ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント 2016年10月20日放送回

放送日 2016年10月20日(木) 19:00~21:54
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

オープニング映像。この放送ではグランドプリンスホテル新高輪からプロ野球ドラフト会議の様子を中継で伝える。

中居正広ら出演者によるオープニングの挨拶。古田敦也は「選ばれると言われて選ばれなかった経験もある」とコメントしスタジオを和ませた。

このあと、亡き父へ…支えてくれた母へ10年前の誓いを果たす時。

キーワード
グランドプリンスホテル新高輪
プロ野球ドラフト会議

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
19:08~

明治大学・柳裕也(22)を紹介。1994年、宮崎県・都城市に生まれ小学3年生から野球をはじめた。父の博美さんは野球の経験がなく、入門書片手に指導。博美さんが教えてくれたのは野球のほか、「男は泣くな」という人生の教訓、柳裕也はどんなに辛くても泣かないと約束した。柳裕也が小学6年生の頃、博美さんは交通事故により永眠、突然の別れだったが悲しみの中で気丈に振る舞った。父との「泣かない」との約束を思い出し、小学6年生にして喪主を勤めた。

当時の少年野球の監督だったのが原口和秀さん。原口さんによると柳裕也は母を励まし続けており、しっかりと心を持った子どもだったという。柳の妹・幸奈さんも「お兄ちゃんが泣いている姿、一回も見た無いんです。泣いていることもあったと思いますが、絶対に私たちには見せなかった」と話している。

柳裕也は中学3年生になると日本代表に選出、全国屈指の名門・横浜高校に進学した。横浜高校では甲子園に3回出場、現在は明治大学のエースでキャプテンを務めるまでに成長した。

このあと、10年前の誓い、果たす時。

キーワード
明治大学
博美さん
都城市(宮崎)
夏の甲子園
横浜高校
甲子園

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
19:26~

この日、柳裕也は運命のドラフト会議を前に母・薫さんと父・博美さんの墓前を訪れた。「見守っていてください、10年前の誓いを果たします」と伝えた。そして、柳裕也は中日からドラフト1位で指名された。

中日に1位指名された柳裕也についてトーク。徳光和夫は「新聞で見たが明治大学の選手が「柳さんのチームに入れてよかった」と話しており、そのくらい柳さんは人間的にしっかりしている」と話し、松本伊代は「お父さんがいない中、母親と妹さんの想いが無いとここまでコレなかったと思う」と話した。

明治大学から中継。中日から1位ドラフト指名をうけた柳裕也さんは「ホッとしています。たくさんの方に支えてもらっての現在があり、その方々に恩返ししていきたいと思います」と豊富を語った。

柳裕也さんの自宅から中継。母・薫さんは「指名を頂いてありがとうございます、感謝しております。小さい頃からの夢からがかなってよかったなと思っています」と話し、妹・幸奈さんは「家の中でも外でも誰にでも優しい、自慢のお兄ちゃんです」と話した。最後に柳さんが薫さんに感謝の手紙を読んだ。

ドラフト会議で創価大学の田中正義が指名された映像が流れた。

このあと、ドラフトの主役・田中正義が生出演!

キーワード
博美さん
都城市(宮崎)
夏の甲子園
中日
柳裕也
明治大学
創価大学
田中正義
ドラフト会議

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
19:40~

堀尾正明が田中正義のドラフトの瞬間についてトーク。「最初は全く名前がでなかったが、後半にまとめて5球団から指名があった。緊張感があった」とコメントした。

創価大学から田中正義さんと中継。指名から2時間半から経過しており、5球団からの指名について「すごく嬉しかったです」とコメント、5球団の中からソフトバンクに決定した。ソフトバンクについて田中さんは「投手・野手ともに選手層が厚く、本当に強いチームだと思っています」とコメント、過去のプレーで一番印象に残っているのは横浜の鈴木尚典選手なのだという。田中さんの名前は正義(せいぎ)、そのためあだ名はジャスティスだったと明かした。

スタジオの徳光和夫は田中正義さんについて「1年生から拝見しているが、大谷投手の次になれるような素質がある」と話し、古田敦也は「本当にスケールの大きいピッチャーです」と話した。

このあと、父の笑顔を奪った病魔…野球がつないだ家族の絆。

キーワード
田中正義
ソフトバンク
鈴木尚典
横浜
大谷投手

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
19:49~

創価大学の池田隆英(22)を紹介。佐賀県・唐津市で生まれ小学2年生の頃に野球を開始、憧れは城島健司選手だった。一番の楽しみは父・英介さんとのキャッチボール、プロ野球選手になって5億円選手になるとの夢を掲げていた。そんな中、英介さんは狭心症を患い大手術、一命は取り留めたが大きな手術痕が残った。本当の悪夢は退院後、英介さんは手術によるストレスなどによって引き起こされる術後精神病に悩まされ、怒りの感情が制御できずに家族にあたるなど家族崩壊の危機が迫った。

隆英はこのような状況で野球を続けて良いのか悩んだが、母からの後押しによって野球を続けた。中学に入ると頭角を現し、”お父さんに元気を届けたい”と努力した。隆英の頑張りにより、全く家を出なくなった英介さんも試合の応援に駆けつけるようになった。中学では全国準優勝を果たし、創価高校へ進学。そこでライバルとして現れたのがエースの田中正義、隆英はベンチ入りすらできなかった。初めて挫折を味わい英介さんに相談、すると英介さんは佐賀から東京に駆けつけ勇気づけた。

父から勇気を貰って2年後、エースナンバーの背番号1をつけていたのは田中正義ではなく池田隆英だった。高校最後の夏は靭帯断裂の大けがを追ったが次の試合では復帰。高校卒業後は田中正義と共に創価大学に進学、2枚看板としてチームを牽引しプロ注目ピッチャーにまで成長した。諦めかけた人生を救ってくれた息子の笑顔、父が届けた勇気、そこには野球が繋いだ家族の絆があった。

池田隆英についてトーク。VTRを見ていたYOUは涙ながらに「私なんかつまんない人生だった」と話し、中居正広は「自分とジョイントしちゃったのかな」と返した。そんな池田隆英は楽天が2位指名された。

創価大学にいる池田隆英さんと中継。池田さんは現在の気持ちについて「本当に諦めずにやってきて良かったなと思っています。家族には「ありがとう」と伝えました」と涙ながらに語った。

池田さんの実家と中継。父・英介さんは「あの時は本当に苦しかったが、子供らが宝で隆英が希望の光でした」と話し、池田さんが家族への感謝の手紙を読んだ。

中継を見ていたスタジオの古田敦也は「僕の長年の経験上、プロ野球で生き残るのは悔しい思いをした人」だと話した。

このあと、泣き虫 父ちゃん…オレは「母」になる 不器用な父の愛情物語。

キーワード
創価大学
城島健司選手
狭心症
術後精神病
創価高校
田中正義
佐賀県
東京都
靭帯断裂
楽天

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
20:18~

大江竜聖を紹介。1999年に3人兄弟の末っ子として神奈川で生まれ、5歳の頃から野球を始めた。父・広志さんは宮津高校出身、かつて野球選手を目指していた。竜聖が小学3年生の頃、両親が離婚、幼い竜聖の心に影を落とした。広志さんは自分が母親になることを決意、悪戦苦闘の日々がはじまった。

キーワード
神奈川県
宮津高校

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
20:25~

竜聖のために母になると誓った父・広志さんは慣れない手つきで弁当を作り、竜聖の大好物をぎっしりと詰めた。背番号を縫い付ける作業すらも苦労の連続、いろんな事に対して一生懸命だった。こうして野球に没頭できた竜聖は中学生になると全国大会で活躍した。そんな息子を広志さんは全力で応援、試合では声を張り上げドラフト候補に成長。最後の夏は東京大会の準決勝で敗退、甲子園には届かなかったが親子の夢にはプロという続きがあった。

大江竜聖についてトーク。VTRをみたカンニング竹山は「あんな熱いお父さんに会いたいと思った」とコメント。そんな大江竜聖は巨人から6位指名されている。

二松學舍大附属高校から大江竜聖と中継。竜聖さんは「本当にうれしい想いがありました。父には色々な苦労があったため選ばれてよかった」と話した。

竜聖さんの実家と中継。父・広志さんは「本当にうれしいです。竜聖には小さな頃から寂しい思いをさせていたので、夢がかなって嬉しいです」とコメントするなどした。

中継を見ていた松本伊代は「陰ながらに応援して、時々見に行きたくなる」とコメントした。

このあと、おばあちゃんは元プロ野球選手 夢の行方は?

キーワード
二松學舍
大江竜聖
巨人
二松學舍大附属高校

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
20:43~

獨協大学のエース・龍谷晃議を紹介。父・和久さんは高校・大学と野球漬けの毎日。今は亡き祖父・和男さんも還暦を過ぎて野球をしていた。祖母・邦子さんも女子社会人野球でプレー、その実力はチームを日本一に導くほど。晃議はまさに野球一家に生まれ、自然と野球をはじめていた。晃議の試合は邦子さんにとって楽しみで、時には若い母親に変わってスコアブックをつけることもあった。

祖母・邦子さんは幼い晃議からノーヒットノーラン記念のボールを貰い、宝物として今も大切に飾っている。中学卒業後は名門 二松學舍大附属高校に進学、この時はケガで一時的に野球から離れたが、獨協大学で再開し高校時代のブランクを埋めようと必死に練習を重ねた。晃議は大学2年まで邦子さんが野球選手だったことを知らず、事実を知った時は勇気を貰ったような気分だったという。夢が叶う保証はないが、晃議は家族の後押しを胸にプロを目指した。

龍谷晃議さんがいる獨協大学と中継。残念ながら今年のドラフト指名はなかった。熊谷さんは「悔しい気持ちもあるが、まだまだ野球を続けていくつもりなので、これからも頑張って行きたい」とコメントした。

熊谷さんの実家と中継。祖父・邦子さんは「結果としては残念だったが、ただ可愛がるだけです」と話し、父・和久さんは「高校時代に挫折はしたが、自分の夢を諦めずに頑張ってきたので大したもんだと思います」と話すなどした。最後に熊谷さんが家族に今までの感謝の言葉を綴った手紙を読んだ。

北海道・幕別町に暮らす江陵高校の古谷優人(17)を紹介。1999年に次男として生まれ、小学2年生の頃に待望の妹・みりあさんが生まれた。ところが、みりあさんは先天性サイトメガロウイルス感染症を患っており、精神発達・運動発達に障害が生じる可能性があった。みりあさんが入退院を繰り返す頃、小学3年の優人は野球を始めた。

キーワード
獨協大学
和男さん
二松學舍大附属高校
幕別町(北海道)
江陵高校
先天性サイトメガロウイルス感染症

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
21:07~

小学3年生で野球を始めた古谷優人、兄妹の絆が大きな奇跡をうんだ。妹・みりあさんは3歳半で歩けるようになり、兄を応援するうちに少しづつ喋ることもできるようになった。応援を背に全国屈指のピッチャーにまで成長、試合に勝利するといつもみりあさんとハグしている。みりあさんは現在9歳、体は同級生とほぼ変わらないが知能の発達は3歳児程度と診断されている。そんなみりあさんの為、優人は一生守ると決めている。

みりあさんは優人のチームメイトとも仲良し、中には「みりあが来ないとやる気が出ない」、「家族並みに大切な存在」という部員までいる。監督の谷本献悟さんは「純粋に勇人の事が好きなのが分かるし、勇人がみりあのことが好きというのもわかる。野球部にもたらしてくれているのは純粋な人間関係」と話している。そんなみりあさんの宝物が勇人が獲得したメダルだという。高校最後の夏は北海道大会に出場、154キロというピッチングを披露し注目を集めた。

キーワード
江陵高校

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
21:15~

この日、古谷優人はみりあさんの目の前でプロ志望届を書いた。一方でみりあさんの気持ちは少し複雑、応援しつつも、ずっと一緒にいたいという気持ちを必死に堪えていた。そして運命の時、優人はソフトバンクに2位指名された。

このあと奇跡を起こした、兄妹が喜びを語る。

キーワード
ソフトバンク

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
21:20~

ソフトバンクから2位指名された古谷優人さん家族と中継。優人さんは「VTRがとても良くて…。本当に自分の夢が叶って嬉しかったです、こんなに早く呼ばれると思ってなかったので驚きました」と笑顔でコメント。みりあさんは優人さんについて「優しいし、大好き」と話した。最後に勇人さんが家族に向けて感謝の手紙を読んだ。

ドラフト会議の速報。今年最も注目された田中正義投手は5球団が競合、くじ引きの結果、ソフトバンクに決定した。柳裕也投手は2球団が競合、くじ引きの結果、中日に決定した。今年のドラフト指名は全115人、高校46人、大学42人、社会人17人、独立リーグ10人。

NEXT、中居が独立リーグへ ワンルームでの2人暮らしとは…。

キーワード
ソフトバンク
ドラフト会議
田中正義投手
柳裕也投手
中日
中居

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
21:35~

中居正広が独立リーグ「群馬ダイヤモンドペガサス」に所属する伊藤拓郎選手と山崎悠生選手を取材。群馬・高崎市にある家賃3万8000円の部屋で二人暮らしをしており、光熱費含め一人あたりの出費は約2万円、これでも苦しいという。そのためスパイクはボロボロになるまで履きつぶし、練習のボールは使えなくなるまで使い切っている。伊藤選手は元プロ野球選手、戦力外通告により再びプロを目指している。山崎選手は応援してくれるファンの声援が心の支えとなっており、中途半端なことは出来ないと考えている。

NEXT、中居正広 独立リーグに潜入取材。

キーワード
群馬ダイヤモンドペガサス
高崎市(群馬)
中居正広

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう 夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント (バラエティ/情報)
21:42~

中居正広が独立リーグ「群馬ダイヤモンドペガサス」に所属する伊藤拓郎選手と山崎悠生選手を取材。山崎選手は今年で23歳、両親は「社会人として一人前に自立してもらわなきゃならない、との議題で夫婦間で喧嘩になることもある」と話している。このほか、チームのクローザーである堤雅貴もドラフト候補、平野謙監督はそんな彼らの成功を祈り続けている。

群馬ダイヤモンドペガサスの山崎悠生選手らと中継。山崎選手は残念ながらドラフト指名は無かった。山崎選手は今の心境について「いまは貴重な体験をでき、野球の事だけに集中させてもらったのは本当に感謝している。来年こそは日本プロ野球にいけるように頑張りたい」と意気込みを語った。スタジオのカンニング竹山は「なんとか頑張って欲しいです」と激励した。

キーワード
群馬ダイヤモンドペガサス
高崎市(群馬)
堤雅貴

エンディング (その他)
21:51~

今回の放送を振り返りトーク。松本伊代は「この番組をいつもみてて泣いてばかりいたが、やはり涙だった」、YOUは「これぽっちもドラフトに興味がなかったが、今日をキッカケに応援したくなった」など放送を振り返った。

キーワード
ドラフト会議
  1. 前回の放送
  2. 10月20日 放送