Nスタ 2018年9月12日放送回

『Nスタ』(エヌスタ)は、TBSおよびJNN系列各局にて平日・日曜日夕方に放送されている報道・情報番組である。ステレオ放送、リアルタイム字幕放送を実施。ハイビジョン制作。現在のキャッチコピーは『トクするNEWS!Nスタ』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月12日(水) 17:50~18:15
放送局 毎日放送

番組概要

ニュース (ニュース)
17:50~

きょうの日本列島は昨日に続き広い範囲で過ごしやすい一日となり、東京都心の最低気温は20℃を下回るなど全国的に秋めいた一日となった。一方、北海道弟子屈町では氷点下を記録するなど2日連続の真冬日に。そうしたなか被災地に異変が起きていた。

キーワード
佐世保市(長崎)
下條村(長野)
目黒区(東京)
弟子屈町(北海道)

ニュース (ニュース)
17:52~

地震から7日が経過した北海道安平町では地割れが拡大している。専門家によると安平町は火山灰が積もった地域のため地割れが余震などで拡大しやすいという。町は住民に避難勧告を出し警戒を呼びかけている。

2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得したウエイトリフティングの三宅宏実選手、その父で日本ウエイトリフティング協会の三宅会長が女子選手側からパワハラを受けたと告発されていたことがわかった。今朝取材に応じ「選手のコーチなどが来て4者で話をして、私が話したことがパワハラとして捉えたならば心からお詫びしますと謝罪した」と話した。三宅会長やウエイトリフティング協会によると2015年夏に日本代表クラスの女子選手の関係者から、当時協会の副会長だった三宅会長からパワハラを受けたと訴えたあり、その後女子選手の指導者と三宅会長らで話し合った際に会長は「パワハラとして捉えられたなら心からお詫びする」と話したという。三宅会長は今朝の取材で実際にパワハラが会ったかどうかは明言しなかった。これに対しパワハラがあったと断言する協会の常務理事の古川氏で「スクワットの練習中にコップを投げられた」等と話した。三宅会長は「今になって問題が出てきたのが疑問」と話していて、協会は今夜コンプライアンス委員会を開いて調査を行うか協議する方針。

札幌市に隣接する北広島市の住宅でも大規模な被害が明らかとなった。大曲川沿いの地域で川との境につくられた壁が崩れ、住宅が傾く被害が相次いでいるという。ある住宅に住む男性は3年前から市に対して地盤が崩れやすくなっていると相談をしていたというが、壁の前に土のうを3,4個置く程度の対策しか取られなかった。きょう、被害にあった住民は北広島市役所を訪れ居住環境の改善を申し入れた。

ウエイトリフティング協会のパワハラ問題についてスタジオでトーク。パワハラ疑惑を指摘されたのがウエイトリフティング協会の会長である三宅さん、選手・指導者としても牽引してきた人でもある。3年前のパワハラが告発されていて、当時4人で選手のコーチらと話し合いを行いその場で謝罪していた。告発者が指摘しているのは「話し合いの場に選手本人がおらず、パワハラをもみ消した。本人を呼ばずにパワハラがなかったとするのはおかしい。今でもその選手はショックを受けている」としている。パワハラ問題の共通点について、今回のウエイトリフティング協会は三宅さんは会長でありオリンピック女子日本代表の監督、レスリング協会だと栄和人氏が協会の強化本部長という役職を持ちながらリオ五輪のチームリーダーで強豪の大学の監督を兼務していた。体操協会だと塚原夫妻は副会長や強化本部長という役職につきながらそれぞれの五輪の監督や強豪チームの監督を兼務している。現場のトップでありながら協会のトップでもあるという図式は共通している。告発者サイドはウエイトリフティングだと会長と監督が一緒で誰も逆らえないとしていて、レスリング協会・体操協会でも同じような状態。パワハラ問題に取り組む溝口さんは「選手の指導をするベテランが協会の運営に携わるとえこひいきが起こったり逆らうとパワハラに発展することもある。第三者の目を入れ組織を透明化することが求められる」としている。

被災地に今後の余震に注意するよう呼びかけるとともに、北海道胆振東部地震の災害義援金への募金を呼びかけた。

プーチン大統領による「年内の平和条約締結」を求める発言が波紋を呼んでいる。プーチン大統領はこの案を「今思いついた」とした上で「北方四島など係争中の問題は条約締結後に解決すればいい」としている。菅官房長官は「10日の日露首脳会談でこうした発言はなかった」「北方四島問題を解決した上で条約締結する方針に変わりはない」と話している。

日本体育大学は今日、陸上部・駅伝ブロックの渡辺正昭監督を部員に対する暴力やパワハラ行為で解任したと発表。今年7月末に駅伝部員から部長に対して相談があり、大学側が監督を聴取sた所、部員の脚を蹴ったり人格を否定する言動を概ね認めた。これが暴力やパワハラという認識はなかったという。監督を巡っては監督を勤めていた愛知県の県立高校の陸上部でも体罰が問題と鳴り懲戒処分を受け辞職していた。部員の父は「目を腫らして口から血が出て、監督に殴られたと話していた。フラフラで立っているのも大変で電車に飛び込もうとしたと言っていた」と話した。監督は高校に二度と体罰をしないとする誓約書を提出したが半年後に別の部員をデッキブラシで叩きケガをさせた。監督は昨日付で日体大に辞任願を提出したが大学側は学生指導の適正に欠けるとして解任を決定。

大阪府警富田林警察署から容疑者の男が逃げ出してから今日で1か月。警察はこれまでに述べ9万3000人の捜査員を投入し行方を負っているが未だ有力な手がかりはない。地下鉄梅田駅では大阪府警がビラを配っていて、駅構内には容疑者の等身大のポスターを張り出し情報提供を呼びかけている。容疑者は先月12日夜、富田林警察署を逃げ出し、その後黒い原付バイクを盗んで大阪市内を中心にひったくりを繰り返したと見られている。逃走から2日後には兵庫県尼崎市の知人の男性を頼って逃走の手助けを求めるメモを残していた。メモには「俺みたいな極悪人と関わりたくないかも知れないけど、もしよかったら携帯の電話番号を教えてくれ。逃げるか死ぬか迷っている」と書かれていた。その後の警察への取材で留置場に先の尖ったプラスチック片が隠されていたことが新たにわかり、逃走に使う道具として隠し持っていたと見て調べている。大阪府警では容疑者確保につながる有力な情報を提供した人に、OB有志からの私的な懸賞金の200万円を支払う事を決めている。

安倍総理は来月にも中国を訪問することで習近平国家主席と合意に至っている。日本は中国との関係改善の一環として両首脳が互いの国を訪れる「相互訪問外交」を模索し、今後習主席の訪問が実現すれば「相互訪問」の形となる。北朝鮮問題を考える上でも中国との関係は重要で、日本政府は米朝協議の行方を見守りつつ中国・ロシアなどとの連携にも気を配る両睨みの対応が求められる。

トランプ政権の暴露本の「恐怖~ホワイトハウスの中のトランプ」がアメリカで11日に発売された。ウォーターゲート事件をスクープしたジャーナリストのボブ・ウッドワード氏がトランプ政権の幹部らに取材して書いた書籍として話題になっている。北朝鮮の金正恩委員長に「リトルロケットマン」とあだ名を付け、これまで考えてきた中で最高のニックネームだと周囲に語ったというトランプ氏のエピソードや、政権内からトランプ氏への疑問や批判が相次いでる様子が描かれている。トランプ氏は11月の中間選挙を前にウッドワード氏を繰り返し批判するなど神経を尖らせている。

居酒屋でトラブル・・・

キーワード
日本ウエイトリフティング協会
パワハラ
三宅会長
ロンドンオリンピック
三宅宏実選手
避難勧告
安平町(北海道)
埼玉県
北広島市(北海道)
大曲川
栄和人氏
伊調選手
北海道胆振東部地震
田南部コーチ
JNN・JRN共同災害募金
日本体操協会
塚原光男氏
塚原千恵子氏
宮川選手
日本体育大学
プーチン大統領
渡辺正昭監督
日本体育大学駅伝部 ホームページ
菅官房長官
富田林警察署
大阪府警
梅田駅
日露首脳会談
ウラジオストク(ロシア)
浪速区(東京)
尼崎市(兵庫)
恐怖~ホワイトハウスの中のトランプ
ボブ・ウッドワード氏
トランプ氏
金正恩党委員長
ワシントン(アメリカ)
安倍首相
習近平国家主席
金正恩党大統領

番組宣伝 (その他)
18:08~

「歌ネタ王決定戦2018」の番組宣伝。

ニュース (ニュース)
18:10~

女優の三田佳子さんお次男の容疑者が覚醒剤を使用したとして逮捕された事件で、容疑者が覚せい剤の使用について「火で炙って吸った」と供述していることがわかった。容疑者の体から注射の跡は見つかっていない。容疑者は逮捕前、現場となった飲食店で知人女性と薬物使用を巡って口論になっていたことがわかった。店員からの通報で警察官が駆けつけたが容疑者は任意での尿検査を拒否し、数時間後に行われた強制での検査で覚せい剤の陽性反応がでた。

外国人観光客をターゲットに夜の消費活動を促すナイトタイムエコノミーが盛り上がりを見せていて、小さな飲食店が所狭しと並ぶ東京渋谷ののんべい横丁は昭和レトロな雰囲気が漂い外国人旅行者の人気を集めている。毎晩多くの外国人で賑わう東京の繁華街、日本人にはおなじみのお通しを巡ってトラブルが起きていて、50年以上店を構える居酒屋もお通しの意味が理解されずトラブルに見舞われてきた。外国人からは「アメリカでは自分で頼んでいないものが勘定に含まれていたらクレームを付けられる」と話した。理解を深めるためにのんべい横丁はお通しはカット出来ないなどと英語で書かれたマナー集の配布を始めた。またお通しの意味について英語で説明したメモを店内に貼る工夫もしている。最近ではお通しに理解を示す外国人が増えてきていて、大規模な繁華街を抱える渋谷区と新宿区も対策に乗り出し、1枚5000円で渋谷区と新宿区の飲食店を周遊できるチケットを打ち出し、料金にはお通し代も含まれていることから外国人でも安心して飲食できる仕組み。外国人観光客らは「良い取り組みだ」「バーの個性を取り除いてしまう」等と話した。2年後の東京五輪に向けて加速するナイトタイムエコノミー、日本独自の文化を守りつつ消費の拡大につなげることが出来るのか。

キーワード
三田佳子さん
ナイトタイムエコノミー
のんべい横丁
居酒屋「会津」
吉住健一新宿区長
渋谷区(東京)
新宿区(東京)
  1. 前回の放送
  2. 9月12日 放送
  3. 次回の放送