A-Studio 2012年11月23日放送回

『A-Studio』(エースタジオ)は、TBS系列で2009年4月10日から毎週金曜日の23:00 - 23:30(JST)に放送されている対談形式の公開トーク番組である。ステレオ放送、文字多重放送を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年11月23日(金) 23:00~23:30
放送局 毎日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:00~

本田翼が「結婚しないでほしい」と語るほど大好きだという、ゲストの堤真一がスタジオに登場。

鶴瓶自らゲストの周辺を徹底取材 そして今本人を直撃 (バラエティ/情報)
23:02~

堤に「結婚してほしい」と冒頭で語った本田について、堤は若い女性が好きなのかなどと語られた。

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(発売元:小学館、販売元:バップ)にて共演した堀北真希について、堤は「役者として成長していくのを見ていて嬉しい。応援したくなる」とコメントした。

堤が憧れる、ダンサーの田中泯についてトーク。「たそがれ清兵衛」や「龍馬伝」などに出演して俳優としても活動しており、現在は時給自足の生活をしているという。映画「地下鉄(メトロ)に乗って」で初めて出会い、堤は初対面ですぐに只者ではないと感じたという。

堤が松嶋菜々子と共演したドラマ「やまとなでしこ」(フジテレビ)のプロデューサー・石原隆氏を鶴瓶が取材。石原氏は堤について「何回もテイクを重ねても、良かったテイクの演技をもう一度演じることのできる人」と語ったという。

堤は番組への前回出演した最、俳優としていまだに自信を持っていないことや、ついて最近も俳優を辞めようかと考えていたことなどを語っていた。堤は現在も「これがやりたいっていう別のものが見つかれば、多分すぐ辞める」との考えだという。

番組「イタリア通」(フジテレビ)のロケで石原氏と一緒にヨーロッパへ行った堤は、日の長い夏のヨーロッパでのロケで「夜は遊べるから」と聞いたが23時頃になっても夜にならず騙されたことや、石原氏は食通であることなどが語られた。

堤真一はキャバクラによく行くとの疑惑に対し否定するも、当番組に三浦友和が出演した時、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で共演した堤真一は特にキャバクラが好きであると知ったとの情報があると笑福亭鶴瓶に釘を刺された。

蒼井優との写真を撮られた堤真一は、写真に周りの友達が誰も写っていなかったと語る。この記事を受けた鶴瓶は、言い続けなければ誤解は解けないと話した。

堤が俳優という仕事について、「自分には分からない役を演じる時、ちゃんとそれを本当に理解できて、その人を心底汲み取って出来ているのかと思うと、裏の汚い部分などが出来ているのか分からない」と語る。

フジテレビドラマ・プロデューサーの石原隆氏は独身。同じく結婚しない堤真一の理想の結婚相手は誰かとトーク。自分と同じ仕事をしている人は辛い、普通の人が良いが、出会いがないため出来ないと話した。

舞台「トップドッグ/アンダードッグ」に登場する千葉哲也の稽古風景を放送。堤真一は名優・千葉哲也と共演している。俳優として成長するには、成功も失敗も過去として見て忘れなければならないと話した。

堤真一と親交の深い古田敦也を取材。元々中井美穂が堤真一の舞台を見に訪れ、古田敦也と知り合った。最近一緒に飲んでいないが、結婚しろとうるさく催促してくると語った。

鶴瓶がエアーバンド「ゴールデンボンバー」は歌以外はエアーでバンドをする、エライ時代になってきたと堤に紹介した。

鶴瓶が音声合成・DTMソフト「初音ミク」を堤に紹介。「声優さん?」と聞く堤に対し、「CGで出来てる人やねん」などと説明した。

堤はこれからドラマへの出演について「連続ドラマとかは若い旬な人たちがやって、僕らはちょこちょこ」などと語った。また堤は人気を取るために俳優をやっていたわけではないとコメントした。

実は関西人の堤真一は、関西弁で丁寧に話してるつもりでも、標準語の人には失礼な言葉になっていたという。敬語を覚えていくうちに標準語を覚えたと話した。

キーワード
堀北真希
小学館
バップ
ALWAYS 続・三丁目の夕日
田中泯
たそがれ清兵衛
八日目の蝉
龍馬伝
地下鉄(メトロ)に乗って
やまとなでしこ
三浦友和
ALWAYS 三丁目の夕日
蒼井優
石原隆氏
千葉哲也
トップドッグ/アンダードッグ
石原隆
古田敦也
イタリア通
ゴールデンボンバー
中井美穂
初音ミク

エンディング (バラエティ/情報)
23:25~

テーマ曲:「919」(Superfly)

「A-Studio」の次回予告などは、HPや携帯サイトでチェック。またスタジオ観覧を募集中。また、サイトではエッセンシャルのプレゼントコーナーを始め、本田翼の取材日記などのコンテンツが盛りだくさんとなっている。

鶴瓶は自信がないと語った堤に対し、「自信がないという壁をつくり、それを乗り越えていく行為はいつまでも新鮮になれる」とコメントした。

堤が今日の感想について「爆笑もなかった。前回の方が良かったのでは」とコメント。鶴瓶は「俺がテレビを把握してんねんから、俺が良かったらええ」と述べた。

キーワード
Superfly
919
A-Studio 番組ホームページ
A-Studio 携帯サイト
本田翼
エッセンシャル
  1. 前回の放送
  2. 11月23日 放送
  3. 次回の放送