住人十色 【子育て最優先で長野へ移住! 標高1100mの山小屋】

『住人十色 〜家の数だけある、家族のカタチ〜』(じゅうにんといろ 〜いえのかずだけある、かぞくのカタチ〜)は、毎日放送(MBSテレビ)で2008年4月5日に放送が開始された生活情報番組。MBSのみ字幕放送を実施している。また、テレビ番組表などではタイトルを『住人十色』と表記することが比較的多い。MBSでは、毎週土曜日の夕方17:00 - 17:30(JST)に、関西電力の一社提供番組として放送。2012年5月から2016年3月まで提供クレジットを表示しなかったが、2016年4月以降の放送では、「関西電力Presents 住人十色」というタイトルロゴをオープニング映像に出している。開始当初は関西ローカル番組であったが、現在では、TBS系列局の一部や韓国・台湾・香港のテレビ局で遅れ放送を実施している。SBS(静岡放送)で2019年7月21日に放送の#508から、タイトルロゴなど番組のテロップが、丸味を帯びたゴシック体へと変更された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月3日(土) 17:00~17:30
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
17:00~

オープニング映像。

File:512 子育て最優先で長野へ移住!標高1100mの山小屋 (バラエティ/情報)
17:00~

今回は長野県長野市の飯綱高原。大自然に囲まれた避暑地で鈴木さん家族の子どもは森の中の学校に通っている。その家は建坪15坪の地区50年の山小屋をリノベーションした。当時は屋根に穴があいて床が腐っていたというが、元々は音楽家が夏だけ暮らすために建てた別荘。放置されボロボロだったが鈴木さんは購入の決めてに600坪の土地があり、600万円でやすかったと答える。その家の中は15坪とコンパクトながら吹き抜けの位置を変えて少しでも広く見えるようにした。奥に進むと鳥やリスが見え、大きなテントのような気持ちに。

以前は都内の賃貸マンションに暮らしていた鈴木さん家族。東京の生活で奥さんは子どもが生まれてから音を気にするようになり、子どもの足音でクレームが来て神経質になったという。そこで周囲に気を使わずに子どもたちをのびのびと育てるために奥さんは学校があることを知り、見学に行くと子どもたちがキラキラしていたと語った。しかし建築家として忙しい日々を送っていたご主人は最初は流していたが、次第に高い家賃のためにもったいないと感じた。金銭面を考えて8年前に長野へ移住。そこで古びた山小屋を改装して、ガルバリウム鋼板を入れ夏でも涼しい家にした。そしてキッチンはコンパクトへ。ピアノもそこにあった。さらに標高が高いので大半は冷蔵庫に入れなくても良い。

キーワード
長野市(長野)
飯綱高原
グリーン・ヒルズ小学校・中学校

エンディング (その他)
17:27~

番組では素敵な家を募集中。

キーワード
住人十色 ホームページ

番組宣伝 (その他)
17:28~

「ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」の番組宣伝。

「坂上&指原のつぶれない店」の番組宣伝。

「林先生の初耳学」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 8月3日 放送
  3. 次回の放送