性度は91.5点で、鮭に軍配が上がった。鈴木隆一先生は鮭は甘み・塩味・旨味のバランスが良いとコメント。梅は酸味が強すぎるという。

歌舞伎俳優の松本幸四郎はラ・マンチャの男の舞台であるスペインに関して、スペインには真っ青な村があると出題し、林修は初耳と回答。その村はスペイン南部のアンダルシア地方にあり、日本語に堪能なガイドは4年前に青くなったとコメント。その村の名はフスカルで、元々は白い村だった。取材班が現地を訪れたところ、村にある家々の壁は勿論、学校も病院もレモネードすらも青だった。フェルナンデス村長によると事の発端は4年前に公開されたアニメーション映画「スマーフ」で、PRの場として白羽の矢が立ったのがフスカル。純白な建物の壁は青に彩られ、人口200人の村に多くの観光客が訪れたことから観光地として生まれ変わった。白に戻すか否かの住民投票の結果、賛成多数で青い村として歩むことが決定。

中島健人はドラえもんに登場するのび太の先生の名前は先生英一郎と語った。初耳だった林修は大阪大学でドラえもんの存在意義について論じた哲学的文章が入試に出たと発表。その文章の内容を簡単に説明した。

とんかつ あげづきは行列ができるお店で、超低温でじっくりと揚げることで独特な食感を生み出していることが人気たる所以。そんなとんかつの発祥は1899年で、明治生まれのとんかつにキャベツが添えられるようになったのは日露戦争がきっかけで、林修は戦争でコックが徴兵されたことで手早く出せるものとしてキャベツを出そうということになったと説明。キャベジンという胃腸に優しい栄養素も含まれていて、相性も抜群。林修の説明は見事正解で、次のグルメ本の構想について明かした。

ショコラティエの猿舘英明さんはチョコレートづくりの様子を披露。まずは熱で溶かしたチョコレートを台上に流し、テンパリングという作業を行った。光沢が美しく、なめらかな口当たりのチョコレートを作る上で欠かすことのできないプロセス。そして26度まで冷ましたチョコレートを32.5度まで温めた。その温度のチョコレートは1番ツヤがあり、綺麗に固まるという。

チョコレートは発酵食品であるという出題について、林修は初耳と回答。

キーワード
すし、うなぎ、てんぷら
レオ
慶応大学
エビの天ぷら
天つゆ
うどん
おかか
おにぎり
ラ・マンチャの男
ヴェネチア(イタリア)
フスカル(スペイン)
スマーフ
ドラえもん
とんかつ
日露戦争
キャベジン
キャベツ
ガストロノミック ディジョン
チョコレート
テンパリング
放射温度計

林先生が驚く初耳学! (バラエティ/情報)
22:44~

チョコレートは発酵食品であるという出題について、林修は初耳と回答。納豆やぬか漬けなどカビや酵母といった微生物を繁殖させて元々の食材成分を変化させた食品は発酵食品と言われていて、Dari Kの吉野慶一さんはカカオからチョコレートになる工程に秘密があると説明。カカオの種を取り出すとすぐ発酵させていて、それを怠ると香りが低減し味も単調となる。林修はカカオの豆はかつては効果で、お金の代わりにも使われていたとコメント。

キーワード
チョコレート
発酵食品
カカオ

林先生が驚く初耳学! (バラエティ/情報)
22:48~

林修はカカオ豆はかつては大変高価で、通過の代わりだったと説明。貴族や王様といった上流階級のみが手に入れることができた歴史があるといった話をチョコを食べながら女性にすると、林は黙ってと言われるとコメント。

このあと、初耳に歓喜!

キーワード
カカオ豆

エンディング (その他)
22:51~

金曜ドラマ「アルジャーノンに花束を」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 6月7日 放送
  3. 次回の放送