みんなの甲子園 【赤星憲広▼決勝みどころ▼習志野(千葉)×東邦(愛知)】

『みんなの甲子園』(みんなのこうしえん)は、2003年以降の選抜高等学校野球大会開催期間中(3月下旬 - 4月上旬)に、毎日放送とCS放送のGAORAで放送される大会ハイライト番組である。地上波テレビでは、基本として関西ローカルで放送。ただし、2008年・2009年には、TBS系列局の琉球放送でも同時ネットで放送していた。なお、当ページでは、毎日放送が1982年から2002年まで放送していた前身のハイライト番組についても述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月3日(水) 5:25~ 5:55
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
05:25~

オープニング映像。

大会10日目準決勝…詳しくお伝えします。

キーワード
明石商

みんなの甲子園 (バラエティ/情報)
05:26~

赤星さんは「昨日の試合は準決勝だけあってどちらが勝ってもおかしくない好ゲームだった。」とコメントした。

10年ぶり4回目の出場の習志野は2回戦でプロ注目の星稜高校奥川を攻略するなど勝負強さが光る。注目はエース飯塚脩人で今大会は未だ無失点。対するは10年ぶり3回目の出場の明豊は横浜、札幌大谷、龍谷大平安と強豪を次々に撃破している今大会の台風の目。どちらが勝っても初の決勝進出。明豊の2年エース、若杉が習志野の根本・竹縄を連続三振するなど習志野は点を奪われる一方だったが、2回ウラ以降立ち直り、明豊に追加点を許さず同点へと追い上げていく。そして8回オモテ、櫻井によって勝ち越しのソロホームランを決めた。センバツ初の決勝進出。櫻井は「小学校のときから描いていた夢である、甲子園の舞台でのホームランが打ててよかった。全力でみんなで勝ちに行きたいと思う」と語った。

「習志野高校らしい素晴らしい逆転勝ちだったと思う。僕が思うこの試合のポイントは、3点を初回に取られて悔しい展開の中、3回オモテでダブルスチールをしたこと。しかもこれはただのダブルスチールではなくて、1塁ランナーがディレードスチール…つまりわざと遅らせて走り始めている。だからこそ2塁に入った二人も遅れ、キャッチャーが3塁を見ずに急いで投げる原因になった。だからこそ3塁ランナーがそのままホームインできた。これは普段からやっていないと出来ないプレイだ。」「習志野が7回で同点となって、そのウラから満を持して飯塚が登板した。だからこそ8回で3点を得ることができたんだと思う、素晴らしい展開の試合だった」と赤星がコメントした。

このあとは”明石商 2年生コンビ登場”

キーワード
センバツ高校野球
習志野
明豊
星稜
奥川
飯塚脩人
横浜
若杉
根本
竹縄
櫻井
山内
小沢
兼子
青地
宮川
センバツ
野辺
飯塚
明石商業
東邦
来田選手

番組宣伝 (その他)
05:35~

「戦え!スポーツ内閣」の番組宣伝。

みんなの甲子園 (バラエティ/情報)
05:37~

2年連続30回目の出場となる東邦。注目は背番号1石川昂弥。投げては安定感抜群の大黒柱。打ってもホームランを放つなど二刀流の活躍。平成最後の選抜で平成元年以来の優勝を狙う。石川昂弥主将は「もちろん勝つイメージしかない。チームにいい勢いがあるので勝ちたいとおもいます。」とコメントした。3年ぶり2回目の出場明石商業。注目はエース中森俊介とリードオフマン来田涼斗の2年生コンビ。準々決勝は智弁和歌山との接戦を来田のサヨナラホームランで締めくくった。最高のムードで初優勝へ突き進む。来田選手は「名門中の名門なので自分のモチベーションも上がってくると思うバッティングの面でも調子を上げていきたい。」とコメントした。初の決勝進出を狙う明石商業か選抜5回目の優勝を狙う東邦か。来田選手は第一打席を3球三振に仕留められる。明石商業先発は2年生エース中森。三者凡退の立ち上がりをみせる。3回来田が出塁すると続く水上はバントするもランナーを進めることができず。5回ランナーを1塁に置いて来田。またしても石川を捉えることができない。好投を続ける中森は5回まで東邦を1安打に抑える。しかし中森を援護できない。6回まで石川に2安打に抑えられる。両者譲らず迎えた7回、中森がデッドボールで出塁を許すと7番吉納にホームランを打たれる。ついに試合の均衡がやぶれる。直後の8回来田の第4打席、石川を捉え始めるも好守備に阻まれる。それでもキャプテン重宮の一振りで2アウトからチャンスメイク。続く4番安藤がホームラン。2点差となって迎えた9回、この回先頭の清水がフォアボールを選んで出塁。狭間監督は代打溝尾を投入。しかし1アウトとなって代打横山もアウト。打席には中森。「どうにかして来田につなぎたいと思っていました」と中森はコメント。来田は「中森があそこまで粘り強いピッチングをしてくれていたので絶対に回ってこいと思っていました。」とコメント。しかし中森もアウトとなり4対2で東邦の決勝進出が決まった。来田選手は「自分の悪かった点や良かった点も出たんですけどこの大会を終えて得たことは勝負強くなったことと勝利に貢献できたっていうのは嬉しく思います。」とコメントした。 

赤星さんがポイントとして上げたのは「明石商封じられた来田」。しかし来田君も内容としては悪くなかったという。なかなか両校共に点が入らなかったのはピッチャーが良かったからとのこと。両チーム共にホームランで点を取っていることから紙一重の試合だったと締めくくった。

キーワード
広陵
明石商
石川昂弥主将
中森俊介
来田涼斗
吉納
安藤
清水
狭間監督
溝尾
横山
センバツ
愛知県
東邦
来田
石川
中森君

春色 ~ハルイロ~ (バラエティ/情報)
05:45~

兵庫県・明石商高校。来田選手は「絶対につないでくれると思っていたので集中力を高めていました」、中森選手は「気づいてないと思うんですけど名前を呼んだ。『絶対につなげるから』」と話した。

このあとは「平成最後のセンバツを振り返る」

キーワード
明石商
兵庫県
センバツ

番組宣伝 (その他)
05:46~

「あさチャン!」の番組宣伝が流れた。

みんなの甲子園 (バラエティ/情報)
05:48~

決勝戦は習志野vs東邦となった。赤星さんは「決勝に残った2チームですからいい試合をしてくれるのは当然のことだと思うんですけど、昨日の準決勝は2チームともノンエラーだったんですよね。守って勝ってきたチームでもありますから、そういう意味でいうとピッチャーを中心に昨日の習志野高校は飯塚くんは3イニングしか投げていないので多少温存出来ている。東邦は石川くんを中心にやってきましたから、締まった試合になるんじゃないかなと思う」と話した。

キーワード
千葉県
愛知県
飯塚くん
石川くん
センバツLIVE!

エンディング (その他)
05:49~

エンディング映像が流れた。

  1. 前回の放送
  2. 4月3日 放送