ひるおび! 北朝鮮の軍事力を分析▽高齢者を狙う投資詐欺の巧妙な手口

『ひるおび!』(英称:HIRUOBI!)は、2009年(平成21年)3月30日からTBS系列にて生放送されている平日の情報ワイド番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年4月20日(木) 11:00~11:30
放送局 毎日放送

番組概要

ニュース (ニュース)
11:00~

中川氏は妻以外との女性との不倫交際トラブルで警視庁にストーカー登録されていた。そして、その女性とハワイで挙式もしていた。中川氏は国会議員になる前から知り合いの女性と2011年から交際していた。以前、中川氏は前川恵衆院議員との不倫を報じられ、女性は中川氏と関係解消を決意したが、中川氏が女性宅に押しかけたため通報され、ストーカー登録の対象になった。(日刊スポーツ)

八代さんによると、ハワイでの結婚式の証明書は有効で、本物で重婚であることは間違いないが、日本の重婚罪にはあたらない。実際に日本人が海外で結婚をしたことによるトラブルはあるとのこと。また、中川議員は週刊新潮に対して返答のFAXを送ったが、その歳の送信元は前川恵衆議院議員の事務所だったという。小松さんは「呆れてしまいますよね」、立川さんは「非常識の極み」とコメント。(日刊スポーツ)

一昨日、北朝鮮の朝鮮中央テレビで流された講演会の様子、イベント内で炎に包まれる星条旗が映し出されていた。

緊張感高まる北朝鮮情勢…。アメリカどう対応する?

キーワード
中川俊直衆院議員
日刊スポーツ
週刊新潮
テレビ東京
ハワイ(アメリカ)
前川恵衆院議員
フェイスブック
宮崎謙介氏
前川恵衆議院議員
朝鮮中央テレビ
北朝鮮
アメリカ

ニュース (ニュース)
11:09~

一昨日、北朝鮮の朝鮮中央テレビで軍人たちを労う講演会の様子が放映された。金正恩党委員長の姿もあった。クライマックスでは舞台のモニターにミサイルが発射され星条旗が炎に包まれる映像が映し出されていた。38ノースは16日に核実験場でバレーボールをする様子を確認したことを明かした。同社の専門家は「惑わそうとしているかもしれない。」と分析した。

来日中のペンス副大統領は昨日「ロナルド・レーガン」で演説。「北朝鮮はアジア太平洋地域で最も危険で差し迫った脅威。」と述べた。

来日中のペンス副大統領は昨日「ロナルド・レーガン」で演説。「全戦力で日本を応援する。」と述べて、沖縄県・尖閣諸島への適用を明言し、日米同盟の重要性を訴えた。そのうえで「北朝鮮はアジア太平洋地域で最も危険で差し迫った脅威。」と述べ、核や通常兵器にとる攻撃には「圧倒的な対応」で臨むと説明。

対北朝鮮の米の3つの方針。軍事力を行使するといいながらレッドラインは明示せず、原則は平和解決とみられている。その場合は中国を動かし、経済制裁をさせることを狙う。そのために米は対中強硬策を封印し、中国を為替操作国に認定することを見送った。スパイサー報道官は「中国は積極的に北朝鮮問題の役割を果たしている。」と強調した。中国も米国の期待に応えることで、懸念となる迎撃システム配備が既定路線となる考えがある。環球時報ではペンス氏の態度が明らかに軟化したと歓迎した。しかし中国の北朝鮮への圧力が不調で終われば、米は軍事的措置に踏み切る可能性がある。

ロシア・ウラジオストクと北朝鮮・ラソンの間に貨客船の定期航路をつくる可能性がでてきている。アメリカとプーチン政権がうまくいかないところもあり、これが国際社会が強める北朝鮮への圧力の抜け穴となる恐れがあると報じた。

八代英輝さんは「中国と北朝鮮が関係悪化するところにロシアが入る可能性。中国とロシアも関係はよくない。」とコメント。小松美智子さんは「安倍首相は圧力をかけて対話路線を強調というが、圧力と対話は一緒にならない。」とコメント。立川志らくさんは「アメリカは全精力を尽くして日本を守ると言われて、安心した一方、日本が相当被害を受けることも意味している。」とコメント。

万景峰号は日本への入港が現在、禁じられている。それを月6便運航し、ロシア、北朝鮮による石炭関連事業などに利用する。深刻化する核・ミサイル問題にも関わらず、経済協力をすすめるロシアの姿勢が浮き彫りになっている。これが国際社会が強める北朝鮮への圧力の抜け穴となる恐れがある。(東京新聞)

キーワード
朝鮮中央テレビ
金正恩党委員長
38ノース
豊渓里(北朝鮮)
ペンス副大統領
横須賀基地
ロナルド・レーガン
デイリースポーツ
北朝鮮
日本経済新聞
スパイサー報道官
環球時報
万景峰号
プーチン政権
ウラジオストク(ロシア)
ラソン(北朝鮮)
東京新聞
安倍首相

ニュース (ニュース)
11:19~

宮崎・大崎市で、Jアラートのシステムチェックをしている間に誤報が流れてしまった。Jアラートは旦土ミサイルや津波の情報、緊急地震速報など対処に比較的時間のない事態に関する情報を流すというものだ。(スポーツ報知)

宮崎・大崎市で、Jアラートのシステムチェックをしている間に「当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難し、テレビ、ラジオをつけてください」と国のプログラムに組み込まれた全国共通の音声が流れた。職員が誤報に気づいて、7階にわたって訂正放送をした。市には苦情などの問い合わせ電話が600件弱殺到した。夕方になり、市は語法の原因を発表。最近、北朝鮮関係の緊張が高まっているため、万が一に備えてJアラートと防災行政無線の連動確認作業を国や県の支持ではなく、市独自で行っていたところ、ミスが起きた。テストの際にはボタン操作で無線が防災安全課内のみに流れる「試験モード」に切り替えて作業を行うが、5分経過すると自動的に「通常モード」に戻る設定となっており、戻ったことに気づかずに試験を行ったことから、一斉放送されてしまった。市は「再発防止に務める」とコメントをし、今後は2人以上で作業を行うことにより、チェック体制を強化するとした。(スポーツ報知)

市には「試験放送ならば事前に知らせるべきだ」、「この時期に誤報はあってはならない」という苦情が相次いだ。(産経新聞)

出演者は「結局日本人は平和ボケしている。大変なことが起きているという緊張状態を持ったほうがいいのかもしれない」、「テストをやりますよと言ってやればいい」、「システム部分も確認しないといけない」などとコメントした。

キーワード
スポーツ報知
Jアラート
大崎市(宮崎)
産経新聞

ひるおび!天気 (ニュース)
11:23~

全国の天気を伝えた。

NEXT 高校生の生活満足度 43位と低く。

キーワード
横浜市(神奈川)
東京都

ニュース (ニュース)
11:26~

生活満足度の調査は「国際学習到達度調査(PISA)」と併せて実施。生徒には、「全く満足していない(0)」から「十分に満足している(10)」までの11段階から選ばせた。「十分満足 23.8%」、「満足していない 16.1%」で、選んだ数値の平均は6.8で、OECD平均の7.3を下回った。「十分満足」は男女でほぼ同じだったが、「満足していない」の割合は女子の14.9%に対し、男子は17.2%で、43か国で唯一、男子のほうが不満足が多かった。学力との関連では、PISAの得点が低い生徒ほど満足度が低い傾向があった。世界では満足度の低い国・地域は日本や韓国、台湾など東アジアに多く、いずれも学力が高い。一方、満足度が高い中南米の国などは比較的学力が低い傾向がみられた。出演者は「満足度の高いドミニカなどのトップ3はどう考えても楽天的。民族的な気質では。自分を見ているのか、人との関わりを見ているのかだと思う」などとコメントした。(読売新聞)

キーワード
読売新聞
国際学習到達度調査
OECD
  1. 前回の放送
  2. 4月20日 放送
  3. 次回の放送