Nスタ 2018年12月13日放送回

『Nスタ』(エヌスタ)は、TBSテレビおよびJNN系列各局にて2010年(平成22年)3月29日から平日・日曜日夕方に放送されている報道・情報番組である。ステレオ放送、リアルタイム字幕放送を実施。ハイビジョン制作。現在のキャッチコピーは『トクするNEWS!Nスタ』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月13日(木) 17:50~18:15
放送局 毎日放送

番組概要

ニュース (ニュース)
17:50~

動物たちも冬支度を始めている。盛岡八幡宮では一年の汚れを落とす「すす払い」が行なわれ、今日は広い範囲で厳しい寒さとなった。最低気温が0℃近くまで下った鹿屋市ではマンゴー農家がハウスを温める暖房の準備に追われたという。八王子市では午前中大気の状態が不安定になり、突然あられが降った。異変は海の幸にも起きており、寒ブリが近年稀に見る大漁となったという。ズワイガニも豊漁で去年より4割安く提供できているという。あまりに穫れるため漁業団体が漁業規制の教科に乗り出す異例の事態となっているという。野菜も豊作で安くなっているが現場では白菜が育ちすぎており前倒し出荷になってしまっており先は不安だという。

気象衛星の映像が公開され日本海にある低気圧が東にやって来るなどと語られた。北日本の日本海側を中心に一部雪や雨になるという。風も強いとのこと。

ファーウェイの副会長の拘束を巡り、 中国とカナダの関係が悪化する中、中国はカナダ人二人を拘束したとはじめて発表した。インタビューを受けた副会長は終始無言、現在保釈後の手続きをしていると見られている。カナダ外務省によると中国で拘束されている元外交官とは別にカナダ国籍の男性が中国当局から聴取を受けていると自ら連絡してきたが、その後連絡が取れなくなっているという。この二人に関して中国外務省は「国華の安全に危害を加える活動をした疑いがある」として取り調べていることを公式に明かしている。拘束されているカナダ国籍の男性はアメリカバスケ元選手ロッドマン氏の平昌訪問にも同行をしていた。悪化する中国とカナダとの関係だが、カナダの外相は事態解決のため中国政府と協議の姿勢を示している。

被告は取締役兼経理担当を務めていた兵庫県三木市の土木工事会社から約3年間で計3000万円を横領した罪に問われている。被害にあった会社の社長によると金の使いみちは家中にミッキーがあるミッキーハウスやルイ・ヴィトンの商品などだった。今日の初公判に笑顔を浮かべながら入廷した被告、今日は300万円分の横領について審議され、被告は「間違いない」と起訴内容を認めた。これに対し検察側は冒頭陳述で「横領した金は東京ディズニーランドへの旅行費用や愛人2人との遊興費に充てた。2002年からの15年間でルイ・ヴィトンの購入には計833点、2億155万円費やした」と指摘。読み上げの際被告は舌を出す仕草もした。社長は「開き直って笑っていた。裁判官がどう判断して重い刑にしてもらえるか」と話した。次回の裁判は来年2月に残りの2700万円分について審議される。

東名夫婦死亡事故の被告の判決が明日下される。危険運転致死傷罪が適用できるかできないかで真っ向から意見が対立しており、亡くなった男性の母は判決に向けて想いを語った。被告に対して許すべき所が何も見えないという。検察側の求刑は23年、過去に危険運転致死傷罪で23年の判決が下されたのは北海道砂川市での事故がある。裁判では元交際相手が被告が去年4月以降10回以上あおり運転によるトラブルをお越し5回警察沙汰になったと明らかにしており、母親はいつか刑罰をきつくしてもらわないとあおり運転が減らないのではないかと語った。判決は明日午前11時に言い渡される。

三重県のスーパーマーケットが猛毒を持つ恐れのある魚を販売した問題で、その魚を3人が食べていた事がわかった。今の所健康被害はないというが、流通の対策は。

キーワード
城山動物園
盛岡八幡宮
すす払い
マンゴー
白菜
寒ブリ
ズワイガニ
岩手県
鹿屋市(鹿児島県)
八王子市(東京)
佐渡市(新潟)
リス
ロッドマン
神戸地裁
東京ディズニーランド
フリーランド外相
ルイ・ヴィトン
平昌(北朝鮮)
三木市(兵庫)
小野市(兵庫)
東名高速
あおり運転
ソウシハギ
三重県
危険運転致死傷罪
静岡市(静岡)
砂川市(北海道)
ファーウェイ

ニュース (ニュース)
18:05~

ソウシハギが売られたのは三重県大台町のスーパーマーケット、味菜館キッチン海ものがたり。店の人は「ネットで調べたらちょっと違い、毒があるものと近い感じがした」と話した。おととい、2人の客が1匹ずつ購入したが売れ残っていた1匹の模様が普段と違うことに気づき、問題が発覚した。ソウシハギはふぐの毒の数十倍の強さがあるパリトキシンという猛毒を内蔵に持ち、食べると呼吸困難などを起こし最悪の場合市に至ることもある。販売された2匹のうち、1匹は食べる前に回収されたが、もう一匹は玉城町に住む男性から「水炊きにして家族3人で食べた」と昨日店に連絡が入った。今の所3人の体調に問題はないという。三重県知事は遺憾を示し、今後市場での見回り回数を増やすなど対策を強化するとしている。

愛知県知多市の国道沿いの雑木林で昨日午後、仮設道路を設置するために草刈りをしていた男性作業員が頭蓋骨を発見し市役所が警察に通報した。遺体は死後1年から数年経っていると見られ、服の上から紐のようなものが巻かれていた。警察によると遺体は全身が白骨化した状態で女性用の下着を身に着けていたことから30歳前後の女性と見られている。現場から靴が見つかっていないことから死体遺棄事件と見て今日50人態勢の捜査本部を設置した。

キーワード
ソウシハギ
鈴木英敬知事
大台町(三重)
玉城町(三重)
知多市(愛知)

番組宣伝 (その他)
18:07~

「プレバト!!」の番組宣伝。

ニュース (ニュース)
18:10~

妊婦が病院で診療を受けると自己負担が上乗せされる妊婦加算について。自民党の厚生労働部会は今の仕組みは理解が得られないとして厚生労働省に対し廃止するよう求めた。妊娠4ヶ月の藤岡さんは12月、整形外科で妊婦加算を算定され、妊婦への特別な配慮があったかと言うと今まで通っていた病院だったのでやることは変わらなかったと話した。厚労省は妊婦加算を新設した理由について「妊婦が産科以外の診療にかかる際、敬遠されるケースが有り、医療機関側に診察を促す狙いがあった」としている。妊婦加算について話し合ってきた国の協議会では妊婦の負担が増えることについては議論はなかった。藤岡さんは「子供を育てやすい環境にと言っているにも関わらず妊婦に加算するのはどういうことなのか」と話した。厚生労働省は妊婦加算の廃止とともに、別の形で妊婦への丁寧な対応を検討するとしている。当面の対応として、投薬のないコンタクトレンズの処方は加算しないなどルールを明確化し年内には周知する方針。

妊婦加算についてスタジオで解説。妊婦加算は妊婦や胎児に配慮した適切な診療診察が必要として新設され、問題は誰が負担するのかで、妊婦本人に負担するのが妊婦加算で批判が相次いでいる。初診の深夜だと600円ほどになっている。今年4月に始まっていて、周知徹底がされておらず、アンケートでは5割超がこの制度を知らなかった。(カラダノート調査)インターネット上では「妊婦税ではないか。申告しない人が出てくるのでは」という声もあった。厚生労働省としてはルール明確化に動き、コンタクトレンズの処方などに関しては妊婦しているかどうかで同様の診療の場合は算定不可とし、診療で妊婦と判断しなかった場合算定不可というルール明確化となった。自民党の厚生労働部会は妊婦加算廃止の方針で動いている。一方で森田氏は「廃止すると妊婦を拒む医師が出るのではないか」と妊婦の負担が増える可能性があると指摘。

キーワード
妊婦加算
自民党
厚生労働省
小泉進次郎厚生労働部会長
カラダノート
小泉進次郎厚労部会長
森田豊氏
  1. 前回の放送
  2. 12月13日 放送
  3. 次回の放送