有吉ジャポン 新・成り上がりジャポン第3弾〜カフェの店長への道

『有吉ジャポン』(ありよしジャポン)は、TBS系列(一部地域を除く)で放送されている有吉弘行の冠番組である。番組の略称は「ありジャポ」。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年8月13日(土) 0:30~ 1:00
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
00:31~

今夜の有吉ジャポンは下流社会の女性を救え。成り上がりジャポンで驚きの展開が。

このあと (その他)
00:33~

成り上がりジャポン夜カフェ編スタート。

オープニング (その他)
00:35~

今夜の有吉ジャポンは下流社会からの脱出を目指す人々に、一代で成功をつかんだ社長たちが大逆転のチャンスを与える成り上がりジャポン第3弾。年商20億円、渋谷・よるカフェの帝王が5000万円を投資。渋谷スペイン坂の一等地にオープンするオシャレカフェの店長への道。過去最多の52人の候補者が集まった。

オープニング映像。

アイキャッチ映像。

キーワード
渋谷(東京)
大谷秀政
Cafe BOHEMIA
宇田川カフェ
FLAMINGO
桜丘カフェ
ちはる
CHUM APARTMENT

成り上がりジャポン“夜カフェ”編 (バラエティ/情報)
00:39~

一次選考の面接はber segredoで行われた。集まった52人の候補者の中には、モデル系の美女や原宿系女子、ギャルなどがいた。候補者たちが待つ中、ジャズの音楽とともに大谷秀政社長が登場した。

1990年に22歳でデザイン会社を立ち上げ、1995年にレコード会社を設立した大谷秀政社長は、2001年に渋谷に宇田川カフェをオープンした。夜カフェブームを巻き起こし、現在全国16店舗を展開している。

今回は渋谷の一等地・スペイン坂にある店舗を契約し5000万円の投資を行った店舗の店長を選ぶ。大谷秀政社長からの最初の質問は「とにかくお金稼ぎたくて来ましたって人、手を挙げてください」で、手を挙げなかった9人が合格となった。大谷社長は「がっついた人が、お金稼ぎたいって人がやるカフェって、そういうの出ちゃうんでお店やる限りは」と話した。

続いて、残った不合格だった候補者に名刺を配った大谷社長は全員に配り終えた後、名刺の裏にサインをしてある人が合格とした。ここでの合格者は3人で全員が美女。大谷社長は「サービス業なんで見た目がいいほうが良いじゃないですか、お客さんも」と話した。

有吉が気になっているピッピちゃんについて尋ねると大谷社長は「ムードのある時はわりと美女がいるわけ、風水みたいなもんだから」と答えた。また、「5000万円かけてるがすぐ回収できるのか」の質問に、「わかんない。家と違うような雰囲気作ろうとしたら、それぐらいかかる」と答えた。

第一次選考後半戦は自己PR。候補者達の自己PRに、大谷社長のドS発言が襲いかかる。

キーワード
ber segredo
ガガガSP
かりゆし58
渋谷(東京)
宇田川カフェ
Cafe BOHEMIA
桜丘カフェ

エンディング (その他)
00:57~

アイキャッチ映像。

有吉ジャポンの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 8月13日 放送
  3. 次回の放送