がっちりマンデー!! 2013年12月15日放送回

『がっちりマンデー!!』は、TBS系列で、毎週日曜の午前7:30 - 8:00(JST)に放送されている生活情報バラエティ番組である。正式なタイトルは『応援!日本経済 がっちりマンデー!! 日曜に勉強!月曜から実践!』(おうえん!にっぽんけいざい がっちりマンデー!! にちようにべんきょう!げつようからじっせん!)である。当記事では、前身の『儲かりマンデー!!』(もうかりマンデー!!)、BS-TBSで放送していた『がっちりマンデー!!プレミアム』についても記述する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年12月15日(日) 7:30~ 8:00
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
07:30~

今回は「おらが県こそNo.1」の第11弾として、奈良県の知られざるNo.1を続々紹介する。

進藤晶子と加藤浩次が挨拶。今回のテーマである奈良県のイメージについて聞くと、加藤浩次は「修学旅行」、進藤晶子は「柿の葉寿司」「鹿せんべい」をあげた。今回はライセンスの2人と森永卓郎がゲストで登場した。

オープニング映像。

キーワード
奈良県
柿の葉寿司
鹿せんべい

おらが県こそNO1「奈良県」 (バラエティ/情報)
07:32~

今回は奈良県の意外な日本一を特集。これまでおらが県こそNO.1企画では様々な地味な県をとりあげてきたが、森永卓郎は奈良県が一番地味と主張。ものづくりも地味なものが多いがその中でナンバーワンのものがあるとした。

奈良県の意外な日本一を求めて、奈良県産業振興総合センターを取材。取材に来てくれるのを心待ちにしていたという村上所長は子供のころに使ったとあるものが日本一だと教えてくれた。

その情報をたよりに取材班は奈良市の南京終町にある「呉竹」を訪れた。マーケティング部の望月さんによれば、奈良県は書道用の墨の生産が日本一で、国内シェアは95%にもなっていた。しかもその歴史は1400年前の飛鳥時代にまで遡るという、由緒正しきものだった。

墨作りの工程を見学させてもらったが、各部屋に分かれて職人さんが墨作りの真っ最中。煤と膠を混ぜた墨玉を職人が徹底して混ぜるが、その時には足で踏むなどの工程が行なわれていた。その後、型にいれられた墨は最低でも1か月、長い場合には1年かけて乾かされるのだった。ただ墨の使用量は年々減少しており、そこで呉竹では1973年にくれ竹筆ペンを売り出したのだった。

奈良県の意外な日本一を求めて、県北部の広陵町にある三笠産業を取材。取材班は林田壽昭社長直々のお出迎えを受けたが、何とここではプラスチックキャップの生産が日本一で全国シェアも25%だった。三笠産業では元々酒樽のそそぎ口部分を作る会社で、創業者の林田孝一氏が呑み口の技術をいかせる新ビジネスをと模索して、60年前にキャップメーカーとなった。現在では中身にあわせ、中栓といった一過したニュートンキャップなど様々なキャップを製造していた。

奈良県はプラスチックキャップの生産が日本一だった。スタジオには中栓と一体化したニュートンキャップと呼ばれるタイプのキャップなどが登場したが、森永卓郎は本体とフタとを一体化させるタイプのものは金型作りが難しく、高い技術が必要であることを指摘した。

もう一つの日本一が書道用の墨。スタジオには数種類の筆ペンが用意され、その中から「ウインク オブ ステラ」というラメ入りの筆ペンを試すことに。乾くと予想以上のキラキラ感があり、森永卓郎は「年賀状とかにいいかも!」とコメント。さらに森永卓郎は奈良県の産業が、歴史や伝統から出発しているがどんどん新しいものに進化させていると指摘した。

奈良県の意外な日本一を求めて、奈良県産業振興総合センターを取材。村上所長は「みなさんの足元を支えるアレが日本一です!」と自信満々の様子を見せた。

やってきたのは広陵町にある岡本という会社。こちらでは靴下の製造を行なってるが、奈良県は経済産業省の調査でも2位の愛知に圧倒的な差をつけての1位だった。さらに広陵町を巡ってみるとなんど46社もの靴下メーカーが点在していた。これは奈良県で大和木綿の栽培が盛んで、明治時代に地元の実業家吉井泰次郎がアメリカで見つけた靴下編み機械を持ち込んだことがきっかけだった。

岡本の工場で靴下作りの様子を取材。巨大な自動編み機が導入されていたが、製造工程では靴下の部分ごとに人間が網目の感覚の微妙な調整を行なっていた。そんな岡本は「スーパーソックス」というブリーズファイバーという繊維を使った、におわない靴下も開発し大人気に。

奈良県の意外な日本一を求めて川西町にあるトモイという会社を訪問。こちらの会社が製造しているのは、貝から作った貝ボタンの製造が日本No.1で、トモイは100年間貝ボタンを作り、シェアも60%以上だった。

キーワード
奈良県
奈良県産業振興総合センター
南京終町(奈良)
呉竹
くれ竹筆ペン
広陵町(奈良)
三笠産業
林田孝一さん
ウインク オブ ステラ
年賀状
岡本
吉井泰次郎氏
スーパーソックス
川西町(奈良)

おらが県こそNO1「奈良県」 (バラエティ/情報)
07:52~

奈良県の意外な日本一を求めて川西町にあるトモイという会社を訪問。こちらの会社が製造しているのは、貝から作った貝ボタンの製造が日本一だった。工場で貝ボタン作りの様子を見せてもらったが、女性たちが物凄い速さで貝を白系のものと黒系のものに仕分けしていた、これは貝ボタン作りにはなくてはならない仕事だった。

奈良県の意外な日本一を振り返る。奈良県出身のライセンスの2人も全然知らなかったことなどに驚きつつも、あまり前に出過ぎないのが奈良県のいいところではないか?と述べた。

キーワード
川西町(奈良)
奈良県

おらが県こそNO1「奈良県」 (バラエティ/情報)
07:58~

奈良県の意外な日本一を調査した今回の番組。森永卓郎は奈良県で次に来るものに「だいぶつ納豆」を挙げた。こちらは伝説の納豆とよばれる、納豆が食べられない人でもこれだけは食べられる…という納豆で、日本橋のアンテナショップほろば館では最近雄ブッチギリの1位の商品だった。

エンディングテーマ:So’Fly「REALLY INTO U」(Village Again Association/Atlas Music)

キーワード
奈良県
だいぶつ納豆
日本橋(東京)
So’Fly
REALLY INTO U
Atlas Music
  1. 前回の放送
  2. 12月15日 放送
  3. 次回の放送