クレイジージャーニー 【伝統と革新の融合目指す“盆栽師”が挑む巨大盆栽】

『クレイジージャーニー』(英: CRAZY JOURNEY)は、TBS系列で2015年4月17日(16日深夜)から水曜版『テッペン!』枠で放送されている紀行バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月26日(水) 1:14~ 2:14
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
01:14~

オープニング映像。

「そば派」or「うどん派」との質問。3人ともそば派だと話した。松本は番組でそばクレイジーを取り扱って欲しいと話した。

「伝統×革新」に挑む盆栽師 平尾成志 (バラエティ/情報)
01:15~

伝統と革新に挑む盆栽師、平尾成志は「盆栽はカッコ良い」と力説する。盆栽は元々、自然の風景を鉢の上で表現したもの。1300年前の中国には既に存在していたといわれ、日本では徳川家光や伊藤博文も愛好家だったとされている。平尾は大学4年の時に初めて見た盆栽に感動し、加藤三郎に弟子入りした。2013年には森山未來、武田双雲らと共に文化庁「文化交流使」に選出されたり、2016年にはブータン国王に盆栽指導を行ったこともある。盆栽は近年、「BONSAI」として世界の注目を集めており、世界盆栽大会が創設されるなど盛り上がりを見せている。平尾は盆栽の既存の概念を打ち壊す革新的な試みに挑んでいる。

平尾は激しい音楽と共に即興で盆栽を植え込んでいく型破りなライブパフォーマンスを行っている。批判や苦言も多いがその想いがブレる事はない。平尾は盆栽パフォーマンスを世界30か国以上で披露してきた。平尾は今回、誰も見たことない巨大な盆栽に挑戦するという。

平尾の創作活動の拠点はさいたま市、2016年に平尾がオープンした盆栽園「成勝園」。盆栽園とは職人が盆栽作りをする傍ら、作品の展示・販売をする場所で、作業場兼展示場のようなところ。成勝園には古民家を改装した施設もあり、カフェバーや子どもが遊べるスペースも設置されている。まずは盆栽の基本を教えて頂く。盆栽となる木には「松柏類」「雑木類」「花もの」「実もの」の4種類がある。平尾は盆栽の値段は公にせず、買う意志のある人にのみ伝えるという。盆栽の価値は樹齢・形・技術料で決められる。盆栽になる木には、自然の中でアクシデント的に小さく育ったものと、種の段階から鉢の中で育てたものの2種類がある。

盆栽作りには3つの作業がある。まずは「水やり」。盆栽の世界には「水やり3年」という言葉があり、最適な水やりができるまで3年はかかると言われている。樹のクセを見抜き個性を記憶しておくのも盆栽師として重要な仕事。水やりだけで毎日1時間以上かかるという。

続いて行うのは「植え替え」。盆栽を鉢から抜き取り、根の整理をして新たな土に植え直す作業。これにより通気性や排水性が高まり樹々の健康状態や発育が良好になる。木を鉢から取り出し、古い土を落とし、伸び過ぎた根を切って整える。新たな鉢に移し替えると樹が鉢からずれないように針金で固定する「根留め」を行う。すぐさま水やりを行い植え替え作業は終了となる。植え替えをすると水やりデータがリセットとなってしまう。

盆栽師に欠かせない作業が「針金かけ」。盆栽を美しく見せるために枝や幹に針金を巻いて矯正し、理想の形に整えていく。平尾は真柏を針金かけで整えた。平尾は不等辺三角形を形作るようにしていると話す。平尾は、人間のエゴで曲げると折れたり弱る事もあるので樹の言い分をわかってあげることが大事だと話した。

平尾は師匠・加藤三郎の忘れられない言葉があるという。それは「これからもっと世界に出なきゃいけない」というもの。80後半の方から「世界」って言う言葉が出る感覚が良いなと思ったと話した。盆栽は世界的なブームとなっており、スペインでは盆栽専門の博物館が存在したり、イタリアでは盆栽師を育てる専門学校がある。平尾は盆栽に興味の無い人たちにも魅力を知ってもらいたいという思いがあり、そうして生まれたのが激しい音楽と共に即興で盆栽を作り上げる盆栽パフォーマンスだ。平尾はこれまで世界30か国で盆栽を通じた文化交流をおこなってきた。他にも平尾は代官山で盆栽の出張体験教室を開いたり、講演会の依頼を受けたりとあらゆる活動に力を入れている。平尾は盆栽の良さを知ってもらうため片道6時間掛けて自らの運転で盆栽を運んでいる。

針金かけを始めて7時間が経過し、作業が終了した。平尾は、10年先まで考えていると話した。時間をかけて美しく作り上げていくことこそ盆栽の醍醐味だと平尾は語る。平尾は今、瀬戸内国際芸術祭に最も力を入れている。瀬戸内海の島々を舞台に開催される現代アートの祭典。これまで草間彌生やコシノジュンコなど超一流が参加している。今回平尾は、巨大な盆栽の集合体に挑戦したいという。

巨大な盆栽の集合体は平尾が持てる力のすべてを注ぐ一世一代の大作になるという。平尾は、盆栽が展示されることで園芸から芸術に行ける期待を込めて参加すると話した。瀬戸内国際芸術祭開幕10日前。今日は他の盆栽園に素材の仕入れに行くという。他の盆栽園から盆栽を買い取り自身で手を加えるのは一般的で、平尾が営む盆栽園もたまたまさいたま市にあるわけではなく、埼玉県が全国で有数の盆栽盛ん地域で盆栽取引に便利なためだ。やってきたのは埼玉県浦和の熊木園。平尾は樹齢100年の五葉松に目を留め、購入した。自身の盆栽園に戻った平尾は、「巨大な盆栽の集合体」のオブジェ作りにとりかかる。材料は3本の鉄の棒と人造鞍馬石。5人がかりで作業し、4時間かけてオブジェを完成させた。

瀬戸内国際芸術祭開幕9日前。昨日購入した盆栽に針金をかけて整枝を行う。まずはこの盆栽が最も美しく見える形を見立て、下の枝から針金をかけていく。輪郭を不等辺三角形に収めるため盆栽の頂点をカットし、天神にした。作業開始から12時間、針金かけが終了した。

キーワード
徳川家光
伊藤博文
加藤三郎
森山未來
武田双雲
文化交流使
世界盆栽大会
さいたま市(埼玉)
ケヤキ
カエデ
日暮し
千代の松
よくわかる盆栽 基礎から手入れまで
ナツメ社
真柏
朝日新聞
スペイン
イタリア
代官山(東京)
滋賀県
瀬戸内国際芸術祭
草間彌生
コシノジュンコ
浦和(埼玉)
熊木園
吉野家

「伝統×革新」に挑む盆栽師 平尾成志 (バラエティ/情報)
01:53~

瀬戸内国際芸術祭開幕8日前。平尾は車で現地入りするため荷物を積み込み、9時間の移動を開始した。今回、会場となるのは小豆島や直島を始め瀬戸内海の12の島々。平尾の会場があるのは女木島。

瀬戸内国際芸術祭開幕前日。平尾の盆栽展示スペースは神社の一角にある古民家とその庭。準備中の会場を案内してもらう。巨大盆栽はまだ盆栽が乗せられてない状態だった。「巨大な盆栽の集合体」の植え込みがスタートした。平尾は、不安定な所から攻めていくと話す。平尾作品の最大の特徴はあえて不安定に積み上げていき、客にハラハラドキドキを味わってもらうというもの。そのため土にもこだわりがあるらしく、無茶な角度にしてもくっ付くケト土を使用している。平尾はオブジェに赤松、黒松、メインとなる五葉松を積み上げていく。

瀬戸内国際芸術祭開幕。午前8時、フェリーが到着し、島にたくさんのお客さんがやってきた。

キーワード
瀬戸内国際芸術祭
小豆島
直島
女木島
赤松
黒松
五葉松

告知 (その他)
01:58~

「キングオブコント2019」の告知。

キーワード
キングオブコント2019

「伝統×革新」に挑む盆栽師 平尾成志 (バラエティ/情報)
02:02~

「巨大な盆栽の集合体」は盆栽の概念を打ち壊す伝統と革新が融合した平尾だからこその作品となった。平尾の盆栽展示会場には瀬戸内国際芸術祭会期中の1か月で1万人以上が訪れた。平尾も出来栄えには満足な様子だった。

一週間後、埼玉県大宮で開催された盆栽祭りに平尾は姿をみせた。平尾は、僕がカッコ良いって思った物を皆さんにもカッコ良いって思ってもらいたいと話した。

平尾は海外に行くときは弟子に水やりを任せると話した。

クレイジージャーニーDVDの告知。

キーワード
瀬戸内国際芸術祭
大宮盆栽まつり
大宮(埼玉)
クレイジージャーニー第7弾
クレイジージャーニー vol.6
クレイジージャーニー vol.5
クレイジージャーニー vol.4
クレイジージャーニー vol.3
クレイジージャーニー Vol.2
クレイジージャーニー

番組宣伝 (その他)
02:05~

「戦え!スポーツ内閣」の番組宣伝。

エンディング (その他)
02:09~

今後の放送内容を告知した。

「Paravi」の告知。

キーワード
Paravi

番組宣伝 (その他)
02:09~

関西発!才能発掘TV マンモスター+の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 6月26日 放送