ガンバTV〜青と黒〜 【たむけん対談宮本恒靖監督が語った遠藤保仁とは▽広島戦】

放送日 2019年4月9日(火) 2:05~ 2:20
放送局 毎日放送

番組概要

ガンバTV~青と黒~ (バラエティ/情報)
02:06~

前回までのガンバTVは、スタジアムのロッカールームで宮本監督と4年ぶりの対談をした。今回はたむけんが気になる3人のガンバ戦士について、宮本監督に聞いてみた。

横山FCからレノファ山口を経て加入した小野瀬について、宮本監督は「元来技術があって、自身の課題に気付いて色々出来るようになってきてる」と語った。また、オンオフのギャップが激しく、試合に出るときはすごい剣幕だがオフのときはずっと口が開いていて、たむけんはそのことについて、「口閉じや~って言ってる」と話した。小野瀬の課題はハードワーク、運動量、ディフェンス。宮本監督は「小野瀬は現状に満足していてはいけない。まだいける選手だ」と、今後のガンバ大阪の目標”中盤のサイドの選手が10得点獲得する”ことについても、小野瀬にぜひ活躍してほしいと語った。

キーワード
ワールドカップ
小野瀬康介
レノファ山口
ガンバ
横浜FC
菅沼選手

オープニング (その他)
02:08~

オープニング映像。

今回は、宮村監督が3人のガンバ戦士について、守備の課題が浮き彫りになった広島戦を振り返りながら、たむけんと対談をする。

キーワード
ガンバ
広島

ガンバTV~青と黒~ (バラエティ/情報)
02:09~

明治安田生命J1リーグアウェイでの広島戦。神戸戦で4失点ディフェンス面で課題が残ったガンバは改善できているのか。スタメンは攻撃の形が良かった神戸戦と変えず挑んだ宮本監督。開始してから2分広島のサイドの攻撃でいきなりの失点。(広島1‐0G大阪)更にその5分後これまで何度も見てきた立ち上がりでの失点。(広島2‐0G大阪)この試合広島のサイド攻撃に対しガンバディフェンスの連携が上手くいかず何度となく危険な場面があったことに対して三浦弦太さんは、「中々捕まえきれず、チャンスを作られた所がたくさんあった。」等と述べた。システム変更から少しを落ち着きを取り戻してきたガンバ、徐々に攻撃の形を作り、広島ゴールに迫る。後半セットプレイから流れたボールを矢島。しかし惜しくもクロスバー。後半13分2年連続J1フル出場の三浦に代え米倉を送る。最後まで今シーズンリーグ最小失点の広島からゴールを奪うことが出来なかったガンバ。しかしまずは2試合で7失点とディフェンスでの修正が課題となる。(サンフレッチェ広島3‐0ガンバ大阪)

宮本監督が語るガンバ戦士二人目は、遠藤選手。3月13日に行われた松本山雅戦からトップ下に起用されることになった。宮本監督は、遠藤選手がトップ下で試合や時間を作ることでボランチで起用する倉田選手の運動量を活かす目的があるとのこと。「決定打を決めることに関してはまだまだ錆びついていない」と宮本監督は語った。宮本監督と遠藤選手は3歳差で、選手時代も一緒にやってきたチームメイトだったため、特にはやりにくさは感じていないと話した。次に、昨季ガンバに復帰した菅沼選手に話題に移った。神戸戦で菅沼選手をセンターバックに起用している理由を、宮本監督は「菅沼選手のパフォーマンスが上がってきているから」と話した。菅沼選手の課題は不利な体勢でも激しくマークについて、ファウルの判定を受けてしまいがちなことだったが、最近はラインはしっかりと高く上げたり、細かくコントロールしたりと、求められる動きが出来るプレイになっていることを宮本監督は評価している。宮本監督は、時代は自分の現役時代とは色々変わってしまったこともあるが、大事なことや”宮本イズム”は全員に伝えているつもりだと話した。

たむらさんは、「監督の理想とする理想像は?」という質問に対して宮本監督は、「試合に勝たないと意味がない。」等と答えた。

来週は深夜2時30分からお送りしますとテロップ表示。

キーワード
明治安田生命J1リーグ
ガンバ大阪
神戸
宮本監督
サンフレッチェ広島
柏好文
柴崎晃誠
遠藤選手
松本山雅
三浦弦太
倉田選手
矢島慎也
高宇洋
菅沼駿哉
ガンバ
キム ヨングォン選手
米倉恒貴
弦太
野田

エンディング (その他)
02:18~

ガンバ大阪のゲームスケジュールをテロップで表示。次節浦和レッズとのナショナルダービー。ライバル相手に完封勝利へ。

キーワード
清水エスパルス
浦和レッズ
大分トリニータ
IAIスタジアム日本平
パナソニックスタジアム吹田
  1. 前回の放送
  2. 4月9日 放送
  3. 次回の放送