プロ野球ドラフト会議 2017

プロ野球ドラフト会議(プロやきゅうドラフトかいぎ)は、日本野球機構が開催する、新人選手獲得のために行われる会議である。正式名称は新人選手選択会議。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年10月26日(木) 16:50~17:50
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
16:50~

中居正広がグランドプリンスホテル新高輪から中継。これからドラフト会議が始まる。

キーワード
ドラフト会議
グランドプリンスホテル新高輪
清宮幸太郎
中村奨成

プロ野球ドラフト会議2017 (バラエティ/情報)
16:54~

中居正広がドラフト会議が始まるグランドプリンスホテル新高輪から中継。中居正広は「10球団説ありますから。7球団8球団競合になるんじゃないでしょうか」と話しドラフト歴代競合数のリストが表示された。早稲田実業高校から中継した石井大裕は清宮幸太郎が学力試験があった事、広陵高校から中継した坂上俊次は中村奨成が7分前ほどに入って緊張した面持ちで待っている事、履正社高校から中継した森本栄浩は安田尚憲が午後から体を動かし両親とリラックスした時間を過ごした事、JR東日本から中継した熊崎風斗は田嶋大樹が普段と変わらず練習していた事を伝えた。

プロ野球ドラフト会議開幕!12球団入場

キーワード
ドラフト会議
グランドプリンスホテル新高輪
清宮幸太郎
中村奨成
野茂英雄
小池秀郎
福留孝介
岡田彰布
清原和博
大場翔太
菊池雄星
大石達也
安田尚憲
田嶋大樹
早稲田実業高校
広陵高校
JR東日本

プロ野球ドラフト会議2017 (バラエティ/情報)
17:09~

槙原寛己は清宮幸太郎について高校通算111本が驚異的な数字である事、應武篤良は中村奨成について「打つだけでなく肩も強い」、槙原寛己は安田尚憲について「身体能力も感じます、長打力も素晴らしいですけど糸井選手のような走攻守の選手になる」、應武篤良は田嶋大樹について「ちょっと投げ方を変えたようですからね、本当に素晴らしいピッチャー」とコメント。

怪物・清宮 史上最多指名なるか?

キーワード
ドラフト会議
清宮幸太郎
中村奨成
安田尚憲
田嶋大樹

プロ野球ドラフト会議2017 (バラエティ/情報)
17:13~

1巡目指名選手の発表。千葉ロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクが清宮幸太郎、中日、広島が中村奨成オリックス、西武が田嶋大樹、DeNAが東克樹を指名。日本ハムが清宮幸太郎、広島が中村奨成、オリックスが田嶋大樹の交渉権が決まった。

8球団が2回目入札 運命の抽選は?

キーワード
ドラフト会議
清宮幸太郎
中村奨成
安田尚憲
田嶋大樹
鈴木博志
東克樹
ロッテ
ソフトバンク
西武
楽天
オリックス
日本ハム
広島
阪神
DeNA
巨人
中日
ヤクルト

プロ野球ドラフト会議2017 (バラエティ/情報)
17:31~

プロ野球ドラフト会議はリポビタンDの協賛を得ている。会場の至る所でリポビタンDがドラフト会議を盛り上げている。

2巡目指名選手の発表。ロッテ、阪神、ソフトバンクが安田尚憲、ヤクルト、巨人、楽天が村上宗隆、中日が鈴木博志、西武が齊藤大将を指名。中日が鈴木博志、西武が齊藤大将、ロッテが安田尚憲、ヤクルトが村上宗隆の交渉権が決まった。

3巡目指名選手の発表。巨人が鍬原拓也、楽天が近藤弘樹、阪神、ソフトバンクが馬場皐輔を指名。巨人が鍬原拓也、楽天が近藤弘樹、阪神が馬場皐輔の交渉権が決まった。

3巡目指名選手の発表。ソフトバンクが吉住晴斗を指名し全ての球団の交渉権が決まった。

中村奨成の記者会見の模様を映した後、清宮幸太郎の記者会見の模様が流れた。清宮幸太郎は今の気持ちについて「感謝したいと思います。もっと感謝しなければならないと思っているのは18年間育ててくれたご両親に感謝の気持ちを伝えたい」と話し、7球団の競合について「会場で自分の名前が表示されたり読まれたり今までは見ている立場だったのでふわふわした感じというか今までにない感情がありました」と答え、日本ハムの交渉権獲得について「いい選手がたくさんいますし本当にいいチームというイメージがあるので嬉しく思ってます」と答え、プロに向けて「高校野球の中では111本という記録を残す事はできましたけどプロはまったく別の世界」と答えた。

キーワード
リポビタンD
ドラフト会議
安田尚憲
鈴木博志
ロッテ
ソフトバンク
西武
楽天
オリックス
日本ハム
広島
阪神
DeNA
巨人
中日
ヤクルト
馬場皐輔
岩見雅紀
近藤弘樹
石川翔
齊藤大将
村上宗隆
清宮幸太郎
田嶋大樹
東克樹
中村奨成
鍬原拓也
草場亮太
高橋遥人
鈴木康平投手
増田珠
吉住晴斗
広陵高校
早稲田実業
  1. 前回の放送
  2. 10月26日 放送
  3. 次回の放送