報道特集 【インフルエンザ集団感染の裏に▽私は殺していない〜元看護助手の再審】

報道特集(ほうどうとくしゅう)NHKで1966年4月10日から1970年4月4日まで放送されたテレビ番組。→ 報道特集 (NHK)を参照。TBS(JNN)系列で、1980年10月4日から2008年3月30日まで放送されたテレビ番組の通称。→ JNN報道特集を参照。上記『JNN報道特集』の後継として、TBS(JNN)系列で、2010年4月3日から放送されているテレビ番組。2008年4月5日から2010年3月27日までは、『報道特集NEXT』として放送した。→ 報道特集 (TBS)を参照。和歌山放送でかつて放送されたラジオ番組。→ 報道特集 (和歌山放送)を参照。このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。このページへリンクしているページを見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月2日(土) 17:30~18:50
放送局 毎日放送

番組概要

ニュース (ニュース)
17:30~

歴史的な条約の離脱を正式に宣言した。ポンペオ国務長官はロシアがINF全廃条約に違反を続けているとして条約離脱を2日にロシアに正式通告すると発表。実際に通告すればINF全廃条約は6ヶ月後に失効する。INF全廃条約は射程500kmから5500kmの中距離核戦力を互いに全廃すると決めたものだった。しかしロシアの新型巡航ミサイルが条約違反だと主張。アメリカは6か月以内にロシアが違反を見直せば離脱を取り消す方針だが両者が歩み寄る可能性は低いとみられる。またトランプ大統領は新しい条約を見たいというが実現の見通しは立っていない。中国を巻き込んでの軍拡競争が激しさを増すと懸念される。

キーワード
ポンペオ国務長官
INF全廃条約
トランプ大統領
原水爆禁止日本国民会議
ワシントン州(アメリカ)
広島市(広島)
長崎市(長崎)

オープニング (その他)
17:32~

オープニング映像と今日の伝える特集を伝えた。

ニュース (ニュース)
17:33~

おととい北海道小樽市で3人が死亡した火災。新たに焼け跡から油の痕跡とタンクが見つかった。この火事で焼け跡の1買いに男性2人と女性1人の遺体が発見され焼死と判明している。この家は5人暮らしでうち3人の行方がわからなくなっている。またその後の操作で住宅1階から油の成分が検出されていたことがわかった。その地殻では灯油などを入れるタンクが発見されたという。今日も現場検証を行い火のでた原因を調べている。

日産社長がルノーの筆頭株主である仏担当相と直接会談したことがわかった。関係者はルメール経済・財務相の予定に西川社長との面談が入っているとしている。フランスシフ代表団は先月中旬に日本政府側に「持ち株会社の形で日産とルノーを統合したい」という意志を伝える。西川社長は直接前社長退任後のルノーとの関係や日産の会長人事について要望を受けた可能性がある。会談は約2時間行われたと見られ今後どのような影響があるのか注目される。

不正な入試が行われていた東京医科大学で今日から一般入試が始まった。東京医大の入試を巡っては前理事長による裏口入学や女子や多浪生に不利な得点操作が明らかとなった。今日東京医科大学の一般入試が行われ入り口では警視庁の警察官が交通整理にあたっていた。東京医大は今年春に44人の追加合格者を受け入れるため一般入試の募集人数を例年の75人から34人に減らしている。また志願者の数も例年に比べ減っており試験会場も予定していた2か所から1か所となった。

俳優の新井浩文容疑者がマッサージ店から派遣された女性に性的暴行を加えたとして逮捕された事件。容疑者は店の禁止事項に同意し署名していたことがわかった。去年7月自宅マンションでセラピストの女性に性的暴行を加えた疑いで昨日逮捕され今日送検された。店の利用は4回目で警視庁は違法性を認識していたとみて調べている。また容疑者は事実関係を概ね認める一方「頭を押し付けていない」と一部否認している。

佐賀県玄海町にある玄海原子力発電所の重大事故に備えて3つの県が合同防災訓練を実施した。訓練は震度6弱の地震発生で3号機の全電源を喪失し放射性物質が漏れる自体を想定。唐津市では全島民の一斉避難を想定した訓練が行われた。また福岡の九州大学病院では内部被曝した可能性がある人をホールボディカウンタで測定し治療に活かす訓練も行われた。3県による合同訓練は3号機と4号機が再稼働してから初めて行われた。

タイ・バンコクで大気汚染が深刻化。学校が一斉に休校となるなど市民生活への影響が拡大し、政府が対応に追われている。地元紙にはマスクの使用を呼びかける記事が。健康被害への懸念も広がり、マスクは品薄状態が続いている。連日消防車による道路への散水が行われ、建設現場では重機の使用が一時規制された他、大型ドローンで水を撒く取り組みも。政府はその様子を公開し積極的な姿勢をアピールしているが、改善の兆しは見えず市民の不満は高まっている。大気汚染の原因は常態化している交通渋滞。古い車両の中には排ガス基準を満たしていないものも多く、違反が見つかったドライバーには1か月以内の改善が義務付けられるという。

安倍首相は今日午後、品川区内の商店街を訪問。キャッシュレス決済を体験した。政府は今年10月の消費税引き上げに伴う景気対策としてキャッシュレス決済時のポイント還元の導入を予定していて、安倍首相自ら利用することで利便性をアピール。ただ、地方の小売店などでは普及率の低さが課題となっていて、安倍首相は「この機会にキャッシュレスをしっかり生かして頑張ってもらいたい」と述べていた。

キーワード
小樽市(北海道)
西川社長
ルメール経済・財務相
カルロス・ゴーン被告
日産
ルノー
パリ(フランス)
新井浩文容疑者
世田谷区(東京)
大気汚染
ドローン
渋滞
玄海町(佐賀)
唐津市(佐賀)
東区(福岡)
バンコク(タイ)
東京医科大学
安倍首相
キャッシュレス
戸越銀座商店街
消費税
ポイント還元
品川区(東京)
新宿区(東京)

MBS NEWS (ニュース)
17:42~

明石市の泉房穂市長はおととし、国道拡幅工事に伴う用地買収が進んでいないとして担当の幹部職員に暴言を吐いていたことが明らかになった。泉市長はこの問題の責任を取ってきのう辞職願を提出し、今日の市の臨時議会で全会一致で同意し、今日付けで泉市長の辞職が決まった。市長選は3月下旬までに行われる予定。これまでに泉市長は市長選への出馬を明言しておらず、仮に出馬し当選した場合は4月にも再び市長選が行われることとなり、費用負担への批判の声が上がりそうである。

特殊詐欺の被害防止を呼びかけるキャンペーンが行われ、元全日本女子バレーボール代表の坂本清美さんが旭署の一日署長として参加し、注意を呼びかけた。去年1年間で大阪府警が認知した特殊詐欺の件数は、過去最悪だった2016年に次ぐ1624件で、被害額は約36億円。中でも「オレオレ詐欺」の件数が1013件と前年の2倍以上に急増した。大阪府警は今後も被害防止に努めたいとしている。

兵庫県香美町で全国大会をめざした恒例の雪合戦大会が行われた。1チーム7人が長さ40mほどのコートで玉を投げ合い、敵陣の旗を先に取るか残った人数が多いほうが勝利する。雪玉を投げ合うはずだったが暖冬の影響で雪が少なく、お手玉のような小さな玉を使っての試合となった。それでも近畿各地か52チーム、約500人が参加した。大会は明日まで行われ、優勝したチームが来月に長野で開かれる全国大会に出場する。

近畿地方の気象情報を伝えた。

キーワード
明石市
JR明石駅
泉房穂市長
明石市議会
坂本清美さん
大阪府警
特殊詐欺
オレオレ詐欺
旭区(大阪)
香美町(兵庫)
長野県
雪合戦大会
暖冬

番組宣伝 (その他)
17:46~

炎の体育会TVの番組宣伝。

特集 (ニュース)
17:48~

インフルエンザで先週1週間に医療機関を訪れた患者の数が過去20年間で最多に。インフルエンザの集団感染が発生し利用者7人が死亡した兵庫・淡路市の老人ホームでは、まず先月8日に職員1人が発症。すると翌日には利用者5人と職員1人が発症した。この施設は全室個室のため発症した利用者をそれぞれの部屋に隔離。発症していない利用者も館内の移動を制限し外部との面会を原則禁止とした。それでも11日までに新たに22人が発症し、99歳の女性が死亡。この日施設の立ち入り調査を行った兵庫県は、利用者と職員全員に薬の「予防投与」を助言した。予防投与とは、抗インフルエンザ薬を事前に服用すること。感染してもウイルスの増殖を抑える狙いがある。しかし施設は予防投与を”職員だけ”と受け取り、その後も感染は拡大。合計74人が発症し、更に6人が死亡した。

こうしたインフルエンザの集団感染は全国で拡大。長野・松本市の病院では先月28日までに入院患者と職員計54人が発症し、2人が死亡。名古屋刑務所では一昨日までに職員と受刑者計300人が発症している。厚生労働省は昨日、先月27日までの1週間の患者数を発表。1医療機関あたり57.09人で、調査開始以来過去最多となった。この1週間で受診した患者は全国で推計222万人にも。一体何が起きているのか。

キーワード
タミフル
淡路市(兵庫)
インフルエンザ
国立感染症研究所
名古屋刑務所
厚生労働省
松本市(長野)
名古屋市(愛知)
予防投与

特集 (ニュース)
17:54~

インフルエンザの新薬として今注目されているのが去年3月に販売されたゾフルーザ。医療機関への供給量の6割近くを占めている。ゾフルーザはインフルエンザウイルスの特定の酵素に働きかけ増殖を妨げることでインフルエンザを治療する薬。しかしゾフルーザを服用した患者の中でウイルスの酵素が形を変え薬が効かなくなるケースが出ている。先週服用した小学生2人から耐性ウイルスが検出。その解析に当たったのが横浜市衛生研究所。ゾフルーザを服用すると耐性が出やすくA型だと成人で約10人に1人など。また耐性ウイルスが人から人へ感染するかは未確認だという。またゾフルーザの導入を見送る病院もあり耐性ができるのを防ぐためにも他の薬との服用が望ましいという。また新型のインフルエンザが出てきた時に非常に有効的な薬で高い価値があるという。

今季流行しているインフルエンザはA型が主流。A型は、38度以上の高熱が出て関節痛や筋肉痛を引き起こすのが特徴で、突然変異を起こすことも多いためワクチンで防ぐことは難しいという。

都内のクリニックでは、最近インフルエンザを発症していない人が抗インフルエンザ薬を求めるケースが増加。しかし、予防投与についてはそれぞれの医療機関や施設が独自の判断や基準で行っているのが現状。このクリニックを訪れた男性は、妻がインフルエンザを発症し息子が中学受験を控えていることなどから、同意書を書いた上で薬を処方されていた。予防投与で処方される薬は保険適用外となっているが、それでも毎日数人がこのクリニックを訪れているという。このように、希望者に予防投与を行う病院も増加している一方で、このクリニックの院長は「費用の面に加え、耐性のウイルスを作ってしまうと本来薬を飲むべき方に薬が効かなくなる」などと指摘し、安易な予防投与に警鐘を鳴らしている。

東京都世田谷区にある老人ホームでは8年前に10人を超えるインフルエンザの集団感染に見舞われたという。その後はインフルエンザに感染した入所者が出ても集団感染に広がる事を食い止めてきた。訪問者に手の消毒やマスクの着用が徹底され加湿器もいたるところに置かれている。また口の中の乾燥を防ぐことも大切にして鼻呼吸を推奨している。また食後1日3回の歯磨きも積極的に行う。この施設ではインフルエンザを防ぐために抗インフルエンザ薬”タミフル”の予防投与を行っている。しかし実費で用意しなければならなく施設の負担は大きいという。またどうしてもインフルエンザのウイルスは入ってきてしまうが広がらないので今のやり方がいいんだろうと思うなどと話した。

キーワード
ゾフルーザ
インフルエンザ
日本感染症学会
厚労省
予防投与
横浜市(神奈川)
千代田区(東京)
タミフル
世田谷区(東京)
九段下駅前まめクリニック

特集 (ニュース)
18:09~

殺人罪で12年間服役した元看護助手の女性が最高裁判所に再審を求めている。女性は男性患者の呼吸器をはずし死なせたとして逮捕・起訴された。女性は取り調べを受けた刑事に好意を持ち、言われるがまま嘘の自白をしてしまったと訴えている。

高齢者の施設でインフルエンザを予防するために入所者に薬を使うかは施設の判断に委ねられているのが現状という。また心配なのはみんなが予防の意味で使うと耐性ウイルスが増えてしまうのではないかとされる。また薬を用意しても完全に防ぐことは難しいようでうがい手洗い睡眠など日頃の免疫力を高めることも大切という。

呼吸器外し事件で服役した女性看護師が再審を求め最高裁に訴えている。女性は自分を取り調べた刑事に好意を持つようになり嘘の供述をしてしまったと話した。理解のある刑事に気に入ってもらいたいという気持ちが大きかったという。女性は初公判で罪状認否を留保して以来、一貫して無実を主張してきている。最高裁の再審の判断が待たれる。

弁護団は患者Tさんの死因は「自然死だった可能性」があると主張した。死亡した翌日の血液中のカリウムの値が非常に低かったことから死亡時致死性不整脈を起こした可能性がああるという。また何らかの犯罪行為があったわけではないと主張した。また西山美香さんは病死であっても申し訳ないという気持ちはあるが殺していないことが証明されればお父さんらは違うと思うなどと話した。

おととし12月大阪高等裁判所は再審をする決定を下した。裁判所は西山美香さんの弁護団が主張していた通り「患者が自然死した合理的疑いが生じた」。「自白も目まぐるしく変遷し信用性が高くない」などとした。

西山美香さんを取り調べて患者を殺したという自白を得た刑事を直撃した。

呼吸器外し事件で殺人の罪に問われた女性看護師は服役中、家族に350通以上もの手紙を出している。その手紙のいずれもが「自分は無実だ」と切々訴えるものだった。女性は自分を取り調べた刑事に好意を持ち、嘘の供述をしてしまったという。服役後、心療内科で検査を受けると軽度の知的障害とともに発達障害が認められた。女性は現在、最高裁に再審を請求している。

呼吸器外し事件で逮捕された女性看護師の自白内容は日に日に変わり続けた。呼吸器のアラーム音をめぐっては逮捕4日前に「A看護人が消した」と供述したのに対し逮捕前日には「自分が消した」と供述している。

キーワード
彦根市(滋賀)
インフルエンザ
厚労省
湖東記念病院
致死性不整脈
大阪高等裁判所
滋賀県
一宮むすび心療内科
殺人

特集 (ニュース)
18:34~

入院患者の人工呼吸器を外して殺害した罪で12年服役した西山美香さん。一昨年12月大阪高裁は再審決定の決定を下した。西山美香さんを取り調べて患者を殺したという自白を得た刑事を直撃。取り調べの手法に問題はなかったのか聞くと問題はなかったと思うなどと答えた。また個人的にコメントする立場にないなどと繰り返した。

刑務所に入る前から好きだったという曲を聴きながら人生の中で失った長い時間に思いを巡らせた。西山美香さんは20代で一番やりたかったことをやりたいなどと話した。また最高裁の判断が間もなくでる見込みという。刑務所に入る前に正月には必ず参拝していた多賀大社を訪れ祈りの気持ちを込めてくじを引いた。「私は患者を殺していない」という声はは必ず届くと西山美香さんは信じている。

キーワード
大阪高等裁判所

特集 (ニュース)
18:40~

再審決定が確定したら大津地裁で再審が開かれ審議が行われ無罪判決が出る公算が大だという。獄中の中にいる時から手紙のやり取りをしていたディレクター。西山美香さんに実際に会ってみて純粋で他人への思いやりがある人だと感じたそう。しかしそんなところを取り調べで逆手に取られてウソの自白をしてしまうことになったのではという。また傷害がある人は強い立場の人に誘導されると事実ではないことを喋ってしまう供述弱者ともいわれる。しかし今回の事件では細かい部分が精査されずに見込み捜査が行われたとした。また一旦再審開始を認めたらすぐに再審を始めて救済されるべき人が速やかに救済される仕組みも整えていくべきなどとした。

SPORTS (ニュース)
18:43~

宮崎県日南市で行われたプロ野球キャンプにはたくさんの人が訪れた。中日キャンプには野茂英雄さんが訪問。フォークの握り方など鈴木博志に約30分みっちり伝授した。

巨人は上原浩治が39球を投げ込んだ。今シーズンから背番号は愛着のある19に戻り順調に調整を進めている。また同じ19を背負う山崎康晃は2日連続でブルペン入りとなった。その後チームメイトと共に球団歌のレコーディングをした。

日本ハムの清宮幸太郎は1日遅れてアメリカでキャンプイン。自画自賛するフォームで5本の柵越えを放つ。しかし守備では先輩たちの熱い激をバネに汗を流した。

2軍では約100人のファンを前に吉田輝星が躍動した。ストレートなど38球を投げた。

元幕内貴ノ岩が断髪式 なんとあの人も出席?

キーワード
鈴木誠也
広島
ソフトバンク
柳田悠岐
中日
野茂英雄
鈴木博志
日南市(宮崎)
北谷町(沖縄)
巨人
上原浩治
宮崎市(宮崎)
山崎康晃
横浜DeNAベイスターズ
熱き星たちよ
宜野湾市(沖縄)
沖縄市(沖縄)
日本ハム
清宮幸太郎
杉谷拳士
アリゾナ州(アメリカ)
吉田輝星
国頭村(沖縄)

SPORTS (ニュース)
18:48~

去年12月に引退した元幕内貴ノ岩の断髪式が行われた。式には約370人が出席。また貴乃花親方のモノマネをした松村邦洋さんにハサミを入れられ貴乃花親方には感謝の気持ちで一杯と話した。また日馬富士の姿もあった。

MGCの出場権をかけた別府大分毎日マラソンの前日会見が行われた。前回わずか3秒の差で優勝を逃した園田隼が勝利への意気込みを語った。

キーワード
元貴ノ岩
白鵬
貴景勝
貴乃花親方
松村邦洋
日馬富士
MGC マラソングランドチャンピオンシップ
園田隼

エンディング (その他)
18:49~

AI時代を生き抜く教育。

報道特集HPのテロップ。

キーワード
報道特集HP

スポット

エネルギー/素材

玄海原子力発電所

レジャー/交通

両国国技館

宗教

多賀大社

政治/経済/地方自治体

旭警察署
大津地裁

流通

千林商店街

福祉/介護

特別養護老人ホーム上北沢ホーム

科学/環境/気象

神奈川県衛生研究所

美容/健康/医療

横浜市衛生研究所
けいゆう病院
九州大学病院
  1. 前回の放送
  2. 2月2日 放送
  3. 次回の放送