VOICE 【夏の危険!少年少女が深夜徘徊…その意識は徹底取材で何が見えた】

放送日 2016年8月16日(火) 18:15~19:00
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
18:15~

オープニング映像と出演者の挨拶。

ニュース (ニュース)
18:15~

コメンテーター磯田道史を紹介。オリンピック飛び込みの競技場が藻で緑色になったのと同様に、大阪のみさき公園の「ぷ~るらんどRiO」でも水が緑に変色している。公園はプールを急遽臨時休業した。みさき公園のプールの方は、猛暑で水温が上がっているところに人が集中したことが原因だとのこと。プールは清掃を終え、現在水を入れ替えている。みさき公園はこのおわびとして今日の入園料・駐車料を無料にした。プールは明日から通常営業。

京都府京丹後市の保育園で4歳の女児が軽乗用車にはねられ意識不明となっている。警察は車を運転していた無職の容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕した。容疑者は自分の孫を保育園に預けて帰宅しようとしていたところで、子どもがいることに気づかなかったと容疑を認めている。

きょう午後、奈良県川上村のトンネル内で事故があり、車2台が全焼した。乗用車とワンボックスカーが正面衝突したと見られており、、中に閉じ込められたワンボックスカーの2人は死亡、乗用車の女性1人が心肺停止状態だとのこと。

大阪市天王寺区で自転車に乗っていた男性が後ろからエアガンを撃たれ、現金が入ったバッグを奪われた。男性は軽傷で、エアガンを撃った男と逃走用に車を走らせていた男は30代くらいの2人組と見られている。

今日、関西空港はお盆休みの帰国ピークで賑わっており、取材した旅行客の目的はバリ島やカンボジアなど。今年から8月11日に山の日が加えられたことで、企業ではお盆休みが増えたり分散したりしているという。お盆休みは何日取れたかインタビューの回答は9日、7日などで、例年より伸びたという者が多数であった。安倍首相も山梨県でゴルフを堪能、間を開けて2週間の休みをとったという。休みの間に国入りをして祖父の墓参りなどをした。昔から一斉にお盆休みをとってきた日本人であるが、少しずつ期間が伸びたことにより分散化も進んできた様子。磯田道史はお盆休みはなかったと話す。

キーワード
オリンピック
みさき公園
みさき公園 ぷ~るらんどRiO
岬町(大阪)
リオデジャネイロ(ブラジル)
ロズリン・フィリオン選手
京丹後市(京都府)
国道169号
大迫トンネル
川上村(奈良)
天王寺区(大阪)
関西空港
名神高速道路
JR新大阪駅
お盆休み
安倍晋三首相
富士河口湖町(山梨)
岸信介元首相
甲子園阪神パーク
長門市(山口)

特命マル調査班 (ニュース)
18:25~

夏休みの今深夜に街を徘徊する少年・少女が事件・事故に巻き込まれるケースも少なくない。今回番組では深夜に大阪府内の街を徘徊している少年・少女にアンケート調査を行なった。

先月22日の午後10時半ごろ大阪・ミナミで中高生らの一斉補導が行なわれた。路上で客引きをしていた金髪の少女は14歳の中学3年生だったため南警でこの件について話を聞くことになり17歳の女子高校生なども補導され、この日の一斉補導では、14歳から17歳までの少女13人が補導された。

去年8月寝屋川市の中学1年生の男女2人が夜の外出中に連れ去られ殺害され、大阪・高槻市と柏原市のそれぞれで遺体が遺棄される事件が発生した。2人は前日の夜から街を徘徊していて、午前5時すぎに男に連れ去られたとみられている。事件の背景として指摘されたのが少年少女の深夜徘徊だった。

この番組では実態を調べるため、大阪・ミナミなどで少年・少女にアンケートを実施した。夜になぜ徘徊するのか、危険を感じたことはないのか、親はどう思っているのかなどの質問に14歳から19歳の少年・少女65人が回答した。

キーワード
大阪府
ミナミ(大阪)
補導
南警
寝屋川市(大阪)
柏原市(大阪)
高槻市(大阪)
深夜徘徊
堺市(大阪)

特命マル調査班 (ニュース)
18:32~

この番組が緊急で行なった深夜徘徊をする少年・少女へのアンケート調査では、65人が回答した。大阪・ミナミにいた16歳の男子高校生は両親の帰りは夜の12時過ぎで、この日は朝まで友だちと過ごすという。堺市中区では午後10時に14歳の男子中学生たちが公園いて、補導されるので警察が怖い。補導される時間であることは自覚していると話している。午後11時過ぎに枚方市でダンスをしていた17歳の少女は、ちかんをされたことがあると話した。アンケート調査では65人中42人が徘徊中に危険を感じたと回答している。目立ったのが親への不信感だった。寝屋川市で午後10時ごろにいた定時制高校に通っている16歳の女子高校生は、夜遅くまで友だちとたむろしていることについて親は何も思っていないと回答している。親とのLINEでのやり取りを見せてもらうと親の子どもへの無関心さがうかがえた。午後11時過ぎには枚方市でバイクに乗った若い集団を見つけた。この中にいた17歳の少年は、高校を1年で中退し現在はとび職をしていてこの少年が自宅に帰ったのは午前1時前だった。この少年の母親は気になるのは気になるが、話を聞いていたらしんどくなるなどと話している。

今回のアンケート調査では65人中50人が両親について何も思っていない。連絡すれば大丈夫などと回答した。なぜこうした実態が生まれているのか筑波大学の土井隆義教授は、親子関係のあり方が昔と違って今は昔の縦の関係が崩れていて、結構フラットになってきている。友達親子という言葉があるが波風が立つのを嫌い、親は子どもを抑圧することを避ける傾向にあるという。一方で子どもは自分を愛して欲しいという欲求が昔よりも強いが、それを満たすのは難しいと指摘している。しかし、共働きでなければ家計を支えられないという実態から一概に親が悪いとは言えないとも話している。

スタジオで西靖は、夜中に子どもを見ると何をしているのかと思う人も多いと思うが、今のVTRを見ていると事情がシンプルではない。磯田道史は、携帯電話を持っていれば繋がっていると思ってしまうが、機械的に繋がっているだけだ。親が悪いとは思わないが子どもに一声かけることも重要ではないかなどと話した。

NEXT 注目タブー視されてきた生前退位

キーワード
深夜徘徊
LINE
ミナミ(大阪)
中区(大阪)
枚方市(大阪)
寝屋川市(大阪)
筑波大学
生前退位

ニュース (ニュース)
18:45~

京都・右京区にある仁和寺は、平安時代から江戸時代まで1000年にわたり皇族が住職を務めた皇室縁の寺。そんな仁和寺を太平洋戦争末期、近衛文麿と岡田啓介、米内光政という3人の大物政治家が訪れた。仁和寺に来た理由は、戦争責任から天皇制を守るため。近衛らは昭和天皇が退位して仁和寺に出家すれば、天皇は戦争責任を追求されず、天皇制自体も守ることができると考えたのだ。さらに翌日、仁和寺に近い陽明文庫で近衛は、昭和天皇の弟・高松宮殿下に対し、天皇退位論を語ったとされている。

終戦直後、天皇退位と戦争責任は常に直結する問題となった。当時、近衛文麿は外国人記者に対し、「近く改正皇室典範に退位手続きに関する条項を補入する可能性を検討することになろう」と語っていた。一方、連合国軍総司令部ダグラス・マッカーサーは戦後の復興に昭和天皇の存在は欠かせないと判断し、戦争責任は問わないと決めていた。こうして近衛は発言の修正を余儀なくされ、皇室典範は退位についての規定を入れないまま改正された。その後、日本が独立を果たすと、戦争責任と直結する退位の問題は解決済みだとしてタブー視されるようになっていったのだ。

近衛らが京都で会合してから71年が経った今年、天皇陛下は自ら生前退位のお気持ちを表明された。象徴天皇のあり方を巡り、昭和天皇とは全く違う形で再び議論が始まったのだ。スタジオの磯田道史は太上天皇になられた後のおすまいについて、「悠仁さんが天皇になられる可能性が高いわけですから、その教育にあたるとか一緒に暮らすっていうことを考えると赤坂かなという気もする」とコメントした。

NEXT、山科の団地で火災 75歳女性が意識不明

キーワード
右京区(京都)
仁和寺
天皇制
近衛文麿
岡田啓介
米内光政
昭和天皇
陽明文庫
高松宮殿下
皇室典範
ダグラス・マッカーサー
天皇陛下
生前退位

ニュース (ニュース)
18:57~

京都・山科区の集合住宅で火災が発生。消防によると、10階の北西側の部屋が焼け、この部屋に住む75歳女性が意識不明の重体だという。警察と消防が出火原因を調べている。

キーワード
山科区(京都)

気象情報 (ニュース)
18:58~

近畿各地の週間予報を伝えた。

  1. 前回の放送
  2. 8月16日 放送
  3. 次回の放送