水野真紀の魔法のレストラン 2013年2月11日放送回

放送日 2013年2月11日(月) 19:00~20:00
放送局 毎日放送

番組概要

粉もん ナンデ!?ナンデ!?探検隊 (バラエティ/情報)
19:00~

「京都三十三間堂 お好み焼 吉野」は、タクシードライバーがこよなく愛する店。タイの唐辛子が入っているブラックソースが秘伝のタレ。メニューは「オムライス」、「焼そば 全部入り」など。

京都にあるお好み焼き店「ジャンボ」。1人前で卵5つを使うジャンボお好み焼きが名物。更に、ソースは1本全て使い切る。ジャンボ焼きそば、ジャンボミックス玉は750円で食べる事ができる。

キーワード
油かす玉
ホソ焼
ジャンボ焼きそば
ジャンボミックス玉
近江牛
焼肉
焼そば 全部入り
オムライス

オープニング (その他)
19:03~

オープニング映像。

粉もん ナンデ!?ナンデ!?探検隊 (バラエティ/情報)
19:05~

小林さとねと門上武司が、兵庫・長田の「マルヨネ」を訪れた。この店では、長田名物「ぼっかけ」を使って「ぼっかけコロッケ」を販売している。小林さとねが「ぼっかけコロッケ」を試食した。

粉もんの疑問を兵庫・長田で探る。

兵庫・長田の丸五商店街の「そば焼 いりちゃん」を門上武司と小林さとねが訪れた。「そば焼」は、一般的な焼きそばのことだが、長田ではソースはあとがけが一般的だと説明した。また長田で「アップル」とは、みかん水のことだという。

兵庫鉱泉所では、兵庫・長田区で販売されている「アップル」を作っている。なぜ、みかん水をアップルというのかは、作っている人もわからないという。

兵庫・長田の「そば焼 いりちゃん」のそば焼ドッグを紹介。販売している飲み物「アップル」と合わせても200円で食べられる。

兵庫・長田の「ゆき」の名物料理「にくてん」を紹介した。

兵庫・長田の「青森」は、「すじそばめし焼」の発祥の地として知られていると紹介した。

兵庫・長田の「青森」は、そばめしの発祥地だと言われている。長田に住む青森章子は、長田のお好み焼き「青森」を開店させた。そのころ、靴の町となった大勢の女子従業員は、お好み焼き屋さんの鉄板でご飯を温めていた。これを見た青森章子は、焼きそばとご飯を合わせることを思いついた。しかし一緒に入れたスジが残ることから、近所の肉店でミンチにしてもらうことを思いついた。このことで「すじそばめし焼」が誕生したという。

小林さとねと門上武司が、兵庫・長田の「青森」を訪れた。そばめしの発祥の地である店では、三代目が開発した「すじオムレツ」が食べられると2人が試食をした。さらに人気の「皮すじ焼」を紹介した。また、長田には白ご飯、みそ汁、マヨネーズは置いていない。これは、長田で作られている「ばらソース」の味を活かすためだと説明した。

大阪には幻といわれる地ソース「ヘルメスソース」がある。このソースは石見食品工業所が作っている。このヘルメスソースを手に入れる裏ワザとして、直接工場へ行くことだと紹介した。ただし、1人1本までだという。

ソースの魔力を案内する。ウスターソースは、イギリス・ウースターに住む主婦が偶然作ったもので、幕末に日本に入ってきた。月亭八方と月亭八光が外国の「リーベリン ウスターソース」と日本最古のソース「敬七郎」を食べ比べる。

月亭八方と八光が、肉の山下晴商店の「コロッケ」につけて阪神ソース「敬七郎」のソースを試食した。

ソースの魔力を特集。明治から昭和初期、ソースはハイカラなものだった。また、地ソース会社は関西だけで37軒にのぼる。ハリマ食品の「ワンダフルソース」などもそうした地ソースで、市街地の近くにあるのが特徴だという。さらに、ソースがとろとろになった理由について、メリケン粉の登場で関西では粉もん文化が花開いて、甘めのソースとの組み合わせが生まれた。「とんかつソース」はオリバーソースの道満清さんによって作られた。このとんかつソースが、粉もんとともに広がった。

鶴橋風月 梅田店でソースの魔力を聞いた。とんかつソースなどとお好みソースの違いについて、小川直樹さんが、熱で酸味がとぶことを考えて酸味を強くしてあると説明した。

ソースの魔力を特集。鉄板に落ちたソースがなぜ美味しいのかについて、メイラード反応と呼ばれる糖分とアミノ酸によりうまみ成分を生じる反応が強まるためだと説明した。さらに、関西のソースは甘みが強く、メイラード反応が大きくなる傾向にある。また、関西人は「お好み焼き定食」が好きな理由を調査する。はっきりしたことは分からないが、おかずにして食べたためではないかと説明した。

このあと…京女・中村玉緒、驚きの粉もん道とは!?

キーワード
長田(大阪)
長田(兵庫)
そば焼(中)
アップル
長田区(兵庫)
そば焼ドッグ
ぼっかけ
ぼっかけコロッケ
にくてん
すじそばめし焼
青森章子
すじオムレツ
皮すじ焼
ばらソース
ヘルメスソース
石見食品工業所
ソース
ウースター(イギリス)
ウスターソース
リーベリン ウスターソース
敬七郎
コロッケ
ワンダフルソース
メリケン粉
とんかつソース
道満清さん
道満不二子さん
オリバーソース
お好みソース
メイラード反応

粉もん ナンデ!?ナンデ!?探検隊 (バラエティ/情報)
19:26~

大阪・九条の「居酒屋 ん?」では、「おかん焼き」と「イベリコ豚鍋」が人気。木下隆行と母親の木下定子さんが料理を食べた。

TKOが、京都・九条河原町の「よっちゃん」を訪れた。この店では「ねぎ焼ミックス」「テッチャンうどん」などが人気。よっちゃんには「いかの塩辛」などの激辛料理も揃っている。また、生地に天カスを入れる理由について、説明した。

大阪・西区九条の「チング」では、ボリューム満点の「海鮮ミックス焼きそば」「モダンライス焼き」などが楽しめる。また、この店はNTTドコモレッドハリケーンズの選手が常連で、そのため外国人のお客さんが多い。さらにこの店でも使われる油かすは、コクを出すことができると紹介した。

「千日前おかる」の名物と言えば、女将が20年以上続けているマヨネーズアート。

大阪で初めて粉もんにマヨネーズを使ったのは「ぼでぢゅう総本店」。昭和21年にお好み焼きにマヨネーズと辛を使ったと言われている。当時は、慣れない客が、避けて食べていた事もあった。

「キユーピー 伊丹工場」を取材した。キユーピーだけで年間42億個の卵を使用しマヨネーズを作っている。マヨネーズで使用しているのは卵黄のみ。卵白はカマボコなどに使用している。また、殻はカルシウム強化食品、膜は化粧品に使用している。

茨木市の「楽」を中村玉緒が訪れた。中村玉緒は店の「豚玉」を注文して、ソースだけの味を楽しみたいと話した。さらに、中村玉緒は旬の「かき玉」を食べながら、勝新太郎との思い出話を語った。

このあとは、モダン焼き誕生秘話。

日本一のコテの街・燕市だが、お好み焼き店は「お好み焼き・甘味処かどや」の1軒だけ。お好み焼きはお皿で出すスタイルである。コテを造る山儀工業所の写真らは、コテでお好み焼きを食べることに慣れていなかった。

道具屋筋で、お好み焼きに欠かせない道具を調査するために「和田厨房道具」を訪れた。大阪・北区のどんたくなどで、お客さんが使っているステンレス製のコテのルーツを調査する。すると、16年前の「あまからアベニュー」でいづみや金物で取材した映像に、石井清治さんが提案して工場に作らせたと話している映像が残っていた。

日本一のコテの街は新潟県燕市。山儀工業所のコテ工場を取材した。ステンレススプーンを100年前に作り、出来が良かったため燕市に工場が広がり、今では副業としてコテなども作っている。

大阪・千日前の「おかる」はステンレス製のコテの発祥の地だと紹介した。初代の安達武夫さんがいづみや金物にコテを作って欲しいと依頼したと説明した。

キーワード
九条河原町(京都)
ねぎ焼ミックス
テッチャンうどん
いかの塩辛
ブタ玉
九条(大阪)
おかん焼き
イベリコ豚鍋
NTTドコモレッドハリケーンズ
海鮮ミックス焼きそば
キユーピー
モダンライス焼き
油かす
茨木市(大阪)
燕市(新潟)
豚玉
かき玉
勝新太郎
道具屋筋
山儀工業所
あまからアベニュー
いづみや金物店
北区(大阪)
石井清治さん
コテ
千日前(大阪)
安達武夫さん
いづみや金物

粉もん ナンデ!?ナンデ!?探検隊 (バラエティ/情報)
19:40~

モダン焼き発祥の店「志ば多」へ取材に来た門上武司たち。現在は、3代目が店を切り盛りしている。

「モダン焼き」誕生秘話を紹介。「志ば多」の初代女将の柴田千代子が4人の子供を抱えながら戦後、お好み焼きの店を始めた。時間のない客のために、肉の上にうどんを載せて焼いてみたら評判となった。

モダン焼き発祥の店「志ば多」へ取材に来た門上武司たち。モダンの由来は、当時流行っていた言葉から命名した。小林さとねらが「肉うどんモダン」を試食した。更に、明日から「ハイカラ焼き」が新メニューに加わる。しかし、「ぼでぢゅう総本店」もモダン焼き発祥の店と言われている。メニューは「ぶた肉入 モダン焼」。

キーワード
長田区(兵庫)
柴田千代子
肉うどんモダン
オオガイ
ハイカラ焼き
ぶた肉入 モダン焼
かきそば焼

魔法のレストラン 100円クッキング (バラエティ/情報)
19:49~

山口浩がサバ缶とツナフレークを使って「山口流ミラクルドリア」を調理した。1人前で85円となった。調理したものをTKOらが試食した。

このあとは、ナゾの「のり巻き焼き」発祥「ひかり」へ!!

キーワード
山口流ミラクルドリア
ツナフレーク
サバ缶

粉もん ナンデ!?ナンデ!?探検隊 (バラエティ/情報)
19:55~

松尾稲荷神社の隣にあるのはお好み焼き「ひかり」。名物の「玉子のり巻き」を小林さとねらが試食した。考案したのは創業者の小林あや子。切り絵作家の成田一徹さんも常連客だった。

キーワード
玉子のり巻き
小林あや子
成田一徹さん

エンディング (その他)
19:58~

「魔法のレストラン万能土鍋(中皿付き)」を5人の方にプレゼント。プレゼントダイヤルは0180-999-588まで。

筋吹ひまりちゃんが大好きなサツマイモを食べてにっこりした写真を紹介した。

写真を大募集中。詳しくは番組HPまで!

「水野真紀の魔法のレストラン」の次回予告。

キーワード
魔法のレストラン万能土鍋(中皿付き)
水野真紀の魔法のレストラン ホームページ

スポット

グルメ

そば焼 いりちゃん
青森
大阪 道頓堀 ぼでぢゅう総本店
居酒屋 ん?
志ば多
よっちゃん
チング
どんたく
京都三十三間堂 お好み焼 吉野
ひかり
お好み焼き・甘味処 かどや
肉の山下晴商店
鶴橋風月 梅田店
キユーピー 伊丹工場
マルヨネ
おかる
ハリマ食品
兵庫鉱泉所
ゆき
ジャンボ
阪神ソース

住まい/暮らし(家庭用雑貨)

和田厨房道具

宗教

松尾稲荷神社

流通

丸五商店街
  1. 前回の放送
  2. 2月11日 放送
  3. 次回の放送