福岡国際クロスカントリー 2014

放送日 2014年2月22日(土) 16:15~17:24
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
16:16~

オープニング映像。

林みなほが挨拶、海外からも多くの選手が登場するクロスカントリーがまもなくスタートだと話した。

オープニング (その他)
16:18~

オープニング映像。

林みなほが海の中道海浜公園から中継。解説は増田明美と金哲彦が行う。

2014福岡国際クロスカントリー(中継1) (スポーツ)
16:21~

萩原歩美を先頭に1キロ地点を通過した。

2014福岡国際クロスカントリー(中継2) (スポーツ)
16:30~

ほけんの窓口、アートネイチャー、SEIKOの協賛で行われていることが紹介された。

チャルチサ・テジュツが1位でゴールした。

前田彩里へインタビュー。前田選手は逆転で日本人トップとなり、喜びを語った。またトラックに対する意気込みを話した。

シニア男子10km、現在集団の先頭はカレミ・ズク

キーワード
アートネイチャー
SEIKO

2014福岡国際クロスカントリー(中継3) (スポーツ)
16:49~

シニア男子10km、イメル・アウェケが1位で4週目を通過。

2014福岡国際クロスカントリー(中継4) (スポーツ)
16:58~

シニア男子10km、カレミ・ズクが1位でゴール。

シニア男子10kmで優勝したカレミ・ズクへインタビュー。ジュニア時代にも優勝していて、シニアでも優勝できた喜びを語った。

続いて、日本人トップとなった松岡佑起へインタビュー。積極的にいこうと思っていたと話し、去年の優勝者を捉えることができたと語った。

2014福岡国際クロスカントリー(中継5) (スポーツ)
17:07~

ジュニア女子6km、小林由佳が1位でゴール。

ジュニア女子6kmで優勝した小林由佳へインタビュー。びっくりしていると喜びを話し、一騎打ちを制したことを語った。

2014福岡国際クロスカントリー(中継6) (スポーツ)
17:12~

ジュニア男子8km、ポール・カマイシが1位でゴール。

ジュニア男子8kmで優勝したポール・カマイシへインタビュー。最初から最後まで1位を守りぬいていて、ベストを尽くして勝つことができたと語った。

続いて、日本人トップとなった羽生拓矢へインタビュー。1年ながら勝てたことは今後の自信に繋がると話し、留学生に勝ちたいと意気込みを語った。

エンディング (その他)
17:18~

エンディング映像。

林みなほらが福岡国際クロスカントリーを振り返ってトーク。晴れてよかったと話し、1年生選手の今後の成長に期待したいことや、ジュニア世代につづいてシニアでも活躍している選手も期待がかかると話し、増田明美は女子も積極的で今後に期待できると語った。

キーワード
福岡国際クロスカントリー
  1. 前回の放送
  2. 2月22日 放送
  3. 次回の放送