ひるおび! 【日大部員が声明文発表▽前監督らの処分決定▽新大関栃ノ心が誕生】

『ひるおび!』(英称:HIRUOBI!)は、2009年3月30日からTBS系列にて生放送されている平日の情報ワイド番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年5月30日(水) 10:25~11:30
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
10:25~

オープニング映像の後に出演者らが挨拶し、今日のゲストを紹介した。

オープニングトークで今日から3日くらい雨が降るかもしれない、梅雨入りするかどうかと話した。

今日のラインナップを紹介した。

キーワード
皇居前
梅雨入り

ニュース (ニュース)
10:26~

昨日関東学生連盟が会見を行い、日大アメフト部の前監督と前コーチを除名処分すると発表した。

キーワード
関東学生連盟

ワイドショー (ニュース)
10:28~

7月スタートの新火曜ドラマ「義母と娘のブルース」は綾瀬はるかさん演じるキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性にプロポーズされ結婚し、家事や育児に奔走するストーリーだ。そんな家族の周りで波乱を巻き起こすダメ男役に佐藤健さんの出演が決定した。

キーワード
佐藤健
義母と娘のブルース
竹野内豊
綾瀬はるか
浅利陽介
麻生祐未
浅野和之

ニュース (ニュース)
10:29~

関東学生連盟の調査で前監督による精神的な圧力をかけ成長を促す独特の指導法が明らかになった。その対象になることを選手たちは「はまる」と呼び対象者を変えてはそれを繰り返していた。当該選手は前コーチから高校の時から指導を受け、大学に籍を移したときは関係は良好だったがこの絶対服従の雰囲気が前コーチを変えていったのだという。規律委員会は聞き取り調査で他の選手が「監督の指示はない」と話した姿に驚いたという、声明文では「指示に盲目的に従ってしまった」と振り返るほどで統制が完璧にとれていたものとみられる。打開の糸口は前コーチのぶれる証言、信憑性のある当該選手の証言を重視することで一致したとのこと。(日刊スポーツ)

理事は23人いるが、副理事長の日本協会会長は欠席で棄権した。日大OBら理事2人も棄権し20人で採決が行われ賛成16人、反対4人で決議した。(日刊スポーツ)

栃ノ心の大関昇進伝達式が行われた。口上で一体何を語ったのか。

スポーツニッポンのアンケートで、指導陣の処分が妥当かどうかについて聞いてみると、妥当が68.7%、軽すぎると判断した人が29.4%となった。(スポーツニッポン)

悪質タックル問題をめぐって、関東学生アメリカンフットボール連盟が日大アメフト部の前監督と前コーチに除名処分することを決定した。関東学生連盟が認定した事実からはコーチたちが自分の指導者信念を曲げてでも監督に盲従し前監督が黒といえば白でも黒になると公言するコーチも居たという内部事情が明らかになった。さらに前監督が常務理事だったため、少しでも機嫌を損ねればコーチでも選手でもある日突然辞めさせられてしまうこともあるという。そのためどんな理不尽も実行するのが当然の掟だったという。会見では当該選手が追い込まれていく様子も語られ、監督の指示については指示があったと認定した。さらに反則を見ていなかったとの発言については、虚偽であると判断した。一方当該選手は今年度シーズン終了まで公式試合の出場資格停止処分となった。

当該選手は反省の色を示し、会見を開き社会的制裁を受けているので、日本大学がちゃんとしてくれれば処分解除への道も残されている。(スポーツニッポン)

立川志らくは前監督や前コーチの処分について「当然といえば当然、今後前監督は理事としては残るわけで今後は起訴される可能性も残されていて、罪になれば辞めるべき」などとコメントした。田中里沙は「学連の動きもちょっと遅い、日大が第三者委員会を立ち上げていないのはおかしな話、学連と各大学とか、大学と部活の関係の中の役割や責任が不明確で学生の視点がないことが露呈した」などとコメントした。八代英輝は「選手に関しては世間の同情があることが理解できるがまだ刑事処分が待っている、日大に関しては出場停止処分は軽いと思う、抜本的な改善を促してそれが確認できてから参加を認めるほうがよかった」などとコメントした。

指導者2人は壊せという指示はしていないと主張してきたが、連盟の規律委員会はこれを虚偽と判断し、2人は指導者失格と断定した。2人には除名処分が下り、ヘッドコーチも容認したとして新たに処分対象となり、死角剥奪処分が下された。(日刊スポーツ)

当該選手は前コーチは前監督からQBを潰せと言われたと話していて、これに関して色々聞いていくと、前監督が試合前日と前々日にQBを潰せと話していたという証言が出てきた。さらに当日に念押しされたが、前監督は言っていない、当該選手が何を言っていたのか分からない、プレーも見ていないと話した。しかし規律委員会は出場を直訴した選手が会話が成立しなかったのに帰っていくのは不自然、ヒアリングでインカムを拾っていたとも話していたが、映像を見る限りインカムを披露動作は認められていなかったため、前監督の供述は虚偽と判断された。(日刊スポーツ)

キーワード
日刊スポーツ
関東学生連盟
日本協会
日大
春日野部屋
スポーツニッポン
栃ノ心
日本大学
寺田昌弘監事
東京都
関学大

番組宣伝 (その他)
10:44~

関西発!才能発掘TV マンモスター+の番組宣伝。

番組宣伝 (その他)
10:46~

「プレバト」の番組宣伝。

ニュース (ニュース)
10:46~

大関昇進がかかった今場所最大の壁は12日目に行われた白鵬との取り組みだった。2008年の初顔合わせからこれまでの成績は25戦全敗。白鵬を真正面から寄り切ってはじめての勝利を収め今場所は優勝争いに絡む13勝を挙げ、その後の審議で大関昇進を果たした。今日午前9時過ぎに栃ノ心の大関昇進伝達式が行われた。口上では「親方の教えを守り手本となるよう稽古に精進します。」などと述べた。この後栃ノ心の軌跡と伝達式で語った内容を伝える。

栃ノ心はジョージア生まれで、2006年に初土俵を踏んでから2008年の新入幕。怪我をして3場所連続で全休するなど苦しい日々が続いたが今年、初場所で14勝、前頭で初めて優勝を果たすと春場所で10勝、夏場所では13勝と合わせて37勝をあげた(大関昇進の目安は33勝)。昇進までは60場所かかり、歴代1位タイのスローでの昇進となった。

大関昇進伝達式の口上で栃ノ心は「親方の教えを守り手本となるように稽古に精進する。」などと述べた。これを受けて春日野親方もよくがんばったと話していた。今後の予定について、来月25日には名古屋場所の番付発表があり、7月8日から名古屋場所が始まる。

口上について立川志らくは「親方の教えを守りというのは一連の騒動で非難を受けた春日野親方がちゃんとしているということを伝えたかったのではないか。」などと述べた。田中里沙は「苦労した分色んな方への感謝もあるだろうし、ジョージア出身の栃ノ心が日本の相撲の精神を受け継いで精進すると言う言葉は重いと感じた。」などと述べた。

雲に覆われた関東地方。九州北部と四国地方は一昨日、平年より8日早く梅雨入りとなった。関東でも平年より早く今日梅雨入りとなるのか。中継を交え森さんが解説。

キーワード
夏場所
白鵬
栃ノ心
春日野部屋
春場所
初場所
春日野親方
名古屋場所
東京都
皇居前
大分市(大分)
高知市(高知)
梅雨入り
東京スカイツリー

番組宣伝 (その他)
10:51~

「戦え!スポーツ内閣」の番組宣伝。

きょうの現場 (ニュース)
10:53~

渋谷からの中継映像、空はどんよりと曇っている。現在の渋谷の天気を伝えた。明日も午後になるとあちらこちらで雨が降る予報。今年は梅雨入りが西の方では早く九州や四国では例年よりも早い梅雨入りとなった。

栗の花が落ちると梅雨入りするといわれている。タチアオイは梅雨入り頃に下から咲いてきて、梅雨明けにはてっぺんまで咲く。アジサイは去年関東の梅雨入りに合わせるようにアジサイが開花した。きょうの東京のアジサイは花が開き始めている。アジサイの花ことばは一家団らん。

神奈川県鎌倉市の明月院からの中継。雨はまだ降っていないが曇っている。今月7日に中継したころと比べ、7分咲きまで進んでいる。アジサイの花の色は土壌と関係しているそうで、土壌が酸性だと青になり、アルカリ性だとピンク、中間だと紫色になる。日本は酸性の土壌が多く山などに植えると青色のアジサイが咲き、コンクリート側やブロック側の近くだとアルカリ系統になるのでピンク色の花が咲く。

梅雨入りの発表は今現在はない、今週末は全国的に晴れるので気象庁も発表の様子をみているとのこと。アジサイのもう一つの花ことばは「移り気」。

キーワード
渋谷(東京)
梅雨
北の丸公園
アジサイ
タチアオイ
明月院
鎌倉市(神奈川)
気象庁

ニュース (ニュース)
11:04~

一昨日神奈川県・茅ヶ崎市で歩行者ら4人が90歳女が運転する車にはねられ1人が亡くなった事故。過失運転致死傷の疑いで逮捕された女は事故直前に訪れていた自動車修理店を出る際「店の女性が見送っていたため急がなければと思い信号を無視した」と供述していることが分かった。

キーワード
茅ヶ崎署
過失運転致死傷
茅ヶ崎市(神奈川)

番組宣伝 (その他)
11:04~

水野真紀の魔法のレストランの番組宣伝。

戦え!スポーツ内閣の番組宣伝。

ニュース (ニュース)
11:06~

一昨日神奈川県・茅ヶ崎市で歩行者ら4人が90歳女が運転する車にはねられ1人が亡くなった事故。過失運転致死傷の疑いで逮捕された女は去年、知り合いの男性に対し「免許更新が近いが返納しようと思っている」と話していたことが分かった。しかし女はその後高齢者講習を受け今年3月に免許更新していた。警察によると受け答えはしっかりしていて認知症などの診断もないという。

高齢ドライバーによる事故では今年1月、岡山県・赤磐市で70歳女が運転する車に追突された軽トラックが小学生6人の列に突っ込み9歳女児が亡くなった事故や群馬県・前橋市では85歳の男が運転する車が女子高校生2人をはね1人が死亡するなど相次いでいる。去年3月から12月末まで、運転免許更新時の検査で75歳以上の高齢ドライバー172万5292人のうち4万6911人が「認知症のおそれ」判定されたことが警察庁の調べで分かっている。家族から免許返納を説得されても運転を続ける高齢者は多いという。

一昨日神奈川県・茅ヶ崎市で歩行者ら4人が90歳女が運転する車にはねられ1人が亡くなった。過失運転致死傷の疑いで逮捕された女は去年、知り合いの男性に対し「免許更新が近いが返納しようと思っている」と話していたが、その後高齢者講習を受け今年3月に免許更新しゴールド免許。認知機能低下の恐れなしとの判定を受けていた。しかし家族の中では免許返納を促しており「これが最後」だと家族に話していた。女は足が悪く週1回程度、近くの病院への通院時に運転をしており、運転を控えるよう助言しても「歩くのが難しいので車を使いたい」と希望していた。

鎌田氏は「高齢者の免許更新は以前より厳しくなっている。逆に言うと免許更新をパスすることにより返納をするきっかけが無くなりお墨付きを与えたことになる。」などと述べた。免許返納は「説得より納得」で、「危ないから運転やめたら」と言い放つのはプライドを傷つけるためNGだという。運転への自信は60代までは下がっていき、65歳から逆に自信を持っていくとのこと。親が同居してる時には労いの気持ちを伝えるのが大事で、最後の運転の機会を設け食事会を開いたり花束を贈ったりすると効果があるという。

他に納得させる方法として、「安心運転見守りサービス」というものがあり、自動車に通信機器を設置し急ブレーキ・発進などの危険運転を察知した場合家族らにメールで情報が入る仕組み。また車が今どこを走っているのかなどの情報を確認可能。そのデータから家族が免許返納を促す材料になる。鎌田氏によると誰が話すかが大事で、子どもの言うことは聞かないが第三者の言うことは納得することが多いという。立川は「本当は年齢で制限すべきではないか。個人差はあるものの人の命を奪うような事態が起きるのであれば制限を決め特例を設ければいい」などと述べた。田中は「続けてきた生活は中々変えづらい。しかし事故を起こしたら人生が台無しになり本人も苦しむため、節目をどうするかを周りと話し合うのが大事だと思った。」などと述べた。

「世界のド肝を抜いた!衝撃”神”映像2018」の番組宣伝テロップ。

キーワード
茅ヶ崎署
過失運転致死傷
茅ヶ崎市(神奈川)
警察庁
赤磐市(岡山)
前橋市(群馬)
認知症
道路交通法
国立長寿医療研究センター
安心運転見守りサービス

番組宣伝 (その他)
11:17~

水曜日のダウンタウンの番組宣伝。

プレバトの番組宣伝。

ニュース (ニュース)
11:19~

昨日の衆議院財務金融委員会で森友学園の文書改ざん問題について麻生太郎財務相は書き換えられた内容を見る限り、バツをマルにしたり、白を黒にしたような改ざんといった悪質なものではないのではないかと述べ、改ざんに当たらないと認識した上で態度が軽いとも受け取れる発言をしたために、批判を招きそうだ。しかし今までと違うのは決裁文書の差し替えは極めてゆゆしきことだと陳謝したことだ。また、森友学園の交渉記録に関しては出てくるかも知れないとの発言に対して、検察当局から後から出てくることはあるとの趣旨だったと釈明した。(デイリースポーツ)

スタジオトークが展開された。改ざんというと悪意があるというニュアンスが含まれるから書き換えられたと話しているが、それはただの言葉遊び。悪質であることが誰が見ても明らか。事の重大さというのをしっかり認識してくれないと国民は不安で仕方ない。思ったことを言っちゃうからそこをこらえないといけないとコメントした。

キーワード
デイリースポーツ
麻生太郎財務相
太田充理財局長
森友学園問題

ひるおび!天気 (ニュース)
11:22~

渋谷の映像を背景に全国の天気予報を伝えた。

NEXT「ブルーインパルス」が違法?告発の動き。

キーワード
渋谷(東京)
皇居前
ブルーインパルス

ニュース (ニュース)
11:25~

ブルーインパルスは松島基地の第4航空団に所属する第11飛行隊の愛称で、アクロバット飛行を披露する専門チームとして1960年に発足した。このブルーインパルスは64年の東京五輪や大阪万博の開会式などを含め2017年までに計1120回の公式展示飛行を行ってきた。(日本経済新聞)

基地のイベントなどで高度な操縦技術を披露し、人気を集めるブルーインパルスだが、住民側は住宅密集地の上空で国の許可を受けずに曲技飛行したのは違法だと主張している。展示飛行は航空祭のメインイベントだったが、今年は2月に中止が発表され、来場者数は1万人まで減ったという。中止理由は明らかにしていないが、住民からは44年ぶりに展示飛行が復活した15年から反対する声が上がっていて、18年の1月には航空祭での飛行が航空法違反に当たるとして基地近くの住民らが名古屋地検に告発状を提出し、それが受理された。告発状では機体を90度傾けて飛行するのは横転に当たるのは明らかだと指摘しているが、航空法施行規則は横転や宙返りなどの機体速度の異常な変化などを曲技飛行としていて、松島基地は横転は航空機が一回転することと説明し、小牧基地での飛行は曲技飛行には当たらず、展示飛行のために曲技飛行する際は必ず許可を取っているとも説明した。しかしブルーインパルスは過去に事故を起こしているため、住民にブルーインパルスの存在意義を丁寧に説明し、無事故を続けることが重要。(日本経済新聞)

スタジオトークが展開された。法律論としては航空自衛隊の広報室の説明が正しい。しかし小牧基地は非常に難しい地域で、自衛隊の基地は住民の理解あってこそだから、丁寧に説明することは必要。高度な操縦技術を持っている航空自衛隊というのが隣国に対する高度な抑止力になっているとコメントした。

キーワード
日本経済新聞
ブルーインパルス
東京五輪
大阪万博
曲技飛行
航空祭
航空自衛隊
小牧基地
  1. 前回の放送
  2. 5月30日 放送
  3. 次回の放送