佐渡裕とスーパーキッズ 〜佐渡裕×34人の子供たち〜2015スーパーキッズ・オーケストラの記録

放送日 2015年9月22日(火) 9:55~10:25
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
09:55~

佐渡裕とスーパーキッズ34人。スーパーキッズ・オーケストラの記録。スーパーキッズの感激は世界に通用すると思っていることと話す。痛感したのは2012年3月にフランス・ノートルダム大聖堂で東日本大震災一周年パリ追悼公演だった。今年のスーパーキッズの活動は新メンバーのオーディションからスタートした。佐渡さんが最もこだわったのがオーディションでメンバーを決める事だった。

キーワード
ノートルダム大聖堂
パリ(フランス)
スーパーキッズ・オーケストラ

〜佐渡裕×34人の子供たち〜2015スーパーキッズ・オーケストラの記録 (バラエティ/情報)
10:00~

スーパーキッズ・オーケストラは34人。5月に甲南大学で初練習が行われた。指導は加藤完二先生が基礎を叩き込んでいった。新メンバーと同じく不安そうなのがコンサートマスターの林くん。9年前に入団して最年少だった。今年でスーパーキッズは卒業になる。

キーワード
スーパーキッズ・オーケストラ

〜佐渡裕×34人の子供たち〜2015スーパーキッズ・オーケストラの記録 (バラエティ/情報)
10:04~

佐渡監督の初練習の日が7月にやってきた。世界の一流オーケストラを指揮する佐渡さんは子供たちにどんな言葉を語りかけるのか?幸福感で細胞が膨張するような。などの表現を使った。

7月、兵庫県篠山市で恒例の音楽合宿がスタートした。人は違うもの同士が生きていくのが喜びでそれを証明するのがオーケストラだと思うなどと話した。夜、周雅くんを中心に何が足りないのかを意見を言い合った。周雅くんは演奏しながら指揮者の想いをキャッチして後ろにおくったりなどしている。などと話した。合宿3日目に演奏会が開かれた。ステージには自信に満ち溢れた子供達がいた。お客様の拍手が子供たちをより成長させてくれた。音楽は一緒に生きている事を喜びと感じる証。と佐渡さんは語った。

お盆の前に東北慰問コンサートで8月の岩手県釜石市を訪れた。2011年から続けていて今年で5年目になる。毎年訪れる宝来館が新しい姿でみんなを出迎えてくれた。計6ヶ所で演奏会を開いた。

キーワード
スーパーキッズ・オーケストラ
篠山市(兵庫)
釜石市(岩手)
こすもす公園

〜佐渡裕×34人の子供たち〜2015スーパーキッズ・オーケストラの記録 (バラエティ/情報)
10:15~

8月29日、兵庫県立芸術文化センター。2000人の観客の前で演奏で本番を迎えた。コンサートの最後はチャイコフスキーの弦楽セレナーデだった。大人のオーケストラにはかなわない感動がそこにはあった。いっぱい練習していっぱい経験すると本番が楽しくなるという事が深いところで伝わってくれたと佐渡は語った。

キーワード
兵庫県立芸術文化センター
セントポール組曲
ホルスト
メタリカ
メタルマスター
葉加瀬太郎
情熱大陸
弦楽セレナーデ
チャイコフスキー
  1. 前回の放送
  2. 9月22日 放送