有吉ジャポン 2014年2月9日放送回

『有吉ジャポン』(ありよしジャポン)は、TBS系列(一部地域を除く)で放送されている有吉弘行の冠番組である。番組の略称は「ありジャポ」。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年2月9日(日) 0:58~ 1:28
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
00:59~

オープニング映像。

S-最後の警官-の番組宣伝テロップ。

今夜は去年12月に東京・六本木にオープンした話題の究極のエンターテインメントショーレストラン「バーレスクTOKYO」の、開店までの100日間を完全密着する。(映像:バーレスク(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント))

鈴木正文はバーレスクに関する知識を披露し、「海外では普通に行く」と話した。そして「THE MANZAI」で優勝した村本大輔が登場し、でかい態度をとった。

キーワード
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
バーレスク
THE MANZAI

バーレスクTOKYO 開店までに密着 (バラエティ/情報)
01:02~

2年前にオープンした「バーレスク六本木」は、ぐるなびランキングでも1位になるなど人気の店だが、「バーレスクTOKYO」と名前を変えて再スタートすることになった。店内は2倍の広さになり、画期的な試みも為されるという。

9月上旬、オーナーの内藤良太は「世界に通用するお店を作りたい。レボリューションを起こしたい」と語った。そしてこの2億円プロジェクトのリーダーに若き店長、坂本亮が選ばれた。

オープンまで2か月、坂本亮は工事にとりかかったばかりの店内を案内した。そしてオープンまで40日、着々と内装工事が進む中、演出の目玉となるベルトコンベアが届いた。しかしベルトコンベアとステージの高さが合わないというトラブルが発生した。

銀座の「Grill Dining Yun」を訪れた坂本亮は、知り合いのシェフに依頼した試作品を食べ、満足そうな表情を見せた。しかし試食会でオーナーの内藤良太は「ショーを観ながら手軽に食べられるもの、かつ、コストを考えたものでないといけない」と指摘した。

オープンまで2週間、ベルトコンベアの問題も解決し、パフォーマー達が新店舗の完成したステージを見て、その凄さに驚いた。そしてパフォーマー達は新たなプログラムを覚えるため、連日17時間練習を行ったが、坂本亮はダメ出しをした。

オープンまで3日、初めて通し稽古が行われたが、様々な問題が噴出した。この状況にプロジェクトリーダーの坂本亮は思い悩み、内藤良太にも叱責された。

キーワード
銀座(東京)

バーレスクTOKYO 開店までに密着 (バラエティ/情報)
01:12~

村本大輔は「オーナーが怒ってたシーンこそショーなんじゃないか。怒った後にカメラをチラッと見ていた気がする」と語った。

この後、バーレスクTOKYOがパフォーマンスを披露!

オープンまで3日、通し稽古で立て続けに起こるミスを見ていたオーナーの内藤良太の怒りが爆発。坂本亮を厳しく叱責した。

そしてオープン当日、10分で満席となり、ショーへの準備が始まったものの、ショーの装置の一つである「ロデオ」が発注のミスで、床に直接棒を突き刺すタイプではなく置いて固定するタイプになっていた。スタッフは大慌てで床に直接突き刺せるようにして、ショーも無事成功した。初日の売上は以前の売上げを大きく上回り、413万3千円だった。

バーレスクTOKYO 開店までに密着 (バラエティ/情報)
01:20~

「バーレスクTOKYO」のダンサーたちがスタジオでパフォーマンスを披露した。逸見太郎は「アジアの女性の肌の質の良さを感じた」などと語った。そして2億円の費用の内訳が発表された。坂本亮は「業者がバラバラだったので、難しいことが多かった」と語った。太田光代は坂本を見て「ホリが木村拓哉のモノマネをしているようにしか見えない」と語った。

キーワード
ホリ
木村拓哉

エンディング (その他)
01:26~

バーレスクTOKYOの店員に目隠しをされてご満悦の有吉は、本日のお詫びを「ありません」と発表した。

有吉ジャポンの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 2月9日 放送
  3. 次回の放送