みんなの甲子園 今日は2日目▼赤星憲広

『みんなの甲子園』(みんなのこうしえん)は、2003年以降の選抜高等学校野球大会開催期間中(3月下旬 - 4月上旬)に、毎日放送とCS放送のGAORAで放送される大会ハイライト番組である。地上波テレビでは、基本として関西ローカルで放送。ただし、2008年・2009年には、TBS系列局の琉球放送でも同時ネットで放送していた。なお、当ページでは、毎日放送が1982年から2002年まで放送していた前身のハイライト番組についても述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年3月24日(土) 5:30~ 6:15
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
05:30~

オープニング映像。

オープニング曲、andropの「Arigato」が流れた。

キーワード
androp
Arigato

みんなの甲子園 (バラエティ/情報)
05:31~

オープニング曲、andropの「Arigato」が流れた。

赤星さん、玉巻アナが挨拶した。昨日、第90回選抜大会が開幕した。開幕式の選手宣誓は瀬戸内高校の新保利於主将だった。滋賀県勢から3校出場は史上初となった。昨年の優勝メンバーが多く残る大阪桐蔭は春連覇を狙う。今大会からタイブレークという制度が取り入れられる。決勝以外のゲームでは選手の体調を考慮して延長13回からノーアウト走者1・2塁から開始し前の回の継続打順のルールである。赤星さんはタイブレーク導入により戦い方も変わってくる。戦略なども変わってくる。監督の采配なども見どころになるとコメントした。

20年ぶり3回目の出場となった福岡県立東筑高校には球児を支える人がいる。学校のそばにあるヘアーサロンきよみで髪を切ってきた長野順子さんである。長野さんの欠かせない日課が野球部との挨拶で長野さんの楽しみでもある。それをきっかけに始めたのが東筑球児たちの頭を丸刈り。球児たちの身だしなみを整えてきた。きっかけは約30年前で髪を切った球児たちが甲子園に出場。以来大会前は無料で髪を切っている。ある日も選抜出場が決まったということで球児たちが続々と訪れた。

しかし球児たちとの絆が途切れようとしている。街の区画整理のため長野さんはこの街から引っ越すことになりお店を閉店することにした。長野さんの想いは東筑球児たちも同じである。松山智乃助主将は1回でも多く長野さんと一緒に甲子園で校歌を歌えるようにと考えているとコメントした。2つの想いが東筑球児たちの力となる。

第90回目の春のオープニングゲーム。アルプス席から見守る長野さん。東筑のエースは石田投手。1回いきなりピンチになる。2アウトで打者は聖光学院、須田選手。石田投手は先制点を許す。1回裏先頭バッターの阿部が出塁。そして3番、和久田が打ち同点に追いつく。さらに5番藤原が逆転のタイムリー。同点の3回満塁のチャンスで4番野口がタイムリーを打ち東筑がまたも勝ち越した。7回のピンチも東筑の固い守りで失点を許さなかった。同点で迎えた9回、東筑の堅い守備にほころびが出た。聖光学院に2点のリードを許してしまう。9回裏東筑はチャンスをつくるがダブルプレーで試合終了となった。長野さんは一生懸命やったのが見えるから満足ですと話した。石田旭昇投手はきよみ理容館として最後の春だったが一緒に校歌を歌えずに残念だったとコメントした。

聖光学院対東筑の試合についてスタジオトークを展開。玉巻アナらは第一試合は聖光学院の勝利であった。ヘアーサロンの長野さんも応援に駆けつけていた。気持ちは届いたのではとコメントした。この試合のポイントとして赤星さんは継投のタイミングをあげた。聖光学院の投手の継投のタイミングについて先発上石智也だったが3回にノーアウト満塁のピンチをつくったがダブルプレーで抑えれた。その後衛藤慎也投手を出しその後のバッターを抑えた。その後の継投がもタイミングがバッチリだったと話した。

秋の公式戦8試合を一人で投げぬいた英明の2年生エースの黒河。センバツ初勝利を目指し先発のマウンドへ。1回にピンチを迎え国学院栃木の青木がヒットを放ち、黒河はいきなり1点を失う。しかし後続をしっかりと抑え最小失点に抑える。黒河は3回にも追加点を許し国学院栃木にリードを3点に広げられる。4回英明の攻撃満塁のチャンスで8番山下がファーボールを選び1点を返す。その後英明は1点差にまで迫る。その後黒河は11奪三振の力投を続ける。1点差のまま9回。田中のヒットで3塁1塁のチャンス。千原のバットにすべてを託すも三振。最後まで粘りを見せた。黒河投手はこれからの練習をしっかりとやっていきたいと話した。

キーワード
androp
Arigato
第90回記念センバツ大会
新保利於主将
瀬戸内高校
大阪桐蔭
中川卓也主将
福岡県立東筑高校
ヘアーサロン きよみ
北九州市(福岡)
センバツ
東筑
聖光学院
福島県
石田
須田
阿部
和久田
藤原
野口
五味
田中
きよみ理容館
上石智也
衛藤慎也
英明
国学院栃木
香川県
栃木県
黒河竜司
青木
千原
山下
中川
甲子園

みんなの甲子園 (バラエティ/情報)
05:49~

センバツ大会初日3試合目に登場したのは注目のスラッガー門叶直己選手。中国大会では1試合に4本のホームランを打った。門叶選手のはじめての甲子園はどうだったのだろうか?打席に立つと表情は一変し頼れる4番に。肉体改造を行っており昼食は特大弁当2人分を完食。練習中にも特大おにぎりをたいらげる。日課としてウエイトトレーニングを行っている。その結果1年で10キロも増加した。大会屈指のスラッガーが目指すのはホームラン3本だと話した。

21年ぶり出場の瀬戸内と初出場の明秀日立の対戦。瀬戸内の門叶直己の第一打席はファーボール。その後満塁で大本が押し出しで先制点を奪う。2回では門叶は守備で見せた。3回明秀日立の4番原が同点のタイムリーを打つ。その裏門叶の第二打席はセンター前ヒットを放つ。その後相手のミスの間に1点を勝ち越す。さらに4回、キャプテンのタイムリーで瀬戸内がリードを広げる。1点差で迎えた9回。瀬戸内はノーアウトから連打を浴びると明秀日立のバッター増田がタイムリーを放ち同点にした。さらに3番池田の犠牲フライで逆転。その裏瀬戸内はキャプテンの新保が気迫のヘッドスライディングで出塁するも敗北した。門叶選手はプレッシャーに打ち勝つ力を身に着け夏に向けてしっかりやって自分らしさを出していきたいなどとコメントした。

スタジオトークを展開。赤星さんは1点差で悔しい負けにはなったが門叶君は第二打席のヒットは素晴らしいバッティングだった。夏にはリベンジで戻ってきてほしいとコメントした。

今回で90回を迎えるセンバツ。どんな場所だったのか語ってもらった。初日は清宮幸太郎選手に話を伺った。清宮幸太郎選手は当時、楽しかったです。野球選手は注目されている方が嬉しいと思う。たくさん来てもらうと打たなきゃという思いもあったと話した。清宮幸太郎選手は甲子園でミラクルを起こした。1回戦、9回2アウト、1点ビハインドの早稲田実業は清宮幸太郎選手に打席がまわった。結果はフォアボールで押し出し。その試合早稲田実業は野田選手がヒットを放ち勝利した。しかし春は短く2試合目で敗北した。清宮幸太郎選手は春のセンバツに出ただけで自分の人生において大きなターニングポイントになる。いろんな思いが甲子園にはあるのでまた戻って打ちたいと話した。清宮幸太郎選手は高校球児たちに「相手に合わせるな持てる全てを出し切れ」とコメントした。

キーワード
門叶直己
瀬戸内
第90回記念センバツ大会
明秀日立
甲子園
大本
原光貴
新保
増田
池田
門叶くん
清宮幸太郎選手
北海道日本ハムファイターズ
早稲田実業
明徳義塾
野田

きょうの赤丸 (バラエティ/情報)
06:03~

大会2日目、今日の対戦から注目のカードを紹介していく。滋賀県立膳所高校は21世紀枠で実に59年ぶりに4回目のセンバツ出場となった。膳所高校は滋賀県でも随一の進学校として知られている。昨年度の国公立大学合格者は京都大学に66人合格となっている。偏差値は76。野球部員の志望校も京大や大阪大学だという。チームにはデータ班として高見遥香さんがいた。将来の夢がゲームプログラマーである野津風太さん。プロ野球が見るのが大好きなカープ女子の高見遥香さん。2人は対戦相手の試合映像から打球傾向を分析。グラウンドを198分割し対戦打者の特徴を分析している。選手たちはこのデータを元に打者ごとの守備位置を決めている。チーム内での評判はよく、打球傾向のおかげで差が縮まっている。彼らがいなかったらセンバツには行けていない。感謝しているなどと選手は話している。書道部と野球部を兼務する高見さんにセンバツへの意気込みを書道で書いてもらった。「無駄方便」と書いた。

秋田県南部の日本海に面した街、由利本荘市の由利工業高校野球部。雪でグラウンドが使えないため授業後は筋トレとサーキットトレーニング。夜7時からは社会人野球の室内練習場を借りてバッティング練習や守備練習に励む。初出場の快挙に地元も大盛り上がりである。学校近くの駅には甲子園出場を祝い野球部への応援メッセージの寄せ書きコーナーができるほどである。愛される理由は地域への貢献。4つの学科が各々ボランティア活動をしている。建築科の生徒は手作りのおもちゃを保育園にプレゼントした。そんな由利工業高校だが数年前までは生徒たちのマナーが悪く数々の苦情が寄せられていた。学校を変えたのは野球部渡辺監督と須田部長。高校生としてできることをがむしゃらに生徒にやらせたという。指導の甲斐あり挨拶運動が学校で始まり地域の人との距離を縮めた。畑山陸翔主将はどこのチームにも負けない挨拶をしようと思うと話した。赤星さんは日本三校が相手のため緊張すると思うが冬のトレーニングを甲子園で発揮してほしいなどとコメントした。

「出演者のサイン色紙を10人にプレゼント!詳しくは番組ホームページを検索」「本大会全試合をライブ配信!センバツLIVEで検索のテロップが流れた。

エンディングトークを展開。赤星さんが「今日は第2試合が静岡高校と駒大苫小牧高校の対戦。注目のカードのため楽しみだ。」とコメントし、玉巻アナが挨拶した。

キーワード
膳所
滋賀県
センバツ
琵琶湖
京都大学
大阪大学
カープ
由利本荘市(秋田)
日本海
秋田県立由利工業高等学校
TDK秋田総合スポーツセンター
甲子園
石脇西保育園
日本三校
みんなの甲子園ホームページ
サイン色紙
センバツLIVE!
MBS動画イズム
静岡高校
駒大苫小牧高校

それぞれの春 (バラエティ/情報)
06:11~

瀬戸内高校の甲子園での試合の映像が流れた。新保利於主将はお父さんお母さんに一番感謝している。しっかりと選手宣誓をしたいと話した。選手宣誓で新保利於主将は感動を与えられるようなプレーをすることを誓いますと話した。感謝の気持ちをプレーで示す。母親はただひたすら頑張って欲しいとコメントした。新保利於主将は両親へ感謝の気持ちしかないですと話した。

キーワード
瀬戸内
新保利於主将

スポット

スクール/教育

明徳義塾
膳所
聖光学院
大阪大学
京都大学
静岡高校
大阪桐蔭
駒大苫小牧高校
英明
国学院栃木
日本三校

レジャー/交通

甲子園

趣味/スポーツ

TDK秋田総合スポーツセンター
  1. 前回の放送
  2. 3月24日 放送
  3. 次回の放送