激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女・・・密着24時 激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時

放送日 2012年2月12日(日) 12:54~14:58
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
12:54~

きょうは壮絶な修羅場に立ち向かう女性捜査官を取材。覚せい剤摘発する女性捜査員にスゴ腕の女性Gメン、交番の女性警察官の仕事を追う。

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
12:55~

横浜駅西口交番の中河原理加巡査部長を取材。中河原理加巡査部長は相手が男性であっても年上であっても強くいくときもあると話した。

横浜駅は1日に約180万人が利用、横浜駅西口交番にはひっきりなしに道を尋ねる人が多く1時間で道案内を30人もこなす。中河原理加巡査部長は自分で地図を購入してよく聞かれる場所を書きこんでおり、落し物の数も神奈川県で一番多い。

横浜駅西口交番でトイレを聞いてきた男性が、しばらくすると戻ってトイレの場所がわからないと大暴れ。なんとか話を聞いて対処すると相手も納得して出ていった。

中河原理加がなぜ警察官になったかについて、「ケイゾク」というドラマがすごい好きで、その中でも渡部篤郎が好きだと話した。上智大学の新聞学科に進学し、自分で中に入っていける仕事に就きたいと思ったときに警察なんじゃないかな、と思ったと述べた。

交番に万引き被害にあったという情報が入った。

横浜駅西口交番に人だかりが出来ていると通報があり、警察官がかけつけると友人が落とした靴を拾おうと川に入った男性が川から出られなくなっていた。浮き輪を投げ込みなんとか引き上げに成功した。

キーワード
渡部篤郎
上智大学
ケイゾク

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
13:10~

横浜駅西口交番の中河原理加のもとに万引きが発生したと連絡が入った。加害者は50代の女性で、女性は兄弟はいないとウソをついており、過ちは繰り返して欲しくないと話した後に女性の兄に身柄を引き渡した。

12月25日のクリスマスにも交番には多くの人が訪れる。中河原理加は去年も今年もクリスマスは仕事で、交番には喧嘩するカップルやラブホ街を聞きに来るカップルなどがやってきた。

電車をタダ乗りしようとした老人が交番にやってきた。老人は風呂も1ヶ月入っておらずに生きるためにしょうがないと言っていたが最後は、もう二度としないと話して交番を後にした。

神奈川県の某スーパーマーケットで万引きGメンをしている原智美さんに密着。万引きを見抜く力はずば抜けて鋭い。

キーワード
万引き

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
13:21~

神奈川県の某スーパーマーケットで万引きGメンをしている原智美さんに密着。酒売り場は通路が狭く、酒が積み上げられて死角になっていると目を付けた。青い作務衣の男が酒売り場でコーヒーを服の中に入れたのを確認、外に出たところを捕まえた。

万引きGメンは警察ではなくて保安院で、店からの依頼で派遣される。午後1時にスーパーマーケットでは店内でサングラスをしている怪しい女性を発見、自分で持ってきたレジ袋の中に次々と商品を入れ始めた。かごに商品を入れたままレジを素通りする「かご抜け」という方法で万引きを行い、店を出たところを捕まえた。

67歳女性は計6品を万引きしていて、これが初めてではないと言うが万引きGメンは追求。警察だけは許してくださいと言っていたが、ことの重大さを理解してもらい警察へと引き渡した。ここ最近では65歳以上の万引きの検挙人数が増加している。

原智美は万引きGメンとして非常に優秀で1日に10人以上を検挙することもあり、愛知・静岡などにも出張している。検挙率の高さについて買い物をしにきている人はリラックスしている状態だが、万引き犯は殺気立っていてすぐにわかると話していた。

埼玉の某スーパーマーケットから万引きGメンの原智美に依頼があった。原智美は初老の男性に注目、すれ違った瞬間に万引きをやると話していた。

万引きをした青い作務衣の男はインスタントコーヒーの会計を忘れたと言い訳を始めた。男は盗る気はなかったと言っていたが最後は万引きを認めて、警察に引き渡された。

キーワード
万引き
かご抜け
エスピーユニオン・ジャパン
愛知県
静岡県

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
13:39~

埼玉の某スーパーマーケットから万引きGメンの原智美に依頼があった。原智美は初老の男性に注目、商品をズボンの右ポケットに入れるところを確認した。

池袋警察署の警視庁第二自動車警ら隊は池袋・新宿・上野を管轄として動いている。

初老の男性は出るときも全く警戒していないで出ていた事から万引き常習犯とみられ、捕まえた時も反省する様子を全く見せていなかった。

キーワード
万引き
警視庁第二自動車警
池袋(東京)
新宿(東京)
上野(東京)

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
13:47~

「警視庁第二自動車警ら隊」の女性隊員を取材。池袋駅近くの路上で、信号が青になっても渡ろうとしない女性を職質、女性と思っていたのは男性でSuicaを所持していたが、Suicaは日本人名で拾ったと話していた。

警視庁第二自動車警ら隊の配属4年目、荒川巡査長を密着取材する。

キーワード
Suica
警視庁第二自動車警

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
13:55~

警視庁第二自動車警の荒川巡査長の職質を取材。荒川巡査長は職務質問に面白さに気付いて、色々と学びたいと話していた。

荒川巡査長の元へ応援要請が入った、職務質問から逃げ出した男がいるとの通報で、男は覚醒剤を所持。男は女と待ち合わせをしていたところで、既にきょう覚醒剤を打っていた事が判明して緊急逮捕となった。

埼玉の某スーパーマーケットからの依頼を受けた万引きGメンの原智美の仕事を取材。未成年の少年がお菓子をポケットの中に入れていて、2階に行った時は万引きする途中でやめて、商品を店内に捨てて外に出る「チャリ」が心配されたが品物を確認。

原智美は都内で1人暮らしをしており、上京してメイド喫茶で働きたいと思って求人誌を見たら、万引きGメン募集というのを見つけたので応募したことがきっかけだった。今では私生活でも万引きを見つけると捕まえてしまうと話してくれた。

万引き犯を摘発したスーパーマーケットで怪しい女性を発見、商品をバッグに入れていたのを確認。レジで他の商品の会計を済ませて、かばんに入れた商品を袋に詰め替えるという手口だった。

このあとは緊急搬送の患者、重病患者の最前線や、国境警備最前線などを放送する。

外に出た後に少年を捕まえると、すぐに万引きを認めた。万引きしたのはお菓子一つだけで、原智美は万引きは誤認すると相手の人生も自分の人生も狂うので、絶対にしてはいけないと語った。

女性は万引きをしていないといい、さらには万引きしていなかったらどうするのかと万引きGメンの原智美に脅しをかけてきた。さらに女性はこのスーパーの従業員であることが発覚。

キーワード
覚醒剤
警視庁第二自動車警
チャリ
万引き

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
14:16~

万引きをした女性はこのスーパーの従業員であることが発覚し、最後は万引きを認めて泣き落としにかかってきた。女性は韓国から帰化し、スーパーで働き始めて2ヶ月の女性だった。

原智美は万引きGメンになった事について、よかったです、後悔は全くしていませんと述べた。捕まえなきゃと思ってしまうのはやっぱり誇りで、使命感だと話していた。

日本大学医学部付属板橋病院の救命救急センターには生死に堺で闘う救急専門医の山口順子さんを取材。70代男性が心肺停止で運ばれてきた、心臓マッサージを続けるも蘇生は厳しい状態だった。

キーワード
万引き

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
14:26~

日本大学医学部付属板橋病院に心肺停止の70代男性が搬送されてきた、諦めずに心臓マッサージをやっていると心臓の動きが戻った。

日本大学医学部付属板橋病院にアルコール多飲で呼吸停止となった20代男性が搬送、患者は酩酊状態で治療中に目を覚まして暴れだした。

山口順子は田舎の祖父に国家試験に受かったと挨拶をしたその日に、祖父が心肺停止となって初めて心臓マッサージを行ったのが祖父だった。

中国漁船衝突事件や北朝鮮籍の船が漂流など国境を守っているのが海上保安庁で、那覇航空基地の女性パイロット・堀田美保子を取材する。

キーワード
中国漁船衝突事件
那覇航空基地

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
14:35~

堀田美保子は副操縦士で貴重の許しがなければ操縦桿を触ることもできない。この日は釣り上げの訓練を行なっていた。

堀田美保子は地元で陸上自衛隊のヘリコプターの体験搭乗に誘われ、後ろからパイロットをみてかっこいいと思ったのがきっかけだと話した。

仕事納めとなる12月28日に横浜駅相鉄口交番の中河原理加巡査部長を取材。泥酔したおじさんが登場して、六本木への行き方を聞いてきた。20分後にまたやってきて地図をなくしてしまったと言ってきた。

中河原理加巡査部長はいつか刑事課に戻っていろんな事件にたずさわって、色々な人と関わっていきたいと今後の目標について語った。

横浜駅のホームで暴力事件が発生したとの通報があった。

キーワード
陸上自衛隊

激闘!女性捜査官たち“ナメんじゃないよ”修羅場の女…密着24時 (バラエティ/情報)
14:45~

横浜駅の相鉄線で乱闘事件が起きたという通報があり、警察官が駆けつけた。若者2人による喧嘩から始まったが、中年男性が止めに入ったところ若者の1人が消えていて、若者は中年男性との揉め事となった。

深夜に終電が終わった深夜2時にパチンコ店に何者かが侵入したことを知らせるアラームが鳴った。パチンコ店を狙う犯罪はグループ犯の確率が高いために確認に行くが、空間センサーの誤作動だと判明した。

早朝5時に飲んでいて財布をなくしたサラリーマンがやってきた。同僚が財布について悪用されようがなにしようが警察は責任を取ってくれるんでしょうね?と聞いてきたが、責任とれないと言うと「なくした財布を探せ」と態度を豹変、なくした本人が呆れる中で独演会が30分も続いていた。

中河原理加さんが悪態に落ち込むことはあるかどうかという質問に対して、本人から言っている人はあまりいなくて、一時的な感情で言っているということもわかるので、抑えて本人を聞いていると話した。

JR横浜駅北口を出たところで女性が倒れているとの通報が入った、男性が介抱していて彼氏だと言うが念のために名前と住所を確認、女性と男性が言った名前と住所が一致したので取り敢えずは駅の中で休んでから家に帰ることとなった。

エンディング (その他)
14:57~

エンディング映像。

  1. 2月12日 放送
  2. 次回の放送