この差って何ですか? 白内障・緑内障・網膜はく離のリスク高い人の差に川田仰天SP

『この差って何ですか?』(このさってなんですか?)はTBS系で放送されている、世の中のさまざまな事象の中の“差”を徹底追跡するバラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月10日(火) 19:00~20:00
放送局 毎日放送

番組概要

外国人がわからない日本の差 (バラエティ/情報)
19:00~

ウクライナ出身のイーゴルさんのわからない日本の差は、”もりもり”や”もぐもぐ”、”がつがつ”など食べる時のニュアンス。専門家の神永暁さんによると、食べる勢いの差。強い順に”がつがつ”・”もりもり”・”もぐもぐ”となる。”がつがつ”は目の前にある食べ物を手当たり次第に口へ運ぶ、”もりもり”は盛り付けた料理を次々に食べ、”もぐもぐ”は食べ物を噛み続けて飲み込まない状態。ちなみにカーリング女子の”もぐもぐタイム”も、イチゴを口に入れて噛み続けている。

オーストリア・ウィーン出身のシミさんがわからない日本の差は、斉唱と合唱の違い。スタジオ出演者らが答えを予想した。

このあと、薄いおしっこと濃いおしっこの差。

キーワード
ウクライナ
ウィーン(オーストリア)

外国人がわからない日本の差 (バラエティ/情報)
19:14~

斉唱と合唱の差。洗足学園音楽大学の江原陽子さんによると、斉唱は同じ音程を大人数で歌い、合唱は違う音程を大人数で歌う。

トルコ出身のゼキさんがわからない日本の差は、人を数える時の「何名」や「何人」。大東文化大学の山口謠司先生によると、個人が特定できない場合は「人」、特定できる場合は「名」を使う。日本では人の数を数える時には「人」が使われていたが、明治時代以降に個人が特定できる組織だった陸軍で「名」が生まれた。

このあと、薄いおしっこと濃いおしっこの差。

キーワード
洗足学園音楽大学
クラングコーア西東京
レストラン パムッカレ
トルコ
陸王
大東文化大学
徴兵

薄いおしっこと濃いおしっこの差 (バラエティ/情報)
19:28~

トイレで用を足し終えておしっこを見た時、薄い色や濃い色の時がある。そこで巴ひかる先生が解説。口から入った水分は胃を通って腸で吸収された後、血液の中に入る。全身を流れてから腎臓でろ過され、不要な水分や老廃物がおしっことして排泄される。水分を多く飲んだ時は薄く、水分が少ない場合は濃くなる。疲れとかに直接関係してるわけではない。風邪をひいた時は黄色い事もあるが、これは薬などに含まれるビタミンの色素だとされる。

実はおしっこの色を見るだけで重大な病気にかかっているか知ることができる。ほぼ透明な場合、糖尿病の可能性がある。糖の濃度を薄めるために体全体から水分を集め、しぜんと喉が乾いて沢山飲むため透明の場合が多い。茶褐色の場合は肝臓に病気がある可能性があり、ビリルビンが尿の中に出ている状態。赤い場合は血液が混じっている状態、傷みが伴う尿管結石の可能性があるが、本当に怖いのは傷みがない時。腎臓や膀胱などのガンの可能性がある。

おしっこの泡が出る時と出ない時の差を紹介。泡が出ることは普通の人でもあるが、泡が10秒以上消えない場合はタンパクが混ざっている。女性の場合、座って用を足してもタンパクが混ざっている場合は泡立つ。

キーワード
糖尿病
ビリルビン
尿管結石
ガン
タンパク

目に「良いこと」と「悪いこと」の差 (バラエティ/情報)
19:38~

60代の身体の悩みに関する意識調査では目の悩みが多い。クリチンガー・アワードを受賞した深作秀春先生に教えてもらう。

キーワード
アサツー ディ・ケイ
クリチンガー・アワード
深作眼科

目に「良いこと」と「悪いこと」の差 (バラエティ/情報)
19:42~

深作秀春先生によると、目に良さそうな事でも実は悪いことが多くある。疲れ目に良いと思ってやっている「目を上下左右に動かす」のは間違い。生きているということは目を動かすため、わざわざ激しく動かしくても意味がなく、実際に網膜はく離になった人もいる。網膜はく離になると少しずつ視界がかけてしまう。一方で眉間をマッサージすると目の疲れに効くツボがあるため効果的だが、眼球を押すのではなく骨を押す。

目の病気の可能性がないか、簡単チェック。深作先生が数字が書かれたパネルを出し、見えない数字がある場合は白内障の可能性がある。白内障は水晶体が黄色味を帯びてくるため、青色が見えなくなる。

「濃いサングラス」と「薄いサングラス」、目を守るためにやってはいけないのはどっち?

キーワード
網膜はく離
白内障
紫外線

目に「良いこと」と「悪いこと」の差 (バラエティ/情報)
19:53~

「濃いサングラス」と「薄いサングラス」、目を守るためにやってはいけないのはどっち?正解は「濃いサングラス」、視界が暗いと瞳孔が開いてしまい上や横から反射した光が入ってしまう。このため、スポーツ用サングラスや登山用ゴーグルは目が全て覆われている。

目の恐ろしい病気が緑内障、視神経がダメージをうけて視力を失っていく。見えない部分があっても脳が補正して見えるように考えてしまうことがあり、失明の寸前まで気づかない場合もある。

「運動の後にたっぷり水を飲む」と「毎朝30分のウォーキング」、どちらかは緑内障のリスクが高くなる。リスクが高くなるのは「運動の後にたっぷり水を飲む」。体の中の水分が増えると、目の中に出てくる水も増える。眼球を保つための視神経を圧迫、傷つくと視界が狭まる。目安としては1リットルの水を5分で飲むと良くない。

キーワード
紫外線
白内障
緑内障

エンディング (その他)
19:59~

「この差って何ですか?」の次回予告。

民放公式TVポータルサイトTVerのお知らせ。

キーワード
民放公式TVポータルサイトTVer
  1. 前回の放送
  2. 4月10日 放送
  3. 次回の放送