佐渡裕とスーパーキッズ オーケストラ2014

放送日 2014年9月15日(月) 10:50~11:20
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
10:50~

佐渡裕がもっとも僕らしいと話すオーケストラがある。そのオーケストラとは、小学生から高校生までが参加する子どもだけが参加するスーパーキッズ・オーケストラで、結成10周年を記念して初めて全国ツアーを行い大成功を収めた。番組では2014年のスーパーキッズを追いかけた。

キーワード
スーパーキッズ・オーケストラ

佐渡裕が最も愛するオーケストラ (バラエティ/情報)
10:53~

スーパーキッズ・オーケストラの2014年を密着した。オーケストラの1年はオーディションから始まる。佐渡裕は落っこちてとれない子は残念だけどそうゆう経験をしていく事が大事なんじゃないかと思うなどと話した。佐渡裕は「夢を追いかける世界に自動ドアはない」と子どもたちにメッセージを送っている。

スーパーキッズ・オーケストラの2014年を密着した。6月、兵庫県立芸術文化センターで定期演奏会に向けての練習が行われた。指導は佐渡裕の先輩・加藤完二。練習に参加した子どもからは、いろんなこと言われて頭がいっぱいなどの声が聞かれた。

キーワード
スーパーキッズ・オーケストラ

佐渡裕が最も愛するオーケストラ (バラエティ/情報)
10:58~

スーパーキッズ・オーケストラの2014年を密着した。兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールはオーケストラが毎年定期演奏会を行う場所であり、佐渡裕が指揮をする場所でもある。佐渡裕は小学生の時にベルリン・フィルの指揮を取ると夢見るも、高校の吹奏楽部やアマチュア合唱団を指揮、レナード・バーンスタインに見出されたのは26歳の時だった。そして50歳の時、ベルリン・フィルハーモニーの指揮をする夢が叶った。

スーパーキッズ・オーケストラの2014年を密着した。甲南大学で佐渡裕がレッスンを行った。レッスンを受けた子どもからは、一言で音楽が変わる感じがする、すごい音楽が好きなんだなって話しているので伝わってきますなどの声が聞かれた。佐渡裕は「スーパーキッズは自分を映し出す鏡」と子どもたちにメッセージを送った。

スーパーキッズ・オーケストラの2014年を密着した。佐渡裕がこれまで向き合ってきた子どもたちは109人、現在世界で活躍中のメンバーもいる。

スーパーキッズ・オーケストラを卒業した辻本美和さんは新たな扉を開き、JR東海パッセンジャーズで新幹線のパーサーとして働き始めた。辻本美和さんはオーケストラでの経験から自分に向き合い、一度就職試験に落ちたものの専門学校で学び再び受験、就職した。辻本美和さんは佐渡裕について、夢の扉を開けてくださった人ですと話した。

スーパーキッズ・オーケストラを卒業した有田朋央さんは東京芸術大学生で、ベルリン・フィルハーモニーのサイモン・ラトルと共演するなど活躍中。しかし有田朋央さんは一度理系の国立大学に進学後再び音楽大学を受験するなど回り道をしていた。有田朋央さんは、大学1年生の時に佐渡さんがベルリン・フィルを振った、一歩先を踏み出す勇気を常に持とうと思ったなどと話した。佐渡裕の言葉は子どもたちを勇気づけている。

スーパーキッズ・オーケストラの2014年を密着した。7月、兵庫・洲本市で合宿が行われ、年上の子どもが年下の子どもを教える姿などが見られた。憧れる対象になるという事も高校生にとっても大事な事。

佐渡裕は東日本大震災後、合宿後にスーパーキッズと共に東北を訪れ演奏会を行っている。2014年は4都市5会場で演奏を行った。

キーワード
スーパーキッズ・オーケストラ
レナード・バーンスタイン
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サイモン・ラトル
東京芸術大学
洲本市(兵庫)
東日本大震災

佐渡裕が最も愛するオーケストラ (バラエティ/情報)
11:10~

スーパーキッズ・オーケストラの2014年を密着した。8月30、兵庫県立芸術文化センターで定期演奏会が行われた。会の直前、佐渡裕は子ども達と毎回必ずやるという円陣を組み、本番に臨んだ。

演奏会ではホルスト「セント・ポール組曲」などが演奏された。

スーパーキッズ・オーケストラの2014年を密着した。兵庫県立芸術文化センターで行われた定期演奏会の後、スーパーキッズが感想を話した。子ども達からは、青春そのものだったので寂しい、いろんな人に支えられてすごくいい経験ができたなと思いましたなどの声が聞かれた。

キーワード
スーパーキッズ・オーケストラ
ホルスト
ヴィヴァルディ
グリーグ
ウィーラン
セントポール組曲
四季より「冬」
ホルベアの時代から
リバーダンス
  1. 前回の放送
  2. 9月15日 放送
  3. 次回の放送