ワールドゴルフマガジン S.ホームズとのアプローチレッスン

放送日 2016年9月29日(木) 2:25~ 2:55
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
02:27~

オープニング映像。

今回はライダーカップでヨーロッパチームのキャプテンを4回経験したトニー・ジャクリンにお話を伺う。また、サイモン・ホームズとのレッスンではショートゲームの秘訣を伝授してもらう。まずはツアーの最新情報からお伝えする。

キーワード
トニー・ジャクリン
ライダーカップ
サイモン・ホームズ

ツアー情報 (バラエティ/情報)
02:27~

BMW選手権ではダスティン・ジョンソンが優勝。今期3勝目を手にした。最終日のスコアは67。この優勝でフェデックスランキングでは1位になった。2位のポール・ケーシーはフェデックスランキングでは5位、一千万ドルの賞金を手にするチャンスはまだ残っている。

ヨーロピアンツアー・KLMオープンではユースト・ラウテンが優勝。最終日のスコアを63とし、後続のベルント・ウィスウェルガーに3打差をつけて優勝とした。

ヨーロピアン女子ツアーのISPSハンダ・レディス・ヨーロピアン・マスターズでは、韓国キム・インキョン選手が優勝を果たす。

ライダーカップに向けてアメリカチームのキャプテン・デービス・ラブ3世がキャプテン推薦の3選手を発表し、アメリカチームは11選手が決定し後日残り1枠の発表予定。今後試合に向け戦略を練り、残り1枠については直近の大会のスコアを参考にするのではなくチームに必要な選手を発表したいと述べた。9月30日からライダーカップは開催予定。

キーワード
BMW選手権
ダスティン・ジョンソン
フェデックスランキング
ポール・ケーシー
KLMオープン
ユースト・ラウテン
ベルント・ウィスウェルガー
ISPSハンダ・レディス・ヨーロピアン・マスターズ
キム・インキョン選手
ライダーカップ
デービス・ラブ3世
リッキー・ファウラー
マット・クーチャー
J.B.ホームズ

エースクラブ (バラエティ/情報)
02:29~

ユースト・ラウテンは完璧に近いコントロールを披露した。1番気に入ってるクラブはドライバーで、パターとどちらにしようか迷ったがドライバーにしたと話す。自信を持ってショット打っているとコメント。現在使用のドライバーはスピンを抑えることができて、調子よく飛ばすことができると満足げに語る。重心を変える事でスピンやドローを調整できると説明。自身のクラブは標準サイズで普通のクラブであると述べた。リズムが大切で思い切り打とうとせず、クラブの中心にボールを当てることに集中してほしいとアマチュアの人にアドバイス。

キーワード
テーラーメイド

ライダーカップ (バラエティ/情報)
02:32~

今回ライダーカップ史上最も活躍したキャプテンのトニー・ジャクリンにインタビュー。選手として出場したライダーカップで6敗、1980年代にはキャプテンとしてヨーロッパチームを2勝1引き分けに導いた。80年代キャプテンを4度務めていた当時の思い出について「現在と様子がだいぶ異なり、アメリカチームは圧倒的強さをみせつけていた。しかし1983年チームは大きな変貌を遂げた。自身がキャプテンを務めた時期であり、プロの自覚を芽生えさせたが、その年の大会優勝はできなかった」とトニー・ジャクリンは話す。83年の改革はその後のライダーカップに大きな影響を与えた。コンコルドで移動・上質なゴルフ用具を揃えたり、宿泊先にこだわるものだった。セベをチーム参加させた事も大きな変化だったと話す。「当時のセベは敵なし…実力選手であり、彼の存在は大きかった。他の選手の肩揉みしながら素晴らしいスウィングというだけで、チーム全体に自信が湧き上がった」などとトニー・ジャクリンは語る。80年代選抜チームは勝ち始めたチームになるが素晴らしい選手の集まりで、チームで戦うことにより実力を発揮したと述べた。80年代半ばは、ヨーロッパのゴルフ会にとって黄金時代だった。アメリカで開催された大会でヨーロッパチームが初めて勝利したのが、87年大会。今年も勝利できれば…と言われると、それ以外の試合でシカゴなどもある。デービス・ラブがキャプテンを務めるのは今回初ではない。キャプテンの大きな仕事は12選手をよく理解することから始まるので、現段階では出遅れることになりそうだとコメント。ダレンがウエストウッド、カイマー、ピータースを選出したことについて「本当に難しい決断であり、ウエストウッドとカイマーの選出は妥当である。フィッツパトリックやサリバンを選出しても興味深い展開だったはず」などと述べた。アメリカチームの意気込みは強いと思うが、アメリカチームの勝利を期待する人々に対して「勝利する方が良いが、今年もヨーロッパチームに勝利してもらいたい。今年もしアメリカチームが敗退したら、経験豊富な選手が揃ってるので驚く。勝負は前半戦の戦い方次第」とトニー・ジャクリン。

キーワード
ライダーカップ
コンコルド
セベ
デービス・ラブ
ダレン
ウエストウッド
カイマー
ピータース
フィッツパトリック
サリバン

ゴルフレッスン (バラエティ/情報)
02:39~

アナ・ホワイトリーがサイモン・ホームズから、アプローチショットの打ち方のレッスンを受けた。前回練習した内容についてアドバイスを伺う。ピッチングショットでのアプローチをイメージしてると思うが、30ヤードからだとより正確な位置にボールを持っていきたいので、無理にボールを乗せる方法は行わないとサイモン・ホームズが述べた。はじめに56度のピンで打ち、スタンスを少し狭くとった状態で軸を固定し体を回転するイメージとアドバイスしながら、サイモン・ホームズが実践してみた。グリーン手前のピッチショットは困難だが動かすのは一箇所のみ。そして様々な打ち方など練習し実践するようアドバイス。打つポイントは「安定した動き」だという。

ライダーカップ (バラエティ/情報)
02:45~

2012年、ゴルフ界で最も記憶に残る熱い戦いがシカゴで繰り広げられた。ライダーカップ開催コース、メダイアカントリークラブでは、アメリカチームの優勝カップ奪還の瞬間を見ようと大勢のファンが詰めかけ、興奮と熱狂の渦に飲み込まれた。最初にリードを奪ったのはアメリカチーム。初日、2日目とリードを続ける。アメリカチームはさらにリードを広げ最終日を迎えた。10対6という大差で迎えた最終日だったがヨーロッパチームが粘りに粘り逆転で優勝を手にする。ライダーカップ史に残る大逆転劇だった。では、熱狂的な盛り上がりを見せたライダーカップの閉会後、開催コースの様子はどのようになっているのか。実は人気のゴルフコースとして多くのゴルファーが訪れている。ライダーカップの選手たちが実際にプレイしたコースで、ゴルフを楽しんでいる。ライダーカップのような国際試合を開催するにあたり、重要ポイントは4つ。まず世界中の人間が満足するようなロケーションとアクセス。またライダーカップを開催するにはメダイナと同等規模のインフラ整備が必要。もちろんチャンピオンシップコースであること。素晴らしいコースと、メダイナで開催されたような、大規模な大会の開催を後押ししてくれる、多くの協力的なゴルフボール会員が必要。メダイナは以前からメジャー大会の開催コースとしてタイガー・ウッズやヘイル・アーウィンらから高く評価されていた。そんな名門コースだったにも関わらず、2012年大会に向けて、大規模な回収が行れた。もともとこの地にあった地形や作りにあったコースに戻そうという試みからだった。もとの地形にできるだけ戻すことで、自然と一体になったゴルフコースにした。2009年にリース・ジョーンズ氏によるグリーン大改造が行われている。また15番ホールを大改造し、ティーの数も増やした。その後、ライダーカップに向けてベストコンディションを維持することに努めた。最も大規模な仕事はインフラの整備だった。ライダーカップは9月の最終週に行われる。6月の頭から17ヘクタールある土地を整理しなければなからなかった。トーナメントに向けてのゴルフコースのメンテナンスと運営も必要だった。撮影担当や他の色々な担当のスタッフ含め、講演会など多くの人々の協力を経て行われてきた。ライダーカップ開催を実現するために、壮大な規模の準備が施されてきた。コストも膨大なものだった。4年という時間をかけた大事業だが、何よりの利益はメダイナというこーすに世界中からの注目が集まること。世界に名門コースとして知られること。毎日のように世界中からゴルフコースの問い合わせがあり、瞬く間に世界で認知されるようになった。熱い戦いが3日間メダイナで繰り広げられた。ヨーロッパチームの大逆転劇が注目される中、熱狂的なファンの多くや応援の様子も見逃せなかった。ギャラリーの数は1日およそ5万5千人にも上った。そのほとんどが一度に3番ホールと4番ホールに訪れた。そこから試合の流れに沿ってクラブハウスまでをそのギャラリーが取り囲んだ。人の動きで身動きできないほど。17番ホールのグリーン脇で試合を見ることができた。何千人物人がグリーン周りに集まり、池を挟んで一段高い所にあるグリーンをみつめた。全員が空中のボールを見つめ、グリーンに落ちるのを確かめる。最終日にヨーロッパチームが追い上げる中、ジャスティン・ローズとフィル・ミケルソンの戦いで逆転の兆しが見えてきた。ジャスティン・ローズがパッドを決めた時、試合の流れが変わったのを全員が感じた。そして同時に、これはもしかしたらと思い始め、その後試合は予想通りに流れていった。あのタイミングで本当に素晴らしいパッドだった。少し丘に成っている所の手前がフラットになっていて、グリーン手前から池までが再び傾斜になっている。ボールは二通りに動く。これにグリーンが早く、ローズがパッドを決めた時、フィルはすぐ18番ホールへ向かっていた。ローズはこのシングルマッチで勝利する。4年建った今でもそのシーンは語り継がれている。 メダイナでプレイするなら秋の紅葉の時期がオススメ。紅葉が壮大で、紀行も穏やか。大会で選手たちは本来より少し後ろから打っている。希望があれば選手たちが打った同じTショットから打つことができる。ゴールドTがそれにあたる。設置したままにしているが、難易度の高いコースなのでほとんど使われていない。メダイナは世界的な名門コースだが、劇的な逆転劇の場としてこれからも語り継がれていく。

キーワード
メダイナカントリークラブ
タイガー・ウッズ
ヘール・アーウィン
リース・ジョーンズ
ジャスティン・ローズ
フィル・ミケルソン
シカゴ
シカゴ(アメリカ)

エンディング (その他)
02:52~

エンディング映像。

アナ・ホワイトリーは「今回はここまでです。次回は2014年のナイターカップで大活躍したジェイミー・ドナルドソンに話を聞きます」と話した。

キーワード
ジェイミー・ドナルドソン

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月29日 放送
  3. 次回の放送