NEWS23 【南北トップ会談ついに!成果は?▼解任・ハリルホジッチ氏が会見】

『news23』(ニュース・ツー〈もしくは「トゥー」〉スリー)は、1989年(平成元年)10月2日よりTBSをはじめとしたJNN系列が生放送している平日最終版の報道番組。 番組開始から2008年3月28日までは『筑紫哲也 NEWS23』(ちくしてつやニュースツースリー(もしくはトゥースリー))として放送しており、初代メインキャスターを務めた筑紫哲也の冠番組であった。 2010年3月29日から2013年3月29日まではNEWS23の名を残した新番組『NEWS23X』( - クロス)として放送していたが、2013年4月1日から2019年5月31日までは『NEWS23』に名前を戻して放送。2019年6月3日放送分からは『news23』にタイトルが変更された。 本稿では2008年3月31日から2010年3月26日までと2013年4月1日から放送の『NEWS23』を中心に記述する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月27日(金) 23:30~ 0:15
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:31~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
23:31~

午前9時半ごろ北朝鮮側の施設から金正恩党委員長が姿を現した。その姿を確認した文在寅大統領。軍事境界線に前に歩みを薦める。二人は南北のメディアに撮影に応じた。このあとサプライズとして北朝鮮側に一緒に渡った。ソウル市内では、駅から拍手が渡っている。一方で反対する人も無条件の降伏を主張している。儀仗隊が出迎えを受け、首脳会談の場である平和の家に向かう。正恩氏が記帳台でメッセージを記入。その後、約11年ぶりの南北首脳会談が開催。首脳会談は1時間40分に渡って行われた。正午前、午前中の日程を終えた金正恩氏はSPに囲まれながら北朝鮮で用意されたベンツに乗り込み北朝鮮側の施設に戻る。再び戻ったのは午後4時程。軍事境界線付近に松を記念植樹。その後2人で散策。長い時間話す場面もあった。そして共同宣言の署名式に臨む。共同宣言のタイトルは「朝鮮半島の平和と繁栄 統一のための板門店宣言」。共同宣言では「南北は完全な非核化を通じ、核のない朝鮮半島を実現する共同目標を確認した」と明記。「朝鮮戦争の終戦を宣言し、休戦協定を平和協定に切り替えるために関係国と協議」としていた。秋には文大統領が平壌を訪問し、首脳会談は定期的に行うとしている。共同会見を見た市民は涙が出たと語る人に対し、反対はは延命措置で世界の注目を集めているだけと語る。その後晩餐会が開催。南北の人気歌手や俳優が出演。歌や楽器の演奏など披露。平和の家に1つの春をテーマに映像が投影された。午後9時半には文大統領に見送られ、金正恩委員長は北朝鮮に戻っていった。

星浩は非核化にはスタートにたったとコメント。平井久志は、北朝鮮が大きな転換点を迎えている歴史的な日とコメント。スタジオでは両首脳が境界線を越えた場面を振り返り、平井久志は金正恩委員長は起点が効く人と印象づけたとコメント。続いて両首脳のスケジュールを振り返り、平井久志は長い時間の間に短い時間の会議で合意文が出来ている。裏返せば前の協議があったのではと語る。続いて具体的な成果について解説。非核化は「完全な非核化を通じて核なき半島を目標に」平井久志は最高指導者から引き出したのは素晴らしいが抽象的に終わったとコメント。続いて南北関係に関しては年内に終戦宣言で平和協定を結び3者ないり4者での会談を推進する予定。平井久志は朝鮮戦争の当事者が行っているとコメント。日本にとって重要な拉致問題は共同宣言には触れられていなかった。

井田重利が韓国の受け取り方について解説。韓国統一省関係者は「非核化に対する合意は米朝会談が控えているのでこの程度が最善だった」としている。パフォーマンス先行についての演出は、非核化をどのようにこの先に実行するのかが今後の焦点になるとコメント。

日本を含む海外の受け止め方を伝えた。日本では号外が配られ、横田早紀江さんは本当に解決に向かっていってほしいなと語る。飯塚繁雄会長はきょうの段階では期待に対しちょっとがっかりとコメント。トランプ大統領に米朝会談で期待するしかないとコメント。首相官邸では安倍首相が前向きな動きと歓迎。日本が蚊帳の外ではという指摘に対しそれは全く無いとコメント。 トランプ大統領は朝鮮戦争集結へとツイート。中国も南北首脳会談の開催を歓迎。国営放送でじは軍事境界線を越える様子を生中継で伝える。

ワシントンと中継。米朝会談への展望を佐藤祥太が挑む。連日の交渉の進展ぶりをアピールしているが、完全な非核化に具体的な道筋を付けるのは難しいとしている。その中でワシントンの見方としては。北朝鮮の完全な放棄はあり得ない、段階的な縮減に合意しても細部を詰めるのに長時間が必要としている。

非核化の問題は凍結にしたい北朝鮮と完全放棄というアメリカで温度差があると星浩が解説。平井久志はまだまだいろんなコミットメントが必要と語る。この後米朝会談までの首脳会談までの動きが問われていくとコメント。

財務省はセクハラ行為があったと認め、財務省が調査結果を発表。福田前次官には減給20%6ヵ月相当の処分。減給分141万円を差し引いた退職金5178 万円が福田氏に支払われる。 福田前次官は女性記者との会食は認めるもセクハラ行為は否定。認定の理由には明確な記憶、物的証拠を持って福田氏が反論していることは確認できていないとコメント。財務省は調査を打ち切りとしている。テレビ朝日の女性記者は福田前次官が認めていないのは残念ですが、財務省が認定し謝罪されたことは深く受け止めるとコメント。8時間前に麻生太郎財務大臣はセクハラに対する認識は高いと語る。スタジオでは異例の対応だとコメント。

このあとハリルホジッチ氏電撃解任に反論。

キーワード
ソウル(韓国)
イムジンガク(韓国)
韓国
北朝鮮
金正恩党委員長
文在寅大統領
李雪主夫人
板門店
冷麺
軍事境界線
南北首脳会談
共同宣言
非核化
朝鮮戦争
朝鮮半島
板門店宣言
横田早紀江さん
飯塚繁雄会長
トランプ大統領
華春瑩 報道官
新橋駅
首相官邸
拉致問題
マイク・ポンペオ氏
米朝会談
核問題
ワシントン(アメリカ)
アメリカ
麻生太郎財務相
伊藤豊秘書課長
福田淳一前事務時間
矢野康治官房長
テレビ朝日
セクハラ問題
ハリルホジッチ氏

ニュース (ニュース)
23:56~

FIFAワールドカップトロフィー日本上陸。このあとスタジオに登場。

日本代表監督を解任されたハリルホジッチ前監督が会見を行った。ハリルホジッチ前監督は「人生で最もつらい時期」と語った。協会は解任理由を「コミュニケーション不足」としているが本人は「何の問題もなかった」と語っている。また田嶋会長からも何も言われてないと語った。ただ最後に日本代表にエールを送った。

日本銀行は金融政策決定会合で大規模な金融緩和策の維持を決定したと報じた。ただ2%の物価上昇の達成時期についての文言は削除されたという。

国会では働き方改革関連法案が審議入りした。しかし多くの野党議員が欠席を続けており、審議入り強硬に反発している。

キーワード
FIFAワールドカップ
ハリルホジッチ前監督
田嶋会長
日本銀行
金融政策決定会合
働き方改革関連法案

SPORTS23 (ニュース)
00:01~

ロシアW杯開幕まで47日なる。そうした中で優勝トロフィーがスタジオに登場した。トロフィーはこれから日本各地を回って開催地のロシアに旅立つという。そこで優勝トロフィーに関する豆知識を紹介。制作者はイタリアの彫刻家のガザニガさんで、純金製なので価格は2000万円にもなるという。トロフィーを触れるのは日本だと優勝チームと国のトップだけだという。さらにトロフィーの底にはこれまで優勝したチームの国名が刻印されていると報じた。

キーワード
ロシアW杯
ガザニガ
安倍晋三首相
ポドルスキ

SPORTS23 (ニュース)
00:07~

男子ゴルフの中日クラウンズの2日目で、石川遼が2年ぶりのツアー優勝に向けて急浮上したと報じた。一方同じ組の小平智もスコアを伸ばして石川遼と同じ5位タイだという。

中日クラウンズの番組宣伝テロップ。

キーワード
石川遼
中日クラウンズ
名古屋ゴルフ倶楽部
小平智

ニュース (ニュース)
00:09~

南北首脳会談では韓国と北朝鮮が非核家で合意して「板門店宣言」を発表したと報じた。

財務省は前事務次官についてセクハラ認定したと報じた。

カジノ含むリゾートを整備のIR法案が閣議決定されたと報じた。IRを整備できるのは最大で全国3ヶ所で、都道府県から多くの申請がある場合、整備計画を審査して選定するという。

伊調選手へのパワハラ問題で、告発状を受理していた内閣府は関係者からの聴取を行い「協会は運営不適正」との見解を発表したと報じた。

ウィリアム王子とキャサリン妃との間の第3子が「ルイ・アーサー・チャールズ」と名付けられたと報じた。今後「ルイ王子」と呼ばれると報じた。

キーワード
南北首脳会談
板門店宣言
財務省
セクハラ
IR法案
伊調選手
パワハラ
内閣府
レスリング協会
ウィリアム王子
キャサリン妃
ルイ・アーサー・チャールズ

天気予報 (ニュース)
00:12~

渋谷の映像と全国の天気予報を伝えた。

キーワード
渋谷(東京)

エンディング (その他)
00:13~

エンディングでは南北首脳会談について話題になった。

キーワード
南北首脳会談

番組宣伝 (その他)
00:13~

このあとの「サタデープラス」の予告。

  1. 前回の放送
  2. 4月27日 放送
  3. 次回の放送